Search


since 2005.03.13

2010年05月20日

Yesterdays/YES (イエス)

B000002J22Yesterdays
Yes
Japanese Import 1994-09-19

 『Relayer』(1974年)発表後の長期に亘るツアー、また、その後の各メンバーのソロアルバムを1枚ずつ発表するという企画等の為、YES(イエス)本体の新作発売の空白期間を埋めるべく1975年に発売した、初期YES作品『Yes(イエス・ファースト・アルバム)』(1969年)、『Time and a Word(時間と言葉)』(1970年)から選曲されたベスト・アルバム『Yesterdays』。
 黄金期のSteve Howe(G.スティーブ・ハウ)、Rick Wakeman(Key.リック・ウェイクマン)在籍時の代表作『Fragile(こわれもの)』(1971年)、『Close to the Edge(危機)』(1972年)等を聴いてきた人が、初期YESに興味を持った際に手を出すには最適のアルバムです。


1. America
2. Looking Around
3. Time and a Word
4. Sweet Dreams
5. Then
6. Survival
7. Astral Traveller
8. Dear Father

Jon Anderson - Vo.ジョン・アンダーソン
Chris Squire - B.クリス・スクワイア
Bill Bruford - Dr.ビル・ブルフォード
Tony Kaye - Key.トニー・ケイ *Track.2-8
Peter Banks - G.ピーター・バンクス *Track.2-8

Steve Howe - G.スティーブ・ハウ *Track.1
Rick Wakeman - Key.リック・ウェイクマン *Track.1

 1曲目の"America"は、Simon and Garfunkel(サイモンとガーファンクル)のカヴァー曲で、1972年にSteve Howe(G.スティーブ・ハウ)、Rick Wakeman(Key.リック・ウェイクマン)が参加した、所謂黄金期のメンバーで録音されてシングルとして発表されていますが、シングル発売時は半分以下の長さにカットされており、フル・ヴァージョンはYESのアルバムとしては『Yesterdays』で初収録。(元々はアトランティック・レコードの企画物のアルバムに収録するために録音されていたようです。現在では各種ベスト・アルバム、『Fragile(こわれもの)』のボーナス・トラックなどとして収録されているため、『Yesterdys』でしか聴けない稀少曲という訳ではなくなっています。)
 2曲目以降はYES全盛期前夜のTony Kaye(Key.トニー・ケイ)、Peter Banks(G.ピーター・バンクス)在籍時のメンバーによる録音作『Yes(イエス・ファースト・アルバム)』から"Looking Around"、"Survival"の2曲、『Time and a Word(時間と言葉)』から"Time and a Word"、"Sweet Dreams"、"Then"、"Astral Traveller"の4曲、それに加えてシングルB面曲として発表されていたアルバム未収録の"Dear Father"が収録されています。("Dear Father"は要らなかったかな。他にも良い曲があるのだから、もっと他の曲を入れて欲しかった。)

 YESというと代表作『Fragile(こわれもの)』、『Close to the Edge(危機)』から『Going for the One(究極)』(1977年)あたりまでのアルバムが注目されがちですが、初期YESの時点で全盛期の音楽に繋がる、優れたメロディー・センス、楽曲へのアイディア、高度の演奏能力が既に備わっていた事が良く分かるアルバムです。また、よりシンフォニックな方向へ進んでいこうとするバンドと合わなくなって脱退を余儀なくされるTony Kaye(Key.トニー・ケイ)が、この時期のアート・ロック、サイケデリックでポップな音楽性には、これ以上無いほどフィットしていて、尚且つ中心メンバーとしてバンドを牽引しつつ、当時のバンドの楽曲において、印象的で重要なフレーズを幾つも残していたことが分かるのも面白いところ。
 また、はっきり言って、YESがまだ売れていない頃のアルバムからセレクトされたベスト盤ですが、まだ聴いたことの無いYESファンや初期YESに興味がもてない人も"Looking Around"、"Time and a Word"、"Sweet Dreams"あたりは是非聴いておいて欲しい楽曲。個人的な意見としては(大袈裟ですが・笑)、このページを見てくれている人は多分YESが好き、もしくは興味がある人だと思うのですが、この3曲は聴いておかないと貴方の音楽ライフにおいて大きな損失だと思います。

 このベスト盤については、1st、2ndが好きな人にとっては収録曲の選択に不満が残る部分もあるかもしれません。しかし、楽曲を発表年順、アルバム収録順に配置せず、ベスト・アルバムとはいえ流れをきちんと考慮して並べられた各曲の配置は秀逸。また、現在はCD1枚に続けて収録されていますが、A面にはポップな曲調の楽曲、B面には、後のYESサウンドへの習作ともいえる、実験的、且つ緊張感のある意欲作が収められており、気分によってA面のみ、またはB面、という風に聴き分けられる様にもなっていました。
 但、B面に収録されている楽曲に関しては、(1st、2ndを通して言えることですが)まだバンドとしての表現方法が確立しておらず、良いアイディアを持ちながらも試行錯誤期。表現したいことは沢山あるんだけど形に出来ない、というようなもどかしさを感じる部分もあり、YES全盛期のような音を期待して聴くと、トータル的にはちょっと辛いかな、という印象はあります。

 個人的には、このアルバムを購入してブリティッシュ・ロック然とした音を気に入って、結局は1st、2nd共に揃えてしまったものの、『Yesterdays』の楽曲配置に馴染んでしまって(特に購入当初はA面ばかり聴いていました)、今では初期YESを聴きたくなった時に手が伸びるのは殆どこのアルバム、という事になってしまいました。
 初期YESの楽曲で話題に上る事の多い"Every Little Thing"(The Beatles)などのカヴァー曲は収録されていませんし、他にも良い曲がありますので、このベスト・アルバムが気に入ったら次は『Yes(イエス・ファースト・アルバム)』、『Time and a Word(時間と言葉)』を聴いてみるのも良いかも知れません。


B00007KWI9Yes
Yes
Rhino/Elektra 2003-01-27

1. Beyond and Before
2. I See You
3. Yesterday and Today
4. Looking Around
5. Harold Land
6. Every Little Thing
7. Sweetness
8. Survival


B00007KWHOTime and a Word
Yes
Elektra/Rhino 2003-01-20

1. No Opportunity Necessary, No Experience Needed
2. Then
3. Everydays
4. Sweet Dreams
5. Prophet
6. Clear Days
7. Astral Traveller
8. Time and a Word


B000002J22Yesterdays
Yes
Japanese Import 1994-09-19


関連記事 - Yes 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

Yesterdays/Yes(1975) from 聴きたい、観たい、浮かびたい

JUGEMテーマ:音楽 Yesのファースト、セカンドアルバムからの抜粋曲、そしてアルバム未収録曲2曲を収めたベスト盤的内容のアルバム。ベスト盤的内容と書...

comments

僕も初期のイエスはこのベスト盤からを聞きました。

>>この3曲は聴いておかないと貴方の音楽ライフにおいて大きな損失だと思います。
「ルッキング・アラウンド」「時間と言葉」「スウィート・ドリームス」の3連打は強力ですね。^^
日本人好みのメロディーを持った名曲!!

  • Bert
  • 2010年05月21日 00:08

>Bertさん
>>日本人好みのメロディーを持った名曲!!
私は、この3曲をこの順番で聴きたいがために『Yesterdays』を聴いているようなものです。^^♪
特に"Time and a Word"なんかはワビサビの世界ですね。

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月22日 11:30

 この頃のイエスはスウィート・ドリームスとビートルズのカバー曲エブリ・リトル・シングしか聞いた事がありませんが、なかなかサイケデリックなポップ・ソングで結構好きでした。ただ、アルバムまでは触手が伸びないまま・・・。

>>"Looking Around"、"Time and a Word"、"Sweet Dreams"あたりは是非聴いておいて欲しい楽曲
お勧めのイエスタデイズでも買ってみようかな。

  • hajime
  • 2010年05月22日 13:57

こんにちは。ブログ再開されたんですね。久しぶりに寄ってみると記事が沢山増えてて驚きました。^^

 イエスを初めて聴いたのが「ロンリー・ハート」からなので、イエスと言うとオーケストラ・ヒットのイメージが強いんですが、一応名盤「危機」「こわれもの」は聞いてます。
 いろいろ読ませてもらうと「サード・アルバム」なんかも良さそう。あと、この記事で書かれている「イエス」「時間と言葉」も気になってきました。axis_009さんは、どれがお勧めですか。

  • 氷川
  • 2010年05月22日 15:09

>hajimeさん
>>この頃のイエスはスウィート・ドリームスと
 "スィート・ドリームス"が好みに合うなら、この頃のイエスのアルバムも聴けるんじゃないかと思います。^^♪

>>お勧めのイエスタデイズでも買ってみようかな。
 アルバム紹介しておいてなんですが、今から購入するのなら、『イエスタデイズ』じゃなくてもいいかもしれませんよ。今だったら、(持ってるアルバムが多ければ重複が多くなるかもしれませんが)いろいろなベスト盤が安く出ているし、1st、2ndもライノのリマスターで音質がかなり良くなった物が売られてますし。


>氷川さん
 こんにちは。そういう気分になったら更新しようと思っていたら、思っていた以上の月日が経ってしまいました。^^;

>>「サード・アルバム」なんかも良さそう。あと、この記事で書かれている「イエス」「時間と言葉」も気になってきました。
 この3枚から選ぶなら、躊躇なく『The Yes Album(サード・アルバム)』をオススメします。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月22日 19:56


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Yesterdays/YES (イエス)
[レビュー/試聴 etc.]