Search


since 2005.03.13

2005年04月20日

Whitesnake/ WHITESNAKE (ホワイトスネイク)


Whitesnake
WHITESNAKE
Slip of the Tongue Blue Murder Saints & Sinners

 全世界で1000万枚以上のセールスを誇るDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァーデイル)率いるWHITESNAKE(ホワイトスネイク)の80年代HRシーンを代表するアルバム(1987年発表)。
邦題:「サーペンス・アルバス〜白蛇の紋章」

1.Crying In The Rain
2.Bad Boys
3.Still Of The Night
4.Here I Go Again
5.Give Me All Your Love
6.Is This Love
7.Children Of The Night
8.Straight For The Heart
9.Don't Turn Away

David Coverdale :Vocal (デイヴィッド・カヴァーデイル)
John Sykes :Guitar (ジョン・サイクス)
Neil Murray :Bass (ニール・マーレイ)
Don Airey :Key (ドン・エイリー)
Aynsley Dunbar :Drums (エインズレー・ダンバー)

WHITESNAKE_1.jpg 初期のWHITESNAKE(ホワイトスネイク)は、あまり人気は出なかったけど良いバンドでした。元々はDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァーデイル)の1作目のソロアルバムのタイトルをバンド名にして、1978年に『Trouble』でデビューしたバンドで、メンバーも特にスター・プレイヤーが在籍するわけでもなく(Jon Lord/ジョン・ロード以外はほとんど一般的には無名)、的確なプレイをする職人のような実力派ミュージシャンばかりでした。ブルースを基盤としながらDavid Coverdaleのヴォーカルを十分に生かしたそのハード・ロック・スタイルは派手さはありませんでしたが本当に「良いバンド」だなぁ、と思えるバンドの1つでした。DEEP PURPLEディープ・パープル)が再結成するまでの間Jon Lord(Key)とともにIan Paice(Dr.イアン・ペイス)が参加していたこともありましたが、決してサウンドがDEEP PURPLE化することもなく(さすがにパープルの曲をやるとパープル色が強くなりますが)、1プレーヤーとして参加していたのにも好感が持てました。しかし、まさかその後こんなアルバムを発表するとはその当時は知る由もありません。(まぁ、実際には前々作『Saints & Sinners』(1982)あたりからアメリカの市場を意識した音作りになりつつありましたが...。そうそう、Cozy Powell/コージー・パウエル(Dr)が参加してた時期もありました。)

WHITESNAKE_2.jpg なんて言いながらも、実はこのアルバム(『Whitesnake』邦題:サーペンス・アルバス*ソロ1作目と紛らわしいので以下統一)もかなり好きなアルバムです。よく80年代ハード・ロックを代表するアルバム、などと言われますが私も同感です。収録曲もハードなものからメロディアスなものまで全てよく出来ていて、その上演奏も素晴らしい(特にJohn Sykes)という所謂「捨て曲なし」のアルバムです。
 誰もが思うことですがこのアルバムの完成度の高さはJohn Sykes(G.ジョン・サイクス)の力によるものが大きいと思います。John Sykesのアルバム、といっても過言では無いのではないでしょうか。John Sykesのソングライティングの旨さとアイディア、ギタリストとしての実力、バンドのサウンド・メイクなどなど、John Sykesの才能が詰め込まれたアルバムだと思います。

John_Sykes.jpg しかし、John Sykes(ジョン・サイクス)はアルバム発表前に辞めてしまいPVなどは(ほとんど録音に参加していない)ヘビメタ・オールスターズ、昔で言えばスーパー・グループといった陣容になり、ツアーもこのメンバーで行います。これは個人的な想像なんですが、前々作あたりからバンドメンバーも流動的で固定できず、やっとJohn Sykesを引き入れて作り上げた『サーペンス・アルバス』も自らの病気やトラブルでなかなか発表できないし、そうしているうちにJohn Sykesは辞めてしまうし(解雇?)、でDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァーデイル)は「こうなったとことん派手に遣ってやる(もしくは、売れてやる)」と自棄になってしまったとしか思えません(笑)。

 このアルバム以降、WHITESNAKE(ホワイトスネイク)の参加メンバーは有名な人ばかりですし、Vivian Campbell(ヴィヴィアン・キャンベル/DEF LEPPARD)、Adrian Vandenberg(G.エイドリアン・ヴァンデンバーグ)、Steve Vai(G.スティーブ・ヴァイ)なども好きなギタリストだし(バンドに合う合わないは別として)ライブでの演奏も強力だったんですが、個人的には好きになれるアルバムはありませんでした。実際、『サーペンス・アルバス』のような後年に残る名作は作れなかったと思います。確かに当時は強力に売れて良かったんだろうけど、ピークを過ぎたその後のことを考えるとDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァーデイル)は自分自身で道を狭めてしまったのではないかとも思えます。要らない世話ですが(笑)。
 既に市場からは一番売れた頃の"デビカバ"しか求められないでしょうし、もうヘビメタしかやれないんじゃないかなぁ(しかも今更だし)。その後のJimmy Page(G.ジミー・ペイジ/LED ZEPPELIN/レッド・ツェッペリン)とのユニット(COVERDALE & PAGE/カヴァーデイル-ペイジ)が旨くいって長く続けば、起死回生で状況も変わったんでしょうが、良い結果にはならなかったし...。何年か前に初心回帰みたいなアルバムも出してたみたいですが、よほど昔からの熱心なファンじゃないと、もう興味を持たないだろうしなぁ...。ブルージーな良い歌を歌える人なだけに残念な気がします。

 うーん、John Sykes(G.ジョン・サイクス)は良い曲書くしギターも上手いのに、何でもっと仲良くやってくれなかったかなぁ。あのままJohn Sykesが残っていれば、その後も良質のハード・ロックが聴けたんじゃないかと思うんですが...。John Sykesもソロで良いアルバム作ってるし。

Trouble (1978)

Trouble
WHITESNAKE



 バンド名義での1stアルバム。残念ながら現在のところ廃盤になっているようです。(05/04/20現在)
[追記]06/03/27
トラブル(紙ジャケット仕様)2006/05/10発売予定

David Coverdale :Vo (デイヴィッド・カヴァーデイル)
Mickey Moody :G (ミッキー・ムーディー)
Bernie Marsden :G (バーニー・マースデン)
Jon Lord :Key (ジョン・ロード)
Neil Murray :B (ニール・マーレイ)
David Dowle :D (デイヴィッド・ドウル)


Love Hunter (1979) *2nd Album


Love Hunter (Eng)
WHITESNAKE
Ready An' Willing Saints & Sinners Live in the Heart of the City Slide It in


COVERDALE & PAGE (1993)

Coverdale & Page
COVERDALE & PAGE


 元LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)とのユニット。なんだかんだと言いながら発売当初は良く聴いていたので、こそっと小さく入れてみました。(笑)


LIVE IN THE STILL OF THE NIGHT/WHITESNAKE

B0009S8EFQイン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト
ホワイトスネイク
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2006-04-26

 2004年10月20日、ロンドンのハマースミス・アポロでの公演を中心に収録されたライブDVD。メンバーはDavid Coverdale(Vo.デヴィッド・カヴァーデール)、Doug Aldrich(G.ダグ・アルドリッチ/BAD MOON RISING、DIO、etc.)、Reb Beach(G.レブ・ビーチ/WINGER、DOKKEN、etc.)、Marco Mendoza(B.マルコ・メンドーサ/BLUE MURDER、etc.)、Tommy Aldridge(Dr.トミー・アルドリッヂ/Ozzy Osbourne Band、etc.)、Timothy Drury(Key.ティモシー・ドゥルーリー)。
 『Whitesnake』(1987年.サーペンスアルバス〜白蛇の紋章)でセールス的な成功を収めて以降、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ/LED ZEPPELIN)とのプロジェクトなどを挟み、その都度その時期にバンドが解散、もしくは脱退して、スケジュールが空いている著名なギタリスト(Warren DeMartini/ウォーレン・デ・マルティーニなど)を上手く見つけて来てはゲストに迎えて活動再開し、過去の楽曲の焼き直しを演奏する、というイメージの強いWHITESNAKE(ホワイトスネイク)ですが、このDVDで見られるメンバーも豪華ラインナップ。
 オープニングを飾るDEEP PURPLE(ディープ・パープル)時代の"Burn"を始め、大ヒット・アルバム『Whitesnake』収録曲など、David Coverdaleのキャリアの中から代表曲がセットリストに選ばれており、David Coverdaleの音楽活動の集大成的な内容になっています。David Coverdale(デヴィッド・カヴァーデール)の多少の声の衰えは感じさせられますが、キャリアに裏づけされた上手さを聴かせる部分もあり、Ian Gillan(イアン・ギラン/DEEP PURPLE)の衰え方などから較べるとDavid Coverdaleの歌いっぷりは見事の一言。また、Doug Aldrich(G.ダグ・アルドリッチ)のギターも自身の個性を出しながらも、過去の名曲群のイメージを壊さないプレイは好感。
[2006.04 追記]

[WHITESNAKE DISCOGRAPHY]
Trouble 1978
Lovehunter 1979
Live at Hammersmith 1980
Ready an' willing 1980
Live... in the heart of the city 1980
Come an' get it 1981
Saints & Sinners 1982
Slide it in 1984
Whitesnake 1987
Slip of the tounge 1989
Greatest hits 1994
Restless heart 1997
Starkers in Tokyo 1997

[DAVID COVERDALE DISCOGRAPHY]
Whitesnake 1977
Northwinds 1978
Into the Light 2000

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

CDの整理 from weimarer_verfassung'S WORLD

家には物凄い枚数のCDが有ります。圧倒的に洋楽が多いのですが・・・。初めは、洋楽と邦楽とクラシックに分けるだけのつもりだったのですが、やり始めるととことんまでやらなくては気がすまない私は、やってしまいました・・・。クラシックはバラバラですが、邦楽も洋楽も

Live...In The Heart of The City/Whitesnake from 山田さんの好きなもの!

アメリカでブレイクした後のホワイトスネイクはあまり好きではないんですが、このライブ・アルバムは本当に名盤だと思います。ミッキー・ムーディにバーニー・マースデンのツイン・ギター。イアン・ペイスにジョン・ロード、ニール・マーレイ。そしてディヴ

ホワイトスネイクだじょ☆ from なぎさのロック 私ってこれでも女の子…☆

[壁]ー^)ノ ドモなぎさでっすぅ☆温かいコメントありがとうございます〜☆本当に(人-)謝謝(-人)謝謝でし!!(^-^)/今夜はぁ白蛇の紋章!!(・∀・)イイ!!おととし、私はZEPP福岡にホワイトスネイクを見に行っちゃいました!いえーい(^^)初めて聴かせてもらったHM/HRアルバ

LIVE...IN THE HEART OF THE CITY (WHITESNAKE) from ?Elass Onion Blog?

Various Review vol. 58「ライヴ...イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ」 ホワイトスネイク"LIVE...IN THE HEART OF THE CITY" WHITESNAKE1980年発表作品POLYDORおマセなロック好きのクラスメートが、「もう・・・、ホワイトスネイク人気出過ぎ・・・。」とかホザい

80年代ホワイトスネイク傑作アルバム from Bleu 【HR/HM】

サーペンス・アルバスホワイトスネイク

(117)サーペンス・アルバス from バリバリダイアリー

サーペンス・アルバスホワイトスネイクです。1987年の作品。ホワイトスネイクはこのアルバムと「SLIDE IT IN」しか持ってません。両方とも結構聞くんだけど、やっぱりこの「サーペンス・アルバス」のほうが好きだね。デビッド・カヴァーデイルの声がイイ!好き

俺のお薦めロックアルバムVol.7 from iN-phase,Horyの部屋

今回は一挙に3枚。どれも名盤と呼ぶにふさわしい作品だ。張り切って行ってみよう!!まずは全盛期のWhite Snakeが生んだ最高傑作サーペンスアルバス。俺はこのアルバムでデビッドカヴァディールとジ...

WHITESNAKE / GREATEST HITS from 芸術的生活、

今日聴いたCDは、デイヴィッド・カヴァーデール率いるホワイトスネイクがゲフィンに在籍した時期の曲を集めたベスト盤です。エイティーズ的側面で見ると、全米1位になった「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」と2位になった「イズ・ディス・ラヴ」の特大ヒットがあります。ワ

WHITESNAKE来日♪♪ from iN-phase,Horyの部屋

昨年から大御所の来日ラッシュですが、5月にはWHITESNAKEも来日するようです!!2月にU2、3月にストーンズ、4月にBON JOVI、そして5月にWHITESNAKE!!凄い!!80年代から90年代を髣髴させる勢いです!!さて、来日メン...

白蛇喝采1~「WHITESNAKE(SERPENS ALBUS)」 from どうせ誰も見てませんからっ☆★

どちらかというとメタル色の強いこのコーナー,たまにはHRも行ってみよ~,ということで,再結成ツアーも絶好調のWHITESNAKE(ホワイトスネイク)です。 どこから行ってみようかと考えましたが,やはりいちばん売れた「これ」からにしようと思います。全世界で1000万枚以上�

「Whitesnake」 Whitesnake from North Winds

別名「Serpens Album(サーペンス・アルバム)」 と呼ばれる名盤の誉れ高きアルバムです。「Whitesnake」(1987年リリース) 1.Crying in the Rain2.Bad Boys3.Still of the Night4.Here I Go Again5.Give Me All Your Love6.Is This Love7.Chi...

ヒア・アイ・ゴー・アゲイン/ホワイトスネイク from スポンサーから一言

ヒア・アイ・ゴー・アゲイン HERE I GO AGAINホワイトスネイク WHITESAKE ホワ

Whitesnake - 1987 from ロック好きの行き着く先は…

 1980年代のギタリストをあれこれ聴き直して書いているとふと思い当たることがあった。そういえば誰も彼もがひとつのバンドに向かっていってないか?ヴィヴィアン・キャンベル、ヴァンデンヴァーグ、スティーヴ・

ホワイトスネイク『Whitesnake』 from ROCK野郎のロックなブログ

日本盤と米盤、英盤の、選曲や曲順が違うアルバムがたまにありますが、これもまさにそんなファン泣かせの1枚です。 Whitesnakeのアルバム『Whi...

comments

 記事の一部で過去に自分がコメント欄へ書いたコメントを再利用してしまいました。(笑)

  • axis_009
  • 2005年04月20日 19:58

うむ、サイクスの才能を、デビカバが自分のモノにしようとしたのが原因ですね。怒って辞めちゃいました。その後、自分のバンド、プライド&グロウリーでStill Of The Nighとそっくりの曲をやってます。まるで、自分が作った事を誇示するかのごとく・・・しかし、良いアルバムです。

  • goleiro
  • 2005年04月20日 21:36

こんにちは。
僕もWS大好きです〜!
特にこのサーペンス・アルバスは当時最高に気に入ってました。高校1年生の時でした。
その後もジョン・サイクスを追っかけてましたがいつだったか新宿厚生年金でのライブで非常に客をナメているとしか思えないライブをしでかし(笑)それから彼のライブへは足を運ばなくなりました。(まぁ、僕がそう感じただけかもしれませんが・・・)
しかしブルー・マーダーのアルバムはこれまた大好き。今でもよく聴いていますね。
でも川崎クラブチッタでのジョン・サイクスのライブは僕の人生の中でも10本の指に入る名演でした。そのときの自分で録ったブートレグは宝物だったりします(笑)

いいですね〜ホワイトスネイク。懐かしい!
まだ写真集持ってるかも・・・・。
初来日と二回目の来日コンサートに行きましたもん。
プログラムもまだあると思います。このバンドで初めて、ジョンロードとイアンペイスを生で聴きました。
バーニー・マースデン、結構好きだった。


J・サイクスとかR・ローズの16分音符多用リフは衝撃的でありました……。
WSはメンバー構成を忘れましたが(サーゾ&アルドリッチがリズム隊だったはず)一度観ました。演奏が始まった瞬間から音がでかくて、ボーカルが聞こえないんじゃないかと思ってたら、ちゃんとトレードマークの息遣いまで聞こえたので驚きました。世界中、この音量で回ってるのかと変なところに感心しちゃいました。

  • bakune
  • 2005年04月21日 00:18

 実はWHは、ファン!と言えるほどよく知っているわけでもなく、結局は売れた頃のものしかアルバムも持っていませんが・・・
でもサーペンスはまさに80年代ハードロックを代表するアルバムですよね。
女の子にも人気あったし・・・(笑)

  • cherry
  • 2005年04月21日 10:34


私とWSとの出会いはベストヒットUSAのHR/HM特集で流れた『Don't Break My Heart Again』のプロモです。ですので、WSといえばこの辺りの泥臭い曲が好きです。
サーペンスはHMアルバムとしてはすっごく好きなんですが、WSとしては私は認めません(笑)
今後ともよろしくお願いします。

  • まほえもん
  • 2005年04月21日 13:00

こんにちは〜。
ホワイトスネイク、懐かしいですね。
大学入った頃に、「Bad Boys」「Here I Go Again」「Straight For The Heart」をコピーしてLIVEしたのを思い出しました。ちょっとCD引っ張り出してみようかな。
あ〜“デビカバ”って懐かしいな(笑)

TBありがとうございます。私もTBさせて頂いちゃい
ました(^^) それ程詳しい訳じゃないけど、学生時代から
ジョン・サイクス大好きでした(^^)

>コメントを頂いた皆様
 沢山のコメントありがとうございます。
個人的にはこのアルバム前後からホワイトスネイクは別のバンドになった、と思ってるんですが、ジョン・サイクスはかなり好きなギタリストだったので良しとしてました。でも、今はフィルのいないシン・リジーでの話題しか聞かなくなってすごく残念なんですよ。
 そういえばデイヴィッドって、私はカヴァデールで表記を統一したんですが、昔はカヴァーディルと言ってた様な気もするし、カヴァーデールという表記も見かけるし、なかなか英語名の日本語表記は難しいですね。

  • axis_009
  • 2005年04月21日 21:02

TBありがとうございます。70年代80年代のHRをバリバリ聞いていた世代にとって、デヴィッド・カヴァーディルという名前はやはり特別な響きがあります。
WSは、やはり「Ready An' Willing」のニューリリースの記事や広告をMUSIC LIFEか何かで見て「買うべきか」と悩んだ末LPを(時代ですね)買って狂喜乱舞した記憶があります(笑)。バーニーやミッキーの決して早弾きではない、格好いいというより「ダサ格好いい」プレイが好きでした。高校の時学園祭でパープルの曲より、Sweet talkerやFool for your lovingをコピーしたのも思い出です。(アンコールではBurnをやった)
ジョン・サイクス加入のホワイトスネイクはそれはそれで今改めて聴くとなかなかいいです。今日も仕事に向う道中聴きました(笑)。

  • 白取
  • 2005年04月21日 21:48

連続投稿すみません。字数オーバーしたもので(汗)
Purpleということで言うと、デヴィッドとツインヴォーカルをとっていたベースのグレン・ヒューズ、ご存知ジョー・リン・ターナーとヒューズ・ターナー・プロジェクトを組んだのは記憶に新しいところですが、グレンが全く衰えていないことに驚きました。カヴァーディル・ペイジの「あれれ?」感に比べ、グレン・ヒューズの凄さに脱帽しましたね…

  • 白取
  • 2005年04月21日 21:49

>白鳥さん
 字数オーバーは私も時々やってしまいます(笑)。
今後ともよろしくお願いします。また、寄って見てください。

  • axis_009
  • 2005年04月21日 22:28

出来ればまたデビカバ&サイクスで新作出してほしい。この二人の共演が生で見たいです。

  • 石井
  • 2005年04月22日 00:57

ホワスネ好きな方ってやはり多いのですね。
私のとこで紹介してるアルバムは評価悪いですけど
今聴くとなかなかによかったですよ〜♪
是非聴いてみてくださいね。
またお邪魔します。

毎度おせわになります。
なんだかホワイトスネイクで盛り上がっていたので、ついついカキコしたくなりました。
カヴァーデイル・ペイジの話題もでていますが、当方このユニットも結構好きだったりします。
 実はこのユニットの来日公演を見に行ったことがあるのですが、ツェッペリンのパクリとの一部批判もあった「Still Of The Night」をしっかり演奏してました(笑)。
肝心のジミー・ペイジがあんまり弾けてなかった記憶が、、、(笑)。

>KMCにしむらさん
 ZEP解散以降ペイジのプレイで良い話は聞きませんね。(まぁ、ネブワースのライブの頃から既に結構きてましたけど)
 私が聴いた限りでは、P.ロジャースとのファームの頃のライブ(私が聴いた音源だけかもしれません)とブラック・クロウズとのツアー(ギタリストがもう一人いたし)なんかはまだ良い方だったんですが...。
 まぁ、1983年にアームズ・コンサートでベック、クラプトン、ペイジが共演した時点で「ベックの凄み」「クラプトンの貫禄」に対して、ペイジのプレイは「もう既に名前だけ」という状態でしたからねぇ。

  • axis_009
  • 2005年04月24日 20:38

いつも僕のブログにお越しいただきありがとうございますm(__)m
僕もWhitesnakeは好きで、コンサートへも2〜3度行っています。浅草の国際劇場でもライブをやっているんですが、底が抜けるんじゃないかと心配しながらも行きました。それから、公演が中止になったのを知らずに武道館まで出かけてしまい、新聞は読まないとダメだなあと思ったこともありました(笑)
イアン・ペイス、コージー・パウエルの両ドラマーの演奏も観ることができましたが、コージーは合わなかった気がします。って言うか、僕にはレインボーのコージーのイメージが強烈でしたので違和感があったのだと思います。

  • イマ
  • 2005年04月26日 21:29


COVERDALE & PAGE も聴きましたし、コンサートも行きました。ロバート・プラントと区別が付かなかったのを覚えています(笑)両方観たんですがねえ…
ジミー・ペイジはヨレヨレで「ジミー・ペイジがんばれ」なんて野次が飛んでましたし、プラントもカヴァーディルも昔の面影がなく体形も変わってましたね。期待が大きすぎたのかなあ。
すいません、連続投稿してしまいました^^;

  • イマ
  • 2005年04月26日 21:37

なつかしい〜といいたい所ですが、今でもジョギングの時はこれとDavid Lee Rothの Eat'em and Smaileを聴いてアドレナリンをあげて走っております。ジョン・サイクス、Thin LizzyでのThunder and Lightningもよかったですね。Tigers of ...のLove Potion No.9も好きでした。
私はひねくれもので、WSではこのアルバムが好きです。YESもハウよりトレバー・ラビンバージョンが好きって者です。
文章下手ですみません。よろしくどうぞ。

>イマさん
結構色々見られてるんですね。私なんかはなかなか見に行けなくって...。
 >ヨレヨレで「ジミー・ペイジがんばれ」なんて野次が
これは笑えますね。野球じゃないんだから。(笑)
 私は連続投稿を自分のBlogでも他所様のBlogでもやってしまうほうなので、遠慮なく書き込んでください。

  • axis_009
  • 2005年04月26日 23:56

> kawamukai さん
DLR Bandは凄かったですね。テクニック、エンターテインメント性、楽曲の派手さ、などなど。そういえば、今思い出したんですが「 Eat'em and Smaile」は私がレコードを買った最後のアルバムかもしれません。
 >YESもハウよりトレバー・ラビンバージョンが好き
トレバー・ラヴィンの時期のYesのビデオを持ってるんですが、かなり良かったですよ。足元の大きなエフェクターボードも印象的でした。
 やっぱり上手いですし、元々POPなバンドの出身なので曲も適度にポップで聴きやすいし。結構好きで聴いてましたよ。確かラビットだったかな?南アフリカ出身だったような...。

  • axis_009
  • 2005年04月27日 00:09


axis_009さん、おはようございます。
>「 Eat'em and Smaile」は私がレコードを買った最後のアルバム
私もそうかも知れません。30分ぐらいでとても短かいですよね。
>トレバー・ラヴィンの時期のYesのビデオを持ってるんですが、
YESのライブは私も買おうか悩んでいます。音はどうですか?昔なのでイマイチですか?
1年前に90124を買いました。90125用のトレヴァーのデモトラックですが、結構ハードロックで面白かったです。結局、トレバー・ホーンにいじくりまわされてたんだなと痛感しました(^o^)ホーンは大好きですが。
amazonで調べて見ると昔のバンド名は"ウルフ"ですね。
60セカンズ、シックス・デイのサントラをやってるみたいです。
キャント・ルック・アウェイってソロを持ってますが格好いいですよ。
よろしくどうぞ


>amazonで調べて見ると昔のバンド名は"ウルフ"ですね。
は間違いでした(^_^;。"ラビット"です。

> kawamukai さん
やっぱり「ラビット」でしたか。でも、かなり前にラジオで2,3曲聴いただけでポップな音楽という印象だけで良く覚えて無いんですよ。
 >90125用のトレヴァーのデモトラック
これ面白そうですね。ひょっとしてJ.アンダーソンの参加が決まって「イエス」になる(戻る?)前の「シネマ」用に作った音源ですか?

  • axis_009
  • 2005年04月27日 23:08

axis_009さん、こんにちは
>これ面白そうですね。ひょっとしてJ.アンダーソンの参加が決まって「イエス」になる(戻る?)前の「シネマ」用に作った音源ですか?
正にその通りです。本当に面白いですよ。Voが全てラビンなのでとっても熱いですよ(^o^)。90124では2曲にまたがったものが、90125で1曲になってたり、制作過程が想像できる楽しいものになってます。勿論音質はそんなによくないですが臨場感はたっぷり味わえます。

こんちには。
イアンを含めたメンバーで、メンバーチェンジせずにずっと続けていたら、アメリカ制覇はならなかったかもしれないけれど、得がたいベテラン・バンドになっていただろうに・・・。
ま、"Whitesnake"も非常に良いアルバムでしたけどネ・・・。

>Hiroponさん
>得がたいベテラン・バンドになっていただろうに・・
そうなんですよね。ホワイトスネイク自体は売れたから良かったんだろうけど、見て(聴いて)みたかったですね。あのままのメンバーで続けてたら今頃どんな音が聴けたのか。(.....続けてても既に解散してるかもしれませんね。(笑)
 この記事のアルバム「ホワイトスネイク」は私も既に別のバンドとして聴いてました。ジョン・サイクスは結構好きなんですよ。でも、個人的にはこのアルバムまでだなぁ。。。。

  • axis_009
  • 2005年06月11日 14:57

TBさせてもらいました。
いいですねえ。このアルバムはホワイトスネイクの中ではピカイチだと思います。
やはりジョンサイクスの力がでかいんだろうなあ。

  • バリ
  • 2005年07月25日 22:53

僕もホワイトスネイクはこのアルバムまでです。後のはどうも.....
ファースト・アルバムは廃盤なんですかね。まだ聴いた事が無いんですよ。以前から一度聴いてみたい、とは思っているのですが。

  • nice
  • 2005年09月15日 20:43

今回久々にホワイトスネイクを聴きました。
以前からのファンには色々言われたようですが、この時期のデビカバも決して嫌いではありません。
今も未だ頑張っているのが嬉しいですね。

  • lonehawk
  • 2005年12月19日 21:41


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Whitesnake/ WHITESNAKE (ホワイトスネイク)
[レビュー/試聴 etc.]