Search


since 2005.03.13

2007年08月03日

Walking Into Clarksdale/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)

B000024C9VWalking Into Clarksdale
Jimmy Page & Robert Plant
Mercury 1998-04-20

 1994年に発表したアルバム『No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded』を携えて行った"Jimmy Page & Robert Plant"(ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)のワールド・ツアー終了後、ツアーに同行したバック・バンドのメンバーと共に制作された全曲オリジナルのスタジオ録音盤。(1998年発表)


1.Shining In The Light
2.When The World Was Young
3.Upon A Golden Horse
4.Blue Train
5.Please Read The Letter
6.Most High
7.Heart In Your Hand
8.Walking Into Clarksdale
9.Burning Up
10.When I Was A Child
11.House Of Love
12.Sons Of Freedom

 ワールド・ツアーではアルバム『No Quarter』のサウンド、趣向から一転してLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)時代の曲をさらに大幅に導入し、サウンド的にもハード・ロック色の強いパフォーマンスを行ったものの、このアルバムでは再度ハード・ロック色を抑えギター、ヴォーカルともに控えめな演奏となり、アルバム全体のトータル感を重視した内容になっています。
 Jimmy PageとRobert Plantが創り上げた新しい音として聴いた場合、面白い部分は多々あるのですが、ハード・ロックを期待して聴くと退屈なサウンドかもしれません。しかし、聴けば聴くほど味の出るアルバムでもあり、前作から続くJimmy Page、そして特にRobert Plantの新しい音への模索はある程度完成の域に近づいていたのではないかとも思える仕上がりです。

 前作発表の際にも少なからず感じたことですが、John Paul Jonesジョン・ポール・ジョーンズ)の"Music from The Film:Scream For Help"(1985年)、このアルバム"Walking Into Clarksdale"の翌年に発表された"Zooma"(1999年)、"The Thunderthief"などを聴くと、(バンド名が"Led Zeppelin"でなくとも、また"過去のサウンドの再現"でなくても)John Paul Jonesがプレイヤー、もしくはプロデュース面で参加していれば"No Quarter"、"Walking Into Clarksdale"ともに、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)とRobert Plant(ロバート・プラント)の新しいサウンドへの欲求とLED ZEPPELINスタイルのハード・ロックを求めるファンの双方が満足でき、より完成度の高いサウンドに仕上がっていたのではないかとも思われ、John Paul Jonesの不在は残念でなりません。
 Jimmy PageとJohn Paul Jonesの確執が云々と取り沙汰されますが、再合体が無理であれば"Jimmy Page & Robert Plant"と合わせて"Robert Plant & John Paul Jones"でのサウンドも聴いてみたかった、という気もします。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

レッド・ツェッペリン再結成!! - 11月26日.ロンドン O2アリーナ from newsbookshelf.com

How the West Was WonLed Zeppelin Amazonで...

comments

ペイプラの来日公演見に行きました。^^
僕はどちらかと言うとレッド・ツェッペリンの再現は期待していなかったので、ハード・ロック色の強いツェッペリン・ナンバーが大幅に導入されたコンサート内容は「ノー・クォーター」での音を聴きたかった僕にとってはちょっと中途半端に感じました。(内容的にはカヴァーデイル-ペイジよりはるかに良かったけど)

>John Paul Jonesの不在は残念
本当にそう思います。3人揃っちゃうとツェッペリンを期待されるので、それを避けたのかもしれませんけど、確かにジョン・ポール・ジョーンズも見たかったですね。

  • hajime
  • 2007年08月18日 09:26

>>内容的にはカヴァーデイル-ペイジよりはるかに良かったけど
私も同感です。^^♪
 私も『No Quarter』は好きなアルバムです。でも、全盛期のようなパワフルさや華やかさは無かったのではないかと思いますが、やっぱりツェッペリン・ナンバーには感激しました。

  • axis_009@管理人
  • 2007年08月29日 20:58

2007年11月26日にレッド・ツェッペリンの一夜限りの再結成コンサートが決定しましたね。^^
再結成と言ってもイベントへの参加なので、多分演奏曲目も少ないと思うし、クリエイティブな活動再開という訳でも無いので曲目も有名どころを何曲か、と言ったところでしょうが、イベント後すぐにネットで映像が出回りそうだし、楽しみにしています。

  • takuya
  • 2007年09月20日 09:07


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Walking Into Clarksdale/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)
[レビュー/試聴 etc.]