Search


since 2005.03.13

2005年03月31日

Waiting for Columbus/LITTLE FEAT (リトル・フィート)

B0000631EDWaiting for Columbus
Little Feat
WEA Japan 2002-04-15

 元フランク・ザッパ&マザースのLowell George(G.ローウェル・ジョージ)を中心に結成されたLITTLE FEAT(リトル・フィート)が、ゲストにTower Of Power(タワー・オブ・パワー)のホーンセクションを迎えてスタジオ盤以上の素晴らしいパフォーマンスを繰り広げるアメリカン・ロックを代表するライブ・アルバム!(1978年発表・7作目)

1.Join the Band
2.Fat Man in the Bathtub
3.All That You Dream
4.Oh Atlanta
5.Old Folks' Boogie
6.Time Loves a Hero
7.Day or Night
8.Mercenary Territory
9.Spanish Moon
10.Dixie Chicken
11.Tripe Face Boogie
12.Rocket in My Pocket
13.Willin'
14.Sailin' Shoes
15.Feats Don't Fail Me Now

Lowell George :Guitar,Vocal (ロウエル・ジョージ)
Paul Barrere :Guitar,Vocal (ポール・バレール)
Bill Payne :key,Vocal (ビル・ペイン)
Kenny Gradney :bass (ケニー・グラッドニー)
Richard Hayword :drums (リチャード・ヘイワード)
Sam Clayton :perc (サム・クレイトン)

little feat.jpg ヒット・チャートを騒がせるような音楽ではありませんが、メンバーの3人がマザースのメンバーであったり、どちらかと言えば実際に音楽をやっている側(特に黒人音楽に影響を受けたイギリスのミュージシャン)からの評価が高いバンド、いわゆる通好みのバンドです。聴衆からの人気も「これぞアメリカン・ミュージック」という音楽にもかかわらず、本国よりもイギリスの方が高かったようです。

Lowell George.jpg バンドの核となるLowell George(ローウェル・ジョージ)はバンドの音楽面だけでなく、スライドギター・プレイヤーとしても有名ですが、Lowell Georgeのそれはブルースを基本としながらも個性的なスタイルを持っています。それまでのブルース然としたスライド・ギターの奏法をDuane Allman(デュアン・オールマン)、Jesse Ed Davis(ジェシ・エド・デイビス、John Lennon/ジョン・レノンの「Stand By Me/スタンド・バイ・ミー」のスライド・ソロなどで有名なセッション・ギタリスト)、George Harrison(ジョージ・ハリスン)等とともに(それぞれアプローチの方法、テクニック的な違いはありますが)スライド・ギターの可能性を広げた一人ではないかと思います。

 リズム隊も強力で黒人音楽に影響を受けながらもオリジナリティーのある、ファンキーで粘りのあるリズムをたたき出しています。LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)在りし頃のJimmy Page(ジミー・ペイジ)がインタビューで好きなバンドとしてLITTLE FEAT(リトル・フィート)の名前を挙げていましたが、LITTLE FEATのRichard Hayword(Dr.リッチー・ヘイワード)とJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)のリズムの取り方やタイム感など、かなり近いものが感じられます。John Bonhamの死後、John Bonhamの後任として名前が挙がったのはCozy Powell(コージー・パウエル)が有名ですが、しっかりと(噂の粋を出ませんが)Richard Haywordの名前も候補として上がっていましたし、LED ZEPPELIN解散後のRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)のソロ・ツアーにはドラマーとしてRichard Haywordが参加していたりします。ひょっとしたらLED ZEPPELINのほうが影響を受けていたのかもしれません。



Dixie Chicken
Little Feat
Sailin' Shoes Little Feat The Last Record Album Down on the Farm Feats Don't Fail Me Now



Rockpalast Live
Little Feat
Highwire Act Live in St Louis 2003 / (Dol Dts) Live at Great Woods

[LITTLE FEAT - DISCOGRAPHY]
Little Feat - 1971
Sailin Shoes - 1972
Dixie Chicken - 1973
Feats Don't Fail Me Now - 1974
Last Record Album - 1976
Time Loves A Hero - 1977
Waiting For Columbus - 1978
Down On The Farm - 1979
Hoy Hoy - 1981
As Time Goes By - 1986
Let It Roll - 1988
Representing The Mambo - 1990
Shake Me Up - 1991
Ain't Had Enough Fun - 1995
Live From Neon Park - 1996

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

第74回目 LITTLE FEAT from ∩゚∀゚∩ おいらの珍道中 ∩゚∀゚∩

 ビーフ、ポーク、チキン、どれが好きですか?   その時の気分にもよりますが、僕はチキンです。脂身が余り得意でないってのもありますけど。 僕の友達で、肉好きの、ちょっとふくよかな方が居られるんですが、僕がステーキの脂身を残すと「お前は時計買った

模様替え from 音楽なしは、人生なし!

我が家ではここ10日ほど少しずつ模様替え中なんです。今回はかなり大掛かりです。昨夜はパソコン関係の配線を全部取り外して元通りにするのが大変でした。なんで、こんなにケーブル類が多いのか。今まで追加していった周辺機器は、その都度セッティングし

リッチー、また歌ってくれ! from 「あいだ」にあるもの

いい表情ですねぇ!リトル・フィートの、リッチー・ヘイワードです。この人は最近のライブじゃ、あまり歌わなくなっちゃってるみたいだけど、昔のライブ映像見ると、めっちゃ歌いまくってるんですよ。またこれが上手いんだな、歌が!声が良くって。Rockpalast Live ロウェル

[70s Rock Album]Waiting for Columbus/LITTLE FEAT from The Song Remains The Same

Waiting for ColumbusLITTLE FEAT この記事は[FC2 Blog][http://rollingstone.blog12.fc2.com/blog-entry-17.html:title=OOH LA LA-my favorite songs]からの転載です。|ローウェル・ジョージ(G)を中心に結成されたリトル・フィートがゲストにタワー・オブ・パワーのホー�

Little Feat /same ('71) from There's One In Every Crowd

リトル・フィート 『ファースト』1975年 当時 Warner Brothers に所属していたバンド … このリトル・フィート他、ドゥービー・ブラザーズ、タワー・オブ・パワー、グラハム・セントラル

Little Feat / Sailin' Shoes ('72) from There's One In Every Crowd

リトル・フィート 2nd 『セイリン・シューズ』デュエイン・オールマンが skydog なら、ローウェル・ジョージは skypig か … なんて、口の悪い友人達は言っていましたが...デュエイン

Little Feat - Dixie Chicken from ロック好きの行き着く先は…

 サザンロックと言うものがアメリカ南部のどのあたりまでを指すのかよく知らないが、同じようにその南部的サウンド=ルーツミュージックに基づいた土臭く乾いたサウンドというものを醸し出す連中も現れており、その

ウエスト・コーストの才人 from ROCK ANTHOLOGY BLOG

●ローウェル・ジョージ(Lowell George) ●1945年4月13日生まれ~1979年6月29日死去 アメリカ出身 ローウェル・ジョージは...

comments

こんにちは。
axis_009さんのブログへのリンク作らせて頂きました。
普通のリンクなんですけどね。Blog Peopleの方は時間があるときにやってみます。
リトル・フィートはファンキーな「Two trains」が好きです。
ローウェル・ジョージは邦楽(尺八とか)の勉強もしてたんですよね。
あの独特のギターはそこからの影響もあるようです。

 尺八ですか。なるほど。ローウェルのソロアルバムに着物を着た絵のジャケットがありますね。そこから来てるのか。
 リトル・フィートは「Dixie Chicken」を名盤紹介みたいな特集記事で見て買ったんですが、当時高校生のハード・ロッカーには魅力が良く分からなくて...。(好きな曲もあって時々は聴いてましたが)本格的に聴くようになったのはこのライブ・アルバムからですね。
 リトル・フィートに限りませんがライブ盤を聴くとそれまで気にも留めていなかったような曲の魅力が分かったりすることも多くて、スタジオ盤のほうの良さを再確認できたりすることが多いです。
 良く見ると(と言うか今更ですが)私のBlogのお気に入りアルバム紹介、ライブ・アルバムばっかりになってますね。(笑)

はじめまして。
私も取り上げていたのでTBさせてくださいね。
私は、生リトル・フィートを見たというぐらいの
年ですが、よろしくお願いいたします。

  • Sken
  • 2005年06月12日 17:00

>Sken さん
こんにちは。TBありがとうございました。こちらこそお願いします。
こちらからもお邪魔させていただきますね。でも、なかなかリトル・フィートを取り上げている方はおられないので、TBをもらえて嬉しい限りです。

  • axis_009
  • 2005年06月12日 17:40

良いバンドなのに一般的な知名度、低いですねー。特に日本では、知る人ぞ知る、ミュージシャンズ・ミュージシャンという感じです。
この手のバンドが日本でも売れるようになるといいんだがなぁ、なんて思ってます。まぁ、でも70年代から比べると日本人の音楽を聞く幅も確実には広がってますね。これも、今までに売れ線の音でなくても自分の好きな音楽を頑張ってやってきてくれた70年代、80年代の日本のバンドのおかげかもしれません。

  • TOKU
  • 2005年09月02日 11:02

ロウエル・ジョージのスライド・ギターって好きなんですよねぇ。(^^)
スライド、というとデュエイン・オールマンの名前が良く挙がりますけど、タイプは違うけど、スライド・ギターの独創性という意味ではロウエルも負けてないと思います。
記事を読んでいたら、久しぶりに「ウエイティング・フォー・コロンブス」を引っ張り出してきて聞いて見たくなりました。(^^)

  • tonton
  • 2005年09月08日 17:29


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Waiting for Columbus/LITTLE FEAT (リトル・フィート)
[レビュー/試聴 etc.]