Search


since 2005.03.13

2005年11月04日

Van Halen/VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)

B00004Y6O9Van Halen
Van Halen


 巷ではいたるところでディスコ・サウンドが流れ、SEX PISTOLS(セックス・ピストルズ)を始めとするイギリスから発生したパンク・ブームの波によりハード・ロック・シーンは衰退し、ロック界の偉大なる巨人"LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)"ですら「オールド・ウェーブ」と呼ばれロック・シーンの片隅に追いやられつつあった1978年。そうした時代の中でアメリカから全世界へ放たれた衝撃的な1枚のハード・ロック・アルバム。それがEdward Van Halen(G.エドワード・ヴァン・ヘイレン)、Alex Van Halen(Dr.アレックス・ヴァン・ヘイレン)のヴァン・ヘイレン兄弟を中心にして結成されたVAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の1stアルバムです。


1.Runnin' With The Devil
2.Eruption
3.You Really Got Me
4.Ain't Talkin' 'Bout Love
5.I'm The One
6.Jamie's Cryin'
7.Atomic Punk
8.Feel Your Love Tonight
9.Little Dreamer
10.Ice Cream Man
11.On Fire

David Lee Roth :Vo デイヴィッド・リー・ロス
Edward Van Halen :G エドワード・ヴァン・ヘイレン
Micheal Anthony :B マイケル・アンソニー
Alex Van Halen :Dr アレックス・ヴァン・ヘイレン

Van Halen Edward Van Halen(G.エドワード・ヴァン・ヘイレン)の突き抜けるようなギター・サウンドと優れたテクニックから繰り出されるフレーズは、それまでのハード・ロックのようなブルースを基本としたスタイルでは無く新時代の幕開けを感じさせる自由奔放なプレイ・スタイル(情緒性には欠ける?)。ライト・ハンド(タッピング)奏法を始めとする革新的なアイディア、独特なリズム・センスから産み出された小技の効いたドライブ感のあるギター・リフにワイルドでキャッチーなメロディー・ラインを乗せるバンドのスタイル、アメリカン・ロックの王道を行きながらもオリジナリティー溢れる楽曲の数々、David Lee Roth(Vo.デイヴィッド・リー・ロス)の存在により醸し出されるエンターテインメント性とカラフルなバンド・イメージ等々。。。。この1枚のアルバムとVAN HALENのバンド・スタイルが他のロック・バンドのサウンド・メイキング、ソング・ライティング、ギタリストのギター・プレイ、ロック・バンドのイメージ作りなどに与えた影響は計り知れません。
 VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の記念すべき1stアルバムにして、その後のNWOBHM(ニュー・ウェーヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)、LAメタル・ブームへ繋がる大きな要因となったロック・シーンにおけるエポック・メイキング的な作品です。

 KINKS(キンクス)のカヴァーでありながら初期VAN HELENの代名詞ともなった"You Really Got Me"、Edward Van Halen(G.エドワード・ヴァン・ヘイレン)の新感覚フレーズが詰め込まれたインスト曲"Eruption"、ライヴでの定番曲"Ain't Talkin' 'Bout Love"他収録。


1984

B00004Y6O31984
Van Halen


1983年発表、VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の6thアルバム。シンセサイザーのイントロが印象的な"JUMP"は全米チャートで5週にわたって第1位を記録。VAN HALEN独特のポップ・センス、ハードなギター・サウンドとワイルドなヴォーカルスタイル、そしてそれまでにも徐々に使われつつあったシンセサイザー・サウンドが融合して作り出されたDavid Lee Roth(Vo.デイヴィッド・リー・ロス)在籍時代の集大成的な作品。ハード・ロック・ファン必聴の名盤。

Van Halen アルバム発表後"ダイアモンド・デイブ"ことDavid Lee Rothはバンドを脱退。ソロ活動へと移行し、超人的なテクニックを持つSteve Vai(G.スティーブ・ヴァイ)、Billy Sheehan(B.ビリー・シーン)等とともにDavid Lee Roth Bandを結成。パフォーマンス、楽曲、テクニックなど全ての面において「魅せる」という部分に重点を置き、VAN HALEN時代以上に強くエンターテインメント性を推し進めたロックを追求して行きます。
 "Panama"、"Hot For Teacher"他収録。


5150

B000002L995150
Van Halen


 David Lee Roth(Vo.デイヴィッド・リー・ロス)の後任として元MONTROSE(モントローズ)の正統派ロック・ヴォーカリスト、Sammy Hager(サミー・ヘイガー)を迎えて制作された新生VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の1枚目。(通算7作目)
 パフォーマンス、存在感、そしてセルフ・プロディース面においては優れた才能を持っていたとはいえヴォーカリストとしての微妙な表現力は劣るといわざるを得ないDavid Lee Rothが脱退し、"歌える"ヴォーカリストSammy Hagerが加入したことにより"Why Can't This Be Love?"のような正統派アメリカン・ハード・ロック、高い歌唱力が必要となるバラード系の楽曲の演奏が可能になったこと、前作で大成功したシンセサイザーの導入が更に進められたことなどから、元々ポップ・センス溢れるバンドでしたが、今作では更にポップな面が強調されたサウンドになっています。(David Lee Rothが持つ癖のある独特のポップ感が消えたのは残念ですが)各楽曲の作りこみ度もこれまでのアルバムに比べると良く煮詰められており、ノリ重視でワイルドなサウンドが特徴的なデイブ時代に比べると、各楽曲のアレンジなど完成度も高いアルバムです。
 前作『1984』と『5150』の成功によりVAN HALENは名実ともにアメリカを代表するロック・バンドとなります。
 Sammy Hager(サミー・ヘイガー)時代の幕開けを飾るハード・ロック・ナンバー"Good Enough"、ポップなアメリカン・ハード・ロック"Why Can't This Be Love?"、Sammy Hagerがエモーショナルに歌い上げるVAN HALENを代表する名曲"Dreams"、Edward Van Halen(G.エドワード・ヴァン・ヘイレン)のスタインバーガー・ギターの特長を生かしたプレイが印象的な疾走ナンバー"Get Up"、名バラード"Love Walks In"、テクニカルなギター・プレイ炸裂の"5150"他、捨て曲無しの全9曲収録。


The Best of Both Worlds [Best of]

B000286S8SThe Best of Both Worlds (Digi-Pak)
Van Halen
Warner 2004-07-20

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

1984/ヴァン・ヘイレン from ヒナリblog

このジャンルはあまり聴きませんが、このアルバムはよく聴きました!MTVなどでもしょっちゅうオンエアされてましたもんね。ヴァン・ヘイレンはエドワード・ヴァン・ヘイレン(g)とアレックス・ヴァン・ヘイレン(d)が結成、のちにデイヴィッド・リー・ロス(vo)が加入し�

ROCKの名盤 from こんなんで勘弁してーヽ(;´Д`)ノ

最近の音楽はなんかこう、好き嫌いもあるんだろうけど僕は好きじゃない{/down/}ノイズミュージックというか。もちろん、行き着いたところがそこなんだから、ノイズミュージックをやっている人たちを否定する気は全く無い。逆に、自分にはできないので尊敬するな{/hakushu/}�

どっち?? from MUSIC8089

Van Halen の ‘Jump’ (1984年の作品)と Bon Jovi の ‘Livin' On A Prayer’ (1986年の作品)どちらも元気が出る曲ですが、当時こういう元気が出る曲ばかり集めた30分テープを作って常備(?)してました。その編集テープは、名付けて 【パワー全開!】落ち�

ヴァン・ヘイレン/VAN HALEN from まーてぃん@Samuraion

リアルタイムに更新した通り、今日はちょいと出かけてきました。最近、車が調整・修理から戻って来てなかなか調子が良くて、運転したくて今日はいろいろ行きました。久しぶりのドライブだ。運転している間、ほんと久しぶりにヴァン・ヘイレン/VAN HALE....

VAN HALEN "BALANCE" from WHITE ROOM

今回、ご紹介するのは、ヴァン・ヘイレンのアルバム『バランス』です。

VAN HALEN『5150』 from 劇団天野屋 Part3

5150ヴァン・ヘイレン ワーナーミュージック・ジャパン 2005-08-24b

Van Halen -1984- from ロック好きの行き着く先は…

 同じ時期に強烈にインパクトを残して今でもよく聴くのがヴァン・ヘイレンの「1984」だね。それこそ80年代ポップス主流の頃にはポップスチャートに紛れてトップを取っていたのでロック

ヴァン・ヘイレンVanHalen from 40代からの音楽しゃべり場♪

←1st←2nd←3rdまさにギター・ヒーローというにふさわしい暴れっぷり(?)だったエディことエドワード・ヴァン・ヘイレン。ヴァン・ヘイレンのデビュー当時、リアルタイムで中・高生だった方、放課後の教室で掃除用ホーキをギターに見立ててライトハンド奏法の真似事をして..

ジャンプ / ヴァン・ヘイレン from 洋楽パラダイス

 タイトル通り1984年にリリースされた『1984(MCMLXXXIV)』からのシングルカットで、全米No.1を記録した大ヒット曲。80年代を代表する曲の一つでしょうね。エドワード・ヴァン・ヘイレンと

Van Halen/Van Halen from オペラなジュークボックス

今回はVan HalenのVan Halen。 Van Halenは私の好きなバ

Van Halen概論 from takumi's labo

好きなのさ、こいつらも。俺はまだまだファン歴浅いけど、わかっている限り紹介したいと思います。  80’sのアメリカンロックシーンを牽引したと言っても過言では無い、言わ

「VAN HALEN」 from 毎日毎日好きなアルバムを書くBlog

Vol.31 VAN HALEN 「VAN HALEN」 1978年に発売された

VAN HALEN/5150(1986) from ROCKMARKET

5150Van Halen Warner Bros. 1990-10-25by G-Tools 前作、「1984」を発表後、デイブ“ダイヤモンド”リー・ロスの脱退により、 大きなダメージを負ったかのようなバンドであったが、ヴォイス・オブ・アメリカと 言われた男の加入で更なるパワーアップをしてシーンに舞い戻�

VAN HALEN / 1984 from Tea for One

シンセで始まるイントロが印象的なタイトル曲「1984」や、こないだのトリノ・オリンピックのスキージャンプの報道でBGMに使われてるのを聴いて思わずニヤリとした「JUMP」、エディ

ヴァン・ヘイレン Van Halen from Melody Talk

BEST OF BOTH WORLDS : Van Halen →「公式サイト」

ヴァン・ヘイレンのジャンプをホリエモンへ♪ from 勝手にDJナオミのCD千枚斬り

ライブドア・ショック、すごいことになっていますね。それにしてもマスコミや経済界・財界の人達のホリエモン・バッシングは、聞いていて気持ちのいいものではないですね。自分の保身

ヴァン・ヘイレン from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00020ヴァン・ヘイレンのベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』この時は本当に驚きました!散々悪口言ってたデイヴが、何と戻って来てるではありませんか!正直エディがサミー・ヘイガーと喧嘩して、サミーに見せつける為だけに呼び戻したのかと思....

VAN HALEN 1986〜1996 from Whiskey from the Glass

『5150』 『OU812』 『F@U#C%K』 『BALANCE』・・・・2006年現在、事実上の解散状態にあるアメリカン・ハードロックの王者、VAN HALEN の黄金期である1986年〜1996年にリリースされたサミー・ヘイガー在籍時の傑作アルバム。VAN HALEN といえばアメリカン・ロックの代名詞と

Van Halen - Van Halen from ロック好きの行き着く先は…

 オランダが生んだ世界最大のギターヒーローとも言えるエディ・ヴァン・ヘイレン率いるヴァン・ヘイレン、衝撃のデビュー作から今に至るまでもう30年近く活動していることになる。しかしまぁ、やっぱりヴァン・ヘイ

驚愕映像!! - Eddi Van Halen & Jan Hammer Super Session from OOH LA LA - my favorite things

 今更ながらだけど、David Lee Roth(デイヴィッド・リー・ロス)が参...

comments

遂に(?)ヴァン・ヘイレン登場ですね。僕はサミー時代のヴァン・ヘイレンから聴き始めたので、いまだにデイブの頃よりサミー時代のヴァン・ヘイレンが好きです。せっかく再結成してツアーまでしたんだから新しいアルバムを出してくれれば良いのになぁ。

  • take
  • 2005年11月04日 14:13

こんばんわ。
いよいよヴァン・ヘイレですね。
musicmanのAxisを使ってられるので、やっぱりヴァンヘイレンくるかなあ?と待ち構えてました。(笑)
やはりイイですよね。ヴァンヘイレン。
オイラはデイブのいかがわしさがかなり好きだったので優等生的なサミーに代わってちょっとガッカリしたものですが、改めて聞くとサミーの歌のウマさがあっての新生ヴァンヘイレンですね。
またサミー(サイドギター)が加入したことによってエディのギタープレイに幅がでましたよね。

  • バリ
  • 2005年11月04日 22:45

ヴァン・ヘイレンですね!
私は「1984」が大好きで、特にエンターティナーとしてのデイヴが大好きでした。
貫禄の大御所。これからも頑張って欲しいものです。

  • キングあおぽん
  • 2005年11月04日 23:25

ヴァン・ヘイレン、それなりに聴いてきたつもりが、まだ勉強不足でした。
自分は「5150」が一番好きですね。

昨年中古CD店で偶然VHの「LIVE IN USA 1986」というライブ盤を見つけたのですが、ラストでツェッペリンの「Rock And Roll」をやってるんですね。
このCDを聴くまで、そんな曲もやっていたなんて知りませんでした。
ちなみにこのCD、ジャケットはデイヴですが歌っているのは全部サミーです・・・

  • SYUNJI
  • 2005年11月05日 00:24


ついに、ヴァン・ヘイレン登場ですね。
当時、1stアルバムを聴いた時、ぶっ飛びました(笑)
"Eruption"凄すぎます。
未だに完全コピーできません(爆)

昨年は、見事に復活してUSツアーも大成功だったのに、今のヴァン・ヘイレンは・・・寂しいです。
もう一度、復活することを祈ってます。

  • エディ
  • 2005年11月05日 08:39

出た〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

ご無事だったんですね〜〜(笑)
心配してました!!(マジ)

遂に真打登場っすね(^^)V

ファースト、ココは敬意を表して「炎の導火線」と呼びましょう!!

こりゃ衝撃的でしたねぇ〜〜
当時はエディーのトリッキーなギタープレイばかりが取りざたされていましたが、緻密に計算されたレコーディングに私は惹かれました。
ギターが何回重なってるのか、友人と論議したものです。

「1948」
このアルバムで、シンセを使用したことによって今まで以上にサウンドに厚みが出てきました。
これは、マスタリングエンジニアにもよる所が大きかったと思います(日本人です)

「5150」でVHサウンドが完成されたと言っても過言では無いと思います。

デイヴ、サミー
どちらにも良さがあり、比較は出来ませんが、私は、あえてデイヴ派っす。

長くなりそうなので、この辺りで・・・・・・・(苦笑)

  • Wolfey
  • 2005年11月05日 15:37


我が愛車のナンバーは、もちろん
「51−50」です!!(爆)

  • Wolfey
  • 2005年11月05日 15:39

何かあったのでは?と心配していました。でも良かった。
復活第1弾がヴァン・ヘイレン。元気が出るような曲ですよね。

  • ぷくちゃん
  • 2005年11月06日 17:35


VAN HALENはすべて愛聴盤でした。ギター的には、ファンには悪評の高いDIVER DOWNが一番好きでした。一番生々しかったと思います(^o^)FAIR WARNINGと1984と並びギタリスト的には一番円熟していたのではないでしょうか。それでも今1st、2ndを聴くとやっぱりグリグリきてますね。
私的にはここからLinkin' Parkまで20年ほど、はまれるロックはありませんでした。

  • kawamu
  • 2005年11月07日 14:43

d─(・∀・)─b キター
もう待ってました〜
久々の記事&ヴァン・ヘイレンですねぇ〜
なんにも言わずに聞け!!って感じです!
1th2thはもう愛聴しております、いまだに!

  • Goleiro
  • 2005年11月09日 10:21

なちかしい。
ライトハンド奏法でしたかね、フレットの上でヤルやつゥ。流行りましたね。ユー・リアリーは、マジ衝撃的でしたぁ(爆)。ファーストは、かなり聴きこみました。後は全然ですがぁ(笑)。D・ストレイツに夢中になりましたぁ。失礼しますぅ〜♪

  • zzr927k
  • 2005年12月04日 13:47

常にVan Halenは気になります。
(というか大好きですね)

そういえば、私のblogにてリンクさせていただきました。
宜しくお願いします。

>biturbo93さん
リンクありがとうございます。早速こちらからも貼らせて頂きますね。今後ともよろしくお願いします。

  • axis_009@管理人
  • 2007年01月28日 15:48


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Van Halen/VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン)
[レビュー/試聴 etc.]