Search


since 2005.03.13

2010年07月16日

TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)

B00002599ITYR
Black Sabbath
EMI 2002-08-26

 Tony Martin(vo.トニー・マーティン)在籍時のBLACK SABBATH(ブラック・サバス)の最高傑作『TYR』(1990年)。リズム・セクションにCozy Powell(d.コージー・パウエル)とNeil Murray(b.ニール・マーレイ)を迎えて制作された本作は、名曲、名演揃いでBLACK SABBATH名義の全アルバムの中でも少なくともベスト5に入る傑作です。


1. Anno Mundi
2. The Law Maker
3. Jerusalem
4. The Sabbth Stones
5. The Battle Of Tyr
6. Odins Court
7. Valhalla
8. Feels Good To Me
9. Heaven In Black

Tony Iommi g.トニー・アイオミ
Tony Martin vo.トニー・マーティン
Neil Murray b.ニール・マーレイ
Cozy Powell d.コージー・パウエル

 BLACK SABBATH(ブラック・サバス)に参加した期間は、1997年のオリジナル・メンバーでの再結成を除くと歴代ヴォーカリストの中では最長。それまでに参加した大物ヴォーカリスト達の存在で影の薄い印象があるTony Martin(vo.トニー・マーティン)ですが、Ronnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)にも劣らないほどの実力を持つ正統派ハード・ロック・シンガーであり、優れたソング・ライターであるのは間違いの無い事実。もう少し評価されても良いのではないかと思いますが、Tony Iommi(g.トニー・アイオミ)=BLACK SABBATHであるとはいえ、オリジナル・メンバーはTony Iommiのみという、既にバンド・メンバーにしてもサウンド的にも一般的にBLACK SABBATHとしてイメージされる音とはかけ離れたバンドになっており、セールス的な戦略であるとはいえBLACK SABBATH名義である必要があるのか?といった時期でもあり、そういった部分でもかなり損をしているのではないかと思われます。また、Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)、Ronnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)という二人のヴォーカリストの復帰、再脱退に振り回され、この時も『TYR』という名盤を作り上げて次の作品が期待されながらもRonnie James Dioの復帰によりバンドを離れざるを得なかったのはあまりにも不運な出来事でした。

 ヘヴィ・メタルという音楽の格好良さの全てが詰まっていると言っても過言では無い"Anno Mundi"、Raibow時代を彷彿させるCozy Powell(d.コージー・パウエル)のドラムが印象的なハイ・テンション・ナンバー"The Law Maker"、重厚な前半部分からアップテンポな後半へとダイナミックな展開を見せる"The Sabbth Stones"、アルバムの最後を締めくくるにふさわしいドラマチックな"Heaven In Black"他、これぞヘヴィ・メタル!Tony Martinの熱唱で聴かせるサバス流様式美の極致。(1990年発表)


■関連記事→ Master of Reality/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
■関連記事→ Live Evil/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)


B00002599ITYR
Black Sabbath
EMI 2002-08-26


■関連記事→ Master of Reality/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
■関連記事→ Live Evil/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

>Cozy Powell(d.コージー・パウエル)とNeil Murray(b.ニール・マーレイ)
この二人のリズム・セクションって好きなんですよ。ホワイトスネイクとか。

>BLACK SABBATH名義の全アルバムの中でも少なくともベスト5に入る傑作です。
ブラック・サバスの全アルバムを聞いているわけではないんですが、このアルバムは良いですね。神話をテーマにした楽曲が上手くブラック・サバスのイメージにはまってます。

  • Coo
  • 2010年07月16日 21:15

もともとはハード・ロック好きだったんですが、この頃はあんまり聴かなくなってた時期でした。それでもこのアルバムは良く聞きました。(友人に教えてもらったんですが)
90年代のハード・ロックと言うとこのアルバムとか、メタリカのアルバムが印象深いですね。

  • hajime
  • 2010年07月17日 00:19

おおっ、TYRですね。

>Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン)、Ronnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)という二人のヴォーカリストの復帰、再脱退に振り回され
本当にそう思います。ロニー・ジェイムス・ディオより好きなヴォーカリストだし、実際にもかなり上手いヴォーカリストだし。中途半端にサバスのイメージが付いちゃったのももったいないですね。

  • kogoro
  • 2010年07月17日 06:36

BlackSabbathはロニーの頃までしか聴いていなかったのですが、これは良いですね。トニー・マーティン結構良いよ、という話はよく聞いていましたが。(YouTubeの映像拝見しました。)
どちらかというとサバスというより90年代型レインボーという感じがします。

  • bert
  • 2010年07月18日 02:31

>Cooさん
>>この二人のリズム・セクションって好きなんですよ。ホワイトスネイクとか。
 ギターがジョン・サイクスだった頃ですね。大ヒット作『サーペンス・アルバス』の前にコージー・パウエル辞めちゃったけど。
 ホワイトスネイク時代では『フール・フォー・ユア・ラヴィング』の頃のニール・マーレイとイアン・ペイスのコンビも良かった。


>hajimeさん
 このアルバムは回りの評判が良かったので、発売後暫くして聴いてみたんですが、この当時はヘヴィー・メタルは殆ど聴いていなかったのにも拘らず、かなり気にいってよく聴いていました。90年代のヘヴィー・メタルを代表する名盤だと思います。(と言っても、90年代のヘヴィー・メタルを語れるほど、90年代以降はこの手の音楽を聴き込んでいないんですけど・笑)


>kogoroさん
>>中途半端にサバスのイメージが付いちゃったのももったいないですね。
 サバスをやっていない時はこの人何をやってるんでしょう?ソロ活動?あんまり売れてなさそうですね。上手いヴォーカリストなのにkogoroさんの言うとおり、中途半端に付いたサバスのイメージが反対に足を引っ張ってるのかもしれませんね。


>Bertさん
>>サバスというより90年代型レインボーという感じがします。
 正にその通り。確かにロニー・ジェイムス・ディオ在籍時以上にレインボー寄りですね。

  • axis_009@管理人
  • 2010年07月18日 21:46


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
[レビュー/試聴 etc.]