Search


since 2005.03.13

2008年04月11日

Walkin'/MILES DAVIS ALL STARS (マイルス・デイヴィス)

B000F8DTCSWalkin'
Miles Davis
Universal Japan 2006-06-13

Miles Davis - Walkin' [試聴]iTunes Music Store - Walkin'


 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)を始めとする黒人ミュージシャンのホットでハードな演奏が、白人ミュージシャン主導のクール・ジャズが主流の当時のジャズ・シーンに受け入られず、数々の名演を残しながらも送った不遇の1950年代初頭。本作『The Miles Davis All Stars: Walkin'』は、その後黒人ミュージシャン達の演奏が徐々にシーンに浸透して人気を確立、本来黒人のものであったジャズの覇権を取り戻し、Miles Davis自らもドラック渦を克服して1954年に発表したジャズ・シーンへの完全復活作。
 また、このアルバムが発表された1954年はArt Blakey(ds.アート・ブレイキー)、Clifford Brown(tp.クリフォード・ブラウン) & Max Roach(ds.マックス・ローチ)の双頭コンボ等の優れた作品が発表され、ハード・バップというジャズの新しい時代が遂に到来した記念すべき年でもあります。


1. Walkin'
2. Blue 'N' Boogie
3. Solar
4. You Don't Know What Love Is
5. Love Me or Leave Me

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
J.J.Johnson -Trombone (J.J.ジョンソン) Trk.1,2
Lucky Thompson -tenor sax (ラッキー・トンプソン) Trk.3-5
Dave Sildkraut -alt sax (デイヴ・シルドクラウト) Trk.1,2
Horace Silver -piano (ホレス・シルバー)
Parcy Heath -bass (パーシー・ヒース)
Kenny Clarke -drums (ケニー・クラーク)

*trk.1,2 - 1954年4月29日録音
*trk.3-5 - 1954年4月 3日録音

 ハード・バップ・スタイルが確立され、Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)の確信が自信へと変わった力強い演奏で繰り広げるモダン・ブルーズの名セッションです。
 様々なスタイルに形を変えて1960年代まで演奏され続けることになる、タイトル・ナンバーであり、モダン・ジャズを代表する名演のひとつ"Walkin'"。1964年のライブ盤『Four & More(フォー・アンド・モア)』でのTony Williams(ds.トニー・ウイリアムス)の怒涛のドラミングで疾走するヴァージョンも有名ですが、本作ではブルース・フィーリング溢れる"Walkin'"を堪能できます。
 その他の収録曲も名曲、名演揃い。今一歩参加メンバーには浸透しきっていない部分も感じられますが、当時Miles Davisが新たに目指したグループの統一感と躍動感、そして間を生かしたクールでソフトなハード・バップ・スタイルの方向性が、しっかりと表現されたアルバムです。
 前半2曲のブルーズ・セッション(ブルーズとは言っても2曲目の"Blue 'N' Boogie"のノリと勢いはロックン・ロール並み)の熱演に続き後半はMiles Davisの時に力強く、時に繊細な、叙情性豊かな必殺ミュート・トランペットが炸裂。後年Miles Davisのミュート奏法は更に進化して表現力を増しますが、本作でも充分素晴らしい演奏を聴かせてくれます。ピアノのHorace Silver(p.ホレス・シルヴァー)もスウィング感のある明朗なフレーズを繰り出して全篇に渡って好調。ラストの"Love Me or Leave Me"でのKenny Clarke(ds.ケニー・クラーク)の軽快なブラッシュ・ワークも見事。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

ホレス・シルバーのピアノ好きなんです。ジャズ・メッセンジャーズなど、アート・ブレイキーと組んだ物が特に良いです。アートとは喧嘩別れしちゃいますが、自分のグループを持ってファンキー・ジャズを推し進めてヒットした頃もいいアルバムがいっぱいあるし。
>スウィング感のある明朗なフレーズを
正にそこが魅力です。
彼の演奏が無かったらアート・ブレイキーの「バードランドの夜」もあれほどの名盤になったかどうか?ま、収録曲自体ホレスのものばっかりですが。

  • bert
  • 2008年04月12日 11:52

こんにちは。
このアルバムはA面の2曲につきます。どうも後半3曲は印象が薄くて・・・。

>後年Miles Davisのミュート奏法は更に進化して表現力を増しますが
1956年頃からのマイルスのミュート・トランペットを聴いてしまうと、それ以前のものは物足りないです。

>"Blue 'N' Boogie"のノリと勢いはロックン・ロール並み
そういえばイントロのドラム、ツェッペリンのロックン・ロールのイントロにちょっと似てますね。^^

  • hajime
  • 2008年04月19日 13:30

Bertさん
>>ホレス・シルバーのピアノ
私も好きなピアニストの一人です。演奏だけでなく、いい曲書きますよね。
ホレス・シルバーのアルバムでは『Doin' the Thing 』が私にとってのベストです。

hajimeさん
>>1956年頃からのマイルスのミュート・トランペットを聴いてしまうと
ミュート・トランペットの可能性が広がったというか、奏法的に新たな表現方法のヴァリエーションが増えたのが大きいですね。

>>そういえばイントロのドラム、ツェッペリンのロックン・ロールのイントロ
そういう意味で書いたわけではないんですが、確かに以前からジャズとロックでベースは違うけど、なんとなく似てるかな、とは思ってました。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2008年04月19日 14:09


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Walkin'/MILES DAVIS ALL STARS (マイルス・デイヴィス)
[レビュー/試聴 etc.]