Search


since 2005.03.13

2005年05月21日

The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD (ピンク・フロイド)

B000002U82The Dark Side of the Moon
Pink Floyd
Toshiba EMI 1991-07-20

Pink Floyd[試聴]iTunes Music Store "Pink Floyd"


 驚異的なロング・セールスを誇る、ロック史上最大のベスト・セラー・アルバム『The Dark Side of the Moon』。Roger Waters(ロジャー・ウォータース)のストイックで繊細な感性、緊張感と緻密な楽曲の構成によって作り出されたPINK FLOYD(ピンク・フロイド)の最高傑作。(1973年)


1.Speak To Me/Breathe
2.On The Run
3.Time
4.The Great Gig In The Sky
5.Money
6.Us And Them
7.Any Colour You Like
8.Brain Damage
9.Eclipse

Roger Waters B,Vo (ロジャー・ウォータース)
Richard Wright Kbd (リック・ライト)
Nick Mason Ds (ニック・メイスン)
David Dilmour G,Vo (デビッド・ギルモア)

pink%20floyd%201%27.jpg PINK FLOYD(ピンク・フロイド)は1965年にRichard Wright(Key.リック・ライト)、Roger Waters(B.ロジャー・ウォータース)、Nick Mason(Dr.ニック・メイソン)、Syd Barrett(G.シド・バレット)により結成。ロンドンのサイケデリック・ブームの中、アンダーグラウンド・シーンで人気を得て、1967年に(Syd Barrettの精神世界の具現化ともいわれる)『Piper At The Gates Of Dawn』でデビュー。"I See Emily Play"のシングル・ヒットなどから一躍人気バンドへと成長します。
 しかし、主要ソングライターであるSyd Barrettは持病の躁鬱、ドラッグの影響、プレッシャーなどから、ステージでの演奏も困難なほど精神を蝕まれていき、バンドはライブ用のギタリストとしてDavid Dilmour(G.デイブ・ギルモア)を招くも、Syd Barrettは2ndアルバムの製作中にPINK FLOYDを脱退(解雇?)。

pink%20floyd%202.jpg その後バンドは徐々にRoger Waters(ロジャー・ウォータース)主導に移行し、インストゥルメンタルを中心とした大作志向のアルバム作りへと変化していきます。PINK FLOYD(ピンク・フロイド)の特徴ともなったRoger Watersのストイックで繊細な感性、緊張感と緻密な楽曲の構成によって作り出されたPINK FLOYD独特の音世界は『Atom Heart Mother』『Meddle』などの名作アルバムを生み出し、遂には最高傑作と呼ばれるロック史上最大のベスト・セラー『Dark Side Of The Moon』(1973)(全米チャートに570週連続ランクイン)で実を結ぶことになります。
 その後も『Wish You Were Here』(Syd Barrettに捧げられたアルバム)、『Animals』『The Wall』と順調に傑作アルバムを発表しますが、(これまでのPINK FLOYDのアルバムの質に比べると)ちょっと疑問符の残る『The Final Cut』発表後、Roger Watersがメンバー間の確執などから脱退してしまいます。

pink%20floyd%203.bmp Nick Mason(D)、David Gilmour(G.デイブ・ギルモア)、Richard Wright(Key.リック・ライト)はRoger Waters(ロジャー・ウォータース)抜きでPINK FLOYD(ピンク・フロイド)を存続させますが、これまでの様な特筆すべきアルバムを残すことなく、派手な演出によるライブ・パフォーマンスのみ話題になるバンドになっていきました。(とはいえ、ライブ映像などを見るとそのライブはやはり素晴らしく、そのパフォーマンスはロック・ショーとしては当時のロック・シーンにおいて最高峰ではなかったかと思います。個人的にはDavid Gilmourのギター・トーン!相変わらず良い音してました。)
pink%20floyd%20concert.jpg

Roger Waters(ロジャー・ウォータース)脱退時の経緯についてはRoger WatersサイドとDavid Gilmour(デイヴィッド・ギルモア)&Nick Mason(ニック・メイスン)サイドでの立場により色々な話があり、正確なことは分かりません。確か要約すると「これまでの作品のコンセプトを打ち出し、多くのソングライティングを務めてきた主要メンバーのRoger WatersがいないPINK FLOYDはPINK FLOYDではない。PINK FLOYDは解散した。」「Roger WatersはPINK FLOYDを脱退した。PINK FLOYD(ピンク・フロイド)のバンド名の使用権はDavid Gilmour&Nick Masonサイドにある。」といったような話だったと思います。


Atom Heart Mother

B000002U9WAtom Heart Mother
PINK FLOYD


Atom Heart Mother [試聴]iTunes Music Store "Atom Heart Mother"

Meddle
B000002U8GMeddle
PINK FLOYD


Meddle [試聴]iTunes Music Store "Meddle"


Wish You Were Here

B000024D4SWish You Were Here (Rmst)
Pink Floyd

Animals

B000024D4RAnimals (Rmst)
Pink Floyd


Animals [試聴]iTunes Music Store "Animals"


The Wall

B000006TRVThe Wall
Pink Floyd

[PINK FLOYD DISCOGRAPHY]
The Piper at the Gates of Dawn 1967
A Saucerful of Secrets 1968
Soundtrack from the Film "More" 1969
Ummagumma 1969
Atom Heart Mother 1970
Meddle 1971
Obuscured by Clouds 1972
The Dark Side of the Moon 1973
Wish You Were Here 1975
Animals 1977
The Wall 1979
A Collection of Great Dance Songs 1981
The Final Cut 1983
A Momentary Lapse of Reason 1987
Delicate Sound of Thunder 1988
The Division Bell 1994
Pulse 1995
Is There Anybody Out There
The Wall Live Pink Floyd 1980 - 81 2000
*ベスト盤除く

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

ROGER WATERS / THE PROS AND CONS OF HITCH HIKING... from 芸術的生活

今週のCDリリースの目玉商品と言えば、ピンク・フロイド後期4作と、ロジャー・ウォーターズ3作でしょう。何しろ世界的にもマニアの数も多く、日本とて例外ではありません。内容は勿論のこと、ジャケのアートワークも見事です。特にフロイドの方はヒプノシスが手

★ロジャー・ウォーターズ「ヒッチハイクの賛否両論」 from 廃盤日記(増補改訂版)

 本日(5月18日)発売された、ロジャー・ウォーターズのソロ名義アルバム『ヒッチハイクの賛否両論』紙ジャケ(完全生産限定盤)をさっそく購入して来ました!!特別価格税込1890円、オリジナルLPを完全復刻、芸術的なアートワークもここまで再現しちゃうの!とい

PINK FLOYD:WISH YOU WERE HERE from 美響乱

歴史的名作としての評価とセ〓ルス的成功を手にした「狂気」から2年半。周囲の過大な

PINK FLOYD/Wish You Were Here from v気まぐれなシナモンv

今、コーヒーを飲みながら更新中なわけですな。 気分が暇だなぁ〜、と思うと決まって聴くアルバムがあるわけです。それがこれ!「PINK FLOYD/Wish You Were Here」です。「買ったアルバム聴けよ!」みたいなことは言わないで(;。;) 故シド・バレットに

PINK FLOYD/Meddle from ECHOES

はじめまして、TKと申します。 自分の体に気持ちよく反響してくる音楽をテーマに、週一回くらいのペースで書いてみます。よかったらお付き合い下さい。まず最初にこのブログの題名になっているECHOES、この曲が収録されているPINK FLOYDのアルバムMEDDLEです。PINK FL

Wish You Were Here/Pink Floyd from 山田さんの好きなもの!

ピンク・フロイドというと「狂気」や「ザ・ウォール」が代表作として挙げられることが多いと思います。確かに上記のアルバムやシド・バレット在籍時のアルバム、「アニマルズ」等も好きなアルバムです。でも個人的にはこのアルバム(邦題「炎(あなたがここ

ライブはまさしく光 ピンクフロイド from 東方見聞人

高校時代の終わりからピーター・ガブリエルを聞きまくっていたのですが、プリンス・

ピンク・フロイドでまったり通勤 from 音楽酒場@WebryBlog

今夜のBGM・・・ Pink Floyd / Echoes The Best Of Pink Floyd

PIMK FLOYD:ATOM HEART MOTHER from 美響乱

全英チャ〓トで初の潤・を獲得し、アルバム・ア〓ティストとしてのピンク・フロイドの

おすすめCD その3 from TAPESTRY〜つづれおり〜

今回はピンクフロイド(PINK FLOYD)の「狂気(DARK SIDE OF THE MOON)」を紹介します。モンスターアルバムの代表選手です。全世界で2,500万枚以上が売れるという、彼らにとってのターニングポイントになりました。(1973年作品)ピンクフロイドはプログレッシブロックを語

ピンク・フロイド『狂気』の女性アーティスト from 牧歌組合〜耳コピとエロジャケ〜

全米チャート570週にわたってランク・イン、結局トータル3千万枚売上げたピンク・フロイドの『狂気(Dark Side of the Moon)』。先日大ヒットした作品にもマイナーなアーティストが幾らでも絡んでいる、という話をしましたが、ひとつ証明としてこのアルバムに主にバック

Pink Floyd 『The Dark Side Of The Moon』('73)(SACD 5.1マルチ) from HR/HMを良い音で聴こう

ピンク・フロイド 『狂気』 全米チャートTOP200に、なんと724週連続ランクイン(1年52週計算で、14年以上ランクイン!!!)というモンスター・アルバム。 総売上は3,000万枚を超えると言われている。 私が生まれた年に発売されたアルバムなので、レビューは.

狂気 from バリバリダイアリー

狂気ピンクフロイドの大傑作アルバム。1973年発売。このアルバムはプログレッシブロック最大のヒット作です。プログレ界のみならず、全米TOP200に700週以上にわたりチャートインして、ギネスブックにも載っているというスンゴイアルバムです。15年

ピンク・フロイド (PINK FLOYD) from ある音楽人の日乗

♪お気に入りアーティスト(ロック篇・その8)  「プログレッシヴ・ロック(Progressive Rock)」というジャンルがあります。 これは日本特有のジャンル分類法だ、ということを聞いたことがありますが、実のところはどうなのでしょうか。 それはさておき、「プログ�

【PINK FLOYD】THE DARK SIDE ON THE MOON from 姫の音楽室

狂気ピンク・フロイド【曲目】1.(a)スピーク・トゥ・ミー / (b)生命の息吹き2.走り回って3.タイム4.虚空のスキャット5.マネー6.アス・アンド・ゼム7.望みの色を8.狂人は心に9.狂気日食

Pink Floyd from ミュージック イズ マイ ライフ

ライブ8に出たピンクフロイドを見た。もし、ライブ8にフロイドが出なかったら、徹夜みたいなことまでして見なかったかもしれない。最初、フロイドが再びロジャーを加えてこのステージに出る、と聞いたとき、ちょっと信じられなかった。もう2度とこのメンバーが揃うなんて想像

『Wish You Were Here』 〜 Wish You Were Here (全てがその離別れの代償だったとしても癒える事は無いのでしょう) from うさぽんの≪ロック☆スクラップ≫

炎〜あなたがここにいてほしい〜   わしは随分と自分勝手なネットユーザーであり

ピンクフロイド(Dark Side of the Moon ) from 70s〜80sの洋楽 おすすめCDレビュー

プログレッシブロックの大御所 ピンクフロイド 1973年にリリースされたアルバム「狂気」はピンクフロイドを語るためにはよけて通れないほどの重要な作品。なんたっていまでも売

ピンクフロイド「ザ・ウォール」のトリビュート盤で発表! from iN-phase,Horyの部屋

プログレッシブ・ロックを語る上で欠くことの出来ない存在であるピンクフロイド。世代が違う事もあり、黄金期の彼らをリアルタイムで見聞きする事は無かったが、彼らの影響力はその後のミュージシャンからも感じ取れ...

エコーズ〜啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイド/ピンク・フロイド from ロックdeシネマ

最近ウン億円のオファーを見事に蹴ったピンクフロイドのベスト盤。ジャケはにんまりとする出来ですよね。ベスト盤というのはたいがいまとまりがなく、散漫な印象がしますがコレはよく練られています。トップ

Live8で、ピンクフロイドが歴史的な演奏を♪ from ラスタ・パスタのレレ日記

Live8の全世界同時衛星生中継を、ほとんど徹夜してみた。明け方、うたたねしてしまったが、個人的に、一番感動したのは、やはりピンクフロイドの演奏だ。ピンクフロイドは、「狂気」「炎」「ザ・ウォール」など素晴しいアルバム作品とビッグセールスを記録しているイギリ...

Pink Floyd - The Piper At The Gates Of Dawn from ロック好きの行き着く先は…

 ファーストアルバム論がちょっと気に入ってしまったので、もうちょっと続けたいなぁってトコロで、ピンクフロイドなんかも一つの方向性を明確にしたバンドとして語れるでしょう

Pink Floyd from A Young Person's Guide to Progressive Rock in iTunes Music Store

僕がプログレの道に入るキッカケとなったのは、Pink FloydのWish You Were Hereのせいである。当時、NHK-FMにサウンド・オブ・ポップスという番組があって、これは45分間で新譜のアルバムをまるまる流してしまう(DJのかぶりなしで)という今考えるととんでもない番組であっ

とりあえず畏敬、ピンク・フロイドの牛(第3回) from プログ特区 - Into The Source

プログレにカテゴライズされるバンドの中で、現在までその成功を収めているバンドは数えるほど。 それは商業的な音楽への転換であったりして、当初からのオリジナリティーを保ったまま市民権を得たバンドというと、ピンク・フロイドぐらいなのではないだろうか。 つまりはプ

ピンク・フロイド/ 狂気(DVD)レビュー from 路地裏の少年

  クラシック・アルバムズ: ピンク・フロイド/ 狂気出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック 発売日: 2003/09/10 メディア: DVD 結構、期待して見ました。あの、大ベストセラーアルバム「狂気」の録音、作曲状況を語るって感じのメイキングDVDです。当�

PINK FLOYD 『ATOM HEART MOTHER』 from プログ・ブログ

原子心母ピンク・フロイド 東芝EMI 2000-08-30by G-Tools 有名な『原子心母』だが、このアルバムは今私の手元にない。日本盤のLPは実家に置いてあるので聞きたくても聞けない。 体調崩して寝ていたら、家の者が食事の準備をする音が聞こえてきて、そのカチャカチャした音�

狂気/ピンク・フロイド from カフェビショップ

狂気 / ピンクフロイド ピンク・フロイドのこのロゴが入ったジャージを買っておきながら、 ピンク・フロイドの音楽を聴いたこともなければ、何人組みなのかすら知らなかったです。 それではいかんと思い、三角にレインボーの表紙のこのアルバムを借りてみた。 うーん

ダークサイド・オブ・ザ・文 from 男達のMUMIA

Pink Floyd The Dark Side of the Moon え〜、ロックの銘盤ピンク・フロイドの「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」ですね。このタイトルのムーン、月なんですけども、ヨーロッパ言語のゲルマン語族の中では「狂気」を表すのに使われます。(昼には太陽、夜にな

ピンク・フロイド「炎〜あなたがここにいてほしい」 from 人生は音楽だ

 試聴あり 前作「狂気」の爆発的な成功の次に提示されたのが、「シドがここにいてくれたなら、このプレッシャーにもっとうまく立ち向かうことが出来るのに」と泣いているブルージーなプログレッシブ・アルバム。75年発表。このアルバムを制作中にシド・バレットがひ

ピンク・フロイド from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00146ピンク・フロイドの2枚組ベストアルバム『エコーズ〜啓示』まい・ふぇいばりっと・ミュージシャンは数え切れない程いるのですが、その中でも特にこのピンク・フロイドは別格ですね。他のミュージシャンと比べてどこが別格かと言うと、ピンク・フ....

ピンクフロイド『神秘』 from ケニスの満開の森の下

フロイドのセカンド。デイビッドギルモアが入って最初のアルバム。最後の曲でやっと

ピンクフロイドの狂気 from 帰ってきたアドバタイジング野郎のblog

70年代ロックといえばピンクフロイドですね。別にピンクフロイドがいなくても70年代ロックの素晴らしさは全く変わらないと思いますが、面白さは半減します。彼らは実に面白いです。何が面白いってアルバムジャケットと邦題です(笑)。いや音楽も面白いですよ。ですが、....

Pink Floyd (ピンク・フロイド) from ROCK LEGEND - School of Rock

Piper at Gates of DawnPink Floyd Capitol...

ピンク・フロイド「狂気」 from 人生は音楽だ

 試聴あり 桁外れの大ヒットを記録した、プログレ・ロックを代表する名盤だからこそ、敢えて緊張しないで、フランクに、カジュアルに、言いたい邦題書...

狂気 (The Dark Side Of The Moon) from ある音楽人の日乗

  ♪自分的名盤名曲147 ■狂気 (The Dark Side Of The Moon) ■1973年 ■ピンク・フロイド (Pink Floyd)...

comments


 ロジャーのソロの記事をTBさせて頂きました。
このSACDハイブリット盤の5.1マルチを聴いた時は仰天モノでした。
この調子で他の作品も出されたら・・・、と思いつつも出たら買っちゃうんだろうなぁ〜。


 >SACDハイブリット盤の5.1マルチ
 私はSACDで聴ける環境が無いんですが、なかなか良さそうですね。以前、私がお邪魔させていただいている「THE SACD REVIEW」さんでもこのアルバムのSACD盤のことを伺ったんですが、なんとも羨ましい限りです。(SACD盤専門のブログをやられてる方です。私のブログのトップページのリンクにありますので、もし良かったら行って見てください。)
 >この調子で他の作品も出されたら
 最近は「紙ジャケ」なんてものもありますしね。買い始めるとキリが無いので、私は全てスルー状態です。(でも、ボーナス・トラックが付いてると、迷っちゃうんですけどね。)

  • axis_009
  • 2005年05月22日 00:47


 このアルバム、10数年前に当時のボーイフレンドから借りたまま、まだ返してないんです(笑)
どうしましょ・・・

  • akko
  • 2005年05月22日 02:55


本当に、驚異的なロングセラーアルバムですね。誰もが聞いてるんじゃないかと思っちゃいます。SACDの音って聴いたこと無いので聴いてみたいですね。でも、値段高そう・・・(汗)


axis_009さん、おはようございます。
 「狂気」は初めて買った(もらった)CDなんです。CDプレイヤーを買った時に好きなのを1枚選ばせてくれました。1時期「タイム」をめざましに使っていた時もあります(笑)最近はまっている「スクール・オブ・ロック」の中で、女生徒にこのCDを渡しながら女性スキャットを勉強するように言う場面があります。今聴いても飽きない新鮮な音ですよね(^.^)b

  • イマ
  • 2005年05月22日 08:03


 このアルバムはかなり前ですが聴いたことがあります。ご紹介のSACDはジャケットが少し青いんですね?元の盤はたしかバックは真っ黒ではなかったかと記憶しています。
 フロイドは他のプログレに比べて(わずかですが)聴いているので、今度は「おせっかい」「Wish You Were Here」に挑戦しようかと考えています。

  • SYUNJI
  • 2005年05月22日 15:28


>akkoさん
1.まぁ、いいか。と忘れる。
2.もう時効だ、と一人で居直る
3.意味深な手紙を添えて、そっとポストへ
>エディさん
 ヘッドフォンで聴いてみるのも良いかも。当時、ピンク・フロイドはヘッドフォンで聴く事も想定して音作り(音の定位など)とかをしている、というような話も聞いた事がありますよ。(ちょっとうろ覚えですが)
>イマさん
 スクール・オブ・ロック、私も見ました。何度も繰り返して見るような映画でもなかったんですが、ついつい勢いでDVDまで買ってしまいました。スクール・オブ・ロックの演奏する主題曲も結構良かったですよね。
>SYUNJIさん
 >今度は「おせっかい」「Wish You Were Here」に挑戦しようかと
 是非、お願いします。TB、お待ちしています。(^^♪
SYUNJIさんのブログは「聴いてない」と言いながら、結構面白い事を書かれてるのでいつも楽しませてもらってます。また、寄って見てください。

  • axis_009
  • 2005年05月22日 19:32


TBありがとうございました。
この間「鬱」を買いましてロジャー抜きのアルバムもありなんだなと思ったりしました。
ギルモアのギターっていいですよね!


>シナモンさん
 >ロジャー抜きのアルバムもありなんだなと
 その通りなんですよ。先入観無しで聴くと良いアルバムだと思います。
でも、ピンク・フロイドの名前だとついついロジャー・ウォータース時代と比べてしまって.....。(^^;
 >ギルモアのギターっていいですよね
ギルモアのギターは私も大好きです。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月23日 00:25


axis_009さん、こんにちは
 ピンクフロイドといえばすぐにヒプノシスを連想してしまいます。検索してみるとDef Leppard の High'n'Dryなどもそうみたいですね。もちろんZeppelinも有名ですね。YESのロジャー・ディーン同様アーティストと一緒にビッグネームになっていった感じですね。The Final Cutのようにセールス的にいまいちだったものはジャケットも記憶に残りにくいような(いや、残ってるか(^_^;)。作品的には私もThe Dark Side of the Moonが最高傑作だと思いますが、ジャケットはやっぱりAtom Heart Motherが印象的ではないですか?(^o^)関係ない話ですみません。


>kawamukaiさん
 確かにピンク・フロイドのジャケットって印象的な物が多いですよね。そういえば、どこかで読んだんですが、The Dark Side of the Moonのジャケット・デザイン、何案かのデザインの中からメンバーが3分ぐらいであっさりと決めちゃったらしいです。メンバー自身もこのアルバムがこんなに有名なアルバムになるとは思ってなかったんでしょうね。

  • axis_009
  • 2005年05月24日 00:33


はじめまして、TBありがとうございました、こちらからもTBさせてもらいました。
この作品、もちろんフロイドの代表作でもあるんですが、この時期のロックを代表する作品と言ってもおかしくないですよね。
この写真はSACD版ですね、私も買ったのですが個人的にはジャケは変えない方がよかったと思うんですけどね。
フロイドはブートレッグで聴く事も多く、この作品の発売前、プロトタイプの狂気をメインにした72年頃の演奏は、発売後の演奏と違い、デイブのギターの自由度もより強く、アクティブで面白く気に入ってます。
ではまた!

  • TK
  • 2005年05月24日 05:57


>TKさん、こんばんは。
 >ジャケは変えない方がよかったと思うんですけどね
 確かにちょっと違和感がありますよね。でも、この決定には誰かメンバーが絡んでいるんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう?メンバー自身、あんまり気にしてなくて、メーカー側で勝手に決めたのかなぁ?
(この記事でこのジャケットを選んでいるのは、Amazonで試聴できるページがSACDだけだったからなんですよ。)
 >デイブのギターの自由度もより強く、アクティブで
 レコーディングの際にロジャー・ウォータースから、メンバーに対してかなり細かい指示が出たのかもしれませんね。私はピンク・フロイドに関してはブートはほとんど聴いていないんですけど、これは一度聴いてみたいなぁ。

  • axis_009
  • 2005年05月24日 20:22


 ピンク・フロイド音楽性もそうですがジャケットが印象的なモノが多いですよね。THE WALLでフロイドワールドに足を踏み入れて以来、聴いてますが気楽に聴けない奥深さがありますよね。ロジャー脱退以降のギルモア主導のフロイドも好きだったりします。

  • Big Voice
  • 2005年05月24日 22:08


>Big Voiceさん
 >気楽に聴けない奥深さがありますよね
 さらっとBGM代わりに流していても、いつの間にか手を止めて聴き込んでいるようなことが多いですね。
 >ギルモア主導のフロイドも好きだったりします
 私もギルモアのギターは好きなので、発売当初は良く聴いてたんですよ。でも、いつの間にか聴くのはウォータース時代のものばかりになっちゃいました。でも、決して嫌いなアルバムではないですよ。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月25日 00:14


 どうも「狂気」といっちゃったほうがしっくりくる世代なんですがw
フロイドは最初に聞いたのが「原子心母」だったんですよ。
プログレってけっこう好きでアコースティック持つと「And you and I」
とか「Wish You Were Here」とか・・・その時々に流行った代表曲は
手が覚えてて出てきますね(^^)
(サスガにスタジオでやると皆に嫌がられますんでw)
ギルモアも好きですがバレットのイカレた感も好きです♪

  • 奈良の鹿
  • 2005年05月27日 04:26


あ、すいません、けっこう覗いてたんで・・・
 初めましてだったかもしれませんね(^^)
以前にトラバしてもらったことはあったんですがw
そのときコメントしたかどうか記憶が曖昧で・・・


>奈良の鹿さん
 >遅コメントすいませんm(_ _)m
 確か10日ぐらい前に、奈良の鹿さんがお持ちのギター(59年のレスポールとか)を紹介した記事に私がコメントを書いて、その時既に奈良の鹿さんから私のコメントへのお返事と私のブログへコメントを頂いてますよ。ご心配なく。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月27日 09:30


Meddleの写真は何の写真なんですか?なんか変な写真ですねー。

  • kiki
  • 2005年05月27日 17:56


 読んでもらって判ると思いますが、いわゆる「つまみぐいリスナー」なのでこのブログは結構頻繁に見ています。そうすると、音楽を聞いていた頃の思い出が蘇りますね。
 私のブログはリンクを貼るほどの内容とは、、ちょっと今は自信がありませんが、どうか今後ともよろしくお願いします。
 ちなみに、私は未だに実家にLDプレーヤーが、、。DVDも次世代の話が出ているとなると、、、。全くのユーザー無視という感じですね。私は、どうせ買うなら次世代と割り切ってます。(笑)


>kikiさん
 人間の耳のクローズアップと波紋を合わせたものらしいです。
このアルバムの1曲目「吹けよ風,呼べよ嵐」はブッチャーの入場曲としても有名ですよ。(^^♪
>だいまつ さん
 私は音楽系のブログを見て廻るのが好きなんですが、ブログに書かれてる内容は人それぞれで、書かれた人の視点・解釈、思い出・思い入れなど、重たい内容のものから軽い内容のものまで、色々な話が読めて楽しいんですよ。
 また、ちょくちょくお邪魔しますので、よろしくお願いします。(^^♪
 >DVDも次世代の話が出ているとなると
そうですよね。世代交代してもソフト再生の互換性があれば良いんですが....。

  • axis_009
  • 2005年05月27日 21:41


はじめまして。
「音楽酒場」というブログをダラダラとやっているカナというものです。
感心しながら記事拝見させていただきました。
わたしの方はくだらない内容ですが、共通して取り上げてるアーティストの記事にいろいろ勝手にTBさせていただきました。
またお邪魔させていただくと思いますので、よろしくお願いします。

  • カナ
  • 2005年05月28日 01:44


>カナ さん
 TBありがとうございます。扱ってるアーティスト、確かに共通する部分が多いですね。(^^♪早速TBも返させていただきますね。
 >またお邪魔させていただくと思いますので
 こちらこそよろしくお願いします。私も音楽ブログ巡回ルートが増えるのは楽しいんですよ。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月28日 16:05


 プログレバンドにいろいろあれど、やはりフロイドの存在感は頭ひとつ抜け出ていますね。
 特に「原始新母」や「吹けよ風、呼べよ嵐」などの長尺の曲はとてもドラマティックで、何度聴いても新しい発見があります。
これからもずっと聴き続けていくと思います。
また拝見させていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。

  • velvet
  • 2005年05月31日 23:25


>velvet さん
 ピンク・フロイドってプログレ系では聴きやすいほうだと思うし、その割には深いし、飽きが来難いんですよね。

  • axis_009
  • 2005年06月01日 07:35


 いやー、各ブログがフロイドのロジャー再加入の話題で盛り上がってますね。
これは私もきちんと聴かなくては(笑)。私も驚く物凄いニュース。期待してしまいますね。


> だいまつ さん
 >フロイドのロジャー再加入の話題で盛り上がってますね
 そうみたいですね〜。私もいくつかのブログやサイトで記事を見ました。ライブ・エイドの時は日本でも中継したけど今回のライブ8はどうなるんですかね?中継あるのかなぁ
 ライブ・エイドの時は演奏の良いところで、アナウンサーに画面が移ってコメントが入ったり、CMが入ったりとか、色々ありましたね。


 ロジャー再加入には、驚きました。
そういえば、去年だったかモントルーのフェスティバルに、ロジャーが出演していた時の映像をNHK-BSで放送していました。“Money”をやっていたと思います。
今度は、ピンク・フロイドとして演奏する“Money”が聴けるわけですね。


>いい音さん
 心配なのは、ああいうイベントですからピンク・フロイド本来のステージングが再現できるのかどうかですね。
でも、なんだかんだ言っても楽しみです。

こんにちは。
ピンク・フロイド、良いですよね。でも、僕はやっぱりロジャー・ウォータースあってのピンク・フロイドだと思っているので、ロジャー・ウォータースが抜けてからのピンク・フロイドのアルバムはちょっと受け付けなかったです。気持ちの問題が大きいかな。
 しかし記事にも書かれている事にも同感で、ロジャー・ウォーターズ脱退後の一大スペクタクル、みたいなピンク・フロイドのステージも、あれはあれでよかったとは思います。ロジャー時代から一転して何も考えずに見て、聴いて楽しめるステージだったと思います。

  • jack
  • 2005年08月29日 14:34

自体敵な背景を理解すると彼らの活動にも意味があったのかと・・

再結成で話題ですが、70年代とはべつの意味で社会に影響を与える作品を願います。

  • taha
  • 2005年09月10日 13:14


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD (ピンク・フロイド)
[レビュー/試聴 etc.]