Search


since 2005.03.13

2006年10月23日

The Captain and Me/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)

B000002KERThe Captain and Me
The Doobie Brothers
Wea Japan 1990-10-25

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


 LAのEAGLESイーグルス)と並んで1970年代のウエストコースト・サウンドを代表するサンフランシスコのロック・バンド"THE DOOBIE BROTHERS"(ドゥービー・ブラザーズ)が1973年に発表した3rdアルバム。
 約13年間の活動期間中(1989年の再結成後は除く)に幾度かのメンバー・チェンジを行いながら、その都度多彩な才能を持つ新加入メンバーの個性を名プロデューサー、Ted Templeman(テッド・テンプルマン)の元で上手くバンドの音楽性に反映させ、数々の名盤、ヒット曲を産み出してきたTHE DOOBIE BROTHERS。本作『The Captain and Me(キャプテン・アンド・ミー)』はTom Johnston(vo,g.トム・ジョンストン)の豪快なヴォーカルとドライブ感溢れる演奏、そしてウエストコーストらしい軽快なメロディーとハーモニーで人気を博した、ギターのリズム・カッティングが印象的な"Long Train Runnin'"、"China Grove"などの人気曲を含む初期THE DOOBIE BROTHERSの代表作です。


1. Natural Thing
2. Long Train Runnin'
3. China Grove
4. Dark Eyed Cajun Woman
5. Clear as the Driven Snow
6. Without You
7. South City Midnight Lady
8. Evil Woman
9. Busted Down Around O'Connelly Corners
10. Ukiah
11. Captain and Me

Tom Johnston :vo,g.トム・ジョンストン
Patrick Simmons :g,vo.パトリック・シモンズ
Tiran Porter :b.タイラン・ポーター
John Heartman :dr.ジョン・ハートマン
Michael Hossack :dr.マイケル・ホザック

guest
Jeff Baxter :g.ジェフ・バクスター

 ゲスト・ミュージシャンとしてSTEELY DAN(スティーリー・ダン)のJeff Baxter(g.ジェフ・バクスター)を迎え、トリプル・ギター、ツイン・ドラムでの豪快な演奏でアメリカン・ロックを代表するバンドになったTHE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)は次作『What Were Once Vices Are Now Habits(ドゥービー天国)』(1974年)からのシングルカット曲"Black Water"で初の全米1位を獲得し、遂にアメリカン・ロックの頂点まで上り詰めます。

 しかし、このまま黄金時代が続くかと思われたTHE DOOBIE BROTHERSでしたが、予約だけでミリオン・セラーを達成した『Stampede』(1975年)発表後にメイン・ソングライターでもあったTom Johnston(vo,g.トム・ジョンストン)が病気の為に休養、その後に控えたツアーためにSTEELY DANを脱退して既にTHE DOOBIE BROTHERSの正式メンバーとなっていたJeff Baxter(g.ジェフ・バクスター)が同じく元STEELY DANのツアー・メンバーだったMichael McDonald(vo,key.マイケル・マクドナルド)をTom Johnstonの代役として呼び寄せてツアーを再開することになります。
 ヴォーカリストとソング・ライターを失い、復帰の目処も立たないTHE DOOBIE BROTHERSは、Tom Johnstonとは声質も音楽性も違いながらTom Johnston休養後のツアーを成功させ、ソング・ライティングにも優れたMichael McDonaldを正式メンバーとして迎え『Takin' To The Streets(ドゥービー・ストリート)』(1976)を発表。二人の元STEELY DANのメンバーを加え、メインのソング・ライティングもMichael McDonaldに委ねたTHE DOOBIE BROTHERSの音楽性は一気に様変わりし、ドライブ感溢れる豪快なロック・サウンドは失われてしまいますが、反対にMichael McDonald、Jeff Baxterのジャズ寄りの音楽性を反映した、そしてなによりMichael McDonaldのソウルフルな歌声を生かした新しいサウンドはロック・ファンだけに止まらず一般的な音楽ファンにも好評でセールス的にも成功。徐々にMichael McDonald主導のバンドへと変貌していきます。1977年に病気療養中だったTom Johnstonがバンドに復帰するものの、既にバンド内に居場所は無く、『Livin' On The Fault Line(運命の掟)』(1977)発表後に自ら身を引いて正式に脱退、以後バンドは徐々にMichael McDonaldのワンマン・バンド化して行く事になります。

 Michael McDonald(マイケル・マクドナルド)サウンドの後期THE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)はその後もヒット曲を連発していきますが、最後のオリジナル・メンバーであったPatrick Simmons(g,vo.パトリック・シモンズ)の脱退を切っ掛けに、1982年の"Farewell Tour"を最後に解散の道を選びます。
 しかし、上記のようなバンドの経緯をたどるとメンバー間の確執等、解散後も影響を残しそうに思われますが、前記"Farewell Tour"にはTom Johnstonが参加、その後1989年にTom Johnstonを中心にした初期サウンドで再結成されて以降も大きなイベント等の際にはMichael McDonaldや他の元メンバーがゲストで参加するなど、メンバー・チェンジが活発で、音楽性もMichael McDonaldの加入を分岐点に大きく変わったバンドにしては、ファンの賛否両論とは裏腹にメンバー間の確執という物が全く無いという珍しいバンドで、メンバー各自の音楽的個性を尊重し、音楽活動の自由度も高かった、THE DOOBIE BROTHERSは正に"ブラザー"といえるミュージシャンの集合体だったのではないでしょうか。
*1989年の再結成についても1987年に行われたベトナム帰還兵救済チャリティー・コンサートにおいて、かつて在籍した12人のメンバーが一堂に会した再結成ライブが切っ掛けになっています。


■関連記事→ Minute by Minute/THE DOOBIE BROTHERS


B00005OOHCグレイテスト・ヒッツ
ドゥービー・ブラザーズ
ワーナーミュージック・ジャパン 2001-10-24

B00000JZAY1970-2000/Long Train Runnin'
The Doobie Brothers
Rhino 1999-09-28

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

MR236 ドゥービーブラザーズ 「キャプテン・アンド・ミー」 from えんすき日記 本家

The Doobie BrothersThe Captain and Me梅雨の長雨が続きますね それによる被害は深刻です。先日の長野県岡谷市湊地区の被害には驚きました。 ここは諏訪湖岸の西側で、近年リゾート地(?)と思えるほどきれいに整備されたのにね〜スキー時の裏道としてよく利用させて頂�

Doobie Brothers - The Captain And Me from ロック好きの行き着く先は…

 アメリカを代表するサウンドのひとつにウェストコーストサウンドと呼ばれる類のものがある。正直云ってどれがどういう呼ばれ方をしているのか知らないし、まぁ、そこまで細かいジャンル分けが必要かどうかは別と

☆ ドゥービー・ブラザーズ from ♪ 音楽回顧録 ♪ 

お騒がせして、申し訳ございません。 少々、復活しました。 更新をしないと、落ち着いて寝ていられないのです(笑) これって、何とか依存症? 久々の Takin' It To The Streets / ドゥービー・ブラザーズ 運命の轍 WHEELS OF FORTUNE ドゥービー・ストリート TAKIN' IT TO THE STREETS 8番街のシャッフル 8TH AVENUE SHUFFLE ルージン・エンド LOSIN' END リオ RIO フォー・サムワン・スぺシャル FOR SOMEONE SPECIAL イット・キープス・ユー・ランニン IT KEEPS YOU RUNNIN ターニン・イット・ルーズ TURN IT LOOSE キャリー・ミー・アウェイ IT CARRY ME AWAY

Stampede / The Doobie Brothers from 老水亭

好きになったミュージシャンについて、アルバムを片っ端から聞きたくなる性分。ということで、未だに買い続けているがクリムゾン。 そのクリムゾンを聞き始めた頃、同時に買いあさっていたのが、ドゥービー・ブラザーズでした。ずっとブリティッシュロックばかり聞いていたので、アメリカもので複数枚持っているのなんて、このドゥービーと、CSNY、ジェファーソン・エアプレーン位じゃなかったでしょうか。。。

comments

どうも彼らの結束力ってすばらしいですね
結果マクドナルドの加入も良い方に作用したと思いますよ。

  • えんすき
  • 2006年10月23日 17:22

元々AOR自体が好きじゃないんですよね。^^;
 ただああいう音楽にも対応できるドゥービーズの上手さっていうのは流石だと思ってました。それに、マクドナルドが入っていなかったら、あの後すぐに解散してたかもしれないしね。現在活動中の再結成も無かったかもしれませんね。

  • Gill
  • 2006年10月23日 20:52

中学〜高校の頃、東京・調布に「ろ」というロック喫茶がありました。そこでは、普段家で聞くよりも素晴しい音でレコードが聞けるので、コーヒー一杯で何時間も居座りました、その時、家で聞くよりも数段気持ち良く聴こえてきた曲のひとつが「チャイナ・グローブ」でした。
今の仕事をするようになり、マイケル・マクドナルドの来日公演をやらせてもらう機会がありました。ちょっとしたトラブルがあり、大阪での初日公演が一歩間違えると中止になりかえない事態を迎えたのですが、僕の手配で事無きを得たことをマイケルが凄く喜び、翌日の新幹線車内で「HEY!ヤ・マ・シ・ナ!」と大声で呼ばれたことがあります。
忘れることが出来ない思い出です。

  • 山品@仙台
  • 2006年10月25日 16:07

懐かしいなあ
最近ではlisten to the musicばかり有線ではかかってますけど後期のドゥービーは結構好きなんです。AORがかったドゥービーは嫌いという方もいますが、私はマイケル・マクドナルドのハスキーな声What a Fool Believesは最高です!
曲調も幅広くなったし!

  • ウッドエイトのマスター
  • 2006年10月27日 07:27

トム・ジョンストンの前期とマイケル・マクドナルドの後期で好みが分かれることが多いようですね。がらっと作風が変わってしまいますが、私はどちらもOKです。^^
 でも、マイケル・マクドナルドについてはソロになってからもかなり売れてますし、AORの名盤と呼べる作品もあるんですが、個人的な好みではドゥービー時代が一番好きなんですよね。マイケル色が強くなっても、あのメンバーで出す音が良いのだと思います。(そういえば矢沢永吉のバック・バンドになってた時期もありましたね。)

  • axis_009@管理人
  • 2006年10月28日 08:08

>THE DOOBIE BROTHERSは正に"ブラザー"といえるミュージシャンの集合体だったのではないでしょうか。

この一文に感銘を受けました。さすがは先輩!実は私、マイケル・マクドナルドの大ファンですが、非常にドゥービー・ファンには評判が悪くて辛い思いを・・・(大げさ)

でも解散後も皆で仲良く。これって素晴らしい事だと思います。

  • ぷくちゃん
  • 2006年10月29日 16:30

ファンの思い入れほどはメンバー達自身は気にして無いんでしょうね。

>非常にドゥービー・ファンには評判が悪くて
 あまりにも音楽性が変わりすぎちゃいましたからね。^^;
 実は個人的にはマイケル・マクドナルドに関してはドゥービーのメンバーをバック(?)に歌うM・マクドナルドが一番好きで、ソロになってからのアルバムは殆ど聴いていないんですよ。
 私にとっては個性的なメンバーの才能がぶつかりあったドゥービーの中で出てきたマクドナルドの音楽性が良かったということであり、マクドナルド自体の音楽は好みではなかったいうことかもしれません。

  • axis_009@管理人
  • 2006年11月09日 12:19

ドゥービーをどれか一枚、と言われたら、やっぱりキャプテン・アンド・ミーを選びますね。

  • Oimizu
  • 2007年07月10日 01:57


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




The Captain and Me/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)
[レビュー/試聴 etc.]