Search


since 2005.03.13

2006年09月16日

Tarkus/EMERSON, LAKE & PALMER (エマーソン、レイク&パーマー)

B0000033P0Tarkus
Emerson Lake & Palmer
Rhino 1996-05-21

Emerson, Lake & Palmer - TARKUS [試聴]iTunes Music Store - TARKUS


 無機質で激しく切り裂くようなモーグ・シンセサイザーのサウンドと叙情的なメロディ、ウェットなヴォーカルが緊張感を持って共存する、ロックとクラシックの融合を目指してスタートしたEmerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)がデビュー2作目にして独自の音楽性を確立して発表した代表作。A面の組曲"Tarkus"、そしてB面6曲の全7曲が圧倒的な密度とヴォリュームで収録されたアルバムです。(1971年・邦題『タルカス』)


1. Tarkus Medley : Eruption/Stones of Years/Iconoclast/Mass/Manticore/Batt
2. Jeremy Bender
3. Bitches Crystal
4. Only Way [Hymn]
5. Infinite Space [Conclusion]
6. Time and a Place
7. Are You Ready Eddy?

Keith Emerson key.キース・エマーソン
Greg Lake vo,b.グレッグ・レイク
Carl Palmer d.カール・パーマー

 Emerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)は、驚異的なテクニックとアイディアをともに兼ね備えた元The Nice(ナイス)のKeith Emerson(key.キース・エマーソン)とKing Crimson(キング・クリムゾン)のデビュー・アルバム『In the Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿 )』で大きな存在感を示したGreg Lake(vo,b.グレッグ・レイク)、そしてThe Crazy World Of Arthur Brown(クレイジー・ワールド・アーサー・ブラウン)、Atomic Rooster(アトミック・ルースター)在籍中からテクニックに定評のあったCarl Palmer(d.カール・パーマー)の3人が組んだバンドとして結成時からスーパー・グループとして注目され、後に4大プログレッシブ・バンドと呼ばれるようになるPink Floyd、King Crimson、Yesと較べてもデビュー以前から最も期待されたバンドです。
 若干Greg Lake寄りと思えるサウンド作りを行った1stアルバム『Emerson, Lake & Palmer』では作品の高い評価の割りには一般的な人気は得られなかったものの、Keith Emersonの音楽性とGreg Lakeの音楽性というまったく異質な才能がバランスよくミックスされた2作目『Tarkus』で独自の音楽世界を確立します。

 EL&Pの特筆すべきところは、これだけのテクニック、アイディア、表現力を持ちながらパフォーマーとしても優れていたこと。現在ではビデオ、DVDでしか見ることが出来ませんが、キーボードの鍵盤にナイフを刺して同じ音を鳴らし続ける、キーボードの反対側から弾く、回転するピアノでのプレイ(Motley Crue/モトリー・クルー・Tommy Lee/トミー・リーのドラム・ソロの元ネタか?)、オルガンを派手に揺らしてノイズを出すなど、比較的動きの無いキーボード中心のバンドの弱点をカヴァーしてあまりあるパフォーマンスを見せてくれる(今では"お約束"、また"ギャグ"にしか見えない部分もありますが)、優れたロック・バンド全てに言える"音楽"、そして"視覚的"にも魅せる要素を兼ね備えたロック・トリオです。

 ジャズの世界では良くあるピアノ・トリオ編成ですが、ロックではEL&Pのような編成のバンドも昨今少なくなり、ロックというとすぐにギター中心のサウンドを思い浮かべてしまう現在においてはキーボード主体のギターレス・バンドというと馴染み難い音楽かもしれませんが、現在ではともかく発表当時はJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のギターに匹敵しうる衝撃的な印象を与えたEL&Pのキーボード・サウンドを"一時代を築いた音楽"として聴いておくのも良いかもしれません。


B0000033P1Pictures at an Exhibition
Emerson Lake & Palmer
Rhino 1996-05-21

Emerson, Lake & Palmer - PICTURES AT AN EXHIBITION (展覧会の絵) [試聴]iTunes Music Store - PICTURES AT AN EXHIBITION


 ムソルグスキーの『展覧会の絵』をアレンジした、Emerson, Lake & Palmer(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)にとって最もセールス的に成功したアルバム。スーパー・グループとして期待されながらも、その実力に似合う程の人気を得られなかったEL&Pの人気を決定付けた記念碑的作品です。(1971年発表・3作目)
 しかし、ロック雑誌等でEL&Pの代表作として取り上げられることの多い『Pictures at an Exhibition』ですが、その時代ならではのセールス、及び内容であり、初めてEL&Pを聴く人が最初に聴くべきアルバムではなく(最初にこのアルバムから入ってしまうと人によっては退屈な音楽と思われてしまう可能性もあり)、ロックとクラシックの融合を目指したEL&Pという優れたロック・トリオが最もクラシックに近づいた瞬間の記録として、EL&Pの音楽に馴染んだ後の2〜3枚目以降に聴くべきアルバムだと思います。


B0002HSECCEmerson, Lake & Palmer
Emerson Lake & Palmer
Sanctuary Midline 2004-08-30

Emerson, Lake & Palmer - EMERSON, LAKE & PALMER [試聴]iTunes Music Store - EMERSON, LAKE & PALMER


 スーパー・グループとしてデビュー前から注目を集めたEmerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)のデビュー・アルバム。(1970年発表)
 個人的にはEL&Pの最高傑作としては『Tarkus』を挙げますが、聴いた回数という事になると圧倒的にこの1stアルバムということになります。Keith Emerson(key.キース・エマーソン)の音楽、そしてGreg Lake(vo,b.グレッグ・レイク)の音楽の素の部分、二人のコンビネーションが成功し始めている部分が上手く共存しており、楽曲的にも出来の良い物が多い作品です。

 メンバーの激しいプレイの応酬が聴けるEL&Pのライブでの定番曲"Knife Edge"。Keith Emersonの当時の音楽性がはっきりと分かる、テクニシャンCarl Palmer(d.カール・パーマー)のドラムも素晴らしい"Tank"。Greg Lakeの名曲"Lucky Man"他収録。


B0002HV4VUBrain Salad Surgery
Emerson Lake & Palmer
Sanctuary Midline 2004-08-30

Emerson, Lake & Palmer - BRAIN SALAD SURGERY (恐怖の頭脳改革) [試聴]iTunes Music Store - BRAIN SALAD SURGERY


B000AMZ0NUビヨンド・ザ・ビギニング [DVD]
レイク&パーマー エマーソン
ビクターエンタテインメント 2005-10-13


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

タルカス / エマーソン・レイク・アンド・パーマー from eclipse的な独り言

  世間はクラプトンで大騒ぎ!うらやましい〜!このあと、ビリー・ジョエル!U2!

展覧会の絵 / エマーソン・レイク・アンド・パーマー from eclipse的な独り言

 さて新年一発目はこれで行きましょう。

EL&P - Tarkus from ロック好きの行き着く先は…

 まだプログレッシヴロックという言葉がはっきりと定義できていない1970年初頭、日本ではフロイドのアルバムに付けられた帯でプログレの定義が成された...

プログレ界の噴火 EL&P ”Tarkus" from Iron Rosary

EL&P"Tarkus”1971年 さてお正月にお約束いたしました、「’70年代ライブ忘却の彼方編」をそろそろやらなくてはと思...

エマーソン・レイク&パーマー from 徒然ネット

キング・クリムゾンってメンバーの入れ替わりが激しい。 それらの元メンバーの音楽活動を追いかけていくのがかなりの大仕事なんだな。 でも、こういう作業って...

「演奏もルックスも美しくカッコいい!」 EL&P/PICTURES AT AN EXHIBITION from 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~

 最近の流れというか…勢いで、今日はエマーソン・レイク&パーマーの「展覧会の絵」を聴いています!  前回の記事では、みなさんに「プログレにはまってきまし...

マリンバ奏者のMIKAがプログレの名曲、ELPのTarkusに挑戦!islandmusic.jp from 『黒澤映画ゼミナール』~黒澤明的リーダーの条件~

1回目の練習映像を入手 Island musicのHP http://www.islandmusic.jp/

comments

こんばんは。
タルカスも良いのですが、私のお気に入りはなんと言ってもBrain Salad Surgery(恐怖の頭脳改革)です。エルサレムとか悪の祭典ナンバー9とかこれぞエマーソン・レイク・アンド・パーマーという曲が入っていて一押しです。
 展覧会の絵については同感、というより私自身が名盤紹介に騙されて(?)このアルバムで初めてエマーソン・レイク・アンド・パーマーをきいてしまって(確かに最初は退屈でした)、他のレコードを聴くのにかなり遠回りをしてしまいました。最初からタルカスとか恐怖の頭脳改革を買うべきでした。

  • zaku
  • 2006年09月17日 01:47

『恐怖の頭脳改革』も良いですよね。^^
このブログでは紹介するバンド(ミュージシャン)の私の好きなアルバム、私にとっての最高傑作、といった基準で書いているので『タルカス』にしたんですけど、一般的には(『展覧会の絵』を除くと)『タルカス』『恐怖の頭脳改革』ともに甲乙付け難いアルバムですね。

  • axis_009@管理人
  • 2006年09月17日 11:24

こんにちは。ELPに恋して30年のぷくちゃんです。

ELPや有名どころのプログレ聞いていていつも思うのは、メロディラインが素晴らしい、という事です。

だから多くの人に支持されて売れたんだろうな・・・少しわき道に入ったプログレとは大きな違いがそこにはあると思います。

  • ぷくちゃん
  • 2006年09月17日 19:52

おーっ、ELPだ!懐かしい!!
昔良く聞いてました。上でzakuさんも書かれていますが、私も「恐怖の頭脳改革」ですね。最近聞いていなかったので久しぶりに聴いて見ようかなぁ。思い出させてくれてありがとう。

  • Jack
  • 2006年09月17日 20:51

プログレ・マニアの人(友人にいるんですよ、そういう人が)ほどじゃないんですが、結構好きなんですよ。

>>ぷくちゃん
>メロディラインが素晴らしい、という事です
私も正に"そこ"なんですよ。スーッと美しいメロディーが流れ出す瞬間とか、混沌とした音の中から透き通るような美しい女性ヴォーカルが浮かび上がるとか、そういうのは結構好みです。

>>jackさん
私もいつもプログレばかり聴いているわけではないんですが、無性に聞きたくなって暫くプログレばかり聞いてるときがあります。最近(ここ10年、それ以上かな?)は新しいバンドを開拓してなくて、聞くのは古いものばかりですが。

  • axis_009
  • 2006年09月20日 14:26

はじめまして。
オダと申します。
TBありがとうございました。

>パフォーマーとしても優れていた
これは同感です。
エマーソンのステージでの暴れっぷりは、観ていて楽しいですね。
ギターみたいに楽器をたたき壊す事はさすがにしませんが(笑。

  • オダ
  • 2007年04月25日 08:10


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Tarkus/EMERSON, LAKE & PALMER (エマーソン、レイク&パーマー)
[レビュー/試聴 etc.]