Search


since 2005.03.13

2006年03月07日

七人の侍/黒澤明

B000UH4TRS七人の侍(2枚組)<普及版> [DVD]
東宝 2007-11-09

 時は戦国時代、貧しい農村を舞台に農民に雇われた七人の侍が野盗と化した野武士達に闘い挑む。

 一年にも及ぶ長期撮影期間と一億三千万という当時としては破格の予算で製作された、日本の誇る"世界のクロサワ"の代表作であるとともに、世界の映画史に燦然と輝く最高の娯楽大作
東宝・昭和29年(1954年)


七人の侍.jpg
 複数の作家による共同執筆(黒澤明小国英雄橋本忍)によって"観客にストーリーを堪能させる"為に検討し尽くされたシナリオ。知将・勘兵衛役の志村喬の渋く重厚な演技、三船敏郎演じる野生児・菊千代のダイナミズム溢れる迫力、ストイックな剣豪・久蔵役の宮口精二の圧倒的な存在感など、出演者の素晴らしい演技とともに巧みな脚本、黒澤明の演出により"七人の侍"一人一人が見事に描き分けられた人物描写。"完全主義者・黒澤明"が膨大な時間をかけて"光と影のコントラスト"を鮮明に描き出した情感溢れる映像美。農民が侍を雇うという奇想天外な物語の始まりから約3時間半、ユニークな侍選び、暴れん坊・菊千代登場、百姓達との交流、そしてクライマックスである雨中での集団戦闘シーンなど、映画の長さを感じさせないテンポの良いストーリー展開でラストまで観る者をまったく飽きさせることなく一気に見せてしまいます。黒澤明にしか撮り得なかった、日本映画の枠を遥かに越えた大きなスケールを持つ、凄まじいまでのエネルギーをもった映画です。
 公開から50年以上の年月を経ても「未だ『七人の侍』を超えるアクション映画は無い」と言っても過言ではないほどの傑作。晩年の黒澤映画しか見た事の無い映画ファンには是非一度は見ていただきたい作品です。『七人の侍』を見ずして娯楽映画は語れません。


[七人の侍 - ストーリー]
 時は戦国時代、野党と化した野武士たちが村を襲いにくる。年貢、租役、戦、水飢饉と苦しめられる中、その上野党に麦を盗られれば飢え死にするしかない。百姓たちは野盗から村を守る用心棒として侍を雇うことを決断し、利吉(土屋嘉男)、万造(藤原釜足)、茂助(小杉義男)、与平(左卜全)の四人が侍探しに出かける。なかなか侍を見つけられずに焦る四人だったが、見ず知らずの子供を機転を利かせて助けた勇敢で慈悲深い侍・勘兵衛(志村喬)と出会う。百姓達の途方も無い依頼に最初は躊躇した勘兵衛だったが、利吉たちの精一杯のもてなしと心配りに気付き、村のために働くことを決意。勘兵衛を中心とした侍探しが始まる。
 勘兵衛の人徳とユニークな侍選びによって集められた、勘兵衛の片腕となる五郎兵衛(稲葉義男)、勘兵衛とは旧知の七郎次(加東大介)、剣の腕は心もとないが明朗快活な平八(千秋実)、ストイックな剣豪・久蔵(宮口精二)、元服前の若侍・勝四郎(木村功)の6人と、強引に一行に付いて来た、両親を侍に殺された過去と持つ農民の孤児で自称侍の野生児・菊千代(三船敏郎)を合わせた7人が村に向かう。個性的な7人によって村人達も野武士と戦うべく鍛え上げられ、村の防備も固められた。そんな頃、何も知らない野武士達が略奪のために村を襲来する。


*公開から6年後の1960年に『七人の侍』に感動したYul Brynner(ユル・ブリンナー)がアメリカでの映画化の権利を手に入れ、設定を西部劇に置き換えてハリウッドで製作した『荒野の七人』が公開されています。こちらも西部劇としては傑作で、『七人の侍』には遠く及ばないものの、良く出来た第一級の娯楽作品になっています。
*黒澤映画から多大な影響を受けたと公言するSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)が、自らの映画撮影前や映画製作に行き詰まった時に「原点に戻るために必ずこの映画を見る」と発言したことでも有名です。

七人の侍 ポスター.jpg

製作・・・・・・・・・・・・本木荘二郎
監督・・・・・・・・・・・・黒澤明
監督助手・・・・・・・・・・堀川弘通 広沢栄 田実泰良 金子敏 清水勝
脚本・・・・・・・・・・・・黒澤明 橋本忍 小国英雄
撮影・・・・・・・・・・・・中井朝一
音楽・・・・・・・・・・・・早坂文雄
美術・・・・・・・・・・・・松山崇
録音・・・・・・・・・・・・矢野口文雄
   
菊千代・・・・・・・・・・・三船敏郎
勘兵衛・・・・・・・・・・・志村喬
五郎兵衛・・・・・・・・・・稲葉義男
久蔵・・・・・・・・・・・・宮口精二
平八・・・・・・・・・・・・千秋実
七郎次・・・・・・・・・・・加東大介
勝四郎・・・・・・・・・・・木村功
利吉・・・・・・・・・・・・土屋嘉男
利吉の女房・・・・・・・・・島崎雪子
志乃・・・・・・・・・・・・津島恵子
志乃の父 万造・・・・・・・藤原釜足
茂助・・・・・・・・・・・・小杉義男
与平・・・・・・・・・・・・左卜全
村の長老 儀助・・・・・・・高堂国典


B00005GX32七人の侍/羅生門
サントラ 東京混声合唱団 シネ・フィルハーモニック・オーケストラ
ビクターエンタテインメント 1991-07-03


B000KQFBYY荒野の七人 <特別編>
ユル・ブリンナー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

「七人の侍」 from 邦画ブラボー

何度も何度も何度も、観たくなる映画というのはそうそうあるものでは無いがこの映画はそんな一本。貧しい百姓たちに雇われた七人の侍が野盗と化した野武士の一群に立ち向かう。ただそれだけのストーリーなのにずずずと引き込まれ、釘付けにされてしまう。俳優たちの見事な演

荒野の7人 from 週末はアウトドアで。

 ユル=ブリナーが、この映画を作るために「七人の侍」に関する権利を買い取ったそう。 それ程「七人の侍」のもつ、作品としてのインパクトは強い。 こうして両方の映画をじっくりと見比べると、なおさら黒澤作品のスゴさが際立ちます。 この作品、西部劇とするためにメ

“黒澤イズム”継承!「黒澤明塾」(仲代達矢学長)9月開校 from Entertainment News "Bookshelf"

Yahoo! ニュース -映画学校「黒澤明塾」9月開校…超豪華講師ズラリ 映画学校「黒澤明塾」が9月11日に東京・足立区の東京芸術センターにオープンすることになり12日、同所で記者発表会が行われた。 日本が誇る巨匠、黒澤明監督の創造性と精神を受け継ぐ映画人を育てよ

黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET from Happyで行こう!

黒澤明 : THE MASTERWORKS 1 DVD BOXSET黒澤明 三船敏郎 志村喬 Amazonで詳しく見るファン待望の黒澤明監督作品DVD全集。最新デジタル技術を駆使して、最高の画質と音質を追求、黒澤作品に求められる究極のクオリティを実現した。 【収録作品】 ・『姿三四郎』 ・『続 姿三�

黒澤明 : THE MASTERWORKS 2 DVD BOXSET from Happyで行こう!

黒澤明 : THE MASTERWORKS 2 DVD BOXSET黒澤明 志村喬 原節子 Amazonで詳しく見る ファン待望の黒澤明監督作品DVD全集。最新デジタル技術を駆使して、最高の画質と音質を追求、黒澤作品に求められる究極のクオリティを実現した。 【収録作品】 ・『一番美しく』 ・『わが青�

黒澤明 : THE MASTERWORKS 3 DVD BOXSET from Happyで行こう!

黒澤明 : THE MASTERWORKS 3 DVD BOXSET黒澤明 三船敏郎 山崎努 Amazonで詳しく見る ファン待望の黒澤明監督作品DVD全集。最新デジタル技術を駆使して、最高の画質と音質を追求、黒澤作品に求められる究極のクオリティを実現した。 【収録作品】 ・『虎の尾を踏む男達』 ・

黒澤・ 創造の軌跡 黒澤・ザ・マスターワークス補完映像集 from Happyで行こう!

黒澤・ 創造の軌跡 黒澤・ザ・マスターワークス補完映像集黒澤・ Amazonで詳しく見るインタビューやメイキングなど、世界の黒澤の魅力に迫る映像が満載の3枚組セット『黒澤・ 創造の軌跡 黒澤・ザ・マスターワークス補完映像集』が発売。 【収録内容】 ■DISC 1:『KUROSA

B4:七人の侍 from 〜勝手に映画評価〜

野伏せたちに襲われ続けている村の人たちは、次の収穫の時期にまた野伏せたちがやってくるということを知り何とかしなければと考えをめぐらせる。そして、村人たちが出した答えは「侍を雇うこと」であった、飯を食べさせることしか出来ない村人たちを助けてくれる侍を探すた

七人の侍 #345 from 映画のせかい2

1954年 日本 207分 日本映画最強の呼び声も高い不朽の名作。七人という設定はその後もいろんな作品で使われたが、この映画の七人は出演時間も見所も均一ではないが、キャラクターが際立っていてとっても素敵な仲間たちである。 まずはリーダーの勘兵衛(志村喬)、策士で�

七人の侍バトン from The Hidden雑記

黒澤関連のバトンとか質問を、ウェブ上で見たこと無いので自らスタートさせてみます(

七人の侍 from 朝靄の中のにんじん畑で

七人の侍価格:¥ 8,400(税込)発売日:2002-10-25 監督・脚本:

七人の侍 (1954年) from シネマテーク

【コメント】★★★★★★★★★★ 200分を越える長編ながら、その長さを全く感じさせない作品。1954年度 ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。 あまり...

七人の侍 (1954) 207分 from 極私的映画論+α

麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。  まさに日本映画の「至宝」です。

七人の侍 と 荒野の七人 from 映画の話でコーヒーブレイク

以前「王様と私」を取り上げたとき、 ユル・ブリンナーといえば、やっぱり「荒野の七人」だろうと、昔なつかし〜い映画をDVDにて鑑賞。 原題は「マグニフィセン...

comments

コレは傑作です!
当然ながらリアルタイムでは見てません。荒野の七人の方をテレビで先に見てます。
始めてみてから長い間「荒野の七人」はかなり好きなウエスタン映画のひとつになってます。でも、白黒だし、古臭そうだし、長いし、と敬遠していた「七人の侍」を遂にレンタルで借りて見てみると、何で今まで見ていなかったのか後悔するほどの出来。「荒野の七人」って、本当に「七人の侍」そっくりに作ってたんですねぇ。傑作です。記事に書かれているとおり3時間以上の長さを気にさせませんね。

  • bert
  • 2006年03月07日 20:20

黒澤明の絶頂期!

昭和20年代、そして30年代前半ぐらいまでの黒澤明は間違いなく「神」でした。「生きる」「羅生門」「隠し砦の3悪人」「天国と地獄」「用心棒」「椿三十郎」etc,...
以後、いろいろな映画に影響を与えていますが、本家の黒沢映画がやはり面白いですし、現代劇ものは設定や風景が古くなってしまいますが、そんなことはまったく関係なく映画自体は今見ても新鮮。十分に楽しめる映画ばかりなのが凄すぎます。

  • u-saku
  • 2006年03月09日 00:47

私が初めて『七人の侍』を見たのは今から20年ぐらい前(と言っても公開された年からすると大分後ですが)なんですが、それ以来20回以上(ビデオや名画座)は見返しています。そろそろDVD買おうかな。

  • axis_009
  • 2006年03月12日 18:09

「用心棒」「椿三十郎」
「七人の侍」も凄い映画ですが、この二つも面白かったです。特に「用心棒」は僕の好きな黒澤映画No.1です。三船敏郎はもちろん、仲代達矢がよかった。
この時期の黒沢作品はどれも本当に面白い作品ばかりでした。

  • DD
  • 2006年03月12日 20:12

この映画を初めて見た時は三船敏郎のスケールの大きさにビックリしました。それまで晩年の三船敏郎しか見たことが無かったのであまりピンと来なかったんですが「これが本当の『世界のミフネ』か!」と。

  • あきら
  • 2006年03月12日 23:24

僕は映画館で見たことが無いんです。ビデオでは何度か見てるんですが…。
三船敏郎も志村喬も良かったけど、久蔵役の宮口精二が一番魅力的でした。

  • JET
  • 2006年03月18日 00:15

何度、観てもスゴイ!

最初、見た時は、ドロだらけで砦の中の戦闘シーンが印象に残りました。ですが、何度か観ていると、"婆さんが出てくるシーン(水引き小屋みたいな所かな?)"と"旗を上げる所"ですかね、マジにィ凄い。単なる時代劇じゃないですな。黒澤の哲学があります。

  • zzr927k
  • 2006年04月02日 03:30

はじめまして
先日トラックバック送信させて頂いた者です。

私は黒澤作品といえば「夢」しか
鑑賞したことが無かったのですが
最近、この「七人の侍」を見て、衝撃を受けました。こんなに素晴らしい映画があったとは!

それでは、
トラックバック返して頂いてありがとう御座いました。

  • Marigny
  • 2006年07月01日 21:23

光と影のコントラスト♪
初めの場面から釘付けになる作品です。そして人々の表情も「人間ってこんなにも感情豊かなんだ」と再確認するほど生き生きとしています♪長時間と言うのに時を忘れて見入ってしまう作品です♪

「七人の侍」で一番気に入っているのは、菊千代の存在です。
侍たちの堅苦しい演技、村人たちのぎこちない演技、それらは全て菊千代という存在をリアルに見せるための演出なのではと思ってしまいます。

  • シュリンパー
  • 2007年06月14日 22:28


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




七人の侍/黒澤明
[レビュー/試聴 etc.]