Search


since 2005.03.13

2005年05月18日

黒船/サディスティック・ミカ・バンド

B000GALG9S黒船
サディスティック・ミカ・バンド
EMIミュージック・ジャパン 2006-08-23

20世紀名盤シリーズ: 黒船 [試聴]iTunes Music Store


 元フォーククルセイダーズの加藤和彦率いる、当時日本のロック・シーンにおいて最先端のサウンドを聴かせたサディスティック・ミカ・バンドの2ndアルバム(1974)。グラム・ロック、ブギー、ファンク、フュージョンなどの要素も取り入れた、洗練されたポップでファンキー、そしてユーモア溢れる和洋折衷サウンド。クリス・トーマスをプロデューサーに迎えた日本のロック・バンドによるトータルアルバムです。

1.墨絵の国へ
2.何かが海をやってくる
3.タイムマシンにおねがい
4.黒船(嘉永六年六月二日)
5.黒船(嘉永六年六月三日)
6.黒船(嘉永六年六月四日)
7.よろしくどうぞ
8.どんたく
9.四季頌歌
10.塀までひとっとび
11.颱風歌
12.さようなら

加藤和彦 : Vocals, Guitars
ミカ : Vocals
小原礼 : Bass, Vocal, Percussions
高橋幸宏 : Drums, Percussions
今井裕 : Keyboards, Saxophone
高中正義 : Guitars

sadistic_mika_band.jpg 1971年に、加藤和彦、ミカ、つのだひろで結成され、1972年にシングル「サイクリング・ブギ」でデビュー。その後、高中正義(G)、小原礼(B)、高橋幸宏(Dr)、今井裕(Key)を加え、1973年に「サディスティック・ミカ・バンド」、1974年にクリス・トーマスをプロデューサーに迎えた「黒船」を発表。75年10月にはロキシー・ミュージックとの英国ツアー(ベースは小原礼に代わり後藤次利が参加)を成功させますが、75年11月に加藤夫妻の離婚により惜しまれつつ解散。
 1989年には、 加藤和彦・高中正義・小原礼・高橋幸宏に、ボーカルに桐島かれんを迎えてMICA BAND(オリジナルはMIKA BAND)として再結成。アルバム「天晴」を再結成コンサートを収録したライブアルバム「晴天」を発表しています。

sadistic_mika_band_2.jpg 有名なロック・ナンバー「タイムマシンにおねがい」しか聴いた事の無い方には「ポップなハード・ロック・バンド」というような印象を持たれている方も多いかもしれませんが、アルバムを通して聴いてもらえば分かるのですが、実は多彩な音楽性を持ったバンドです。このアルバムも「黒船来航」「タイムマシン」をテーマに作られたトータル・アルバムで、そのサウンドは無国籍サウンドと言っても良いほど色々なジャンルの音楽の要素を吸収し、そしてそれをきちんと消化して作られたアルバムになっています。

sadistic_mika_band_3.jpg 今でこそ参加メンバーは豪華の一言ですが、当時としてはやはりフォーク・クルセイダーズ以降、日本の音楽シーンの第一線で活躍し続けるマルチ・クリエイター加藤和彦の音楽センスによるものが大きく、そこにその後の日本の音楽シーンを大きく変えて行く事になる各メンバーの才能が加わって出来上がったアルバムだと思います。(特に小原礼のプレイには"凄み"さえ感じさせられます。)
 英国ツアー後解散せず、そのままバンドが存続したとしたら、YMO以前に世界で通用するバンドになっていた可能性の高いロック・バンドです。

*クリス・トーマス:ビートルズで有名なジョージ・マーチンの愛弟子。ビートルズの「ホワイト・アルバム」にも参加。70年代の名プロデューサー。
[主なプロディース・ミュージシャン]ピンク・フロイド、プロコル・ハルム、テン・イヤーズ・アフター、バッドフィンガー、ロキシー・ミュージック、ポール・マッカートニー、プリテンダーズ等


ライブ・イン・ロンドン
mika_band_live_in_london.jpg
1.どんたく
2.WA―KAH!CHICO(インストゥルメンタル)
3.ヘーイごきげんはいかが
4.颱風歌
5.ミラージュ(インストゥルメンタル)
6.快傑シルバー・チャイルド
7.墨絵の国へ
8.何かが海をやってくる(インストゥルメンタル)
9.黒船(インストゥルメンタル):嘉永六年六月二日~嘉永六年六月三日~嘉永六年六月四日
10.Suki Suki Suki(塀までひとっとび)

サディスティック・ミカ・バンド: ライヴ・イン・ロンドン [試聴]iTunes Music Store


 75年のロキシー・ミュージックとの英国ツアーの模様を収録。当初アルバム発売の予定がなかったのか、本作は記録用のカセット・テープの音源を元にしているため音質は悪いのですが、会場での臨場感は充分伝わってきます。今から30年以上前に本場英国ロンドンの観客にウケまくるミカ・バンドの演奏が聴けます。
 特に「塀までひとっとび」などで聴ける後藤次利のチョッパー・ベースは特筆もの。高中正義もヤマハSGではなくストラトキャスターでの演奏で、ストラトの特性を生かしたファンキーなバッキングと気合の入ったギターソロ。また、ソロ・デビュー以降「嘉永六年六月四日」のパートしか演奏しなくなった「黒船」のフル・ヴァージョン(六月二日〜三日〜四日)でのライブ演奏、しかもストラトのトーンで六月四日のヴァイオリン奏法が聴ける、というのも重要です。高橋幸宏のドラムもテクニカル且つ正確無比、後にジャパンを結成するスティーブ・ジャンセンが高橋幸宏のプレイに驚愕した、というのは有名な話ですね。
 まだこのアルバムを聴いたことの無い人には、せめて「Suki Suki Suki(塀までひとっとび)」だけでも是非フル・コーラスで聴いて頂きたいと思います。


■ウィー・アー・ジャスト・テイキング・オフ/サディスティックス (1978)

B0002V01JW
ウィー・アー・ジャスト・テイキング・オフ
サディスティックス

Sadistics
 サディスティック・ミカ・バンド解散後の1976年に加藤和彦、ミカを除く4人(高中正義、後藤次利、高橋幸宏、今井裕)で結成されたサディスティックスの2ndアルバム。フュージョン色が更に強くなるが、ミカ・バンド時代からのユーモア・センスは相変わらず抜群。その後、高橋幸宏のYMO参加、高中正義のソロ・デビューなど、各メンバー個人の活動が忙しいためか自然消滅。
 ちなみにアルバム「黒船」収録の「黒船(嘉永6年6月2日)」「黒船(嘉永6年6月3日)」「黒船(嘉永6年6月4日)」などのインストゥルメンタル曲では既に作曲「サディスティックス」とクレジットされています。
sadistics_live_show.bmp 本当は1979年8月29日の東京・九段会館でのコンサートを収録したライブ盤「ライヴ・ショー」も紹介したいのですが、現在(2005年5月)は廃盤になっているようです。高中正義のライブでの定番レパートリー「あこがれのセイシェル」「Ready to Fry」などが収録されています。高中正義の最高のストラト・サウンドを堪能できます。(村上"ポンタ"秀一をゲストに迎えたツイン・ドラム。)

NARKISSOS/サディスティック・ミカ・バンド (2006)

B000I0S88SNARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)
サディスティック・ミカ・バンド
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-10-25

木村カエラをヴォーカルに迎えて17年ぶりにSadistic Mikaela Band Rivisited(サディスティック・ミカエラ・バンド・リヴィジテッド)として再結成。2006年2月にオンエアされたキリンラガービールのCMで使用された"タイムマシンにおねがい(2006 Version)"、"私はBig-Bang, Bang "他収録。
*2006/10/25 ON SALE!

ワンステップ・フェスティバル1974
[DVD] イエロー 加藤和彦&サディスティック・ミカ・バンド 外道 四人囃子 他
B0007QRC6M

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

ナウ・ヘビーローテ from f丸の生態・デイリー

サディスティック・ミカ・バンド/ベスト・オブサディスティック・ミカ・バンド現在のヘビーローテでございます。この文金高島田をかぶりながら歌うロックとかパンクとでも言えばいいのかというテンションの高さをうまく表現できたらなとヘビーローテしながら考えて

[音楽]お気に入りの一枚(17) from 朝になるとやってくる antiECOの日記

何の説明もいらないと思います。 これを超える音に未だ巡り会えていません。 サディスティック・ミカ・バンドの傑作。 今でもこれを聴くとぶっ飛びます。ネ申。 ASIN:B00009PN1S:detail 1989年に、桐島カレンをボーカルに、「天晴」というアルバムを出していますが、これもな

幸宏さんのドラム。 from Yellow Snakeman

幸宏さんのドラムは日本一、いや世界一、少なくとも唯一無二だと思っておりますが、サディスティックミカバンドのベストアルバムを聴いて、改めてその思いを強くしました。サディスティックミカバンドは年代的にほとんど聴いたことが無かったんですけど、ちょっと前にベスト

これ、イッときましょ! from ナウでヤングなオヤヂの集い!

教則本シリーズON GUITAR 高中正義

今日の1枚!「サディスティック・ミカ・バンド」デビュー! from One Of These Nights with The BEATLES

今日は皆さんご存じの日本のロック・バンド「サディスティック・ミカ・バンド」デビューのアルバム(1973年作品)です。[:ニコニコ:]そう加藤和彦率いる日本のロックバンドで世界に(初?ではないが)飛び出したバンドであると認識してます。バンドメンバーは加藤夫妻、ベー�

黒船/サディスティック・ミカ・バンド from キングあおぽんのCD論

名曲「タイムマシンにおねがい」が収録されているこのアルバム。 皆さんはタイムマ

サディスティック・ミカ・バンド from とりつかれた男の独白

久しぶりに棚から引っ張り出してきて聴いたので。サディスティック・ミカ・バンド日本のロック黎明期にその名を燦然と輝かせる伝説のバンドです。以前書いたYMOからたどり着いたんですが、メンバーがまずスゴイ!ヴォーカル&ギターは、加藤和彦。「オラは死んじまっただ�

BLACK SHIP その2 UK盤 from Bugs' News

さてさて、 前回の【黒船】の国内盤LPと紙ジャケに続いて、 今回はUK盤です。何...

三アーチスト三様 from @フルハウス

CD3枚買いました。以下、感想鍊 キンクス 『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ』(1968) ビートルズ、ローリングストーンズ、ザ・フーに加えて、イギリス4大バンドと言われているキンクスですが、これまで、ヴァン・ヘイレンがカバーし

サディスティック・ミカ・バンド記者会見より from 生涯一サクサカー

2006年1月29日 神奈川県・山下町・ホテル横浜ガーデンで行われた記者会見から。(カエラを選んだ理由は?)加藤「単に歌がうまいだけとかね、そういう普通のロックのボーカリストっていうことじゃ、ちょっとこう、違うんですよ。……インテリジェントで、しかも、ぶっ飛ん�

「タイムマシンにおねがい」サディスティック・ミカ・バンド from 坂下千里子in大阪

ネットでちょろっと調べてみましたが、日本最古のハードロックバンドって何やねん。初めて聞いたわ。大阪のラジオで日本橋の電器屋さんのCM曲としてこの「タイムマシンにおねがい」のイントロが使われていたので当時の大阪ラジオリスナーは全員この曲を知っているはず。

◇ サディスティック・ミカ・バンド from ♪ 音楽回顧録 ♪ 

             少々、懐かしいです。            ゴールデン☆ベスト  / サディスティック ミカ バンド ベ...

comments


 私にとっての、このバンドのキーワードとなれば
ROXY MUSIC
YMO
ということになりますか。少し分かり易すぎですね。今でも旧いベスト盤を出して聴くことがあります。綺麗な音のニューウェーブの先駆け、こんな印象です。プラスティックスとダブるところもありますが。


高中氏が出てくれば、黙っているわけにはいきません!(笑)
黒船は、小孫に引き継ぎたい名曲だと思っています。
今夜は、黒船弾いて寝ます(笑)
ごっちん(後藤次利)も、この頃が一番プレーが冴えていた頃ですね。
ソロデビューアルバム「Mr.BASSMAN」のCDにて再販を望みます

  • Wolfey
  • 2005年05月18日 20:04


 あと聴きですが、結構はまりました。今でも充分通用しますね。ミカの投げ捨てるような歌い方は結構色んな人に影響あたえたんじゃないですか。中身もそんな人なんですかね?再結成されたミカバンドも桐島かれんがどうかはおいといても曲はなかなかよかったと思いますね。


 再結成後のサディスティック・ミカ・バンドはリアルタイムで聴きました。
・・・再結成で初めてこのバンドの存在を知ったんですけどね。
オリジナルの方もリアルタイムで聴きたかったです!

  • りー
  • 2005年05月18日 22:07


TBいただきましてありがとうございました。
今後とも音楽情報の交流をお願いします。

  • du_ub
  • 2005年05月18日 22:42


 この和洋折衷スタイルのこのスーパー・バンド好きですね。
ワンステップフェスでは動く彼らを拝むことが出来ます。
それから矢沢永吉「スター・イン・ヒビヤ」でのバックはサディスティックスでしたね。
とにかく高中さんが好きですね。


結局、最後はクリス・トーマスにミカをとられちゃったんじゃなかったでしたっけ?
ついでながら、加藤和彦のソロ「パパ・ヘミングウェイ」も名盤中の名盤だと思います。

  • nlwf
  • 2005年05月19日 14:19


 こんにちは、楽しく読ませていただきました。サディスティックミカバンドの歴史にはあまり詳しくなかったので勉強になりました^^

  • Jarn
  • 2005年05月19日 21:20


SMBはもちろん、サディスティックスも好きです(フュージョン色強くない方。)

  • jj-i
  • 2005年05月19日 23:14


>不良中年さん
 >バンドのキーワードとなれば、ROXY MUSIC
 なんか「ライブ・イン・ロンドン」のCDは廃盤っぽい感じですねぇ。レコードは持ってるんですけどCDは持っていないので、あるうちに買っておけば良かった.....。
>Wolfeyさん
 >高中氏が出てくれば、黙っているわけには
 高中がらみだし、ひょっとしたらWolfeyさん来てくれるかな、なんて、ちょっと考えてました。(^^♪
>kawamukai さん
 >今でも充分通用しますね
 古いアルバムなんだけど、今聴いても新鮮です。それだけ豊富なアイディアと、高度な技術を持った人たちの集まりだった、ということですね。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月20日 00:37


>りー さん
 >再結成後のサディスティック・ミカ・バンドはリアルタイムで
 テレビ放映もありましたね。メンバーも解散以降、各自ソロで大きな実績を残してるし、初めてミカ・バンドを知った人には凄いメンバーのスーパーグループに思えたんじゃないかと思います。個人的には(後藤次利が嫌いなわけじゃないんですが)小原礼が見られたのが良かったです。
>du_ub さん
 >今後とも音楽情報の交流をお願いします
こちらこそ、よろしくお願いします。
>大介さん
 >矢沢永吉「スター・イン・ヒビヤ」でのバックは
 高中正義は吉田拓郎のバックなどもやってますね。結構派手に髪を染めたりして。

  • axis_009
  • 2005年05月20日 00:40


> nlwf さん
 >クリス・トーマスにミカをとられちゃった
 加藤和彦の方に未練があれば、そういう事になるんでしょうけど、どうなんでしょうね。ミカがロンドンから戻って来ないので解散、離婚。その後ミカがクリス・トーマスと結婚(後に離婚)、加藤和彦の方も作詞家の安井かづみと再婚、みたいな感じだったと思います。(私も以前何かで読んだ情報なんで、ちょっとうろ覚えです。)あと、あくまで個人的な意見なんですが、ミカが少なからず評価されるのはミカの才能ではなくて、加藤和彦のプロデュース・センスに因るところが大きいと思っています。(^^♪
> jj-i さん
 私は、その後の高中正義の活動につながるようなフュージョン系の楽曲も良いんですが、サディスティックスは特にユーモア(?)溢れる楽曲の数々が好きなんですよ。ひょっとしたらjj-iさんもその辺ですか?

  • axis_009
  • 2005年05月20日 00:45


 黒船最高!高中最高!タイムマシーン最高!
日本のフュージョンはここから始まったんですよね!

  • goleiro
  • 2005年05月20日 08:32


 チョイねた!
みなさん、ご存じでしょうが!?!?
矢沢の「時間よ止まれ」のギターは高中先生なのでした(笑)

  • Wolfey
  • 2005年05月20日 09:58


 僕がサディスティックミカバンドを知ったのはバッドフィンガーの曲で
誰も知らない誰も知らない誰も知らない・・・ってミカさんが参加している曲。
当時サディステックミカバンドなんて知らなかったから
いきなり日本語で喋りだしたのを聴いてビックリした記憶があります。
 それから気になって聴いてみたりしたんですけど今回読んで知らなかったこと
だらけだったので大変勉強になりました。
しかしすごいバンドですよねえ。


>goleiroさん
 >日本のフュージョンはここから
 うーん、どうなんでしょうか?他にも色々おられるような気もします。基本的にフュージョンというのはマイルス・デイビスの「ビッチェズ・ブリュー」(1969)以降の音楽から派生した音楽の1つだと思っているので、影響を受けている人は沢山いると思いますよ。
>Wolfeyさん
 >矢沢の「時間よ止まれ」
知りませんでした。なるほど。確か資生堂のキャンペーンソングでしたね。
>なおゆき さん
 >バッドフィンガーの曲で
 お、バッドフィンガー聴かれるんですか?実は私も好きなんですよ。バッドフィンガー、良いですよね。って、ミカ・バンドとは違うところに反応してしまった....。

  • axis_009
  • 2005年05月21日 22:35


バッドフィンガーかなり好きなんですよ。
あのバンドのことを思うと切なくて切なくて切なくて(笑)
しかしバッドフィンガーはなぜにここまで評価されないのでしょうか。。。

  • なおゆき
  • 2005年05月22日 21:19


>なおゆき さん
 >バッドフィンガー
 良い曲沢山あるし、ピート・ハムも良いセンスしてるのに勿体無いですよね。ポール・マッカートニーに認められてアップルと契約をいうのは、本当だったら凄く良いポジションの筈だったのに、やっぱりアップル終焉時の犠牲者、という感じがします。アップルから移籍後もマネジメント側に騙されるような形で契約金などを搾取され、バンド側にはほとんど入って来なかった、というような話も聞きます。

  • axis_009
  • 2005年05月23日 00:28


 ダイハツ「ミラ」だったかな?のCMで「ボーイズ&ガールズ」って曲がはやったのっていつでしたっけ?確かミカバンドだったような?ちがったかな・・。


>nokkuru さん
 ミカ・バンドがミカの代わりに桐島かれんを加えて期間限定で再結成した時ですよ。その時はMIKA BANDじゃなくてMICA BANDの表記でした。「ボーイズ&ガールズ」は結構ヒットしましたね。MIKA BAND時代と比べると、ソロ・ギタリストとして成功している高中正義とYMOを経て人気もあった高橋幸宏の2人がMICA BANDの時はかなり前面に出てる印象がありました。(高橋幸宏のヴォーカルの比率が高かったような....)

  • axis_009
  • 2005年05月29日 19:06


 そうでした!MICA BAND!スペルがちがっていたのですね^^。どおりで検索してもでてこないはずだ。ありがとうございました☆

  • nokkuru
  • 2005年05月30日 10:56


>nokkuruさん
 いえいえ、お安い御用ですよ。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月30日 21:44

このバンドは好きでした

私は、高中氏がフライド・エッグのときから生で見てますから、かなりの
中年なんです。
その後、吉田拓郎や杉田二郎などのバックをやってた時代です。確かに金髪でした。
ファーストのユーモアの効いたポップな音も好きです。

  • Sken
  • 2005年07月25日 16:45

ミカ・バンドですか。
懐かしいです。何度か見に行ったことがあります。あの頃は色々なジャンルのミュージシャンが同じロック・イベントなどに一緒に出演していて、1つのイベントに次から次へと新しい音楽を模索している日本のバンドが出てきてパワフルな時代でした。ミカ・バンドはキャロルと共演しているのをよく見ましたよ。

昔話でごめんなさい。(笑)また寄らせてもらいます。よろしく。

  • たいたん
  • 2005年08月29日 10:38

サディスティック・ミカ・バンド!!

僕も昔から大好きです。残念ながらリアルタイムではなくて、ミカ・バンドを聴き始めた頃には既に解散していてサディスティックスの頃なんです。サディスティックスも良かったけどやっぱりサディスティック・ミカ・バンドですね。素晴らしいテクニックとアイディアと共にユーモア感溢れてるところが凄いです。

  • Lark
  • 2005年09月16日 21:52


はじめまして、ビートルズの
サイトを運営してます。

いやいや、こちらは充実したレビュー、わかりやすくて良いですね。
このアルバムは高校生のときに購入した、思い出の1枚です。
TBさせていただきました。
僕はUK盤アナログを紹介させていただきました。

  • たまち
  • 2005年09月18日 21:51

1974 ふぉ〜えば〜

 ナツカシのアルバム。高校1年の時、
原宿の「メロディ・ハウス」(輸入盤専門店のはしりの店。いまは、もう無い
と聞いたが)に「逆輸入盤」が飾って
あり、聴いたことがある。加藤氏が当時
フライングVという矢じり型の珍しい
ギターを弾いており、ほしかったな〜。

  • 吉岡登美雄
  • 2006年01月12日 15:21


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




黒船/サディスティック・ミカ・バンド
[レビュー/試聴 etc.]