Search


since 2005.03.13

2005年04月03日

Relaxin' with the Miles Davis Quintet/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス・クインテット)

Relaxin' with the Miles Davis QuintetRelaxin'
Miles Davis Quintet
Victor 2006-03-21

Miles Davis Quintet [試聴]iTunes Music Store - The Miles Davis Quintet


 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)が1950年中盤から1960年にかけてのモダン・ジャズ黄金期に残したハード・バップの名盤『Relaxin' with the Miles Davis Quintet(リラクシン)』。
 所属していたPrestige(プレスティッジ)から新たに専属契約を行った大手Columbia(コロンビア/CBS)に速やかに移籍するため、Prestigeに残っている契約を処理する目的で第1期"黄金のクインテット"(First Great Quintet)、John Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)、Red Garland(p.レッド・ガーランド)、Paul Chambers(b.ポール・チェンバース)、Philly Joe Jones(ds.フィリー・ジョー・ジョーンズ)等と共に2日間(1956年5月と10月)で4枚分のレコーディングを行った、通称"マラソン・セッション"として有名な"ing4部作"の1枚です。(1956年録音/1958年発表)
 PrestigeはColumbia移籍後のMiles Davisの人気上昇を見越して音源を温存。4枚のアルバムを1957年から1961年にかけて4枚のアルバムに分けて発売しています。
*後の3枚は『Cookin'(クッキン)』(1957年発表)、『Workin'(ワーキン)』(1960年発表)、『Steamin'(スティーミン)』(1961年発表)


1.If I Were A Bell
2.You're My Everything
3.I Could Write A Book
4.Oleo
5.It Could Happen To You
6.Woody'n You

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
John Coltrane -tenor sax (ジョン・コルトレーン)
Red Garland -piano (レッド・ガーランド)
Paul Chambers -bass (ポール・チェンバース)
Philly Joe Jones -Drums (フィリー・ジョー・ジョーンズ)

*trk.1-4 - 1956年10月26日録音
*trk.5-6 - 1956年5月11日録音

 2日間で4枚分のレコーディングとはいえ(その上ほとんどの曲がワンテイク)、毎夜行われるライブ、セッションで鍛え上げられ、完成されたThe Miles Davis Quintet(マイルス・デイヴィス・クインテット)の演奏故、発売された4枚すべてが傑作という奇跡的なセッションです。大量生産方式のPrestigeらしく、テープを回しっ放しで次々と録音されたため、曲間でのスタジオ内の話し声などもそのまま収録されており、これだけの名演を次から次へと演奏していながら、かなりリラックスしたムードの中で録音されていたことが伺えます。

 "ing4部作"は、Columbia移籍第1弾『'Round About Midnightラウンド・アバウト・ミッドナイト)』(1957年発表)と同年(1956年)に録音されていますが、その作りは意識的に変えられており、『'Round About Midnight』は一般の音楽ファンを対象とした為、それを考慮した作り込んだ完成度の高いアルバムに仕上げています。それに対して"ing4部作"では、これほどの名演揃いでもMiles Davisにとっては移籍処理のための「やっつけ仕事」だったのかもしれませんが、1955年のThe Miles Davis Quintet結成以来、連日のライブで演奏してきた楽曲の数々を熱気そのままにパッケージした内容になっており、その為"ing4部作"はジャズという音楽の楽しさが詰まったアルバムになっています。一般的な評価での名盤度は『'Round About Midnight』に譲るとしても、こういった部分が"ing4部作"がいつまでもジャズ・ファンに愛される理由かもしれません。

 "ing4部作"全てに言える事ですが、余り知られていない良曲を見つけ出してレパートリーに加えるMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)の選曲のセンスも絶品。The Miles Davis Quintetの名演のおかげで、ここから多くのミュージシャンに取り上げられるスタンダードに育って行った楽曲が数多く収録されています。(Sonny Rollins/ts.ソニー・ロリンズの代表曲"Oleo"、"Airegin"がレパートリーに含まれているのは、Sonny Rollinsの参加を想定していた名残か?)
 また、この時点でMiles Davisのミュート・トランペット奏法も完成の域に入っており、中音域での厚みのある音色を活かしながら、高音域の金属的な哀愁感のある響きなど、多彩なトーンを使っての表情豊かで歌心溢れるプレイは見事の一言。特に本作『Relaxin'』は1曲を除いて全てミュート・トランペットによる演奏を収録しており、Miles Davisのミュート・トランペットを心行くまで堪能できるアルバムです。個人的にもミュート・トランペットの魅力を教えてもらったアルバムでもあり、内容的にも聴き込むに良し、BGMに良しと、何かのときについつい手が伸びてしまうアルバムでもあります。
 軽やかな鐘の音から軽快にスタートする"If I Were A Bell"から"You're My Everything"、"I Could Write A Book"と続く冒頭3曲でのThe Miles Davis Quintetの演奏は、聴く者をリラックスした至福の一時に誘い、複雑なテーマをクールに決めるSonny Rollins作曲の"Oleo"、そして再び軽快なMiles Davisの熟成されたミュート・トランペットで聴かせる"It Could Happen To You"、ビ・バップ時代の巨匠、Dizzy Gillespie(tp.ディジー・ガレスピー)のオリジナル曲をMiles Davisが創り上げたハード・バップ・スタイルで自信たっぷりに演奏する"Woody'n You"。アルバム全体の流れも良く、非常に聴きやすいアルバムではないかと思います。

 1960年代のジャズ・シーンにJohn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)時代を築くことになるJohn Coltraneの"ing4部作"における、未だ自らのプレイが確立できていない上、Miles Davisの意図を図りかねて試行錯誤中の暴走と迷走加減、そして5月と10月の録音の間での成長(とはいっても、John Coltraneの本格的な開花はグループ休止中の1957年にThelonious Monk/p.セロニアス・モンクのセッションに参加した頃から)といった部分も聴き所です。


Cookin' With the Miles Davis QuintetCookin' With the Miles Davis Quintet
Miles Davis
Prestige 2007-02-06

Miles Davis Quintet [試聴]iTunes Music Store - The Miles Davis Quintet


1. My Funny Valentine
2. Blues by Five
3. Airegin
4. Tune Up/When the Lights Are Low

*1956年10月26日録音

 Red Garland(p.レッド・ガーランド)の哀愁を帯びた甘いピアノとMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)のミュートによるリリカルな名演で聴かせる超有名曲"My Funny Valentine"を収録した人気作。
 この1曲を聴くためだけにアルバムをコレクションしても良いほどの名演、"My Funny Valentine"(歌モノの下手なJohn Coltrane/ts.ジョン・コルトレーンが偶然なのか、意識的になのか演奏から外されているのも面白いところ)の影に隠れがちですが、その他の収録曲もバラードからミディアム、ハイテンポ・ナンバーまでバランスよく収録されており、Miles Davisと最強のリズム・セクションに成長したRed Garland、Paul Chambers(b.ポール・チェンバース)、Philly Joe Jones(ds.フィリー・ジョー・ジョーンズ)、そしてJohn Coltraneが繰り広げる、The Original Quintet/First Great Quintetたる所以が充分に楽しめる演奏揃い。"ing4部作"から1枚選ぶなら『Relaxin'』か本作『Cookin'』がオススメです。(といっても、1枚気に入ってしまえば、結局4枚とも揃えたくなってしまうと思いますが。)

 上記『Relaxin'』に収録された"Oleo"同様、本作『Cookin'』にもSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)の代表曲"Airegin"(逆さから綴ると「Nigeria」)が収録されていますが、Sonny Rollinsのオリジナルと同じサックス奏者のJohn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)のアプローチの違いを聴き比べてみるのも面白いですし、Miles DavisとSonny Rollinsが共演した『Bags' Grooveバグス・グルーヴ)』(1954年録音・1957年発表)に収録された、自らのオリジナル曲ながら、まだ楽曲をモノに出来ていない時点でのSonny Rollinsのプレイと比較してみるのも一興。(1957年発表)


Workin' With the Miles Davis QuintetWorkin'
Miles Davis Quintet
Prestige 2006-09-12

Miles Davis Quintet [試聴]iTunes Music Store - The Miles Davis Quintet


1. It Never Entered My Mind
2. Four
3. In Your Own Sweet Way
4. Theme [Take 1]
5. Trane's Blues
6. Ahmad's Blues
7. Half Nelson
8. Theme [Take 2]

*trk.1-6,8 - 1956年5月11日録音
*trk.7 - 1956年10月26日録音

 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)がBlue Noteに残した『Miles Davis Volume 1』での演奏も充分に素晴らしい演奏でしたが、それすらを上回る名演を聴かせる"It Never Entered My Mind"の再演。Miles Davisのミュート・トランペットの表現力の進化も見逃せませんが、"黄金のクインテット"と呼ばれたマイルス・コンボの凄みを感じさせる演奏でもあります。特にRed Garland(p.レッド・ガーランド)のソロは、正にRed Garlandならではの素晴らしい演奏。せっかくのバラードを台無しにしかねないJohn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)が、ここでもソロを吹かせてもらえないのはご愛嬌。


B000SQJ2N2Steamin' With the Miles Davis Quintet
Miles Davis Quintet
Universal Japan 2007-08-07

Miles Davis Quintet [試聴]iTunes Music Store - The Miles Davis Quintet


1. Surrey with the Fringe on Top
2. Salt Peanuts
3. Something I Dreamed Last Night
4. Diane
5. Well, You Needn't
6. When I Fall in Love

*trk.1-4,6 - 1956年5月11日録音
*trk.5 - 1956年10月26日録音

 "ing4部作"は全て名演揃いであり、本作『Steamin'』も素晴らしい演奏が収録されていますが、2曲目に長いドラム・ソロの入った"Salt Peanuts"を収録しているため、アルバムのバランスが悪く感じられるのが勿体無いところ。(この手の曲はアルバム後半の方が良かったのでは?)
 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)の泣きのミュート・トランペットが堪能できる"When I Fall in Love"は必聴。

(2008/05/01 改訂)

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

The Miles Davis Quintet / Relaxin' from Progressive Cafe

有名なプレスティッジマラソンセッション4部作の中の1枚。「Cookin'」とどちらを挙げるか迷う所だが、個人的に大好きな珠玉のバラード「You'reMy Everything」が収録されていることでこちらを選んだ。モノラルで1956年という古い音源だが、その臨場感、空気感は物凄

LignpontoのCD鑑賞記「YOU'RE UNDER ARREST」 from Hodiauxa Lignponto

みなさん、こんにちは。{/hiyob_en/}{/hiyob_en/}この写真は、ギャングじゃないですよ。(爆笑)マイルス・ディヴィスです。名前ぐらいは、知ってますよね。実は、このアルバムが私がトランペットを始めるきっかけになったアルバムです。もうかれこれ17年前になります。当時�

マイルス・デイビスの自叙伝 from THE SACD REVIEW

Miles (Picador Books)Miles Davis Quincy TroupeAmazonで詳しく見る今日は、最近読んでいる本を紹介します。これはタイトルの通り、マイルス・デイヴィスの自叙伝です。これは村上春樹が薦めていたので読んでみたんですが、ホントに面白い!翻訳版もあるが、村上

MILES DAVIS(LP) COOKIN' from FREEDOM RECORD

ジャズ好き必見です。ご存知マイルス・デイビスです。ジャズをこれから聴いてみようって人も、とっくに知ってるよって人もマイルス・デイビスを勉強、再確認してみましょう。この時期、暑くて寝苦しい夜に聴いてみては?得した気分になりますよ。

ジャズ・ロック、フュージョン:ヴァーチュオーソの到来 from 美響乱

1967年、不思議な形態のロックン・ロ

Miles Davis : Relaxin' from あみかさんの音楽、映画レビューサイト

Relaxin' よく見てもらうとわかるのですがカテゴリーにMiles Davisとあります。マイルスだけは別項になってるんですね(^^)。それは手持ちのアーティストの中で一番多くアルバムを持っているから、そして比類無き存在としてマイルス・デイヴィスに尊敬の念を込めてという理.

リラクシン マイルス・デイヴィス from マイルス、ボブ・ディラン&ミステリー

私がはじめて買ったマイルスのLPです。CDになってからも、よく聴くほうです。なんといってもこのリラックスした雰囲気。レッド・ガーランドのピアノもたまらなくいい!マイルス・デイヴィス「リラクシン」

マラソンセッション 4部作 / Miles Davis from Whiskey from the Glass

プレステッジ時代の最高峰!  JAZZ専門レーベルからメジャーなレコード会社に移籍する為に僅か2日間で4枚分を驚異的なスピードで録り終えたという、通称 "マラソン・セッション" 。JAZZといえば、マイルス。「JAZZってどんなの?」なんて聞かれれば、迷わず「マ

comments

おじゃまします。こんにちわ。マイルスデイビス!最高ですね。音楽家としては最高峰じゃないでしょうか。大好きですよ。
私も「ラウンドアバウトミッドナイト」はとくに好きです。
昔、マイルスじゃないですが、「ラウンドアバウトミッドナイト」てゆう映画でデクスタ−ゴ−ドンが出演演奏してた「ラウンド〜」がはじめて聞いた「〜アバウトミッドナイト」でした。

  • Smoky
  • 2005年04月03日 08:25


Smokyさん、こんにちは。
 マイルスは時期によって音楽のスタイルが違うので(進化している!)、年代によって1枚ずつ好きなアルバムを選んで(1枚だけ選ぶのが大変ですが)取り上げていこうかと思ってます。

  • axis_009
  • 2005年04月03日 09:29

こちらにもお邪魔します
以前拙ブログの「一家に一枚」というコーナーで取り上げましたのでTBさせていただきました
4部作どれも甲乙つけがたいですが、個人的な曲の好みでRelaxin'が一番です
「You are my everything」は究極のバラードだと思います

>francofrehleyさん
一般的には「クッキン」挙げる人が多いみたいですが、私も「リラクシン」のほうが好みです。1曲目の「If I Were A Bell」の明るく朗らか(?)な感じが良いんですよ。聴きだすとそのままアルバムの最後まで心地よい時間が続きます。
また、寄って見てください。こちらからもお邪魔しますね。

  • axis_009
  • 2005年04月15日 20:41

はじめまして。トラバからきました。素敵なブログですね!とってもみやすいです。マイルスの情報もいっぱいだし!ブログ初心者の私、参考にさせていただきます☆ありがとうございました♪

>nokkuru15さん
私は基本的にはロック好きなんですが、ジャズのアルバムにも好きなものが多いので少しずつ掲載していこうかと思ってますので、今後ともよろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年04月21日 21:10

ブログをやってみたくて、マイルスが亡くなった頃に止んだ、ジャズLPをブログ・ネタにしています。収集した時期がロックの影響の強いころです。音源はMP3へ、ジャケットはScanしJPEGへと手間がかかり、面倒な解説は省略しています。理屈は不要で量で聴いているようです。マイルスは、皆が沢山もっているし、なんか気恥ずかしいのですが、きょうまでで2つ記事にしています。
コメントとトラックバック有難うございます。

こんばんは。
私がブログで書いた、マイルス・デイビスの自叙伝なんですが、ホントに面白い本です。
機会があったら読んでみることをオススメします。

>ものずき烏さん
コメントありがとうございます。
>皆が沢山もっているし
確かにその通りですね。私も勢いで書いてしまわないと書きにくいミュージシャンの一人です。
また、寄って見てください。宜しくお願いします。

>sacd_reviewさん
 色々と無茶をやっていそうで面白そうですね。それに最先端を走ってた人だし。。。実は前から読んでみたいと思いながら未購入のままなんですよ。(^^;
 ジャズのこの手のものだと、本では無いのですが、映画「バード」もかなり面白かったですね。

  • axis_009
  • 2005年06月13日 22:04

僕もあの4枚の中では「リラクシン」が一番ですね。よく紹介されているのは「クッキン」だけど。
 ロックを主に扱っておられるみたいですが、僕と趣味が近いのかな、なんて思いました。(^^)
 またジャズのアルバムも扱ってください。楽しみにしてます。

  • 神山
  • 2005年08月29日 11:11

リラクシン、やっぱりいいですよね(^^)。
ほんわかします。

  • あみか
  • 2005年09月08日 07:17


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Relaxin' with the Miles Davis Quintet/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス・クインテット)
[レビュー/試聴 etc.]