Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. Tarkus/EMERSON, LAKE & PALMER (エマーソン、レイク&パーマー)
  2. The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD (ピンク・フロイド)
  3. Lark's Tongues in Aspic/KING CRIMSON (キング・クリムゾン)

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2006年09月16日

Tarkus/EMERSON, LAKE & PALMER (エマーソン、レイク&パーマー)

B0000033P0Tarkus
Emerson Lake & Palmer
Rhino 1996-05-21

Emerson, Lake & Palmer - TARKUS [試聴]iTunes Music Store - TARKUS


 無機質で激しく切り裂くようなモーグ・シンセサイザーのサウンドと叙情的なメロディ、ウェットなヴォーカルが緊張感を持って共存する、ロックとクラシックの融合を目指してスタートしたEmerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)がデビュー2作目にして独自の音楽性を確立して発表した代表作。A面の組曲"Tarkus"、そしてB面6曲の全7曲が圧倒的な密度とヴォリュームで収録されたアルバムです。(1971年・邦題『タルカス』)


1. Tarkus Medley : Eruption/Stones of Years/Iconoclast/Mass/Manticore/Batt
2. Jeremy Bender
3. Bitches Crystal
4. Only Way [Hymn]
5. Infinite Space [Conclusion]
6. Time and a Place
7. Are You Ready Eddy?

Keith Emerson key.キース・エマーソン
Greg Lake vo,b.グレッグ・レイク
Carl Palmer d.カール・パーマー

 Emerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)は、驚異的なテクニックとアイディアをともに兼ね備えた元The Nice(ナイス)のKeith Emerson(key.キース・エマーソン)とKing Crimson(キング・クリムゾン)のデビュー・アルバム『In the Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿 )』で大きな存在感を示したGreg Lake(vo,b.グレッグ・レイク)、そしてThe Crazy World Of Arthur Brown(クレイジー・ワールド・アーサー・ブラウン)、Atomic Rooster(アトミック・ルースター)在籍中からテクニックに定評のあったCarl Palmer(d.カール・パーマー)の3人が組んだバンドとして結成時からスーパー・グループとして注目され、後に4大プログレッシブ・バンドと呼ばれるようになるPink Floyd、King Crimson、Yesと較べてもデビュー以前から最も期待されたバンドです。
 若干Greg Lake寄りと思えるサウンド作りを行った1stアルバム『Emerson, Lake & Palmer』では作品の高い評価の割りには一般的な人気は得られなかったものの、Keith Emersonの音楽性とGreg Lakeの音楽性というまったく異質な才能がバランスよくミックスされた2作目『Tarkus』で独自の音楽世界を確立します。

 EL&Pの特筆すべきところは、これだけのテクニック、アイディア、表現力を持ちながらパフォーマーとしても優れていたこと。現在ではビデオ、DVDでしか見ることが出来ませんが、キーボードの鍵盤にナイフを刺して同じ音を鳴らし続ける、キーボードの反対側から弾く、回転するピアノでのプレイ(Motley Crue/モトリー・クルー・Tommy Lee/トミー・リーのドラム・ソロの元ネタか?)、オルガンを派手に揺らしてノイズを出すなど、比較的動きの無いキーボード中心のバンドの弱点をカヴァーしてあまりあるパフォーマンスを見せてくれる(今では"お約束"、また"ギャグ"にしか見えない部分もありますが)、優れたロック・バンド全てに言える"音楽"、そして"視覚的"にも魅せる要素を兼ね備えたロック・トリオです。

 ジャズの世界では良くあるピアノ・トリオ編成ですが、ロックではEL&Pのような編成のバンドも昨今少なくなり、ロックというとすぐにギター中心のサウンドを思い浮かべてしまう現在においてはキーボード主体のギターレス・バンドというと馴染み難い音楽かもしれませんが、現在ではともかく発表当時はJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のギターに匹敵しうる衝撃的な印象を与えたEL&Pのキーボード・サウンドを"一時代を築いた音楽"として聴いておくのも良いかもしれません。


B0000033P1Pictures at an Exhibition
Emerson Lake & Palmer
Rhino 1996-05-21

Emerson, Lake & Palmer - PICTURES AT AN EXHIBITION (展覧会の絵) [試聴]iTunes Music Store - PICTURES AT AN EXHIBITION


 ムソルグスキーの『展覧会の絵』をアレンジした、Emerson, Lake & Palmer(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)にとって最もセールス的に成功したアルバム。スーパー・グループとして期待されながらも、その実力に似合う程の人気を得られなかったEL&Pの人気を決定付けた記念碑的作品です。(1971年発表・3作目)
 しかし、ロック雑誌等でEL&Pの代表作として取り上げられることの多い『Pictures at an Exhibition』ですが、その時代ならではのセールス、及び内容であり、初めてEL&Pを聴く人が最初に聴くべきアルバムではなく(最初にこのアルバムから入ってしまうと人によっては退屈な音楽と思われてしまう可能性もあり)、ロックとクラシックの融合を目指したEL&Pという優れたロック・トリオが最もクラシックに近づいた瞬間の記録として、EL&Pの音楽に馴染んだ後の2〜3枚目以降に聴くべきアルバムだと思います。


B0002HSECCEmerson, Lake & Palmer
Emerson Lake & Palmer
Sanctuary Midline 2004-08-30

Emerson, Lake & Palmer - EMERSON, LAKE & PALMER [試聴]iTunes Music Store - EMERSON, LAKE & PALMER


 スーパー・グループとしてデビュー前から注目を集めたEmerson, Lake & Palmer(エマーソン、レイク&パーマー)のデビュー・アルバム。(1970年発表)
 個人的にはEL&Pの最高傑作としては『Tarkus』を挙げますが、聴いた回数という事になると圧倒的にこの1stアルバムということになります。Keith Emerson(key.キース・エマーソン)の音楽、そしてGreg Lake(vo,b.グレッグ・レイク)の音楽の素の部分、二人のコンビネーションが成功し始めている部分が上手く共存しており、楽曲的にも出来の良い物が多い作品です。

 メンバーの激しいプレイの応酬が聴けるEL&Pのライブでの定番曲"Knife Edge"。Keith Emersonの当時の音楽性がはっきりと分かる、テクニシャンCarl Palmer(d.カール・パーマー)のドラムも素晴らしい"Tank"。Greg Lakeの名曲"Lucky Man"他収録。


B0002HV4VUBrain Salad Surgery
Emerson Lake & Palmer
Sanctuary Midline 2004-08-30

Emerson, Lake & Palmer - BRAIN SALAD SURGERY (恐怖の頭脳改革) [試聴]iTunes Music Store - BRAIN SALAD SURGERY


B000AMZ0NUビヨンド・ザ・ビギニング [DVD]
レイク&パーマー エマーソン
ビクターエンタテインメント 2005-10-13


| HOME |

2005年05月21日

The Dark Side of the Moon/PINK FLOYD (ピンク・フロイド)

B000002U82The Dark Side of the Moon
Pink Floyd
Toshiba EMI 1991-07-20

Pink Floyd[試聴]iTunes Music Store "Pink Floyd"


 驚異的なロング・セールスを誇る、ロック史上最大のベスト・セラー・アルバム『The Dark Side of the Moon』。Roger Waters(ロジャー・ウォータース)のストイックで繊細な感性、緊張感と緻密な楽曲の構成によって作り出されたPINK FLOYD(ピンク・フロイド)の最高傑作。(1973年)


1.Speak To Me/Breathe
2.On The Run
3.Time
4.The Great Gig In The Sky
5.Money
6.Us And Them
7.Any Colour You Like
8.Brain Damage
9.Eclipse

Roger Waters B,Vo (ロジャー・ウォータース)
Richard Wright Kbd (リック・ライト)
Nick Mason Ds (ニック・メイスン)
David Dilmour G,Vo (デビッド・ギルモア)

pink%20floyd%201%27.jpg PINK FLOYD(ピンク・フロイド)は1965年にRichard Wright(Key.リック・ライト)、Roger Waters(B.ロジャー・ウォータース)、Nick Mason(Dr.ニック・メイソン)、Syd Barrett(G.シド・バレット)により結成。ロンドンのサイケデリック・ブームの中、アンダーグラウンド・シーンで人気を得て、1967年に(Syd Barrettの精神世界の具現化ともいわれる)『Piper At The Gates Of Dawn』でデビュー。"I See Emily Play"のシングル・ヒットなどから一躍人気バンドへと成長します。
 しかし、主要ソングライターであるSyd Barrettは持病の躁鬱、ドラッグの影響、プレッシャーなどから、ステージでの演奏も困難なほど精神を蝕まれていき、バンドはライブ用のギタリストとしてDavid Dilmour(G.デイブ・ギルモア)を招くも、Syd Barrettは2ndアルバムの製作中にPINK FLOYDを脱退(解雇?)。

pink%20floyd%202.jpg その後バンドは徐々にRoger Waters(ロジャー・ウォータース)主導に移行し、インストゥルメンタルを中心とした大作志向のアルバム作りへと変化していきます。PINK FLOYD(ピンク・フロイド)の特徴ともなったRoger Watersのストイックで繊細な感性、緊張感と緻密な楽曲の構成によって作り出されたPINK FLOYD独特の音世界は『Atom Heart Mother』『Meddle』などの名作アルバムを生み出し、遂には最高傑作と呼ばれるロック史上最大のベスト・セラー『Dark Side Of The Moon』(1973)(全米チャートに570週連続ランクイン)で実を結ぶことになります。
 その後も『Wish You Were Here』(Syd Barrettに捧げられたアルバム)、『Animals』『The Wall』と順調に傑作アルバムを発表しますが、(これまでのPINK FLOYDのアルバムの質に比べると)ちょっと疑問符の残る『The Final Cut』発表後、Roger Watersがメンバー間の確執などから脱退してしまいます。

pink%20floyd%203.bmp Nick Mason(D)、David Gilmour(G.デイブ・ギルモア)、Richard Wright(Key.リック・ライト)はRoger Waters(ロジャー・ウォータース)抜きでPINK FLOYD(ピンク・フロイド)を存続させますが、これまでの様な特筆すべきアルバムを残すことなく、派手な演出によるライブ・パフォーマンスのみ話題になるバンドになっていきました。(とはいえ、ライブ映像などを見るとそのライブはやはり素晴らしく、そのパフォーマンスはロック・ショーとしては当時のロック・シーンにおいて最高峰ではなかったかと思います。個人的にはDavid Gilmourのギター・トーン!相変わらず良い音してました。)
pink%20floyd%20concert.jpg

Roger Waters(ロジャー・ウォータース)脱退時の経緯についてはRoger WatersサイドとDavid Gilmour(デイヴィッド・ギルモア)&Nick Mason(ニック・メイスン)サイドでの立場により色々な話があり、正確なことは分かりません。確か要約すると「これまでの作品のコンセプトを打ち出し、多くのソングライティングを務めてきた主要メンバーのRoger WatersがいないPINK FLOYDはPINK FLOYDではない。PINK FLOYDは解散した。」「Roger WatersはPINK FLOYDを脱退した。PINK FLOYD(ピンク・フロイド)のバンド名の使用権はDavid Gilmour&Nick Masonサイドにある。」といったような話だったと思います。


Atom Heart Mother

B000002U9WAtom Heart Mother
PINK FLOYD


Atom Heart Mother [試聴]iTunes Music Store "Atom Heart Mother"

Meddle
B000002U8GMeddle
PINK FLOYD


Meddle [試聴]iTunes Music Store "Meddle"


Wish You Were Here

B000024D4SWish You Were Here (Rmst)
Pink Floyd

Animals

B000024D4RAnimals (Rmst)
Pink Floyd


Animals [試聴]iTunes Music Store "Animals"


The Wall

B000006TRVThe Wall
Pink Floyd

[PINK FLOYD DISCOGRAPHY]
The Piper at the Gates of Dawn 1967
A Saucerful of Secrets 1968
Soundtrack from the Film "More" 1969
Ummagumma 1969
Atom Heart Mother 1970
Meddle 1971
Obuscured by Clouds 1972
The Dark Side of the Moon 1973
Wish You Were Here 1975
Animals 1977
The Wall 1979
A Collection of Great Dance Songs 1981
The Final Cut 1983
A Momentary Lapse of Reason 1987
Delicate Sound of Thunder 1988
The Division Bell 1994
Pulse 1995
Is There Anybody Out There
The Wall Live Pink Floyd 1980 - 81 2000
*ベスト盤除く

| HOME |

2005年04月15日

Lark's Tongues in Aspic/KING CRIMSON (キング・クリムゾン)

B00065MDSGLarks' Tongues in Aspic
King Crimson
WHD 2005-09-13

 Bill Bruford(Dr.ビル・ブラッフォード)、John Wetton(B.ジョン・ウエットン)、David Cross(Violin.デヴィッド・クロス)、Jamie Muir(Per.ジェイミー・ミューア)等を加えメンバーを一新した奇才Robert Fripp(G.ロバート・フリップ)率いるKING CRIMSON(キング・クリムゾン)通算6枚目のアルバム(1973年)。プログレッシブ・ロックの頂点を極めた傑作です。
*邦題「太陽と戦慄」。

1.Larks' Tongues In Aspic, Part One
2.Book Of Saturday
3.Exiles
4.Easy Money
5.The Talking Drum
6.Larks' Tongues In Aspic, Part Two

Robert Fripp :Guitar、Mellotron (ロバート・フリップ)
John Wetton :Bass、Vocal (ジョン・ウエットン)
Bill Bruford :Drums (ビル・ブラッフォード)
David Cross :Keyboards、Piano (デヴィッド・クロス)
Jamie Muir :Percussion (ジェイミー・ミューア)

KING CRIMSON.jpg Bill Bruford(ビル・ブラッフォード)と前衛パーカッショニスト、Jamie Muir(ジェイミー・ミューア)によるアグレッシブ且つ神秘的なリズム、哀愁漂うJohn Wetton(ジョン・ウエットン)のヴォーカル、緊張感をさらに煽るようなDavid Cross(デヴィッド・クロス)のヴァイオリン、そして、Robert Fripp(ロバート・フリップ)のならではの無機質なギターフレーズ&サウンド。狂気と紙一重の美、緊張感と破壊的なサウンド、「静」から「動」へのメリハリ。KING CRIMSON(キング・クリムゾン)は、エスニック、オリエンタルなムードも漂わせながら、緊張感とエネルギーに満ち溢れた音世界を作り上げています。

 レコーディングは、ある程度テーマ、モチーフを決めておいて、あとは各自のインプロヴィゼイションにまかせる、という形で行われたようですが、とても即興演奏とは思えない楽曲の完成度です。個人的にはミューアのパーカッションが印象に残り、ある意味ではJamie Muir(ジェイミー・ミューア)という素材があって、それを前提にしてRobert Fripp(ロバート・フリップ)が作ったアルバムではないか、という気までしてしまいます。Jamie Muirのレコーディングへの参加はこのアルバムだけで、その後脱退しますが、後何枚かでも良いからJamie Muir参加作を聴いてみたかったと思いますし、私がこのアルバムを選ぶのもアルバムの完成度の高さからだけでなく、Jamie Muirの音に惹かれて、というのは大きな要因です。

 John Wetton(ジョン・ウエットン)とBill Bruford(ビル・ブラッフォード)のベースとドラムスの組み合わせも良くマッチしていて、ROXY MUSIC(ロキシー・ミュージック)、URIAH HEEPユーライア・ヒープ)などへの参加といった節操の無いJohn Wettonのベーシストとしての上手さ(今更ですが)も充分に発揮しています。1984年に発表した『Discipline(ディシプリン)』でのKING CRIMSON(キング・クリムゾン)再結成時に誘ってもらえなかったJohn Wettonの未練たっぷりのインタビューを雑誌か何かで(FMラジオの情報だったかも)見たことがありますが、その後エイジアなどで売れに売れたにもかかわらず、John Wettonにとってこの時期のKING CRIMSONというのは楽器演奏者として、またクリエイティブな活動の場として重要な場所だったのかもしれません。まぁ、この時期に比べ『Discipline』はフリップが既に新しい方向に向かっていっているため、フリップにとってはJohn Wettonではなかった、ということも仕方が無い事ですね。

*このアルバムは初めてKING CRIMSONを聴くという方にはお勧めできません(笑)。やはり一番有名な『In the Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)』から聴かれた方が良いと思います。でも、一言だけ言わせてもらえば、個人的にはGreg Lake(グレッグ・レイク)よりJohn Wetton(ジョン・ウエットン)のヴォーカルの方が好みです。

In the Court of the Crimson King:クリムゾン・キングの宮殿 (1969)
 KING CRIMSON(キング・クリムゾン)の1stアルバム。YES(イエス)の『Close To The Edge(危機)』、PINK FLOYD(ピンク・フロイド)の『The Dark Side of the Moon(狂気)』と並ぶプログレッシブ・ロックの代表作です!


In the Court of the Crimson King
King Crimson
Red In the Wake of Poseidon [30th Anniversary Edition] The 21st Century Guide to King Crimson, Vol. 1: 1969-1974

[KING CRIMSON DISCOGRAPHY]
IN THE COURT OF THE CRIMSON KING 1969
IN THE WAKE OF THE POSEIDON 1970
LIZARD 1970
ISLANDS 1971
EARTHBOUND 1972 (LIVE)
LARKS' TONGUES IN ASPIC 1973
STARLESS AND BIBLE BLACK 1974
RED 1974
USA 1975 (LIVE)
DISCIPLINE 1981
BEAT 1982
THREE OF A PERFECT PAIR 1984
THRAK 1995
B'Boom (LIVE) 1995
Thrakattak (LIVE) 1996
The ConstruKction Of Light 2000
Heavy ConstruKction (LIVE) 2000
Happy With What You Have To Be Happy With 2002
The Power To Believe 2003

| HOME |

RHINO Sales Lank



PR


120×90