Search


since 2005.03.13

2006年12月31日

Presence/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JSJPresence
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 『Houses Of The Holy(聖なる館)』、『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』などのアルバムで多大な貢献をしたJohn Paul Jones(b,key.ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンド内での台頭により徐々に楽曲での使用頻度が高くなっていたシンセサイザー、キーボード、アコースティックを一切排除して初期のようなブルーズ、ロック路線に回帰し、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)主導で緊張感のあるソリッドなエレクトリック・サウンドを作り上げて後期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の代表作と評価されるとともに、そのシンプルながら重量感のあるサウンドで特にLED ZEPPELINにハード・ロック的なイメージを求めるファンに最も人気のあるアルバムとなったのが本作『Presence(プレゼンス)』です。(1976年発表)


1. Achilles Last Stand
2. For Your Life
3. Royal Orleans
4. Nobody's Fault But Mine
5. Candy Store Rock
6. Hots On For Nowhere
7. Tea For One

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 1975年2月から行われたアメリカ・ツアーは大成功を収め、2枚組の大作アルバム『Physical Graffiti』(1975年)も大ヒットしてLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)はその活動期間中で最も収益的にも人気的にもピークを迎えていましたが、8月から行われる同年2度目のアメリカ・ツアーを目前にしてギリシア・ロードス島でRobert Plant(vo.ロバート・プラント)が交通事故を起してしまい、更なるバンドの伝説を創り上げることになる筈だったアメリカ・ツアーを中止。LED ZEPPELINは人気絶頂期にも拘らずバンド活動休止に追い込まれてしまいます。
 その後、Robert Plantの回復を待って曲作りを開始。そして、ツアーの中止などで演奏機会の失われていたメンバーの演奏への欲求を爆発させるかの如く、僅か3週間という短い期間で制作されたのが本作『Presence(プレゼンス)』です。1曲目の"Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)"からラストまで、無駄な音を一切排除し、シンプル且つヘヴィーな音の塊を叩きつけたようなサウンドは正にヘヴィー・メタル・サウンド。多彩な音楽性を持つLED ZEPPELINのヘヴィーな面を強調した本作が後のヘヴィ・メタル・バンドに与えた影響は『LED ZEPPELIN II』以上に大きいのではないかと思われます。

 しかし、短い制作期間はバンドに緊張感と集中力をもたらしアルバムの出来に好結果を与えましたが、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)が蓄えたアイディアを再現するためだけに行われたかのような強引なレコーディングは、これまでのRobert Plant(vo.ロバート・プラント)とJohn Paul Jones(b.ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンドへの貢献を無視するかのようにJimmy Pageの完全なるコントロール下で行われ、他のメンバーがアルバムの全体像を把握する事無く終了。Jimmy Pageにとっては傑作アルバムに仕上がったものの、Robert Plant、John Paul Jonesにとっては必ずしもベストのアルバムにはならなかったアルバムでもあります。(John Bonham/ds.ジョン・ボーナムに関しては他のメンバーの思惑に関係なく、ここでも最高のドラムを聴かせてくれます。)
 また、決して他の作品に較べて内容的に劣っているわけではないのにも拘らず、セールス的には大ヒットした前作『Physical Graffiti』のバラエティー豊かな内容に較べるとアルバムを通して単調なサウンドであり、また初の公式ライヴ盤ともなる映画『The Song Remains the Same永遠の詩)』(1976年)のサウンド・トラックと発売時期が重なったこともあり、英米ともにチャート1位は獲得するもののLED ZEPPELINにとっては内容の素晴らしさに伴わない最も売れなかった不運のアルバムになっています。

 John Bonham(ds.ジョン・ボーナム)のドラムを土台にJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)がギターを重ね、素晴らしいリフの数々を惜しみなく詰め込んでテンションの高い作品に仕上げた代表曲"Achilles Last Stand"。John Bonhamのファンク趣味全開の"Royal Orleans"。ヘヴィーなサウンドを聴かせる"Nobody's Fault But Mine"、ブルーズ・ナンバー"Tea For One"他収録。

B000002I3DThe Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film
Led Zeppelin
WEA International 1990-10-25

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

聴いてみた 第30回 レッド・ツェッペリン 「プレゼンス」 from 言黙(ことだま)

これまで多くの方々のご指導に支えられなが

レッドツェッペリン『Presence』 from ROCK野郎のロックなブログ

Led Zeppelinといえば、ビートルズやデヴィッドボウイと同じように名盤多すぎて最高傑作を選ぶのが難しいやつら。あえて選ぶなら、サウンド的には『Pr...

comments

あけましておめでとうございます。いつも記事楽しみにしています。

>Jimmy Pageにとっては傑作アルバムに仕上がったものの、Robert Plant、John Paul Jonesにとっては必ずしもベストのアルバムにはならなかったアルバムでもあります

ほっほう、勉強になりますね。そうだったのか・・・

>アルバムを通して単調なサウンドであり

おお!言いたくても怖くていえなかった事をさらりと言ってくれました。最高です。今年もよろしくお願いします。

  • ぷくちゃん
  • 2007年01月01日 05:58

>ぷくちゃん
>>今年もよろしくお願いします。
 いつも読み逃げで横着な読者ですが、こちらこそよろしくお願いします。

>>>>アルバムを通して単調なサウンドであり
 聞き込むと表情豊かな部分も多いんですけどね。

 これまで色々と元メンバーのインタビュー記事を読んできましたが、「『プレゼンス』が最高傑作だ」とか「過小評価されてるアルバムだ」と言って騒いでるのはジミー・ペイジだけなんですよ。他のメンバーからのそういった発言は読んだことが無いです。
 まぁ、ロバート・プラントも「ツェッペリンの最高傑作は"カシミール"だ。」なんて"天国の階段"の話題が出ると頑なに言ってたりしますが。いろいろ各メンバーにも思いがあるんでしょうね。

 ジョン・ポール・ジョーンズは次作で主導権を握って『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』を制作しますが、本作『プレゼンス』の製作過程でジミー・ペイジと険悪になって、その確執が以後回復していないというのも良く分かるようなアルバムではないかと思います。あと、リフ作りの天才と言われたジミー・ペイジの有名なリフの幾つかが(解散後のインタビューなどで明らかにされたことですが)実はジョン・ポール・ジョーンズの作ったものだったのにクレジットすらされなかった、と言うのも大きいようですね。

  • axis_009@管理人
  • 2007年01月01日 15:40

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も、なにとぞよろしくお願いします。
プレゼンスと聞くと、すぐに飛びついてしまう私・・・
ギター好きの私にとっては、ジミーさんのギタープレイが全編にわたって聴けるこのアルバムがお気に入りなのです。
特に、”アキレス・・・”は、ギターでコピーしまくってましたから(笑)

  • エディ
  • 2007年01月03日 05:02

>エディさん
こちらこそよろしくお願いします。

>プレゼンスと聞くと、すぐに飛びついてしまう私・・・
 後で記事を読み返してみると『プレゼンス』に対して否定的な感じもしますが、実は私はツェッペリンのアルバム全てがフェイヴァリットなんですよ。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2007年01月03日 23:31


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Presence/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
[レビュー/試聴 etc.]