Search


since 2005.03.13

2010年08月12日

Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)

B000002J1LNursery Cryme
Genesis
Atlantic / Wea 1994-09-20

 初期GENESISの主要メンバー、Anthony Phillips(G.アンソニー・フィリップス)がバンドを脱退し、新たにSteve Hackett(G.スティーブ・ハケット)、Phil Collins(Dr,Voフィル・コリンズ)を迎えて制作されたGENESIS(ジェネシス)の3rdアルバム『Nursery Cryme(ナーサリー・クライム/怪奇骨董音楽箱)』(1971年)。
 中世ヨーロッパの神話や英国童謡から影響を受けたシュールな内容の不思議怪奇的な歌詞と演劇性を取り入れたPeter Gabriel(Vo.ピーター・ゲイブリエル)の画期的なヴォーカルをミュージカルのように静と動のメリハリのある楽曲とテクニカルでダイナミックな演奏に乗せ、楽曲の中でひとつの物語を創り上げて行くというGENESISならではのスタイルを生み出して、GENESISがプログレッシブ・ロック・バンドとしてロック・シーンの表舞台に躍り出た記念碑的アルバムです。


1. The Musical Box
2. For Absent Friends
3. The Return Of The Giant Hogweed
4. Seven Stones
5. Harold The Barrel
6. Harlequin
7. The Fountain Of Salmacis

Peter Gabriel - Vo.ピーター・ガブリエル
Tony Banks - Key.トニー・バンクス
Mike Rutherford - B.マイク・ラザフォード
Steve Hackett - G.スティーブ・ハケット
Phil Collins - Dr,Vo,Per.フィル・コリンズ

 この作品後の『Foxtrot(フォックストロット)』(1972年)、『Selling England By The Pound(月影の騎士)』(1973年)、『The Lamb Lies Down On Broadway(眩惑のブロードウェイ)』(1974年)と続くGENESISの傑作アルバム群に較べると、溢れ出るアイディアに表現力、演奏技術が付いていかない稚拙な部分もあり、決して全体的な完成度は高くないのにも拘らず、幻想的且つ怪奇的な楽曲の面白さやメロディー・ラインの良さに加え、自らが確立させた手法を洗練させていく以前の初期GENESISの生々しい演奏、そして未完成ゆえの儚さからか、何故か妙に愛着の湧く1枚。現在では使われなくなった邦題『怪奇骨董音楽箱』もこの時期のGENESISの音楽性、モチーフ等の特徴を良く表わしていて秀逸。

 幻想的な導入部から、時にハードに、時に美しく、ダイナミックに幻想怪奇的GENESISワールドを展開するバンドの代表作のひとつ"The Musical Box"(怪奇のオルゴール)、巨大化した肉食植物が人間を襲うというストーリーを不思議怪奇感溢れる演奏で聴かせる"The Return Of The Giant Hogweed"、"The Musical Box"と並んでGENESIS独特の音世界を色濃く、そして美しく表現した名曲"The Fountain Of Salmacis"他収録。
 アルバムのアクセント的に挿入されるアコースティックな小品"For Absent Friends"、"Harlequin"もなかなかの良作。


関連記事 - GENESIS 記事一覧


B000002J1LNursery Cryme
Genesis
Atlantic / Wea 1994-09-20


関連記事 - GENESIS 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

僕が一番好きな「月影の騎士」に較べるとaxis_009さんも書かれているように「表現力、演奏技術が付いていかない稚拙な部分もあり、」なんですが、このアルバムも捨てがたい。

>何故か妙に愛着の湧く1枚。
同感です。^^

  • Hajime
  • 2010年08月12日 22:09

個人的にはピーガブ期のジェネシスは「フォックストロット」が一番好きなんですが、これも良いアルバムですね。^^

>幻想怪奇的GENESISワールドを展開するバンドの代表作のひとつ"The Musical Box"(怪奇のオルゴール)
プログレの名曲です。

  • Bert
  • 2010年08月12日 23:37

こんにちは。
>邦題『怪奇骨董音楽箱』
これがたまらなく良いです。考えた人偉い。
でも、このタイトルを聞くとついつい「怪奇大作戦」とか「ウルトラQ」を連想してしまいます。この手の特撮番組のサブタイトルみたい。

  • Kogoro
  • 2010年08月13日 22:49

"The Musical Box"(怪奇のオルゴール)
 この曲はこの後のジェネシスの魅力が凝縮された曲だと思う。
良い曲だよね。

  • kyoko
  • 2010年08月14日 06:42

The Musical Boxは(フィル・コリンズのヴォーカルですが)「眩惑のスーパー・ライヴ」で後半部分だけは良く聞いていたんですが、前半部分も素晴らしいですねぇ。美しい曲です。

  • Coo
  • 2010年08月15日 15:21

>Hajimeさん

>>何故か妙に愛着の湧く1枚。
>同感です。^^
 演奏、アイディア、楽曲的にはこの後のアルバムの方が良い物が多いんですが、なんとなくアルバムに手が伸びてしまう、と言うか。^^♪


>Bertさん

>プログレの名曲です。
 私もそう思います。この"The Musical Box"(怪奇のオルゴール)が聴きたいが為に、このアルバムが聴きたくなる、と言ってもいいかも。でも他の曲も良いので、結局聴き始めると最後まで聴いちゃうんだけど。^^♪


>Kogoroさん

>>「怪奇大作戦」とか「ウルトラQ」を連想してしまいます。
 確かに「人を食う怪奇のオルゴール」とか特撮番組に出てきそうな素材ですね。(笑)


>kyokoさん

>この曲はこの後のジェネシスの魅力が凝縮された曲だと思う。
 ピーター・ガブリエル在籍中のジェネシスの不思議怪奇的イメージを決定付けた名曲ですね。フィル・コリンズもライヴ盤で歌ってますけど、やっぱりこの曲はピーター・ガブリエルのヴォーカルじゃないと。


>Cooさん

>美しい曲です。
 叙情的なギターが堪らなく良いんですよね。その美しいメロディーに乗せて歌われる怪奇的な内容がこの時期のジェネシスの真骨頂です。^^

  • axis_009@管理人
  • 2010年08月17日 20:58


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
[レビュー/試聴 etc.]