Search


since 2005.03.13

2010年07月03日

Minute by Minute/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)

B000002KINMinute by Minute
The Doobie Brothers
Wea Japan 1994-12-02

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


 1975年に病気のために休養したTom Johnston(vo,g.トム・ジョンストン)の代役としてTHE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)に参加し、そのまま正式メンバーとして加入したMichael McDonald(vo,key.マイケル・マクドナルド)を中心としたポップ&ソウル路線で第二期黄金時代を築いた1978年発表のTHE DOOBIE BROTHERSの大ヒット作。(グラミー賞4部門獲得)


1. Here to Love You
2. What a Fool Believes
3. Minute by Minute
4. Dependin' on You
5. Don't Stop to Watch the Wheels
6. Open Your Eyes
7. Sweet Feelin'
8. Steamer Lane Breakdown [Instrumental]
9. You Never Change
10. How Do the Fools Survive?

Michael McDonald :vo,key.マイケル・マクドナルド
Patrick Simmons :g,vo.パトリック・シモンズ
Jeff Baxter :g.ジェフ・バクスター
Tiran Porter :b.タイラン・ポーター
John Heartman :dr.ジョン・ハートマン
Keith Knudsen :dr.キース・ヌードセン

 Tom Johnstonの豪快なヴォーカルを売り物にしていた初期THE DOOBIE BROTHERSに較べると明らかにMichael McDonald(vo,key.マイケル・マクドナルド)のヴォーカル・スタイル、そして音楽性は異なっており、本作『Munute By Minute(ミニット・バイ・ミニット)』ではMichael McDonaldのソフトで繊細、且つソウルフルな歌声を生かしたAORよりのロックが展開されています。Tom Johnston在籍時の初期THE DOOBIE BROTHERSに較べるとギター中心で楽曲を創り上げてきたそれまでのサウンドから一転して、キーボードとホーン・セクションが目立つアレンジのソフトなサウンドは発売当初はファンにとっても違和感のあるサウンドでもあり賛否両論を呼びますが、あの高度な音楽性を持つSTEELY DANのツアー・メンバーにも採用されていたことからも分かるようにMichael McDonaldは演奏能力、表現力だけでなく作曲能力、音楽性なども非常に高いものを持っており、アルバム自体の完成度もこれまでの作品に決して劣るものではなく、熟成期を迎えていたバンドの演奏とMichael McDonald主導による楽曲制作でTom Johnston脱退後のニュー・ドゥービーズの音楽を完成させた名盤です。
 また、確かにMichael McDonaldの加入によりサウンドが一転した、という風にも聴けますし、明らかにMichael McDonaldの楽曲といった部分もありますが、本作収録曲の基本的な根の部分は多彩な才能を持ったメンバーの集合体であるTHE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)が元々持っていた要素のひとつであり、Michael McDonaldの加入(及び同じくSTEELY DAN人脈のJeff Baxter/g.ジェフ・バクスター)によって、バンドが前面に押し出す部分が変化した、という風にも捉える事が出来るのではないかと思います。

 本来激しいロックン・ロールが好みで自らも歌いたいといういう願望を持っていたにも拘らず、自分の声質がロックに向かないことを認識してAOR寄りのソフトな音楽を追求していったMichael McDonaldが、THE DOOBIE BROTHERSというロック・バンドに参加して、バンドをグラミー受賞まで押し上げるという大きな役割を果たしたというのは面白くもあり、興味深いところでもあります。

 メロディー、サウンド共にMichael McDonald節全開の名曲"What a Fool Believes(ある愚か者の場合)"(バンドにとって2曲目の全米1位を獲得)、都会的なアレンジで透明感あふれるサウンドを聴かせるヒット曲"Minute by Minute"、Jeff Baxterによる素晴らしいアコースティック・ギター・ソロが聴きモノの"How Do the Fools Survive?"他収録。


■関連記事→ The Captain and Me/THE DOOBIE BROTHERS



B00005OOHCグレイテスト・ヒッツ
ドゥービー・ブラザーズ
ワーナーミュージック・ジャパン 2001-10-24

B00000JZAY1970-2000/Long Train Runnin'
The Doobie Brothers
Rhino 1999-09-28

B000002KINMinute by Minute
The Doobie Brothers
Wea Japan 1994-12-02

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

マイケル・マグドナルド(ドゥービーブラザーズ)さん from 似顔絵あいりん ばいばいスモーキーブルース

マイケル・マグドナルド 70年代を代表する ドゥービーブラザーズのボーカリスト 「What A Fool Believes」 馬鹿が信じる...

comments

はじめまして

ドゥービーブラザーズ… 拝聴させていただきました


一番苦しかった時期に よくラジカセのテープを

出勤前に 聴いていました

涙がでるほど なつかしかった!!


いつか マイケル・マクドナルドの似顔絵を

ブログにアップしたいと思います


こんにちは。
僕はトム・ジョンストン中心のドゥービーもマイケル・マクドナルド加入後のアルバムもどちらも好きなんですが、このアルバムはマイケル・マクドナルド加入後ではベストですね。

>熟成期を迎えていたバンドの演奏とMichael McDonald主導による楽曲制作
 この頃がマイケルとバンドが程よいバランスを持ったピークだったかもしれませんね。次のアルバムはちょっとマイケル寄りになりすぎてしまいましたからね。

  • Bert
  • 2010年07月03日 15:05

Tom Johnstonの居た頃の「The Captain and Me」あたりも好きなんですが、この「Minute by Minute」もかなり好きなアルバムです。

>Michael McDonaldの加入(及び同じくSTEELY DAN人脈のJeff Baxter/g.ジェフ・バクスター)によって、バンドが前面に押し出す部分が変化した
 なるほど。そういう事も言えるかも。しかし、なんにしろ様々な音楽スタイルに対応できるドゥービー・ブラザースのメンバーの演奏レベルの高さは凄いですね。本当に上手いバンドです。

  • Hajime
  • 2010年07月03日 17:50

梅雨が明けた初夏、これからの季節にピッタリの音楽です。このレコードを聞くと仲間と車に乗り込んで海に向かったあの頃を思い出します。カーステでマイケル・マクドナルドとかエリック・カルメンとか山下達郎とか・・・。よく聞いてたなぁ。

  • 氷川
  • 2010年07月03日 22:18

>似顔絵あいりんさん
こんにちは。

>>涙がでるほど なつかしかった!!
 若い頃に聴いてた音楽って、今聴いても色々な情景が浮かんできますよね。良いことも悪いことも。私も色々な思い出を持つ沢山のアルバムがあります。

>>いつか マイケル・マクドナルドの似顔絵を
ブログにアップしたいと思います
 その際は是非TBをお願いします。^^♪


>Bertさん
>>この頃がマイケルとバンドが程よいバランスを持ったピークだったかもしれませんね。
 私もそう思います。次作ではバンドがマイケル・マクドナルドに寄りかかりすぎてると言うか。マイケル・マクドナルドはソロになってからも良作をいくつも発表していますが、マイケル・マクドナルド関連では、ソロも含めてこの『Minute by Minute』が1番好きなアルバムです。


>Hajimeさん
>>メンバーの演奏レベルの高さは凄いですね。本当に上手いバンドです。
 この人たちその気になれば何でも演奏できそうですもんね。その上何をやってもドゥービーならではのグルーブを持ってますし。


>氷川さん
>>このレコードを聞くと仲間と車に乗り込んで海に向かったあの頃を思い出します。
 今時レコードなんて言うと歳がばれますよ。お互い様ですけど。(笑)

>>梅雨が明けた初夏、これからの季節にピッタリの音楽です。
 良いですよねぇ。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年07月04日 10:35

管理人様 あたたかいコメントありがとうございます

ところで… 本日 マイケルマクドナルド氏の似顔絵を描き

トラックバック(上記の貼り付け)をしたのですが

うまくいきませんでした

どうしましょう…(^^;)

>似顔絵あいりんさん
TBちゃんと届いてますよ。^^
ブログの相性が悪いのかな? 私の使っているMovable Typeは相性の悪いブログ・サービスがあるみたいです。気を使わせてしまってすみません。

リクエストに応えて早速のトラック・バックありがとうございました。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年07月11日 09:46


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Minute by Minute/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)
[レビュー/試聴 etc.]