Search


since 2005.03.13

2006年09月23日

Master of Reality/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)

B00022TPT8Master of Reality
Black Sabbath
Sanctuary Midline 2004-05-24

 1970年2月13日の金曜日にデビュー以来、黒魔術をイメージしたダークでヘヴィなサウンドで一躍LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)、DEEP PURPLE(ディープ・パープル)と並ぶブリティッシュ・ハード・ロックを代表するバンドとなったBLACK SABBATH(ブラック・サバス)が1971年に発表した3rdアルバム『Master of Reality(マスター・オブ・リアリティ)』。
 デビューした時点で既にブラック・サバス・サウンドとしか良い様の無いオリジナルなサウンドを持っていたBLACK SABBATHが、まだブルース・ロック、ジャズ・ロックからの影響を残していた1st『Black Sabbath(黒い安息日)』、傑作ヘヴィ・リフの宝庫でサバス・サウンドを確立した代表曲"Paranoid"、"Iron Man"、"War Pigs "を含む2nd『Paranoid(パラノイド)』を発表した後、BLACK SABBATH史上最重量のヘヴィ・サウンドと前2作に比べ更に音楽的幅を拡げたことが分かる楽曲構成、展開で初期BLACK SABBATHの集大成的な作品となった傑作アルバムです。


1. Sweet Leaf
2. After Forever
3. Embryo [Instrumental]
4. Children of the Grave
5. Orchid [Instrumental]
6. Lord of This World
7. Solitude
8. Into the Void

Tony Iommi g.トニー・アイオミ
Ozzy Osbourne vo.オジー・オズボーン
Geezer Butler b.ギーザー・バトラー
Bill Ward d.ビル・ワード


 BLACK SABBATH(ブラック・サバス)というと、Geezer Butler(b.ギーザー・バトラー)のベースも重要な要ではありますが、なんといってもTony Iommi(g.トニー・アイオミ)のヘヴィなリフとデビュー前の一時的なJETHRO TULL(ジェスロ・タル)への参加(The Rolling Stones/ザ・ローリング・ストーンズの主催した『Rock & Roll Circus(ロックン・ロール・サーカス)』(DVD)でその頃の映像を見ることが出来ます。)からも分かるように確かなテクニックに裏打ちされたギター・ワーク、そしてTony Iommiのヘヴィー・リフに乗せて発せられる微妙な音程感で不気味な浮遊感溢れるOzzy Osbourne(vo.オジー・オズボーン)のヴォーカル。この二つの要素が合わさってブラック・サバス・サウンドを作り上げています。このアルバムが後のHR/HMシーンに与えた影響は大きく、METALLICA(メタリカ)のサウンドですらポップに思えてしまう程のヘヴィー・サウンドをこの時代に出していたというのは今聴いても衝撃的ですらあります。
*今ではヘヴィ・ロック・サウンドには当たり前になってしまったダウン・チューニングですが、Tony Iommiの欠落した指の負担の軽減のためにチューニングを下げたらこういう音になって活用し始めたのか、それとも最初からこういう音を狙って始めたのか分かりませんが、いずれにせよ強烈、且つ凶悪なサウンドです。

 パンク&ニューウェイヴの台頭などの音楽シーンの変化による人気の低下やOzzy Osbourne自身のドラッグ癖などの様々な問題からアルバム『NEVER SAY DIE(ネヴァー セイ ダイ)』(1978)を発表後、1979年にOzzy Osbourneはバンドを脱退(解雇?)。
 BLACK SABBATH(ブラック・サバス)は新たにRonnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)とともに様式美とサバス・サウンドを融合させた名盤『Heaven & Hell(ヘブン・アンド・ヘル)』(1980)を発表し、その後のBLACK SABBATHの方向性を決定付けるニュー・サバス・サウンドを確立しますが、Ronnie James Dioとの組み合わせもロニー側とサバス側との音楽的な意見の相違などから2作目『Mob Rules(悪魔の掟)』(1981)で早くも失速し、スタジオ盤2作、ライブ盤『Live Evil』を残したのみでRonnie James Dioは脱退してしまいます。
 その後は、かつてのライバルだったDEEP PURPLE人脈のIan Gillan(イアン・ギラン)、Glenn Hughes(グレン・ヒューズ、元々はTony Iommi/トニー・アイオミのソロ・アルバムになる予定だった。)、無名ながらも素晴らしい歌唱力を誇るTony Martin(vo.トニー・マーティン)等とヴォーカリストを代えながら幾つかの名曲、名盤は発表するものの人気面ではかつての輝きは取り戻せす、BLACK SABBATH脱退後もサバス時代のダークで不気味なイメージを増幅させつつサウンド自体はシンプルでキャッチーなヘヴィー・メタル・サウンドを展開、才能ある若手ギタリスト(Randy Rhoads/ランディー・ローズ、Jake E. Lee/ジェイク・E・リー etc.)を次々と発掘して1980年代のLAメタルブーム等に乗ることにも成功して永らくヘヴィメタル界の帝王として君臨することになるOzzy Osbourne(vo.オジー・オズボーン)と明暗を分ける結果となっています。
BLACK SABBATH(ブラック・サバス)は1997年にオリジナル・メンバーで再結成を果たしていますが、新作アルバムを聴くことが出来ないのは残念なところです。


B0000DII8SBlack Box: The Complete Original Black Sabbath 1970-1978
Black Sabbath
Rhino 2004-04-27

B0002XMF4OHeaven & Hell
Black Sabbath
Sanctuary Midline 2004-10-25

 Ozzy Osbourne(Vo.オジー・オズボーン)脱退後、元RAINBOW(レインボウ)のRonnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)をヴォーカルに迎え、Ronnie James Dioがバンドに持ち込んだメロディアスな様式美とBLACK SABBATH(ブラック・サバス)独特のドゥームな世界を融合させて新生BLACK SABBATHサウンドを作り上げたHMの名盤。(1980年発表)

■関連記事→ Live Evil/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
■関連記事→ TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)

■歴代ヴォーカリストの一覧はコチラの記事に掲載しています。
Live Evil/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)


B000063DFTBlizzard of Ozz
Ozzy Osbourne
Sony 2002-04-02

 1979年にBLACK SABBATH(ブラック・サバス)を脱退したOzzy Osbourne(オジー・オズボーン)が故Randy Rhoads(g.ランディー・ローズ)とともに作り上げた1stソロ・アルバム。(1980年・邦題『ブリザード・オブ・オズ - 血塗られた英雄伝説』)


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

Live Evil/BLACK SABBATH (ブラック・サバス) from OOH LA LA - my favorite songs

Live EvilBlack Sabbath [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] Ozzy Osbourne(Vo.オジー・オズボーン)脱退後、元RAINBOW(レインボウ)のRonnie James Dio(ロニー・ジェイムス・

BLACK SABBATH from Another Way to the Death Valley

風邪が長引いてしまい、悩まされたのが目眩。目眩→Vertigoという事でVertigoレーベルを代表するバンド♪写真は1stアルバム。2日とか3日でレコーディングしちゃったって本当か?FREEやZEPの1stにしてもそうだけど、やっぱりレコーディングって設備や機材より...

Black Sabbath「Master of Reality」 from Rock Junkheadz

「black sabbath」1971年発表の3rd。全Heavy Musicの礎。前作同様リフのかっこよさは抜群だが、言わば「明」も兼ね備えていた前作に比べコマーシャルな要素が若干抑え気味で、Heavyさが格段に増している。1971年とは到底思えな

Ozzy Osbourne - Blizard of Ozz from ロック好きの行き着く先は…

 MTVで見るオジー一家のドタバタ騒動はお茶の間の視聴者でも単純に楽しめるドキュメンタリーでオジーもすっかり有名になってしまったが、昔はコワイ変人でした。「コウモリを食べる人」というイメージがアタマの中に残っ

OZZY OSBOURNE YEARS from JAILBREAKER #302

無類のハードロック好きでしょうか、先日こんなのをレンタル店で発見し うきうきしな

Black Sabbath - Vol.4 from ロック好きの行き着く先は…

 ゴシック系、悪魔的呪術的サウンド、オカルトの教祖みたいな印象を世の中に売りとして知らしめた第一人者と云えばブラック・サバスという答えに誰もが納得するだろう。今聴いてみてもやっぱり不気味な進行の曲ってのが多

パラノイド/ブラック・サバス from @じゃんだらりん

録音してたテープを見つけたら、このCDを買っていた事思い出して久々に聴いた(旅行中の車内で)。36年前の作品なんで、流石に音は古臭い(あとジャケットの絵のセンスも)。でも「パラノイド」は、やはり今でも疾走感に溢れるいい曲だなと思う。自分がこのバンドを知るき

Master Of Reality (71'') / Black Sabbath from kisatonomori blog

テクニカルエクスタシーの卵のような曲たち静かな美しい曲を合間に挟んでヘヴィーさを際立たせ音の効率を上手く生かしているテクニカルエクスタシーの次に好きなアルバムにランクイン致しましたMaster Of Reality (71'') / Black Sabbath (3rd)1.Sweet Leaf2�

Black Sabbath - Master of Reality from ロック好きの行き着く先は…

1971年、本当に英国ロックは数多くの名盤を世に出している。プログレッシヴロックの始まりもあるのだが、それよりも先に成熟してきたハードロックという波の中

BlackSabbath「SweetLeaf」 from ポムブログ〜ポム・スフレの名曲大百科

オジー・オズボーンが在籍していた事で知られるブラック・サバスは、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルと共にハードロック御三家と呼ばれるバンドであり、そ...

Black Sabbath (ブラック・サバス) from ROCK LEGEND - School of Rock

Black SabbathBlack Sabbath Sanctuary Mid...

comments

いいですね〜、3rdアルバム♪
確かに書いてある通り初期BLACK SABBATHの集大成であるし、SABBATHと聞いて思い浮かべる典型(特にM4やM8のリフ)が、このアルバムだと思います。
次のVol.4から少し変わっていきますよね。
もちろん、それ以降も好きですが。

  • Michiroh
  • 2006年09月23日 11:01

セカンドのパラノイドからvo.4まではどれも名盤。中でもこのマスター・オブ・リアリティは何度聞いても飽きない傑作だと思います。最初はパラノイドとかvo.4を良く聞いていましたが、結局このアルバムが一番。ブラック・サバスと言えばこのアルバムですね。

  • yashima
  • 2006年09月23日 11:55

こんにちは〜。書き込みもらっときながら挨拶が送れてすみません。

2ndは2ndで名曲がいっぱい入ってますがこれも良いアルバムですよね〜。Sweet LeafとかChildren of the Graveは特に好きな曲です。

TBさせてもらいますね♪

  • zep
  • 2006年09月23日 12:26

 セカンドの『パラノイド』、4th『vo.4』もいずれ劣らぬ名盤ですが、yashimaさんも書かれているように私もこのアルバムが一番飽きずに聴けるので『マスター・オブ・リアリティ』を代表作として紹介してみました。
 実はトニー・マーティンの『TYR』もかなり好きなアルバムなのですが、やはりブラック・サバスの1枚という事になるとサバスを象徴する(一般的にイメージされる)サウンドとは程遠いので(同系統だと既に当ブログでも記事掲載済みのロニーの名盤『ヘブン&ヘル』もあるし、ギーザー・バトラーの不在も痛い)、今回は下の方にちょこっと書き加えることにしました。(『TYR』は一応記事としてどこかに記録しておきたい、と思うぐらいには気に入ってるんです。) ^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2006年09月23日 13:25

こんにちは。
確かにトニー・マーティンは過小評価ですよね。僕も好きなヴォーカリストです。本当に上手い人だと思うんだけど、運も向いてないですね。ブラック・サバスを離れている時に良いバンドにめぐり合えたり、良いアルバムが一枚でも出せていたら評価も違ったんでしょうね。中途半端にブラック・サバスのイメージが強いのが良く無いのかもしれません。

  • freak
  • 2006年09月25日 19:19

サバスは過小評価されてないですかねえ?

ZEPやパープルと比べると、『聞かず嫌い』の人が多いと思います。
かくいうオイラもそうでした。
でも改めて聞いてみると、前述2バンドにも決して負けてない、立派な『クラシックロック』だと思います。

多分オジーのキャラクターのせいだと思うんですが・・・。

  • バリ
  • 2006年09月30日 00:24


>freakさん
確かにソロの時期に良いアルバムが出せていたらかなり評価は違ったんでしょうね。「あのトニー・マーティンのサバス時代」みたいな感じになっていたかも。^^

>バリ さん
ゼッペリンは別格としても、欧米ではパープルより圧倒的に人気があったバンドなんですけど、日本ではイマイチですね。初期のサバスしか認めない、という人にはダメなんでしょうけど、オジー時代も最後の頃は"Hard Road"とか結構ハード・ポップな曲もやっていて、このへんの曲はハード・ロック・ファンなら誰でも馴染みやすいのではないかと思うんですけどね。
 やっぱり70年代の全盛期に来日公演を行っていない、というのが日本での人気の低さの原因かもしれませんね。

  • axis_009@管理人
  • 2006年09月30日 09:36


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Master of Reality/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
[レビュー/試聴 etc.]