Search


since 2005.03.13

2006年04月23日

Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND (ジョニー・ウインター・アンド)

B0000024X2Live Johnny Winter And
Johnny Winter
Columbia 1989-10-05

Johnny Winter [試聴]iTunes Music Store - Johnny Winter


 1969年に"100万ドルのブルースギタリスト"として鳴り物入りでデビューしたJohnny Winter(ジョニー・ウインター)が、1970年にRick Derringer(リック・デリンジャー)等と結成したバンド"JOHNNY WINTER AND"(ジョニー・ウインター・アンド)のライブ・アルバム。1曲目の"Good Morning Little Schoolgirl"からラストの"Johnny B. Goode"までハイ・テンションなプレイが満載。ノリの良いロックンロールやスロー・ブルーズで火の出るような激しいギター・プレイを繰り広げるJohnny Winterのスタイルは、その後のブルース・ロックに多大な影響を与えています。Johnny Winterの豪快に弾きまくるギター、激しく唸るようなヴォーカルを堪能出来る1枚。(1971年発表)


1.Good Morning Little Schoolgirl
2.It's My Own Fault
3.Jumpin' Jack Flash
4.Rock & Roll Medley: Great Balls of Fire/Long Tall Sally/Whole Lotta
5.Mean Town Blues
6.Johnny B. Goode

Johnny Winter :Vo,G (ジョニー・ウインター)
Rick Derringer :Vo,G (リック・デリンジャー)
Randy Hobbs :Vo,B (ランディ・ジョー・ボブス)
Bobby Caldwell :Dr (ボビー・コールドウェル)

 鳴り物入りでデビューしたものの1stアルバム『Johnny Winter』(1969年)、2ndアルバム『Second Winter』(1970年・1stに較べると若干ロック寄り)が純粋なブルーズ・アルバムであり過ぎた為、地味な印象が強く、売れ行きは低迷。ブルースだけでは売れないと判断したマネージメント・サイドの思惑により、ロック・スタイルの演奏をする為に新たにJohnny Winter(ジョニー・ウインター)はRick Derringer(リック・デリンジャー)率いる"The McCoys"(ザ・マッコイズ)と組み、"JOHNNY WINTER AND"(ジョニー・ウインター・アンド)を結成。Rick Derringerのプロディースによってロック色が強くなったJohnny Winterとしては3作目となる『Johnny Winter, And』(1971年)を経て、1971年のライヴを収録して発表したのが本作『Live Johnny Winter And』です。
 Rick Derringer(リック・デリンジャー)の起用はロック・スタイルの演奏にJohnny Winter(ジョニー・ウインター)のギター&ヴォーカルを載せるという意味では非常に相性が良く大成功。ギター・プレイについても、"ある時はJohnny Winterのバッキングに徹し、ある時はJohnny Winterと対等にギター・ソロを弾いて演奏を盛り上げる"というJohnny Winterの最高のサポート役を演じ、本作を名盤に仕上げることに多大な貢献をしています。また、この時期はRick Derringerがバンドの音楽性の主導権を握っている部分も多く、商業音楽的な部分での成功はRick Derringerによるところが大きいと思われ、Rick Derringer自身のキャリアにおいても、この頃が一番良い仕事をしていた時期では無いかと思います。
 しかし、ロック・スタイルへの変貌によってJohnny Winter(ジョニー・ウインター)はセールス的にも成功することになりますが、この演奏スタイルはJohnny Winter自身のロックとブルースの間での葛藤を生み、そしてロック・ビジネスの世界での心労などの精神的ストレスからJohnny Winterはドラッグ中毒へと陥り、この後暫く音楽シーンから遠のいていく事になります。


Derringer Live (1977年)

B00065TZRIDerringer Live
Rick Derringer
Wounded Bird 2004-11-02

 Rick Derringer(G.リック・デリンジャー)の最高傑作。疾走するツイン・ギター(G.Danny Johnson/ダニー・ジョンソン)、豪快で力任せなハード・ロック・ギター、ポップで豪快、且つ明快なハード・ロック・ナンバー。Rick Derringerの魅力が詰まった暴走ライブ・アルバム。
 その時期、状況によりギター・スタイル&音楽性が変わり、よく言えば"器用貧乏"、悪く言えば"中途半端"な事から、ロック史においても良い評価されることが少ないRick Derringerの唯一自信を持ってお勧めできるアルバムです。


関連記事 - Captured Live!/JOHNNY WINTER


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

JOHNNY WINTER from Another Way to Death Valley

「$1,000,000のギタリスト」JOHNNY WINTER。ブルーズ・ギタリストとして認知されてるんだけど、デビューから数枚のアルバムでは、意外とロックンロールっぽい感じ。70年代中期は、ほとんどハード・ロックと言ってもいいスタイルで、ライヴ盤や「Still Alive And Well」な..

Johnny Winter - And Live from ロック好きの行き着く先は…

 どうにもブルースギターヒーローシリーズから抜け出せないでいるんですが、伝説の100万ドルの男、ジョニー・ウィンターにハマってみました。ちょっと前に新作をリリースしている

Rick Derringer from 美響乱

Rick Derringerというと単な

100万ドルのブルースギターリスト ジョニーウィンターさん from 美香の日記

今日は、100万ドルのブルースギターリスト、ジョニー・ウィンターさんです。この100万ドルというのは、当時専属のスタジオに雇われた時の契約金らしいです。凄いネ。外観とは裏腹に少しドラ声のボーカルでそのギター

100万ドルのブルーズ・ギタリスト from ROCK ANTHOLOGY BLOG

●ジョニー・ウィンター(Johnny Winter) ●1944年2月23日生まれ アメリカ出身 一旦スイッチが入ると火の玉が出そうな程の熱いフレ...

JUMPIN' JACK FLASH/JOHNNY WINTER AND from ダイヤモンド☆ロックス

風邪をひいて喉が痛くて声がでない。 でも無理して絞りだすしゃがれた声がブルースマンみたいでちょっと気に入っている。 そんな訳で、いつもよりちょっとだけ渋いロックン・ロールが聞きたくなった。 LIVE/JOHNNY WINTER AND このジャンピン・ジャック・フラッシュが相当かっこいい。 世界でも5本の指に入るジャンピン・ジャック・フラッシュだね。 YouTubeでジョニー・ウインターのJJFを見ることが出来るんだけど、白いファイヤーバードを指で掻き鳴らしながら歌う姿がスゲーかっこいい。

Johnny Winter Live '75 from Hiddy's

1975年のジョニー・ウインターのライブ音源をゲットしました。超カッコいい!!ゴイスです。頭がクラクラしてきます。 75年というとオフィシャルのライ...

comments

久しぶりにロック・アルバムの記事で嬉しいです!
あ、TBさせてもらいました。

  • Michiroh
  • 2006年04月23日 13:48

お〜、いいねぇ〜
でもさ、ファンからするとやっぱブルースだけのジョニーよりもロックンロールしているジョニーの方がかっちょいいんだよね。たまにブルースばっかりのとかリリースするとか上手くできればよかったんだろうけど…、この辺は難しかったんだろうか。しかしこのライブアルバムはどちらも最高にロックしている!いいね!

  • フレ
  • 2006年04月23日 20:03

懐かしいなぁ!
エドガーウインターは今でも時々聞いていました。この2枚も好きですが、奥の方に入っちゃってるなぁ。今の遠征終わって仙台に帰ったら聞きます。存在を思い出させて頂いて、感謝です!

  • yamashina@仙台
  • 2006年04月23日 21:09

>Michirohさん、フレさん
最近このアルバムをよく聴いてるんですよ。実は昔聴いてた頃は私もハード・ロック少年だったもので、「Live Johnny Winter And」から入ったんですが、自分の耳が肥えて音楽を聴く幅が広がるにつ「Captured Live!」の方が良くなって行くという経緯を経て、またこっちに戻ちゃった、という感じです。でも、どちらも好きなライブ盤なんですけどね。

>yamashina@仙台さん
私の記事がJohnny Winterを思い出す切っ掛けとなってもらえたのなら嬉しい限りです。(^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2006年04月23日 22:13

このライブ、良いですね。未だに愛聴盤です。
僕にとってはクラプトンやジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3大ギタリストより、断然ジョニー・ウインターです。

  • freak
  • 2006年04月25日 18:36

ジョニー・ウインターのギター、昔から好きなんですよ。本人がどうあれ、ロック時代の豪快に爆進するサウンドが一番良いですね。

*リック・デリンジャーも確かにこの時期が一番良いかもしれません。紹介されているデリンジャーのライブも好きです。

  • TOKU
  • 2006年04月29日 13:36

初めまして。
自分のスタイルとセールスとの間での葛藤…。
辛いところですよね。

でも、ジョニー・ウィンターには、申し訳ないのですが、やっぱりこのアルバムは最高!で、私は大好きです。

TBさせていただこうと思いましたが、失敗したようです。
また、遊びに来させていただきます。

  • 波野井露楠
  • 2006年06月10日 14:44

このアルバム大好きです。ジョニーはもちろん。バックのメンバーも全力投球なところがいいですね。

 リック・デリンジャーが全盛期の頃、高校生だった僕は、ウィンターファミリーのLPを買いまくって聴き、ギターコピーしていました。50歳を超えた今でも、大好きです。ジョニー・ウィンター・アンドのアルバムに、ヒアアイアムって曲がありますが、渋くて良いですよ~。リックが、カーマインアピスウィズフレンズやエドガー・ウィンターと来日したとき、名古屋でのライブに行きました。最高でした。熱かったです。リックのギターは素晴らしい。現在のリックも超ヘビーな音で演奏しているので嬉しいです。それから、エドガー・ウィンターのサムワンテイクスマイハートアウェイのボーカルと楽曲の良さは、是非みなさん聴いて欲しいと思います。

  • ダーリン・ローズ
  • 2011年08月05日 09:19


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND (ジョニー・ウインター・アンド)
[レビュー/試聴 etc.]