Search


since 2005.03.13

2005年03月13日

Live January 1973/URIAH HEEP (ユーライア・ヒープ)

B0002ADY2OLive '73
Uriah Heep
Sanctuary 2004-10-18


 1973年発表のURIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)通算6枚目にして初のライヴ・アルバム。収録曲もほぼベストアルバム的な選曲です。

1.Introduction
2.Sunrise
3.Sweet Lorraine
4.Traveller in Time
5.Easy Livin'
6.July Morning
7.Tears in My Eyes
8.Gypsy
9.Circle of Hands
10.Look at Yourself
11.Magician's Birthday
12.Love Machine
13.Rock'n Roll Medley : Roll Over Beethoven-Blue Suede Shoes-Mean Woman Blues-Hound Dog-At The Hop-Whole Lotta Shakin' Goin' On-Blue Suede Shoes

David Byron (lead vocals) - デヴィッド・バイロン
Mick Box (lead guitar & vocals) - ミック・ボックス
Ken Hensley (organ, slide & vocals) - ケン・ヘンズレー
Gary Thain (bass & vocals) - ゲイリー・セイン
Lee Kerslake (drums & vocals) - リー・カースレイク

Uriah Heep.jpg URIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)人気絶頂時のライブのため演奏も絶好調。ただ、緻密なコーラスワークを誇るスタジオ録音のアルバムと比べるとどうしてもあらが目立ちますが、それを差し引いても余りある勢いのあるステージで(かなりダビング等の編集は施されていると思いますが)、スタジオ録音のアルバムとはまた違ったURIAH HEEPの魅力を発見できます。当時はLP2枚組みで発売されていましたが、現在はCD1枚で13.Rock'n Roll Medleyがカットされているものや、1.Introductionのクレジットが入って無いもの、2枚組みの完全版など国内盤、外盤で何種類か出ているようです。

 URIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)はMick Box(G.ミック・ボックス)とDavid Byron(Vo.デビッド・バイロン)がいたSPICEKen Hensley(Key.ケン・ヘンズレー)が参加する形で1969年から1970年にかけて結成。代表曲である"Look At Yourself"、"July Morning"を含む3thアルバム『LOOK AT YOURSELF』でその人気を確実なものとします。

Uriah Heep.jpg URIAH HEEPのバンド・サウンドの特徴は、華麗な旋律と荒れ狂うハモンドオルガンKen Hensley(ケン・ヘンズレー)、迫力あるハイトーン・ヴォーカルDavid Byron(デヴィッド・バイロン、個人的にはIan Gillan/イアン・ギラン/DEEP PURPLE/ディープ・パープル)に負けずとも劣らない、否、David Byronのほうが艶といった意味では上か、と思ってるんですが...。)、特徴あるギターサウンド(Michael Schenker/マイケル・シェンカーでおなじみのクライベイビーを使った中音域を強調した独特なサウンド)で印象的なフレーズを弾くMick Box(ミック・ボックス)、そして聴く者をURIAH HEEPの世界にいざなう緻密なコーラス・ワークだと思います。また、この当時在籍したGary Thain(B.ゲイリー・セイン)の歌うようなベースラインも特筆もの。緻密に計算されたサウンドとエキサイティングなサウンド、激しさが同居した、(ギターヒーローのいないバンドなので、日本ではあまり人気の出にくいスタイルなのですが)ブルースの影響下にある他のバンドとは違い、独特なヨーロッパ的なハード・ロックを展開するバンドです。
 このアルバムはライブ盤ということもあり、そのURIAH HEEPのハード・ロック・バンドとしてのハードな部分が強調されたアルバムです。

Mick Box(ミック・ボックス)のギタープレイについては、派手さがなく前述したようにギター・ヒーロー的なイメージも皆無だったので、私も初めてURIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)を聴いた時はギタリストとしてのMick Boxという意味ではあまり華も無く興味をもてませんでした。しかし、URIAH HEEPを聴きこんでいくと、これはこれでバンドに合った、楽曲を惹き立てる効果的なギター・フレーズを沢山弾いていて、それまでギタリストというと華麗な早弾き等ばかりに注目していた私に「こういうギターの弾き方もあるんだなぁ」と気付かせてくれたギタリストでもあります。


Look At Yourself [Deluxe Edition]
Uriah Heep

Demons and Wizards [UK Bonus Tracks] Magician's Birthday [Bonus Tracks] Return to Fantasy [Bonus Tracks] Fallen Angel [UK Expanded Deluxe Edition] Uriah Heep Live [Bonus Tracks]
ジプシー ライブ・アット・ロンドンズ・カムデン・パレス 1985
ユーライア・ヒープ

[URIAH HEEP DISCOGRAPHY]
STUDIO:
VERY 'EAVY ... VERY 'UMBLE 1970
SALISBURY 1971
LOOK AT YOURSELF 1971
DEMONS AND WIZARDS 1972
THE MAGICIAN'S BIRTHDAY 1972
SWEET FREEDOM 1973
WONDERWORLD 1974
RETURN TO FANTASY 1975
HIGH AND MIGHTY 1976
FIREFLY 1977
INNOCENT VICTIM 1977
FALLEN ANGEL 1978
CONQUEST 1980
ABOMINOG 1982
HEAD FIRST 1983
EQUATOR 1985
RAGING SILENCE 1989
DIFFERENT WORLD 1991
SEA OF LIGHT 1995
SONIC ORIGAMI 1998

LIVE:
URIAH HEEP LIVE 1973
LIVE ON THE KING BISCUIT FLOWER HOUR 1974
LIVE AT SHEPPERTON '74 1974
LIVE IN EUROPE 1979 1979
LIVE IN MOSCOW 1988
SPELLBINDER LIVE 1996
FUTURE ECHOES OF THE PAST 2000
ACOUSTICALLY DRIVEN 2001
ELECTRICALLY DRIVEN 2001
THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY 2002
LIVE IN THE USA 2003
MAGIC NIGHT 2004

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

Uriah Heep 『Look At Yourself』(’71) from HR/HMをいい音で聴こう@WebryBlog

ユーライア・ヒープ 『対自核』<Review> 分厚いハーモニー、ケン・ヘンズレーの重厚なハモンドオルガンが特徴の彼らの3rdにして最高傑作。 タイトルトラック「Look At Yourself」でのハモンドのリフは、一度聴いたら忘れられない名フレーズ。歪んだオルガンによ

Demons & Wizards from Blue by Blue

70年代前半に Zep,Deep Purple などとともに UK ハードロックを代表するバンドの1つだったユーライアヒープ。その彼等の最高傑作と評価の高い 1972年にリリースされた4作目の Demons & Wizards (邦題:悪魔と魔法使い)。その当時ハードロックバンドと言うと決まってヒー�

対自核(ユーライア・ヒープ) from WORLD CLIQUE

 最近、仕事帰りにゲーセンに行って、麻雀格闘倶楽部をするのがほぼ常習化しています。千円で結構楽しめるのがうれしい。若者ばかりだとひくんでしょうが、いい年したおっさんが多いのも良い。しかし、百虎三段からなかなか上がりません。今日現在、四神指数は767.2(�

[70s Rock Album]Live January 1973/URIAH HEEP from The Song Remains The Same

LiveUriah Heep この記事は[FC2 Blog][http://rollingstone.blog12.fc2.com/:title=OOH LA LA-my favorite songs]からの転載です。|ユーライア・ヒープ通算6枚目にして初のライヴ・アルバム。収録曲もほぼベストアルバム的な選曲です。 1.Introduction 2.Sunrise 3.Sweet

対自核 〜ユーライア・ヒープ(Uriah Heep)〜 II from Eurock(ユーロック)

Υ????ä餵???μζ?????Υ????????????????ĥå??Τä??Ū?????????θ??ΰ????ΤΤä??Τ???????????????????ĥå??????????åΤ褦??İΤ?????Τ???礦?????Τ?¿Τ???ãĤ??ä?Τ?õ???ä?С???Ф??WHAM??Ρ???Careless Whisper????????С?????ä?褦???

URIAH HEEP 35years in ROCK!! from メタルとまたたび

オススメ第4弾。先日のANTHEM@BOXX公演にて、開演前BGMで流れていたURIAH HEEPのWOMAN OF THE NIGHT、すぐに思い出せなかったなんてアタシのバカバカバカ!!{/goo/}{/goo/}{/goo/}この曲収録の78年FALLEN ANGELアルバム、もちもちで大好きなJOHN LAWTON時代の作品です。ポ

Uriah Heep - Demons & Wizards from ロック好きの行き着く先は…

 美しき英国産ハードロックバンドのひとつにはもちろんユーライア・ヒープも登場すべきだろう。名作と呼ばれる作品がいくつかリリースされているんだけど、個人的に好きなのは「De

Uriah Heep - Salisbury from ロック好きの行き着く先は…

ユーライア・ヒープの知名度というとどうしても他の英国のロックバンドと比べると劣ってしまうイメージがあるのだが、目立ったスターが在籍していないことが要因なのか、

Uriah Heep /Demons and Wizards -- Fallien Angel & Member List from kisatonomori blog

Uriah HeepのThe Wizardが何故か途中から脳内で Rolling Stonesの Angie になってしまう Uriah H...

comments

こんばんは。
お詳しいですねー。
このライブは知りませんでした。恥ずかしながら...。
早速聴いてみます。

  • tinbox
  • 2005年07月17日 19:41

ユーライア・ヒープ、懐かしいですね。私も好きでした。特にデヴィッド・バイロンのヴォーカルは良かったですね。axis_009さんに同感で、イアン・ギランよりデヴィッド・バイロンの方が色気があったと思います。上手いヴォーカリストだったのに消えてしまったのは残念でした。

  • ユーライア・ヒープ
  • 2005年08月31日 15:16

ユーライア・ヒープってロックしてますねぇ。
ユーライア・ヒープは「7月の朝」「対自核」ぐらいしか聴いた事が無くて、いい曲だけど(特に「7月の朝」)自分の好みではないなぁ、と思っていました。でも、こちらのブログからリンクされているアマゾンの試聴サンプルで「Live January 1973」を聞くとイメージが一転しました。ロックン・ロールしてるバンドなんですね。ちょっとこれは気に入ってしまいました。これまで聴いていなかったのが悔やまれるほどです。

  • TOM
  • 2005年09月13日 13:42


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Live January 1973/URIAH HEEP (ユーライア・ヒープ)
[レビュー/試聴 etc.]