Search


since 2005.03.13

2005年04月06日

Live Bootleg/AEROSMITH (エアロスミス)


Live Bootleg
Aerosmith
Draw the Line Get Your Wings Aerosmith Rocks

 ライブ・バンドとしてのAEROSMITH(エアロスミス)の魅力すべてを凝縮して2枚組のアルバム(CDでは1枚)に収めたライブ盤。(1978年
 演奏自体はかなりラフなのにもかかわらず、それすらも魅力に変えてしまうほどの圧倒的に勢いのあるライブ・パフォーマンス。70年代ハード・ロックを代表する名作ライブ盤です。

1.Back in the Saddle
2.Sweet Emotion
3.Lord of the Thighs
4.Toys in the Attic
5.Last Child
6.Come Together
7.Walk This Way
8.Sick as a Dog
9.Dream On
10.Chip Away the Stone
11.Sight for Sore Eyes
12.Mama Kin
13.S.O.S. (Too Bad)
14.I Ain't Got You
15.Mother Popcorn
16.Train Kept A Rollin'/Strangers in the Night

Steven Tyler :Vocal (スティーブン・タイラー)
Joe Perry :Guitar (ジョー・ペリー)
Tom Hamilton :Bass (トム・ハミルトン)
Brad Whitford :Guitar (ブラッド・ウイットフォード)
Joey Kramer :Drums (ジョーイ・クレイマー)

aerosmith.jpg AEROSMITH(エアロスミス)は1973年に『Aerosmith』でデビュー。THE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ)、YARDBIRDS(ヤードバーズ)、LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)やR&B、ブルーズなどから影響を受けたそのバンド・スタイルは地元ボストンでは好評を持って迎えられたものの、ボストン以外ではバンド・フォーマットが同じであることもあって、THE ROLLING STONESのコピー、などと批判されることも多かったようです。
 その後、THE KINKS(キンクス)、MOTT THE HOOPLE(モット・ザ・フープル)、THE MAHAVISHNU ORCHESTRA(マハビシュヌ・オーケストラ)、そして2作目『Get Your Wings』(1974年)発売時にはDEEP PURPLEディープ・パープル)、BLACK SABBATHブラック・サバス)などの前座として精力的にツアーを行いチャートでは低迷するものの着実に人気、実力ともにステップ・アップし、遂に3作目『Toys in the Attic』(1975年)で全米チャート11位を記録、1976年には1作目発売時にボストンでのローカル・ヒットに終わっていたシングル"Dream On"を再リリース、全米チャート6位まであがる大ヒットによりAEROSMITH(エアロスミス)の名前は全米で認知されることになります。そして1976年、AEROSMITH初期の代表作として上げられることの多い『Rocks(ロックス)』を発売。発売に伴うツアーも大成功で、『Rocks』は全米3位を記録しゴールド・ディスクを獲得。AEROSMITHは一躍トップ・グループの仲間入りを果たし、その人気を確実なものとし、『Draw the Line』(1978年)発表後は全米のスタジアム、アリーナ・クラスを廻るツアーを行い、35万人を集めた"California Jam(カリフォルニア・ジャム)"でトリを務め、AEROSMITHの人気はピークを迎えます。*この時の模様は『Live Bootleg』(1978年)に収録。

 しかし次作『Night in the Ruts』(1979年)製作中にバンド内の不和などが原因でJoe Perry(G.ジョー・ペリー)が脱退、その後81年にはBrad Whitford(G.ブラッド・ウィットフォード)も脱退、バンドはJimmy Crespo(G.ジミー・クレスポ)、Rick Dufay(G.リック・デュフェイ)をそれぞれの後任に迎え『Rock in a Hard Place』(1982年)を発表するものの、良い曲はありながらもバンドの勢いは既に失われており、ドラック依存のバンド体質、Steven Tyler(Vo.スティーブン・タイラー)のオートバイ事故等によりバンドは休止状態、存続の危機を迎えます。
 一方、Joe Perryも"Joe Perry Project(ジョー・ペリー・プロジェクト)としてアルバムを3枚発売しますが、1作目の『Let the Music Do the Talking(熱く語れ!)』はまずまずの成績を収めるものの、2作目『I've Got the Rock'n'Rolls Again』、3作目『Once a Rocker, Always a Rocker』はセールス的には振るわず低迷、Brad WhitfordDerek ST. Holmes (デレク・セント・ホルムス)とデビュー作『Whitford/Holmes(ウィットフォード/ホルムス)』を発表後自然消滅。

 ところが1984年、Brad Whitford(ブラッド・ウイットフォード)がJoe Perry Project(ジョー・ペリー・プロジェクト)に参加したところから話は一転、2人はAEROSMITH(エアロスミス)のメンバーと再会し、Joe Perry、Brad WhitfordのAEROSMITHへの復帰が決定します。バンドはレコード契約の無いままツアー活動を再開し、1985年にゲフィンと契約、復帰作『Done with Mirrors』を発表。1986年にはSteven Tyler(スティーブン・タイラー)とJoe Perry(G.ジョー・ペリー)がRUN D.M.Cによる"Walk This Way"のラップ・ヴァージョンに参加。この曲のヒットによりAEROSMITHは新たな若い世代にその存在を知らしめ浮上のきっかけを掴み、バンド自身も以前のようなドラッグ渦から手を切ることを決意します。
 その後クリーンになったAEROSMITHは1987年の『Permanent Vacation』、110週にわたってチャート・インして500万枚以上のセールスを上げたロング・セラー・アルバム『Pump』、AEROSMITHが初めて全米チャート首位を獲得した『Get a Grip』(1993年)を経て、遂には1970年代以上の人気、セールスを誇るバンドへと復活を遂げました。
 その後も『Nine Lives』(1997年)、1998年には映画「アルマゲドン」のサウンド・トラックからシングル・カットされた"Don't Want To Miss a Thing"が全米チャート1位を獲得、AEROSMITHの25年間の歴史を詰めこんだライブ・アルバム『A Little South of Sanity』(1998年)、『Just Push Play』(2001年)、『Honkin on Bobo』(2004年)など、良質のアルバムを発表し続けています。 

aerosmith%201.jpg AEROSMITH(エアロスミス)の演奏はテクニック的にはそんなに高度なことはしていないんですが、実際コピーしてバンドでやってみると、なかなかあのノリがでない、というAEROSMITHならではのリズム感覚を持ったバンドです。普通のロック・バンドだとドラムとベースのリズム・セクションがバンドを牽引するのですが、特に当時はJoe Perry(G.ジョー・ペリー)の刻むリフがバンドを引っ張り、バンドがジョーについて行くというようなところがあり、AEROSMITHの独特なノリはJoe Perryに因るところが大きかったのかもしれません。
*15曲目と16曲目の間に、クレジットには記載されていないのですが「Draw the line」が入っています。当時の海賊盤は表記ミスが多かったので(今でも?)、そんなことまでパロディにしてたんでしょうね。

 70年代後半、KISSキッス)、QUEENクイーン)、Cheap Trickチープ・トリック)とともに日本で非常に人気のあったバンドですし、当時ロックを聴いていた現在30代後半から40代以上の方にとっては必ず通る道、そして思い入れのあるバンドだと思います。
(最近は"Don't Want To Miss a Thing(ミス・ア・シング)"以降のファンの方も多いでしょうね)


A Little South Of Sanity

A Little South Of Sanity [2-CD SET]
Aerosmith


A Little South of Sanity [試聴]iTunes Music Store


 1998年発表のライブ・アルバム。AEROSMITH(エアロスミス)の25年間の歴史が詰まったようなアルバムです。ほぼベスト・アルバム的な選曲で、ヒット曲、名曲の数々が収録されています。テンションの高さ、という意味では上記『Live Bootleg(ライブ・ブートレッグ)』ですが、このアルバムでは完成された貫禄すら感じさせる演奏が聴けます。

Ultimate Aerosmith Hits

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
AEROSMITH


 2002年発表、AEROSMITH(エアロスミス)のオール・タイム・ベスト盤。このアルバムに関しては輸入盤より、4曲のボーナス・トラックが含まれているため国内盤(ちょっと高いですが)がお勧めです。特に"Train Kept A Rollin'"、"Toys In The Attic"(何故ボーナス扱いなのか?)は外せません。


Universal Masters Collection: Aerosmith [試聴]iTunes Music Store "Universal Masters Collection: Aerosmith"

[AEROSMITH DISCOGRAPHY]
1973 Aerosmith
1974 Get Your Wings
1975 Toys in the Attic
1976 Rocks
1977 Draw the Line
1978 Live Bootleg
1979 Night in the Ruts
1982 Rock in a Hard Place
1985 Done with Mirrors
1987 Permanent Vacation
1989 Pump
1993 Get a Grip
1997 Nine Lives
1998 A Little South of Sanity
2001 Just Push Play
2004 Honkin on Bobo
*ベスト盤、ボックスセット除く


[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]
KISS "ALIVE 2"(1977) →関連記事


ALIVE 2 (REMASTERED)
Kiss
Alive (Rmst) Love Gun (Rmst) Alive 3 Dynasty Dressed to Kill (Rmst)


QUEEN "Live Killers"(1979) →関連記事

Live Killers
Queen
Live Magic Live at Wembley '86 [2003] Flash Gordon (Soundtrack) Jazz The Works [Bonus Tracks]

Cheap Trick "at Budokan:The Complete Concert "(1998) →関連記事
Cheap Trick At Budokan: The Complete Concert
Cheap Trick
Epic/Legacy 1998-04-28




 1977年発表のCheap Trick(チープ・トリック)『at 武道館』と後日発売された『at 武道館 2』(1993)をあわせてセットリスト通りに並び替えた編集盤です。私は以前『at 武道館 2』が出たときに曲順などを調べて自分でもMDに録音してました。

Cheap Trick "in Color"(1977)→関連記事


In Color
Cheap Trick
Heaven Tonight Cheap Trick [1977] Dream Police Lap of Luxury All Shook Up

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

GET A GRIP(AEROSMITH) from 好きなものは好き!

TITLE: GET A GRIP(AEROSMITH) URL: http://haem3.seesaa.net/article/2238311.html IP: 59.106.28.133 BLOG NAME: 好きなものは好き! DATE: 04/08/2005 08:04:21

えあろ from &T TEXT

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツCDショップの割引券がたまっていたので使って買っちゃった…(*´-`)欲しかったんですねん。2枚組のエアロのベストなら買って損はないぜ!まぁなんだね...

アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ(AEROSMITH) from 好きなものは好き!

今日は、エアロスミスの「アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ」を紹介したいと思います。 1973年のデビューアルバム「野獣生誕(Aerosmith)」からスパイダーマンのテーマ曲まで 30年にもわたった究極のエアロスミスのベストアルバムである。 本当に、このオジサンたちは

TOYS IN THE ATTIC / AEROSMITH (1975) from Hands Of Time

 私が初期のAEROSMITHのアルバムの中で一番推すのが本作。 売れ行き、注目度などから次作「ROCKS」を推すのが最も一般的なのですが、 曲の充実度、聴きやすさは本作の方が断然上です。  アップテンポに迫る「Toys In The Attic」、 ほのぼのしたロックに、幼児虐待をテー

SWEET EMOTION from みゅーじっくじゃんきぃ

今回は70年代の古いアルバムを。エアロスミスの3rdです。エアロスミスの70年代の傑作と言えば、「ROCKS」を挙げる人も多いですが、ぽげむたはこっちですね。もちろん、「ROCKS」も名盤ですけどね。このアルバムは1曲目の「TOYS IN THE ATTIC」から飛ば

エアロスミスを聞く from 心のままに〜コロコロココロ〜

私は今、エアロスミスを聞いています☆洋楽は聞かないほうなんですけどね。なんか父親の言動に腹が立って②仕方が無くって。居間にいると顔を見る事になってしまうから部屋にこもって大音量で聞いてます。Jadedがスッキリに効いたかな?夜に布団に入ったっきりついさっ

Rocks from Blue by Blue

初期のエアロスミスを代表すると言われる 1976年にリリースされた彼等4作目の Rocks。昔のエアロというと「Walk this way」が有名だけど、このアルバムの大ヒットによって、1つ前のアルバムからシングルカットされた「Walk this way」が再ヒットしたということだ。

Aerosmith - Get A Grip from Metal Garage

こんなオッサンになれたらいいのにと思う。このオッサン達のアルバムは安心して聴ける。去年はドームとロックオデッセイと2回観られた。また観に行こうよ。

Honkin' On Bobo/Aerosmith from 山田さんの好きなもの!

タ??G?A?????uRocks?v??uToys in The Attic?v??????D????B「Draw The Line」から後はあまり聞いていないです。でも、昨年の3月に発売されたこのアルバム、最高です!エアロ流のブルースとでもいうんでしょうか。特に日本のCMでも使用されて

俺のお薦めロックアルバムVol.9 from iN-phase,Horyの部屋

今回は大御所AEROSMITHから。70年代からKISSやQUEENと共に、ロックの一時代を築き、頂点を極めたが、その後、低迷。スティーブン曰く”死のうと思ったこともある、、”というよな時代を経て、80年代半ばにPermanent ...

Nine Lives / AEROSMITH from 三度の飯よりロックを聴け!

評価:★★★★☆ 01.Nine Lives 02.Falling In Love (Is Hard On The Knees) 03.Hole In My Soul 04.Taste Of India 05.Full Circle 06.Something's Gotta Give 07.Ain't That A Bitch 08.The Farm 09.Crash 10.Kiss Your Past Goodbye 11.Pink 12.Attitude Adjustment 13.

ウッドストック'94 from iN-phase,Horyの部屋

先日のモスクワピースミュージックフェスティバルとモンスターズオブロック'91に続き、本日取り上げるのは"ウッド・ストック'94"。1969年、94年、99年と3度にわたって開催された伝説的音楽イベント“ウッド・ストック...

VOL.17-2 初めてのCD大人買い〜Aerosmith(エアロスミス) from 洋楽フリークス

さて、最近私も大人になり(最近とちゃうやろ!)CDの大人買い(一気に10枚程度以上のCDを購入すること)も板についてきましたが、今から十数年前の高校1年生だったお正月に初体験をしました。

Aerosmith「Aerosmith」 from Rock Junkheadz

「aerosmith」1973年発表の1st。恐らくSteven(Vo)の口のデカさと?「Walkin' the Dog」のカバーが最大の要因なんだろう。Rolling Stonesの物真似とまで言われ非難を浴びた記念すべきデビュー作。確かに似

「冬休みの宿題(1)『ROCK A TO Z』のA」 エアロスミス/野獣生誕[エアロスミスⅠ] from 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~

 明日から3学期!  という訳で、今日は、朝から気合いを入れ直して過ごしました(^^)。

Aerosmith - Toys In The Attic from ロック好きの行き着く先は…

キッスが出ればやっぱりエアロスミスも出さないとね。キッスが商売をしっかり考えて世に出てきたことに対しボストンの田舎町から苦労を重ねてライブを繰り返しながら徐々に

あの頃熱かった私(爆)AEROSMITH ”ROCKS” from Iron Rosary

AEROSMITH "Rocks"1976年 髪型まねてました。 スカーフ一杯腰につけてました。 ピチピチでレオタード風...

ROCKS/AEROSMITH from 唐茄子はカボチャ

RocksAerosmithSony Mid-Priceこのアイテムの詳細を見る エアロスミスといえばこのアルバムでしょうと言っておけば、お!わかってる...

comments

こんにちわ。むむ〜(汗)エアロスミスにサンタナのきましたか。私も自分のプログに書く予定のア−チスト、バンドです。
たしかに私もチ−プトリック、KISS、クイ−ン、エアロスミスは通りました。中でも私にはエアロスミスは特別ですね。バンドでもレパ−トリ−にとりあげてましたね。。「ママキン」「トレインキャアプトアロ−リン」「ドリ−ム オン」「ウォ−クディスウェイ」などなど。去年はブル−スアルバムまでだして。
エアルスミスの日本来日公演も見ましたが、コメ粒でした(泣)
スティ−ブンタイラ−のVOは上手すぎです。ジョ−ペリ−のギタ−にリズム最高!曲にも駄作てのが無い。(ジョ−ペリ−がいない頃のアルバム以外は全部揃えてます)私にとって最高にはまった(まだはまっている)ハ−ドロックバンドです。ちなみにリブタイラ−はかわいいです。ひさびさにエアロのビデオを見ようっと(笑)

  • Smoky
  • 2005年04月06日 21:07


Axisさん、こんばんは。
ついに初のカキコをさせて頂いております!!
私は80sから洋楽を聴きだしたので、↑みなさんのようにママキンなどをOnTimeで聴いてないのですが、それでもやっぱりカッコよさは今と変わらないですね!
私自身がもっとも聴いていたのは、Permanent VacationやBigOnesの辺り、あとWalk this wayがRunDMCで返り咲いたころです。
ですので、Ultimate Aerosmith Hitsでいうと1枚目後半から2枚目前半が好きです。
最近になって商業的になってしまったのかと思ったときもありましたが
やっぱりどれをとってもエアロらしいなと思えます。
またスティーブンを見てると、私もあんなふうにいつまでもはじけた大人になりたい(十分いまも大人だけど)と思ってしまいます。 つづく↓

去年のライブでは、往年ファンと思われる40代くらいの人たちも一杯いて、しかもこぶしの振り方でかなり詳しく聴きこんでるのがわかるくらいだったのですごく楽しかったです。(やっぱりライブは大ファンと思われる人が集まれば集まるほど楽しくなりますよねー)
Queenのトラックバックをありがとうございました!
私も次回は何かトラックバックしてみたいと思いますのでまたどうぞよろしくお願いします。
&記事も楽しみにしております。


axis_009さん、こんにちは。音ログ情報とトラックバックありがとうございました。
先日、キッスが72年に来日した際のNHKヤングミュージックショーの再放送を見まして、当時の武道館ライブも当然グッドでしたが、2004年シドニーで、全員メイクのフルオーケストラをバックに演奏したデトロイト・ロックシティにシビれました。
またお邪魔します、よろしくお願いします。

>日々一曲野郎さん
 NHKのKISSは、放映から10年以上経って海賊盤のビデオを買うまで、頭の中でイメージが大きくなりすぎちゃって、ビデオを見たときにちょっとがっかりした記憶があります。まぁ、その間に色々見てるし、ロックのステージ演出もだんだん派手になって行ってるから、90年代に入ってから77年当時の映像を見るとそれも仕方が無いんですけど。(去年の再放送もしっかり録画しました。海賊盤のビデオの画像、結構酷かったんですよ。)
*あっ、NHKヤングミュージックショーのKISSは1977年初来日武道館公演ですよ。
★なんて書いてたらちょうどiTuneから「Shout It Out Loud」が!

  • axis_009
  • 2005年04月10日 19:24

エアロのライブ盤は私の青春でしたねぇ〜。
LPの見開きのメンバーを見ながら、Back in the Saddle 〜ずーと聞いてました。
ある日うちのお母ちゃんがジャケットを見て「アンタ、LPにコーヒーこぼしたのかい?」とマジに言ってきたのを思い出しました(笑)

  • maju
  • 2005年06月16日 11:58

>majuさん
>LPにコーヒーこぼしたのかい
(笑)確かにシミみたいなのありましたよね。でも、このアルバムは本当に良いライブですね。私もかなり思い入れのあるアルバムです。

  • axis_009
  • 2005年06月16日 22:37

はじめまして。AEROネタでTBさせて戴きました。ご紹介しているLive bootlegも最高ですね。本物のロックバンドって風格が漂ってますもんね。

  • hory
  • 2005年07月04日 14:32

10月にエアロスミスの新譜が出るみたいですよ。ライブ・ハウス・クラスの会場で演奏したもののようです。スタジアム、アリーナ・クラスの会場でのライヴとはまた違った魅力がありそうで楽しみです。

  • takuya
  • 2005年09月08日 17:33

エアロ、クイーン、キッス、そしてチープ・トリック!!!
全部聴いてました。どれも大好きなバンドばかりです。でも、特にチープ・トリックが好きだったのに、チープ・トリックは来日公演見に行けなかったんですよ。未だに後悔。
 この4つのバンドは青春の思い出とともにあるバンドです。

  • あいちゃん's ママ
  • 2005年09月13日 17:33

Aerosmithのアルバムは一部のベスト盤を除いて、BOXを含めすべて所有しております。
また、B!誌等のAerosmith特集が組まれている雑誌、Aerosmith自伝等もコレクションしている、自称「Joe Perryヲタク」です☆

そんな私が読んでも「むむむ〜?!」とうなってしまうほど、めっちゃ詳しい内容の記事だったので、感心してしまいました。
また、他の記事を読ませていただきましたが、'70年代(一部’60年代がありましたが・・・)のHR満載のBlogではありませんかっ。

axis_009さんに感服です。
また、ちょくちょく遊びに来ますので、よろしくお願いします♪

  • yumiko
  • 2005年12月17日 18:36

TBありがとうございました!
お返しのTBをさせていただきました。
KISSやチープ・トリックなどにも触れられていて、楽しく拝見しました(^^)!

>波野井露楠さん
キッス、クィーン、エアロスミス、チープ・トリックあたりは70年代後期のロックにおいては外せませんね。フレディー・マーキュリーを失ったクィーンを除いて、どのバンドも現在も現役というのも凄いです。
 チープ・トリックは他のバンドに較べるとあまり売れてないみたいだけど、たまに新しいアルバムを出すと凄く内容が良かったりするので。未だに新譜が出る度に買い続けてます。



comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Live Bootleg/AEROSMITH (エアロスミス)
[レビュー/試聴 etc.]