Search


since 2005.03.13

2006年11月09日

Live!/BOB MARLEY & THE WAILERS (ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)

B00005KB9WLive
Bob Marley & the Wailers
Universal 2001-06-12

Bob Marley & The Wailers - Live![試聴] iTunes Music Store - Live!/BOB MARLEY & THE WAILERS


 ロックという言葉が持っていた精神的な部分での大きな意味、そして1960年代から続いたロックへの幻想が失われかけていた1970年代。アクセントに特徴のあるスカのリズムを発展させ、リズム・アンド・ブルースや伝統的なアフロカリビアン音楽などの要素を加えてジャマイカから発生した新しい音楽スタイル"Reggae(レゲエ)"。そのレゲエのリズムに乗せて第三世界の貧困に窮する人々からの視点で社会問題を歌い、レゲエの音楽スタイルを広めただけでなく、宗教的思想"ラスタファリズム"の影響を受けた強烈なメッセージと共にレゲエという音楽を精神的に高いレベルまで昇華したのが稀代のカリスマ・ヴォーカリストBob Marleyが率いるBob Marley & the Wailers(ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)です。


1. Trenchtown Rock
2. Burnin' and Lootin'
3. Them Belly Full (But We Hungry)
4. Lively Up Yourself
5. No Woman, No Cry
6. I Shot the Sheriff
7. Get Up, Stand Up
8. Kinky Reggae

 Bob Marley & the Wailers(ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)は1972年のデビュー以降徐々に注目を集め、レゲエの持つスピリットから元Beatles(ビートルズ)のJohn Lennon(ジョン・レノン)を始めとする著名ロック・ミュージシャンによる「Rockの次はReggae」的な発言、そして1974年にEric Clapton(エリック・クラプトン)がカヴァーしたBob Marleyの名曲"I Shot the Sheriff"(アルバム『461 Ocean Boulevard』収録)の大ヒット(全米1位)により、レゲエという音楽スタイル、スピリット、そしてBob Marleyの名は全世界に知られることになり、翌1975年に行われたイギリス公演を収録した『Live!(ライヴ!)』(1975年)でカリスマ・ヴォーカリストとしての人気を決定付けます。

 しかし1976年、当時ジャマイカを二分していたPNP(人民国家党/People's National Party)とJLP(ジャマイカ労働党/Jamaica Labor Party)との2大政党の政治闘争の激化に巻き込まれたBob Marley(ボブ・マーリー)は狙撃されて重傷を負い、バハマ、イギリス、アメリカへと続く亡命生活を余儀なくされてしまいます。
 その後、1977年にロンドンに移り住んだBob Marleyは音楽活動に専念、次々とメッセージ性の高い生命力に溢れた力強い作品を発表。そして、1978年4月21日に久々に故郷ジャマイカに戻って行った"One Love Peace Concert(ワン・ラヴ・ピースコンサート)"において対立する二つの政党の党首、Michael Norman Manley(マイケル・マンリー)とEdward Seage(エドワード・シアガ)をステージ上で握手させてジャマイカの歴史的な政治統一を実現するという、ロックが成し遂げることが出来なかった音楽による奇跡を起します。

 こうして一人の偉大なミュージシャンとしてだけでなく第三世界でのヒーローにまで上り詰めたBob Marley(ボブ・マーリー)でしたが、1977年にサッカーの試合中に受けた傷が皮膚癌の原因となり、その後腫瘍が全身に転移。1980年には脳に腫瘍が発見され、1981年5月11日にマイアミの病院で36歳の若さで死去。カリスマ・アーティストのあまりにも早すぎる死でした。

 元々ジャマイカはイギリスの植民地であり、イギリス国内にもジャマイカからの移民も多く、The WailersのベーシストAston Barrett(アストン・バレット)からPaul McCartney(ポール・マッカートニー)の弾くベース・ラインの影響が色濃く感じられるからも分かるようにブリティシュ・ロックがレゲエに与えた影響も大きいと思われます。また、イギリス在住のジャマイカ人を中心に本国ジャマイカとは違ったスタイルのレゲエも生まれ、Janet Kay(ジャネット・ケイ)を始めとする"Lovers Rock"もその1つ。また、正統派レゲエの後継者として白人メンバー中心ながら良質のレゲエ・サウンドを聴かせるUB40(ユー・ビー・フォーティー)などのバンドも生まれています。


B000F3NUQSハーダー・ゼイ・カム
ペリー・ヘンゼル ジミー・クリフ
紀伊國屋書店 2006-09-09

 ジャマイカの大スターJimmy Cliff(ジミー・クリフ)主演でキングストンのスラム街を舞台に撮影されたJimmy Cliffの半自伝的な内容を持つレゲエの伝説的映画。(1972年公開)
 ジャマイカ初の劇場用映画であり、Bob Marley(ボブ・マーリィ)の活躍とともにレゲエ・ブームに火を点けた作品であり、危険なキングストン周辺の様子をリアルに写し取っただけでなく、レゲエ文化、そしてレゲエの原点を垣間見ることが出来る音楽ドキュメンタリーとしても重要な作品でもあります。


B000AHQFEIワン・ラヴ・ピースコンサート
ボブ・マーリー
ビデオアーツ・ミュージック 2005-10-02

 レゲエ界のカリスマBob Marley(マーリィ)が起した音楽の奇跡。歴史に残る伝説のコンサート。


B00000JH21Legalize It
Peter Tosh
Sony 1999-07-06

 Bob Marley(ボブ・マーリィ)と並ぶレゲエ・ミュージックの代表的なアーティストであり、初期The Wailers(ザ・ウェイラーズ)のメンバーでもあったPeter Tosh(ピーター・トッシュ)の代表作『Legalize It(解放せよ)』。(1976年発表)
 Bob Marleyがラブ&ピース的な理想を掲げたのに対して、Peter Toshは好戦的なアプローチの強い楽曲が特徴的。マリファナ解放運動の聖歌になった"Legalize It"他収録。


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

Bob Marley & The Wailers - Live! from ロック好きの行き着く先は…

 レゲエミュージックがロックのフィールドに顔を出してきたのはいつ頃なんだろう?多分70年代に入ってからだと思うんだけど、その頃の筆頭って多分ダントツにボブ・マーリーしかいないでしょ。あんまりレゲエの方は

冬だけどレゲエです from 帰ってきたアドバタイジング野郎のblog

今日から12月。いよいよ冬本番ですね〜。なのになぜかレゲエ聴いてます(笑)ボブマーリーです。正確に言うとボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズの「LIVE!」です。ベスト盤と同様に、基本的にライヴ盤もあまり好きではないのですが、このアルバムはよく聴きま....

I Shot The Sheriff ( アイ・ショット・ザ・シェリフ ) / Eric Clapton from 目指せ! クラプトン全曲レビュー

復帰後第1弾、全米ナンバー1、レゲエ、ボブ・マーリー・・・。おおかたこんなワードが連想される『アイ・ショット・ザ・シェリフ』だが、特に日本での人気の本質は、やはり楽曲そのものの良さ、ということに尽きるだろう。振り返ってみるにエリックの取り上げる楽曲には..

ザ・ウェイラーズ『Burnin’』 from ROCK野郎のロックなブログ

The Wailersの2ndアルバム『Burnin’(バーニン)』。1973年発表。 今のミュージック・シーンでは考えられないことですが、1stか...

ザ・ウェイラーズ『Catch A Fire』 from ROCK野郎のロックなブログ

1973年。この年、ジャマイカから世界に投下された爆弾のような衝撃を、当時のロックアーティスト達は忘れることができないんじゃないでしょうか。 そんな...

ボブマーリー&ザ・ウェイラーズ『Live!』(2回目) from ROCK野郎のロックなブログ

Bob Marley & the Wailersのライヴ・アルバム『Live!(ライヴ!)』。1975年発表。 前回書いたレビューがリマスター前のC...

comments

レゲエは苦手、でもボブ・マーレィは好きです。歌詞の内容は「痛烈なメッセージ」や「悲痛な叫び」なんだけど、歌声が優しいのが反対に胸に響きます。

  • kyoko
  • 2006年11月10日 19:45

ボブ・マーリィが生きてたら、今頃どんなことをしてるんでしょうね。でも、不安定なアフリカの情勢を考えると、病気で死ななくても暗殺されてるかもしれません。
 ワン・ラヴ・ピース・コンサートはヤラセじゃないかと睨んでるんですが、実際のところどうなんだろう。マイケル・マンリーはプロモーターの仕事もしていたし、演出はお手の物だったろうし。

  • Lark
  • 2006年11月15日 17:35

レゲエ、特にボブ・マーリーの音楽はスピリットを感じさせられます。この頃のレゲエは現在のファッション的なレゲエと違って、パワーがありましたね。

  • MASH
  • 2006年11月18日 19:56


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Live!/BOB MARLEY & THE WAILERS (ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)
[レビュー/試聴 etc.]