Search


since 2005.03.13

2010年06月01日

Let's Dance/DAVID BOWIE (デヴィッド・ボウイ)

B00001OH7ZLet's Dance [ENHANCED CD]
David Bowie
Virgin 1999-08-26

David Bowie [試聴]iTunes Music Store - DAVID BOWIE


 ブロードウェイ版『エレファントマン』への出演、大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』(1983年)への主演など、音楽活動から意識的に遠ざかっていたDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)がNile Rodgers(ナイル・ロジャース/CHIC/シック)を共同プロデュースに迎えて製作したポップなダンス・チェーン満載の大ヒット・アルバム『Let's Dance(レッツ・ダンス)』(1983年)。


1. Modern Love
2. China Girl
3. Let's Dance
4. Without You
5. Ricochet
6. Criminal World
7. Cat People (Putting out Fire)
8. Shake It

 David Bowieのセクシーでダンディズム溢れる歌声と時代の寵児Nile Rodgersの作り上げたタイトなリズムは、グラム・ロック(『The Rise And Fall Of Ziggy Stardust and The Spiders from Mars』他)~ファンク期~ベルリン3部作(『Low(ロウ)』、『Heroe(ヒーローズ)』、『RODGER(ロジャー)』)に続くDavid Bowieの新たな方向性を決定付けるかに見えましたが、コマーシャリズムに侵された『Let's Dance』路線は大ヒットしたが故にDavid Bowie自身の創作への意欲を奪う結果となった上、それまでも音楽的な変わり身の早かったDavid Bowieではありますが、常に時代の先端を行く創作活動を行っていた事を考えると『Let's Dance』は既に流行していた音楽をDavid Bowieがボウイ風に解釈、消化したサウンド。流行音楽への後追い感も強く、グラム・ロック・ブーム終焉後もDavid Bowieを支持し続けてきたファンに違和感を持たれる事にもなり、幾つもの収録曲をヒット・チャートに送り込んで新たなファン層を広げる大成功したアルバムとなってDavid Bowieをカルト的なスターという存在からメジャーな存在に押し上げた作品とはいえ、『Let's Dance』路線後の活動状況の停滞を考えるとDavid Bowieの音楽キャリアにおいては結果的に大きなマイナスともいえる転換期となったアルバムです。

 このアルバムでDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)を聴き始めた人も多いであろうDavid Bowieを本当の意味でのメジャーにした作品であり、アルバムの出来もNile Rodgers(ナイル・ロジャース)とDavid Bowie自身が"David Bowieというキャラクター"を上手く生かした本当に良く出来た高品質のアルバムですが、個人的には(多くの古くからのファンと同様に)David Bowieが「地球に落ちてきた」的な印象を非常に強く受けてしまったアルバムでもあります。
 それまでのDavid Bowieは、妖しさと怪しさ、そしてクレバーさが同居したDavid Bowieにしか表現できない、ちょっと胡散臭いんだけど、独特の音楽世界を創り上げてきたのではなかったかと思いますが、この作品『Let's Dance』はDavid Bowieじゃなくても、例えば実はこの手のものならBryan Ferry(ブライアン・フェリー/ROXY MUSIC/ロキシー・ミュージック)が歌っていても売れていたんじゃないか、などと不埒なことを考えさせられるところがあって、そういう意味ではプロフェッショナルなソング・ライター・チームが様々なミュージシャンやバンドに優れた楽曲を提供してヒット曲を連発した80年代以降の商業主義的なロックと同質の香りもあり、カリスマ的な魅力を持った孤高の存在だったDavid Bowieを売れることと引き替えに俗っぽい存在へと貶めてしまった作品だったと言えるかも知れません。


B00001OH7ZLet's Dance [ENHANCED CD]
David Bowie
Virgin 1999-08-26


B00001OH7VHeroes
David Bowie
Virgin 1999-08-26

B00001OH7PThe Rise And Fall Of Ziggy Stardust (EMI) [ENHANCED CD]
David Bowie
Virgin 1999-08-26


■関連記事→ The Rise And Fall Of Ziggy Stardust and The Spiders from Mars/DAVID BOWIE


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

こんばんは。^^

>David Bowieの音楽キャリアにおいては結果的に大きなマイナスともいえる転換期
 確かにそうかもしれませんね。でも、このアルバムは良く売れてましたよね。MTVでもよく見ました。

僕はこの頃はまだジギーぐらいしか聞いたことがなかったんだけど、それでもこのアルバムでのイメージ・チェンジには驚きました。でも、MTV全盛のあの時期にはすごくマッチしていたのではないかと思います。

  • Bert
  • 2010年06月01日 23:04

この人はいつまでたっても2枚目ですね。カッコ良過ぎます。何をやっても様になってるし。
ジギー・スターダストだった頃もヒーローズあたりのアーティスティックな時期も売れまくってたこの時期も全て好きです。

  • Coo
  • 2010年06月02日 07:19

宇宙から来たジギー・スターダストがダンディーなおじさまに。

>『戦場のメリークリスマス』
大好きな映画です。デビッドと教授が妖しすぎる。ビデオも買いました。(・・・歳がばれる)

  • Kyoko
  • 2010年06月02日 08:41

MTV時代のデビッド・ボウイですねぇ。
僕はグラム・ロックの頃のボウイが一番好きなので、この頃はデビッド・ボウイはいったいどうしちゃったんだろう、なんて思ってました。いずれもその当時の売れ線狙い、と言えば売れ線狙いなんだけど。その前がちょっとブランクがあるけど、ヒーローズやロウですからね。でも、売れ線のアルバムとは言っても、流石にデビッド・ボウイ。良く出来たアルバムですよね。

  • taro
  • 2010年06月02日 11:09

こんばんは。
このアルバムはやはりナイル・ロジャースが偉かったんでしょうね。元となる曲自体はデビッド・ボウイなんだろうけど、リズムやアレンジは多分ナイル・ロジャースの仕事だったんじゃないかと思います。

>Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)とDavid Bowie自身が"David Bowieというキャラクター"を上手く生かした
デビッド・ボウイ自体もこういうジャンルに目を付けたというのは自分のキャラにあった音楽を選ぶ的確な目があったということだろうし、ナイル・ロジャースも本当に上手くそのキャラを生かしてますね。

  • hajime
  • 2010年06月02日 20:34

 個人的には、この頃はまだデビッド・ボウイのアルバムは名盤として名高い『ジギー・スターダスト』と『ヒーローズ』あたりしか聴いてなかったし、本来この手の音楽は積極的には聴いていなかったんですけど、FMラジオ(エア・チェック)や皆さんも書かれているようにMTVでもビデオ・クリップを頻繁に見かけてて、いつの間にか耳にも馴染んじゃいました。
 デビッド・ボウイのまだ聴いたことの無い過去のアルバムを聴き始める切っ掛けにもなりました。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年06月02日 20:59


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Let's Dance/DAVID BOWIE (デヴィッド・ボウイ)
[レビュー/試聴 etc.]