Search


since 2005.03.13

2006年08月30日

Led Zeppelin IV/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J09Led Zeppelin IV
Led Zeppelin
Warner 1994-07-21

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1971年に発表されたLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の代表作。クラシック界の巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンが絶賛したという代表曲"Stairway to Heaven(天国への階段)"など、収録各曲の完成度の高さはもちろん、『Led Zeppelin I』『II』でのブルーズを再構築したハード・ロック、『III』でフューチャーされたアコースティックな部分など、バンドの持つ様々な音楽的ルーツをさらにツェッペリン風に消化した『I』から『III』までの集大成ともいえるバラエティ豊かな楽曲群とJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)のアイディアの広がりが感じられる多彩なリフが収録されており、ジャケットにタイトル、グループ名、レーベル名などを一切記載せずに発売したLed Zeppelinのメンバーの自信が頷ける名盤中の名盤。Led Zeppelinが単なるハード・ロックバンドではないことを証明した傑作アルバムです。
*アルバム・タイトルについては表記だけでなく正式なタイトル自体も無いため、発売当時にアルバム・チャートの表記などで便宜上使われたメンバー4人のシンボルマークから、通称『Four Symbols(フォー・シンボルズ)』と呼ばれることが多いようです。


1. Black dog
2. Rock 'n' roll
3. Battle of Evermore
4. Stairway to Heaven
5. Misty mountain hop
6. Four sticks
7. Going to California
8. When the levee breaks

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 現在はCDが一般的であるためレコードを裏返す"間"は無くなってしまいましたが、"ブラック・ドック"で始まり"天国への階段"で終わるA面とそれに続く"ミスティ・マウンテン・ホップ"のピアノで始まるB面、というレコードでの曲の並びも「これしか無い」というような絶妙な楽曲配置。あらゆる面で考えつくされて作られているアルバムであり、楽曲単位ではなくアルバム単位で語られるべき作品です。

 『Led Zeppelin IV』の収録曲では"Stairway to Heaven(天国への階段)"があまりにも傑作であるため、この曲ばかりが特出して語られることが多いのですが、"Black dog"、"Rock 'n' roll"を始めツェッペリンのライブでの定番曲も数多く収録されており、アコースティック・ナンバーも『III』収録曲以上の傑作揃いで聴き応えのあるアルバムです。『Led Zeppelin I』から『III』までの集大成的な要素、そして『III』までの作品のセールスに加え大規模なライブ・ツアーで商業的な成功を成し遂げるとともに、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)がバンド結成以前から持っていた音楽的欲求をデビューからの3作品で全て吐き出し、Led Zeppelinが新たな方向に向かい始めた幕開け的な要素を併せ持っています。
 但し、(間違いなくロック・アルバムの名盤ではありますが)各媒体等での「名盤紹介」などでLed Zeppelinのこのアルバムを知り、ある種の先入観を持ってしまって聴く、また(『III』同様に)レッド・ツェッペリンのハード・ロック的な部分だけを求めて聴くと(「名盤」としての評価は)難しい部分もあり、レコードだとA面だった4曲目までについては有名曲が続けて収録されていることと圧倒的な構成力で聴かされてしまうものの、B面(5曲目以降)に関しては楽曲の出来が落ちているわけではないのですが、人によってはアルバムを聴く前に持っていた先入観によって実際にアルバムを聴いた際のギャップ、またサウンド的にも地味に感じられて好みが分かれる部分です。
 ブルーズ、R&B、ハード・ロック、フォーク、トラッド、そして今で言うワールド・ミュージックなど、メンバーの音楽的ルーツや好みを貪欲に取り入れ、しかもそれをきちんと消化して作品として発表してきたLed Zeppelinの音楽的本質を聴く側もきちんと理解して聴いてこそ初めて名盤たりえるアルバムではないかと思います。そういう意味ではLed Zeppelinの音楽はロックという1つのジャンル(人それぞれに捉え方は違うと思いますが)の枠の中で語られるものではなく、Led Zeppelinというジャンルに属する音楽なのかもしれません。

 ハード・ロック・ナンバー"Black dog"、"Rock 'n' roll"。フォークとハード・ロックの融合に成功した永遠の名曲"Stairway to Heaven"。Robert Plant(vo.ロバート・プラント)とゲスト参加のSandy Denny(サンディー・デニー/FAIRPORT CONVENTION/フェアポート・コンベンション)の掛け合いが見事なアコースティック・ナンバー"Battle of Evermore"。ヘヴィなポップナンバー"Misty mountain hop"。ライブのアコースティック・セットで必ず演奏された"Going to California"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

レッド・ツェッペリン IV (1971) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Led Zeppelin IVLed Zeppelin Warner 1994...

(799)Black Dog(Led Zeppelin) from バリバリダイアリー

Led Zeppelin IVブラック・ドッグ/レッド・ツェッペリン1971年作品説明不要の大名盤「?」の1曲目を飾る、超ロックチューン。通称「黒犬」です。ちなみにライブバージョンは「生黒犬」だそうです。←サラダ王子談ロバート・プラントのソウルフルなボーカ...

無名の名盤、レッド・ツェッペリン IV from Muse on Music.

今日はとうとうレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の紹介です。レッド・ツェッペリンというと元祖ハード・ロックとか元祖ヘヴィー・メタルとかいろいろ言われますが、僕の中ではツェッペリンは数あるハードロック・バンド、メタル・バンドとは全然違うものです。彼らの音

Led Zeppelin - IV from ロック好きの行き着く先は…

 2006年最後のレビューはやっぱりロックの名盤で締めよう。過去から未来に於いて史上最大最高のロックバンドと云えばひとつしかない。レッド・ツェッペリン。その中でも今回は最高傑作として誉れ高いアルバム「Led Zepp

LED ZEPPELIN - 「LED ZEPPELIN IV」 from RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!

前作「LED ZEPPELIN III」の曲作りのための山籠りを始めた時に、本作に収録する何曲かを完成させ、「LED ZEPPELIN IV」全体の構想は...

comments

天国への階段
ドラマティックな展開(静かなオーープニングから激しいロックに変貌していく)いいですね。聴くたびに興奮させられちゃいます。
レコードだと、ジャケット内面の絵も大きくていいな。雰囲気もあるし。

  • moondreams
  • 2006年08月31日 21:20

名盤紹介を鵜呑みにするといけませんね。
「ハード・ロック」の名盤!という名盤紹介記事を読んでこのアルバムを買いましたが、最初は聴いてがっかりしたアルバムです。でも、聴く側の耳が肥えていけばいくほど、良さの分かるアルバムだと思います。
 axisさんの書かれているように「ハード・ロックの名盤」といううたい文句につられて勝手に先入観を持って聴いたのかもしれません。あと、天国への階段も、もっとハードな曲だと想像していて、最初のアルペジオを聴いて「あれっ?」なんて思ってました。

  • yashima
  • 2006年09月03日 09:47

このアルバムと『III』でトラッドとかブリティッシュ・フォークを教えてもらった、という感じです。
 ブリティッシュではありませんが、バッファロー・スプリングフィールドもこのアルバムを聴いて興味を持ち、『アゲイン』は未だに良く聴くアルバムになりました。^^♪
フェアポート・コンベンションを聞き始めたのもこのアルバムのサンディー・デニーの歌声を聴いてからですね。

  • axis_009@管理人
  • 2006年09月03日 16:46

私もこのアルバムは最初に聴いたときに拍子抜けしたアルバムです。axis_009さんも記事に書かれているようにある種の先入観があったのかも。あと、聞いたアルバムの順番も関係があるかもしれませんね。
あっ、もちろん今では名盤だと思ってますよ。^^

  • freak
  • 2006年09月08日 09:20


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Led Zeppelin IV/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
[レビュー/試聴 etc.]