Search


since 2005.03.13

2005年06月04日

Led Zeppelin II/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J03Led Zeppelin II
Led Zeppelin


Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 衝撃のデビューアルバムから半年。よりハードに、そしてグループの音楽性も多彩に広げながら、バンドの方向性を決定付けたLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の2ndアルバム。(1969年
 大ヒットしたこのアルバムはTHE BEATLESザ・ビートルズ)の『ABBEY ROAD(アビィ・ロード)』を蹴落とし、ビルボード・チャート1位を獲得、LED ZEPPELINの人気を確実なものとしました。


1.Whole lotta love
2.What is and what should never be
3.Lemon song
4.Thank you
5.Heartbreaker
6.Livin' lovin' maid (she's just a woman)
7.Ramble on
8.Moby dick
9.Bring it on home

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

Led%20Zeppelin%202.jpg 1stアルバム発売後、イギリス、アメリカ、ヨーロッパを巡る過酷なツアー中に曲作りが行われ、ロンドン、ロサンジェルス、ニューヨークなど様々な場所でレコーディングされたにも拘らず、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)のヘヴィーなギター・リフと火を吹くようなギターソロ、Robert Plant(Vo.ロバート・プラント)の華のあるヴォーカルと時にJimmy Pageのギターに絡みつくようなシャウト、John Paul Jones(B,Key.ジョン・ポール・ジョーンズ)の的確なベース・ラインとオルガン、John Bonham(D.ジョン・ボーナム)の重量級且つ跳ねるボーナム独特のリズムなど、後のハード・ロック、ヘヴィー・メタルに多大な影響を与える楽曲の数々を収録した傑作アルバムを作り上げています。

 1stアルバム制作時はJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)以外のLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のメンバーはほとんど無名で、Jimmy Pageがこれまで暖めてきた楽曲アイデアの具体化、4人が揃ってからライブで鍛え上げてきた楽曲の収録、という感が強かったのですが、この2ndアルバムになると他のメンバーも積極的に曲作りに参加するようになり、各メンバーの趣向が少しずつ出てきています。特にRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の作詞面での活躍は大きく、前作に比べ他人名義のクレジットはなくなっています。(実は、そのクレジットでは不味いのでは、と思われる曲もあります。改作、盗作云々、と言われつくしていますが(笑)

 後のHR、HMバンドのお手本ともなった"Whole lotta love"は特に強力。Robert Plantの絶叫ヴォーカルとJimmy Pageのメタリックなギターリフ、意表をつくテルミンやエコーを駆使した中間部など、LED ZEPPELIN以降のロック・バンドへの影響は計り知れません。その他の曲もLED ZEPPELINのライブでの定番曲ばかりで、ヘヴィーなリフから始まり、途中のブレイク以降Jimmy Pageの激しいソロが聴ける"Heartbreaker"。"Moby Dick"でのJohn Bonhamのドラム・ソロ。前半部分のブルーズから後半のハード・ロックへと展開する"Bring it on home"。John Paul Jonesのベース・ラインが素晴らしいブルーズ・ナンバー"Lemon song"。その他にもハード・ロック調の曲ばかりでなく、既に次の3rdアルバムへの橋渡し的な曲も収録されていて、まさに名曲揃いのアルバムです。
John_bonham.jpg ただし、John Bonham(ジョン・ボーナム)のドラム・プレイについては、その後のライブ盤(海賊盤含む)などで聴くプレイよりかなり地味な印象があります。基本的にLED ZEPPELINはリズムを録音してから、それをベースにJimmy Pageがオーバー・ダビングを繰り返す、という手法が取られることが多いのですが、多忙なツアー中ということもあって時間も無く、John Bonhamが曲を把握、曲への発想を拡げる以前にドラムの録音を終了し終えてしまったのではないか、とも思えます。"The Song Remains The Same(永遠の詩)"、"BBC Sessions(BBCセッションズ)"、"How the West Was Won"、"Led Zeppelin DVD(伝説のライヴ)"での2nd収録曲のライブ演奏とスタジオ録音の演奏を比べると差は歴然、圧倒的にライブ演奏の方がアイデアも豊富で、演奏自体も優れています。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

5人目 from ュ????

彼がいなければ今のツェッペリンの成功は無かったんじゃ?というのは情報通の認めるところとなっている。1968年11月、マネージャーのピーター・グラントは視聴用のカセット、マスターテープ、ジャケットのアートワーク、そして胸いっぱいの期待をアタッシュケース

Led Zeppelin II/Led Zeppelin from 山田さんの好きなもの!

LED ZEPPELIN IIRELEASE 196901)WHOLE LOTTA LOVE古典的大傑作。そもそも有名なロックのリフには音数が少ない物が多い。「MY GENERATION」にしても「YOU REALLY GOT ME」にしても「(I CAN'T GET NO)SATISFACTION」にしても2,3音で構成され

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN from @日吉★ロックス

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN 1969年発表のツェッペリンのあまりにも有名な1st。 不気味な飛行船のジャケット。 このアルバムの歴史的意義はあまりにも大きく、ここでこのアルバムについて語るのは忍びない気もするが… 70年代の人気、実力ナンバーワンのツェッペリン。

「〓」レッドツェッペリン from バリバリダイアリー

Led Zeppelin II伝説のロックバンド、レッドツェッペリンの2作目。オイラが始めてツェッペリンを聞いたのは「天国への階段」(stairway to heaven)が入っている「〓」でした。その後さかのぼって聞いていったのですが、結局アルバム単位でいうとこの「〓」が1番好

今週の一枚 RQ (レッド・ツェッペリン) from 不良中年のススメ!!

昨日は私の『寒い』エイプリル・フールのネタにお付き合い頂き、有り難うございました(笑)。今日は『今週の一枚』へのリクエスト第二弾として、HIROMINさんから頂いたこのアーティストを取り上げたいと思います。『4-COMPACT DISC SET』LED ZEPPELIN 1990年作品

Led Zeppelin II from Blue by Blue

リリースが1969年なので'60sに分類しましたけど、このアルバムが発表されて、それまで長きに渡りアルバムチャート1位だった Beatles のアビーロードの首位と入れ替わったのが 69年12/27 の事。その後のロック界に与えた影響とアルバム自体のサウンド考えると実質は '

GOOD TIMES BAD TIMES from みゅーじっくじゃんきぃ

今回も古いアルバムをご紹介。今回はあのLED ZEPPELINです!(パチパチ)ZEPと言えば、4枚目を挙げる方も多いでしょうが、今回はこれ。だってわずか30時間の録音。しかも、その時のイケイケ(イケイケって古いな/(笑))な勢いまでも詰めこんじ

LED ZEPPELIN "HOUSES OF THE HOLY" について、ちょっと考えてみたりして(今更) from Out of the Way

さ〜て、今日は久々の音楽ネタざんす。しかも、いきなり大御所中の大御所。ロックバカだった頃の自分を思いだす(遠い目)。どこかのブログで言われていた、ロックの金字塔(笑・そのとおりです僕にとっては)、LED ZEPPELINです。んが……ZEPPELINのアルバムの中で何

レッド・ツェッペリン〓/レッド・ツェッペリン from キングあおぽんのCD論

ファンの方には申し訳ないと思いますけど、ジミー・ペイジって、若い頃の志村けんに

ツェッペリンは、ゼッペリンと書かないと、いろんな人に怒られる。 from 音楽酒場

今夜のBGM・・・ Led Zeppelin / Coda

Led Zeppelin Ⅱ from はまり屋 凝りの助の部屋

Led Zeppelinの2作目にして、ハードロックの金字塔的作品。このアルバムによってハードロックが確立されたといってもいいでしょう。これこそハードロックの真髄。無駄が一切ない。僕はLed Zeppelinに最高傑作なんていうものは存在しないと思っているんですが(もちろん良い意

LED ZEPPELIN ? / LED ZEPPELIN(1969) from Hands Of Time

二枚目。ジャケのデザインの悪さからか、あまり聴いていませんでしたが、個人的には前作をしのぐほどの名盤です。 前作に比べてリフがよく目立つ曲だらけで、そのためハードになっているように聴こえます。 「Whole Lotta Love」はもはやおなじみの名曲。中間部の混沌と�

Led Zeppelin :Led Zeppelin 2 from 美響乱

ジャーマン・プログレばかり聴いてると気

MR 128  レッドツェッペリン ? from えんすき日記 本家

Led Zeppelin II最近 ツェッペリンを聴いていますが、主に「フィジカルグラフティ」あたりが多い。曲作りがバラエティで多彩なところがいいですね。時々 ツェッペリンというのはハードロックバンドなんだろうかと思うときもありますが、やっぱりハードロックバンドなんだ�

Led Zeppelin - Led Zeppelin II from ロック好きの行き着く先は…

 アメリカにとってベトナム戦争が最も激化していた1969年、正にロックの世界も激変していたが中でもベトナム遠征に行く兵士達の志気を上げる曲として、言い方を変えるとベトナム戦

レッド・ツェッペリン II (1969) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Led Zeppelin IILed Zeppelin WEA Internat...

LED ZEPPELIN - 「LED ZEPPELIN II」 from RATTLE YOUR GODDAMN HEAD!

はい、来ました。今月に40周年を迎える、言わずと知れた「LED ZEPPELIN II」。やはり書かないわけにはいきません。これからもHRの精神的存在とし...

comments

 どうもです(^^)
一枚目は30時間くらいでレコーディングしちゃったそうですからホントにメンバー紹介的な意味合いが強かったんだと思いますね。本領を発揮するのはここから・・・
でも実際にメンバーがリラックスした状態で作れたのは3枚目からなんで、ガラッと雰囲気が違うのもわかる気がします(^^)


LED ZEPPELIN II、いいですよね。
"Heartbreaker"は、会社のバンドでコピーしました。
イントロのリフがかっこいいです。"Moby Dick"のギターイントロも好きです。確か、6弦を1音下げた、ジミー得意の変則チューニングですね。
"Bring it on home"のギターソロ部分は、ライヴで"Black Dog"へとつながるパターンですよね。
zepの曲をコピーするために、レスポールを買ってしまったくらい、ジミー・ペイジはかっこよかったです。


> 奈良の鹿 さん
 コメント、ありがとうございます。TBは大丈夫でしたよ。私もお邪魔したブログが重い時とか、livedoorが重い時などに、重複TBや重複コメントを残したりすることも多いので、もしそういうことがあっても事情は分かりますので、あんまり気にしないでくださいね。(^^♪
>エディさん
 >"Moby Dick"のギターイントロ
 あと、ペイジ愛用のヘルコのピックの通常弾く部分ではなくて、反対側(丸い方)で弾くとちょっと引っ掛かりあって、粘るような感じが出て同じようなニュアンスになるみたいですよ。

  • axis_009
  • 2005年06月04日 23:57


いつも有り難うございます。
 昨日は記事にも書きましたが、axis009さんのBlogから『音ログ』をDLさせて頂きました。最初は設定に戸惑いましたが、今は楽しく使っています。昨日、axis009さんの所へ伺ったら、LOVE YOU LOIVEが出ていましたよ。私、あれがベストアルバムの一枚です。大好きなアルバムだったので嬉しかったです!!!


>不良中年 さん
 音ログ、面白いですよ。(^^♪
 ブログに自分の聴いているアルバムのジャケットが表示されるのも良いのですが、自分の音ログページに行くと、自分と同じアルバムを聴いている人のリストも出るので、リストから他の人の音ログページに行って、そこからHPやブログにお邪魔したり、というのを最近良くやってます。いろいろな人と出会えるのは、やっぱり楽しいですよね。

  • axis_009
  • 2005年06月05日 16:29


 「狂熱のライブ」でしたっけ、ライブ映画ありましたねぇ。高一の頃、ボンゾが好きなヤツと一緒に授業を抜けて、リバイバル映画を見に行きました。(そいつとは、バンドを組みたかったんですが今は何をしているのか)
 偶然にも「トミー」や「バングラディシュコンサート」と三本立てで、目はショボショボしましたが、嬉しかったですね。
 そうですねぇ、ジミーペイジ、カッコ良かったですね!アイドルのひとりでしたね。「胸いっぱいの愛を」最初の方だけ、必死にコピーしようと頑張ってましたね。
今は、あんまり聴かないけど当時は憧れのバンドでしたね。

  • zzr927k
  • 2005年06月05日 21:52


 "Moby Dick"の話題が出ていましたが、このイントロは確かにカッコいいですね。そうそう6弦をドロップDにしたチューニングなんですが、そのイントロで6弦Fの音…3フレット目の音を弾く時ちょっとチョーキングして音を持ち上げますけど、その粘りある感じがえらくいい感じで好きです。


> "How the West Was Won"での2nd収録曲のライブ演奏
 ちょうど、昨日このアルバム聴いていたんですが、ホントにライブでのボンゾは圧巻ですね!


 この頃のZepはすさまじいですね、ライヴが。もう、DVDのロイヤルアルバートホール…L.A.フォーラム(ブルーベリーヒル)…挙げたらキリがありませんが。
セカンドの中では、個人的には「Ramble On」が好きですね。ロバートもソロになってからもよく歌ってますし。

  • Ken
  • 2005年06月06日 14:50


 こんにちは(^o^)
 いや〜相変わらずお詳しい。私にとっては楽しい楽しい勉強タイムです。セカンドまで半年間だったんですね。ドラムの部分ってこういう訳だったんですね。なるほど〜。"Whole lotta love"ってそんな録音の手法でよくあの雰囲気出せましたね。不思議です(o^o^o)


> zzr927k さん
 >「トミー」や「バングラディシュコンサート」と三本立て
 なんか凄い組み合わせですね。これに「ウッドストック」が加わると完璧ですね。(って、何が?)でも、昔は映画館でこういうのたまにありましたよね。そういえば、フィルム・コンサートなんかもありましたね。私は世代的にはフィルム・コンサート世代より少し後なんですが、背伸びしてロック系のお兄さん達に混じって何回か見に行ったことがあります。会場内でもタバコと酒の匂いがしてて、それが一番印象に残ってますね。(^^♪
> kantaroon さん
 モビーディックのギターはヘルコのナイロン・ピックの丸い方で弾くと、ちょっと引っかかったような、粘るような音がして更に似た感じになりますよ。
>ぽげむた さん
 >ライブでのボンゾは圧巻
 ですね〜。とにかく感心するのは足です。ライブだと急にバスドラで3連入れたり、とか。確かジミ・ヘンドリックスがボーナムを評して「カスタネットみたいな足」という表現をしたらしいんですが、ボーナムの足って強力ですね。
>Ken さん
 >Ramble On
 私も好きな曲です。といっても、ツェッペリンの曲で嫌いな曲はほとんど無いんですが(笑)でも、ZEPのライブではほとんど演奏して無いみたいですよ。一部分だけ他の曲の間に挿入したり、というのはあったみたいですが。プラントがソロになってからライブで演奏してる、というのはRamble Onが気に入ってたんでしょうね。Zep時代もライブでやる、やらない、と他のメンバーと喧嘩してたりして。。。(笑)
> kawamukaiさん
 >セカンドまで半年間
 そうなんですよね。たった半年!私も1stや2ndの頃はまだリアルタイムで聴いていたわけではないんですが、高校生ぐらいになって、小遣いもそれなりに増えて色々と買い集められるようになった頃、買ってきた1stや2ndのジャケットを眺めてて「あっ、どっちも1969年じゃないか!」とビックリした、みたいな感じですね。(^^♪
(ちなみにリアルタイムで買ったのはフィジカル・グラフィティとかプレゼンスの頃です。ん?フィジカル・グラフィティはテープで貰ったんだったかな?)

  • axis_009
  • 2005年06月06日 23:19


 Zepは、あれこれと聞きまくっていたので懐かしいですね。。
個人的には、後期のから聞き始めたのでLiveをオンタイムで見たことはないのでフィルムかな?で見たのが印象的でした。。

一人で頑張っていました

ヘンテコなブログをやっています。ぷくちゃんといいます。「LED ZEPPELIN II」、大好きです。中学生の頃、皆がパープル聞いているのに逆らって聞いていました。聞くたびに深みにはまって・・・・作品の質とセールスを両立させた巨大な存在のバンドですよね。


このアルバムは最高です。
当時、BBSライブを購入してちょっと難解だなと思って、長い間ツェッペリンは離れていたんですけど、これを聴いて改めてこのバンドの凄さを感じました。
入門的なアルバムかもしれませんね。


ツェッペリンのアルバムはどれも好きですが、最終的にはいつもファーストとセカンドに戻ってしまいます。シンプルな分、勢いが感じられるんですよね。ハード・ロック一辺倒のバンドでは無いので、色々なアルバムにそれぞれ魅力が有りますが、僕にとってレッド・ツェッペリンはファーストとセカンドこそがレッド・ツェッペリンです。

  • takizawa
  • 2005年09月16日 22:07


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Led Zeppelin II/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
[レビュー/試聴 etc.]