Search


since 2005.03.13

2005年06月23日

Led Zeppelin 1972-1979 (レッド・ツェッペリン)

■Houses Of The Holy (1973)
Houses Of The Holy
Houses Of The Holy

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1973年発表の通算5作目。これまでの4作に比べるとダビングが多く、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)の弾くメロトロンの導入、リズムの多様化が特徴的なアルバム。

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

 メロトロンが効果的な"The Rain Song""No Quarter"。後期LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のライブでオープニング曲として演奏されることも多かった"The Song Remains The Same"。LED ZEPPELIN風レゲエ・ナンバー"D'yer Mak'er"。ファンク風"The Crungr"他。

Physical Graffiti (1975)
Physical Graffiti (Rmst)
Physical Graffiti

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が設立したスワン・レーベルからの第1弾。1975年発表の2枚組みアルバム。新録音8曲に『III』から『House Of Holy(聖なる館)』の間に録音された未発表曲7曲で構成。色々なジャンルの音楽を吸収し、LED ZEPPELINのスタイルにアレンジした多彩な曲が収録されています。また、全体的にシンプルに作られており、ブルース、ハード・ロックに回帰したかのようなサウンドに仕上がっています。
 代表曲"Kashmir"他収録。

Presence (1976)
Presence (Rmst)
Presence

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 キーボード、アコースティックを排除し、緊張感のあるソリッドなサウンドで後期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の代表作と評価されるアルバム。1976年発表。
 John Bonham(ジョン・ボーナム)のドラムを土台にJimmy Page(ジミー・ペイジ)がギターを重ね、テンションの高い作品に仕上げた代表曲"Achilles Last Stand"。ファンキーな"Royal Orleans"。ヘヴィー・ブルースの"Nobody's Fault But Mine"、"Tea For One"他収録。

The Song Remains The Same(1976)
レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ
The Song Remains The Same [DVD]

 1973年のMadison Square Garden(マディソン・スクェア・ガーデン)でのライブを中心に、各メンバーJimmy Page(ジミー・ペイジ)、Robert Plant(ロバート・プラント)、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)、John Bonham(ジョン・ボーナム)のイメージ映像などを挿入した劇場用映画
 サウンド・トラックでは聴けない"Black Dog""Since I've Been Loving you"も収録。

Soundtrack From The Film The Song Remains The Same (1976)
The Song Remains the ...
Soundtrack From The Film The Song Remains The Same

 映画"The Song Remains the Same"のサウンド・トラックとして1976年に発表されたライブ・アルバム。1973年のMadison Square Gardenでのライブを収録。
 スタジオ盤では緻密な音作りをするLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のライブならではの勢いに任せた荒削りな演奏が魅力。"Rock And Roll""Stairway To Heaven""Whole Lotta Love"他。

In Through the Out Door (1979)
In Through the Out Door (Rmst)
In Through the Out Door

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 前作『Presence』より3年半後の1979年8月に発表された実質上のラスト・アルバムJohn Paul Jones主導で製作されたためかハード・ロック色が薄れ、シンセサイザーが多用されたシンフォニック・ロックといった感が強く、Robert Plant(ロバート・プラント)のヴォーカルもソウルフル。
 サンバ風"Fool in the Rain"、ロカビリー風"Hot Dog"。John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のシンセサイザーがフューチャーされた"In the Evening""Carouselambra"。Robert Plantのヴォーカルが光る"All My Love""I'm Gonna Crawl"他。(イン・スルー・ジ・アウト・ドア)

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

記録媒体の進化 "THE SONG REMAINS THE SAME" と共に from エディの出張所日記

最近、つくづく記録媒体の進化に感心しています。音楽聴くのに、昔はレコード、カセットテープ。今はCD、MD、PMP(ポータブルミュージックプレイヤー)等へ。映像はというと、ビデオ(VHS、ベータ)、LD(レーザーディスク)、VHDなんてのもありましたね。現�

「永遠の詩」狂熱のライブ from 不滅のロック魂!

もう25年くらい前。中2のときに見に行ったのが「永遠の詩(狂熱のライブ)。 それまでLed Zeppelinは聴いたことなくて、なんの予備知識も知らない状態で観たんですが、一発でやられました。ホントもう参った!って感じで。 ジミー・ペイジが踊るように弾きまくる姿が最高.

伝説の2つのLIVE / ZEPPELIN & PURPLE from Bono's Talk!

二つの伝説のバンドによる二つの伝説的LIVE。 "70年代最強" というだけでなく、20世紀の時代に燦然と輝く強力な実況録音盤!どうも映画「あの頃ペニーレインと」を再び観てから、70年代のRockにまたまたハマりつつあるんですよね。で、今回は70年代の2つの伝説の

THE SONG REMAINS THE SAME/LED ZEPPELIN from rain song

THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ新年明けましておめでとうございます。正月休みの方、ゆっくりお過ごしください。年末から仕事が続いている方、お互い頑張りましょう!で、新年一発目は原点回帰ということで久々に観たこいつを。昔はVIDEO\14800だったかで、とて

L.Zeppelinの最後の切り札”PRESENCE\" from Chainless Mind

Presence1976年偉大なLED ZEPPELINの数々の作品の中で、私が最もよく聞いた曲は何を隠そう”ACHILLES LAST STAND\"なんですが、何度聞いてもこの始まり方がかっこいい!!余裕の始まり方から、だんだんとすごい形相になっていくわけですが、この曲でもページの中�

PRESENCE/LED ZEPPELIN from ENVIE

速報と更新に書いたように、先週レンタルして久しぶりに衝撃を受けたLed Zeppelinの7枚目かのアルバム。後期Led Zeppelinの傑作。Presence

Led Zeppelin 『Physical Graffiti』 from 黄色いスペクトルの太陽

前作『Houses Of The Holy』で形にしたツェッペリン・グルーブを、このアルバムで熟成させ、『Presence』の高みへと突っ走る。 バラエティに富んだ2枚組みアルバムである。「ほぼプログレ」とも思えるが、そんなジャンル分けなぞ吹き飛ばせる程の強力な音楽である。 どの曲�

PHYSICAL GRAFFITI / LED ZEPPELIN from Bono's Talk!

ZEPP 自ら設立した“スワン・ソング”レーベルからの第一弾!  2枚組にして予約だけで100万枚突破した驚異の通算6作目。自分たちの多彩な音楽性をあまねく披露した大作2枚組アルバム。ZEPP 6枚目のアルバムにして唯一の二枚組のスタジオ録音です。このアルバムは、実は8曲

レッド・ツェッペリンのかわいさ from Muse on Music.

レッド・ツェッペリンの『聖なる館』。このアルバムは、それまでのツェッペリンの攻撃性が弱まって「軟弱」になった作品として酷評されたこともあるらしい。たしかに、初期に比べるとロバート・プラントのボーカルも弱くなってはいるし、ギター・リフで突っ走る勢いは弱まっ

フィジカル・グラフィティ〜ZEP from 週間 ROCK BOTTOM

たびだびの暴言で、各方面に波紋を生んでいる当ブログだが、またまた、かのレッド・ツェッペリンの最高傑作はこれぢゃ!と一石を投じるものなり。それが、1975年に発表された二枚組大作である「PhysicalGraffiti」(以下"P.G"とする)フィジカル・グラフィティZEP�

イン・スルー・ジ・アウト・ドア - レッド・ツェッペリン (1979) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

In Through the Out DoorLed Zeppelin WEA ...

プレゼンス - レッド・ツェッペリン(1976) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

PresenceLed Zeppelin WEA International ...

フィジカル・グラフィティ - レッド・ツェッペリン(1975) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Physical GraffitiLed Zeppelin WEA Intern...

聖なる館 - レッド・ツェッペリン(1973) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Houses Of The HolyLed Zeppelin WEA Inter...

レッド・ツェッペリン@ YouTube from Muse on Music.

あぁ・・YouTube・・・すごすぎるぜよ・・。今日はレッド・ツェッペリンのYouTube映像を集めてみました。もちろん、視聴は無料です。 まずは、ややマイナーながら、僕の大好きな「Ocean(YouTube)」!!変則リズムとジョン・ボーナムのドラムに体が自然と揺らされる。「キュ

Houses Of The Holy/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン) from OOH LA LA - my favorite songs

Houses Of The HolyLed Zeppelin WEA International 1994-07-19[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)が1972年発表した通算5作目。現在では名

Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン) from ROCK LEGEND - School of Rock

Led Zeppelin 1stLed Zeppelin Atlantic / ...

comments

全部ZEPP♪


「PHYSICAL GRAFFITI」は一番のお気に入り、地震の時には持って出ようと思ってます(爆)
「PRESENCE」と「I THROUGH THE OUT DOOR」は両極端のような作りになってますが、どちらもZEPP。
なぜだろうと当時考えてみましたが、ギター主体だろうがキーボード主体だろうが、そこに存在するボンゾのドラムというものがこの2枚をつないでいるように思っちゃいました。

「THE SONG REMAINS THE SAME」については最近「音が悪いからダメ」っていう人が多いですが、ライヴなんだから当たり前と思うのは私だけでしょうか?もし他のライヴ音源がなくてこれだけだったら・・・皆なんていうんでしょうね。

貴重な映像です


TBありがとうございます。
「THE SONG REMAINS THE SAME」は唯一の映像が観れるということで、何度も繰り返し観ました。
映画ということで、評価はあまり良くなかったようですが、私にとっては観れるだけで幸せでした。
その後は、海賊版ビデオを買いまくりましたが(笑)


こんにちは(^o^)
Houses Of The Holyの"The Song Remains The Same"がやっぱりお気に入りです。ベタかも知れませんが格好いいですよね。私にとっては一番聴いているアルバムです。


こんにちわ。最近ようやくブログのやり方が分かってきました。僕は色々なロックを聴きますがたどりつくのはBeatlesとZepです。最近はSick againが大好きです。今後も宜しくお願いします。

  • pag
  • 2005年07月17日 19:40

ジミー is No.1!


先日はブログへのコメントありがとうございました。

私にとって、カッコ良さという点で、ジミー・ペイジが一番です。

細くて華奢な体と甘いマスクでこれでもかというくらいカッコつけまくってギターを弾く姿は、中高生だった当時、一番の憧れでした。

ソロの技術はいろいろ言われるジミーさんですが、カッコ良さが補ってあまりなしです。


ゼッペリンというと1st,2ndに目がいきがちですが、僕はこの時期のLed Zeppelinが良いです。(同意見の人も多いと思いますが)
バラバラの個性の4人が奇跡的なコンビネーションでまとまって、一つのものを産み出している時期だと思います。
でも、ジョーンズが何とかまとめて、そこにボーナムのドラムが入ればツェッペリンのサウンドになる、という気もします。僕は"ジョン・ポール・ジョーンズがツェッペリンの立役者"派です。(笑)

  • John
  • 2005年09月17日 15:06


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Led Zeppelin 1972-1979 (レッド・ツェッペリン)
[レビュー/試聴 etc.]