Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. Walking Into Clarksdale/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)
  2. BBC Sessions/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  3. The Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  4. Coda/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  5. In Through the Out Door/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  6. Presence/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  7. Physical Graffiti/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  8. Houses Of The Holy/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  9. Led Zeppelin IV/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  10. Led Zeppelin III/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  11. Live at the Greek/JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES (ジミー・ペイジ&ザ・ブラック・クロウズ)
  12. No Quarter/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)
  13. John Paul Jones solo works (ジョン・ポール・ジョーンズ)
  14. Coverdale-Page/COVERDALE-PAGE (カヴァーデイル-ペイジ)
  15. Jimmy Page solo works 1980-1992 (ジミー・ペイジ)
  16. Robert Plant solo works 1985-1993 (ロバート・プラント)
  17. Robert Plant solo works 1980-1984 (ロバート・プラント)
  18. The Firm/THE FIRM (ザ・ファーム)
  19. How the West Was Won/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  20. Led Zeppelin 1969-1971 (レッド・ツェッペリン)
  21. Led Zeppelin 1972-1979 (レッド・ツェッペリン)
  22. Led Zeppelin Best Album (レッド・ツェッペリン)
  23. Led Zeppelin II/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  24. Led Zeppelin/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2007年08月03日

Walking Into Clarksdale/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)

B000024C9VWalking Into Clarksdale
Jimmy Page & Robert Plant
Mercury 1998-04-20

 1994年に発表したアルバム『No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded』を携えて行った"Jimmy Page & Robert Plant"(ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)のワールド・ツアー終了後、ツアーに同行したバック・バンドのメンバーと共に制作された全曲オリジナルのスタジオ録音盤。(1998年発表)


1.Shining In The Light
2.When The World Was Young
3.Upon A Golden Horse
4.Blue Train
5.Please Read The Letter
6.Most High
7.Heart In Your Hand
8.Walking Into Clarksdale
9.Burning Up
10.When I Was A Child
11.House Of Love
12.Sons Of Freedom

 ワールド・ツアーではアルバム『No Quarter』のサウンド、趣向から一転してLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)時代の曲をさらに大幅に導入し、サウンド的にもハード・ロック色の強いパフォーマンスを行ったものの、このアルバムでは再度ハード・ロック色を抑えギター、ヴォーカルともに控えめな演奏となり、アルバム全体のトータル感を重視した内容になっています。
 Jimmy PageとRobert Plantが創り上げた新しい音として聴いた場合、面白い部分は多々あるのですが、ハード・ロックを期待して聴くと退屈なサウンドかもしれません。しかし、聴けば聴くほど味の出るアルバムでもあり、前作から続くJimmy Page、そして特にRobert Plantの新しい音への模索はある程度完成の域に近づいていたのではないかとも思える仕上がりです。

 前作発表の際にも少なからず感じたことですが、John Paul Jonesジョン・ポール・ジョーンズ)の"Music from The Film:Scream For Help"(1985年)、このアルバム"Walking Into Clarksdale"の翌年に発表された"Zooma"(1999年)、"The Thunderthief"などを聴くと、(バンド名が"Led Zeppelin"でなくとも、また"過去のサウンドの再現"でなくても)John Paul Jonesがプレイヤー、もしくはプロデュース面で参加していれば"No Quarter"、"Walking Into Clarksdale"ともに、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)とRobert Plant(ロバート・プラント)の新しいサウンドへの欲求とLED ZEPPELINスタイルのハード・ロックを求めるファンの双方が満足でき、より完成度の高いサウンドに仕上がっていたのではないかとも思われ、John Paul Jonesの不在は残念でなりません。
 Jimmy PageとJohn Paul Jonesの確執が云々と取り沙汰されますが、再合体が無理であれば"Jimmy Page & Robert Plant"と合わせて"Robert Plant & John Paul Jones"でのサウンドも聴いてみたかった、という気もします。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2007年04月23日

BBC Sessions/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JEVBBC Sessions
Led Zeppelin


Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1969年から1971年にかけて英BBCラジオ放送用としてライブ録音された様々なLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の音源をJimmy Page(ジミー・ペイジ)自らがデジタル・マスタリングにかかわり、編集作業を行った上で解散から20年近く経った1997年になって突如として発表したスタジオ・ライブ編集盤
 スタジオ盤での演奏が大人しく感じられるほどのメンバーの若さに任せた勢いのある演奏は、発表当時(1997年)には既に古臭いと感じさせかねない初期LED ZEPPELINのブルース・ロック寄りの演奏スタイルに新鮮味を感じさせるだけでなく、収録された数々の楽曲に新たな魅力を生み出しており、1970年前後にこれほどまでに強力な演奏を聴かせていたLED ZEPPELINの凄みを現在においても充分に感じさせられる内容になっています。


Disc 1
1. You Shook Me (1) *
2. I Can't Quit You Baby (1) *
3. Communication Breakdown (1) **
4. Dazed and Confused *
5. Girl I Love She Got Long Black Wavy Hair **
6. What Is and What Should Never Be ***
7. Communication Breakdown (2) ***
8. Travelling Riverside Blues ***
9. Whole Lotta Love ***
10. Somethin' Else **
11. Communication Breakdown (3) ****
12. I Can't Quit You Baby (2) ****
13. You Shook Me (1) ****
14. How Many More Times ****

* John Peel's Top Gear (Recording Date March 3, 1969)
** Chris Grant's "Tasty Pop Sundae" (Recording Date June 16, 1969)
*** John Peel's Top Gear (Recording Date June 29, 1969)
**** One Night Stand (Recording Date June 27, 1969)

Disc 2
1. Immigrant Song
2. Heartbreaker
3. Since I've Been Loving You
4. Black Dog
5. Dazed and Confused
6. Stairway to Heaven
7. Going to California
8. That's the Way
9. Whole Lotta Love
10. Thank You

Disc 2,all tracks : In Concert (Recording Date April 1, 1971)

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

Led Zeppelin 本作『BBC Sessions(BBCライヴ)』が発売されるまでは1976年に発表された『The Song Remains the Same永遠の詩)』が長らく唯一の公式ライブ盤でしたが、かつてNHK FMで放送された際のエア・チェック・テープやBBCが放送用プログラムとして各国のFM放送局等に貸し出していた為、多くの国で頻繁に放送されたことから数多く出回った海賊盤などで既に愛聴していた方も多いと思われる有名音源の公式リマスター盤です。
 LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の代表作『IV』発売前の録音がほとんどで、『IV』収録曲のアルバム発売前のライブ演奏や既に数々のライブで鍛え上げてきた1stから3rdアルバムまでの収録曲のライブ演奏が聴くことが出来ます。また、スタジオ盤のアルバムには収録されていませんが、初期のライブでアンコール曲として演奏されていた"Somethin' Else"なども初収録。
 またDisc 2は伝説となった1971年9月の初来日公演の僅か5ヶ月前の演奏が収録されており(ちなみに『Led Zeppelin IV』は1971年11月発表)、ラジオ放送用に各楽曲がコンパクトに抑えられているとは言え、良質な音で日本公演での衝撃的なステージの断片を垣間見ることが出来るという意味でも貴重。(海賊盤として初来日公演の音源も市場に出回っていますが、余程初来日公演に思い入れのある人以外は本作で充分ではないかと思います。)

John bonham 本作の聴き所は冒頭にも書いたとおり、初期LED ZEPPELINのブルース・ロック色の濃い演奏スタイルとライブ演奏ならではのワイルドでダイナミックな迫力ある演奏です。若きRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の何処までも突き抜けて行くかのようなハイ・トーン・シャウト。全キャリアにおいて一番ギターが弾けていた時期のJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)が弾きまくるヘヴィ・ブルーズやハード・ロック・ナンバー。スタジオ盤以上の迫力を持って聴く者に迫るJohn Paul Jones(b.ジョン・ポール・ジョーンズ)のベース・プレイと以降LED ZEPPELINを支え続けることになる才気溢れるマルチ・プレイヤー振り。そしてなんと言っても強力なのはJohn 'Bonzo' Bonham(d.ジョン・ボーナム)。スタジオ盤の製作時にはJimmy Pageのアイディアの実現の為、リズム・キープのリズム・マシン(それでも充分強力だったが)と化していたJohn Bonhamがアルバム発表後、ライブなどの実践を通して各楽曲を把握し、自らの解釈とプレイ・スタイルを詰め込んだ攻撃的で派手でダイナミックなドラム・プレイ。「ロック・ドラムはJohn Bonhamに始まりJohn Bonhamで終わる」と言われたJohn Bonhamのドラムの凄みはやはりライブ演奏ありきだったのだと再確認させてくれるアルバムになっています。
 また、本作収録曲とスタジオ盤との比較に加え、Disc 1に収録された複数の重複曲同士の比較も興味深く、わずか半年程度の間に楽曲に新たなアイディアが加えられて変化しており、1つとして同じ演奏になっていないのは常に進化し続けていたLED ZEPPELINの他のバンドとの大きな違いであり、一つの聴き所にもなっています。

*BBC Sessions(BBCライブ)はJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、THE WHO(ザ・フー)を始めとして、様々なバンドの音源が発売されており数多くの名盤を産み出しています。商品化に際して通常BBCはバンド側(もしくはメーカー)へはDATに落とした音源を渡しているらしいのですが、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)は特例でマスターテープを受け取っています。その為か、一連のBBS Sessionsモノの中では音の迫力、音質共に本作が白眉と言える作品に仕上がっています。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2007年03月20日

The Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002I3DThe Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film
Led Zeppelin
WEA International 1990-10-25

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1973年の全米ツアーのライブを撮影した劇場用映画『The Song Remains the Same』(狂熱のライヴ・1976年公開)のサウンドトラックとしてLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)活動中に唯一発表された公式ライブ・アルバム。しかし、サウンドトラックと言っても映画とは収録曲や曲順、そして別テイクの収録といった差異があり、単純に映画の音源を収録したというよりはライブ音源を利用してJimmy Page(ジミー・ペイジ)が新たに1つの作品として製作したアルバムといったほうが正しいかもしれません。
 1973年7月27日、28日、29日にMadison Square Garden(マディソン・スクェア・ガーデン)で行われたコンサートの各テイクを編集して収録されています。


1. Rock 'n' roll
2. Celebration day
3. Song remains the same
4. Rain song
5. Dazed and confused
6. No quarter
7. Stairway to Heaven
8. Moby Dick
9. Whole lotta love

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

Led Zeppelin 1973 発表当時は唯一の公式ライブという貴重な存在で、LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のライヴを聴きたい時の選択肢は(公式には)本作しかありませんでした。2003年に『The Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film/永遠の詩(狂熱のライヴ)』以上にハイ・テンションで高い演奏レベル、そしてなんと言ってもRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の全盛期のヴォーカルを聴く事が出来る1972年のライブを収録した『How the West Was Won伝説のライヴ)』(2003年)が発表された現在となっては本作の存在価値も薄れてしまっていますが、『How the West Was Won』を収録した1972年以降に発売された、メロトロンの導入でプログレッシブ・ロック色が強く、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンド内での活躍が目立つアルバム『Houses Of The Holy聖なる館)』(1973年)収録曲のライブ・ヴァージョンを聴く事が出来ること。名曲"Stairway to Heaven"(天国への階段)の出来も良く、ライヴ・ヴァージョンの決定版ともいえる内容を持っていることなどから、決して疎かには出来ないアルバムです。
 全体的に本作でのLED ZEPPELINの演奏は可も不可もなし、LED ZEPPELINのライヴとしては平凡なものと言わざるを得ませんが、下手な海賊盤に手を出すよりはきちんと編集を施された公式盤ということで音質的にも内容的にも無難。

 現在(2007年)LED ZEPPELINの公式ライブ音源は、1969年と1971年にイギリスBBCのラジオ放映用に収録された、初期ツェッペリンのブルーズ色が色濃く残る時期の『BBC Sessions』(1997年発表)、ロック・バンドとして絶頂期を迎えた時期の1972年『How the West Was Won』(2003年発表)、そして1973年のライブを収録した本作『The Song Remains The Same』(1976年)の3作が発表されていますが、可能であれば1975年以降の後期ツェッペリンの公式ライヴ音源も欲しいところ。しかし、この時期の演奏としては、有名な海賊盤の名盤("Destroyer"、"Listen to This Eddie"等)が幾つかあるとは言え、1975年以降はバンドの演奏レベルが著しく落ちてしまう時期でもあり(特にJimmy Page)、音源的に良い物が残っていない等の理由で実現は難しいのかもしれません。何とかJimmy Page(ジミー・ペイジ)お得意の音源発掘作業&編集で後期ツェッペリンのライブ総集編的な公式ライヴでも出してくれないかと長年待望しているのですが。。。。

 スタジオ盤では緻密な音作りをするLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のライブならではの勢いに任せた荒削りな演奏が魅力。代表曲"Rock And Roll"、"Stairway To Heaven"、"Whole Lotta Love"に加え、『Houses Of The Holy』収録曲で後期ツェッペリンのライヴでのオープニングを飾ることの多かった"Song remains the same"、"Rain song"、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)の弾くメロトロンが幻想的な"No quarter"他収録。


B000FFP2BCレッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [DVD]
レッド・ツェッペリン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-06-02

 1973年のMadison Square Garden(マディソン・スクェア・ガーデン)でのライブを中心に、各メンバーJimmy Page(ジミー・ペイジ)、Robert Plant(ロバート・プラント)、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)、John Bonham(ジョン・ボーナム)のイメージ映像などを挿入した劇場用映画。サウンドトラックと同様、1972年以降来日公演のなかったLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のコンサートの全貌を垣間見ることが出来ることと、『LED ZEPPLIN DVD』(2003年)が発売されるまでは唯一の貴重な公式映像であり、発表当時は各地の名画座やフィルム・コンサート等で頻繁に上映された人気プログラムでした。
 単なるコンサートの記録映画ではなく、映画冒頭や曲間などに「5人目のツェッペリン」と呼ばれた有名マネージャ-、Peter Grant(ピーター・グラント)や各メンバーのイメージ映像とプライベート映像が挿入された映像作品として製作されています。しかし、各メンバーがそれぞれ出演したイメージ映像については稚拙な演技に加えて、曲の途中で挿入される映像部分が余りにも長すぎるためメンバーの自己満足としか言えず、1~2度観れば飽きてしまうイメージ映像をカットして演奏シーンのみで構成して欲しかったというのがツェッペリン・ファンの本音かもしれません。(1984年に初ビデオ化)

 サウンド・トラックには収録されなかった"Black Dog"、"Since I've Been Loving you"も収録されています。


[2007/09/20 追記]

B000VWYNNWThe Song Remains the Same
[Original recording remastered]

Led Zeppelin
WEA International 2007-11-20

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の公式アルバムの殆どが1990年発表の4枚組ベスト盤『Led Zeppelin』発表時にリマスターされていたのにも拘らず、これまで唯一手がつけられずにいた『The Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film(永遠の詩/狂熱のライヴ』のリマスター盤が遂に発売。オリジナル盤収録曲に加えて、"Black Dog"(ブラック・ドッグ)、"Over the Hills and Far Away"(丘のむこうに)、"Misty mountain hop"(ミスティ・マウンテン・ホップ)、"Since I've been loving you"(貴方を愛しつづけて)、"Ocean"(オーシャン)、"Heartbreaker"(ハートブレイカー)の6曲を追加。ほぼ当時のセットリスト通りの完全版に近い形となりました。(2007年11月21日発売)
*"Ocean"はアンコール曲ですが、CD収録時間の関係からか、Disc1の最後に収録されています。


B000W6H26M【5,000セット限定生産】レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ リミテッド コレクターズ・エディション
ジョン・ボーナム.ジョン・ポール・ジョーンズ. ロバート・プラント.ジミー・ペイジ.ピーター・グラント. ピーター・クリフトン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-11-21

 1976年に公開された劇場用映画『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ』のデジタルリマスター版。(2007年11月21日発売)
 これまで未発表だったライブ映像"Celebration day"(祭典の日)、"Misty mountain hop"(ミスティ・マウンテン・ホップ)、"Over the Hills and Far Away"(丘のむこうに)、"Ocean"(オーシャン)の5曲に加えてメンバーのインタビューなどの特典映像を収録。
*2枚組DVDとヴィンテージTシャツ、ロビーカード(7枚)、オリジナル・プレミア招待状(復刻)、オリジナル・ツアー・スケジュール、プレスキット・フォトをセットにしたコレクターズ・エディション。


B000W6H26Cレッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)
ジョン・ボーナム.ジョン・ポール・ジョーンズ. ロバート・プラント.ジミー・ペイジ.ピーター・グラント. ピーター・クリフトン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-11-21

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2007年03月01日

Coda/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JSRCoda
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 John Bonham(Dr.ジョン・ボーナム)の急逝により1980年12月4日に解散したLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)が解散から2年後の1982年に発表した未発表曲などを集めた編集盤。
 録音時期がバラバラなのにも拘らず、アルバム全体を通して統一感を持たせた編集は見事。また、アルバム収録から洩れた楽曲を集めたとは言えLED ZEPPELINの場合は没曲ではなく、アルバムのイメージに合うかどうかという判断基準により収録曲を決定しているため、『Coda(最終楽章)』収録曲は他のアルバム収録曲に較べて決してクオリティーが劣るものはありません。実質的にはLED ZEPPELINのラスト・アルバムは『In Through the Out Door(イン・スルー・ジ・アウト・ドア)』という事になりますが、『In Through the Out Door』の延長線上のサウンドを聴く事は出来ないものの、本作は単なるアウトテイクの寄せ集め的なものではなく、現在においては『Coda』をラスト・アルバムという位置付けに置いても良いほどの充実度を持ったアルバムに仕上がっています。


1. We're Gonna Groove (Royal Albert Hall-1970/01/09 *guitar parts overdubbed)
2. Poor Tom (Album『Led Zeppelin III』未収録曲)
3. I Can't Quit You Baby (Royal Albert Hall-1970/01/09)
4. Walter's Walk (Album『Houses Of The Holy』未収録曲)
5. Ozone Baby (Album『In Through the Out Door』未収録曲)
6. Darlene (Album『In Through the Out Door』未収録曲)
7. Bonzo's Montreaux (1976 John Bonham drum instrumental with electronic effects added by Jimmy Page)
8. Wearing And Tearing (Album『In Through the Out Door』未収録曲)

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 『Coda(最終楽章)』の製作、発売に関してはLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が主催するスワンソング・レコード(1983年に活動を停止)がアトランティック・レコードとレーベル設立時に交わした「LED ZEPPELIN名義のアルバムを5枚リリースする」という契約を履行するためにJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)が未発表曲を中心に編集作業を行い、最終的にRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)、John Paul Jones(B,Key.ジョン・ポール・ジョーンズ)の協力を得て完成させています。
 解散後でプロモーション・ツアーを行えないものの、各種媒体による大々的なプロモーションによりビルボードのアルバム・チャートで6位、イギリスのチャートでは4位を記録。
*アルバムは1982年の前半には完成していたようですが、同時期にRobert Plantの初ソロ・アルバム『Pictures at Eleven11時の肖像)』(1982年)の発売が予定されていたため、発売時期が重ならないように配慮されて半年程度間隔を空けた1982年11月に発売されています。

 初期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のライブでオープニング曲として頻繁に演奏された"We're Gonna Groove"。1972年頃のライブでもDazed and Confusedの中間部分でリフ部分が既に披露されていた"Walter's Walk"。JimmyPage(G.ジミー・ペイジ)自身が気に入っている演奏、とインタビューで語った1st収録の"I Can't Quint Baby"のリハーサル・テイク(ライブ・テイクと言う説もあり)。JimmyPageとJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム)がモントルーのスタジオで行った実験的なドラム・サウンド"Bonzo's Montreux"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2007年01月29日

In Through the Out Door/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JSPIn Through the Out Door
Led Zeppelin
Warner 1994-08-18

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)主導で制作されたハード・ロックの決定版的アルバム『Presence(プレゼンス)』(1976年)から3年半、John Paul Jones(b,keyジョン・ポール・ジョーンズ)のアイディアと彼の弾くシンセサイザーYAMAHA GX-1を大幅にフューチャーした、John Bonham(d.ジョン・ボーナム)の死による解散がなければ、バンドの新時代の幕開けとなるはずだったLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の実質上のラスト・アルバム『In Through the Out Door(イン・スルー・ジ・アウト・ドア)』。(1979年発表)


1. In the evening
2. South bound saurez
3. Fool in the rain
4. Hot dog
5. Carouselambra
6. All my love
7. I'm gonna crawl

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

Led_Zeppelin_Knebworth.jpg LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の音楽性の進化、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンド内での台頭によってキーボードの使用頻度が徐々に高くなっていたとは言え、基本的にはそれまでギター主体のロック・ミュージックを聴かせていたLED ZEPPELINのサウンドが一転、キーボードの音が最も印象に残るアルバムになっています。それまでにも"自分たちの作りたいものを作る"といった姿勢を常に崩さず、自らの作ったバンドへのイメージを自ら覆すアルバムを何度も発表してきたLED ZEPPELINにとってもこれまでに無いほど大きな変化を見せたアルバムで、結果としてLED ZEPPELINのアルバムの中で最も語られることの少ないアルバムになってしまいましたが、音楽としての完成度は高く、"In the Evening"、"Carouselambra"、"All My Love"などの名曲も収録されており、John Bonham(ジョン・ボーナム)の死という悲劇がなければ、この後LED ZEPPELINがどのように進化して行くのかを期待させるに充分な魅力を持った内容になっています。
 アルバムはLED ZEPPELINの新作を待ち望んだファンに支えられ、ビルボード初登場1位を獲得、7週間その座を守ると共に、LED ZEPPELINの過去の作品9作全てがチャート200入りするという快挙を達成しました。

John Paul Jones 前々作『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』(1975年)に到るまでベーシスト、キーボード・プレイヤーとしてだけでなく、ソングライター、アレンジャーとしてもバンドに多大な貢献をしてきたJohn Paul Jones(b,key.ジョン・ポール・ジョーンズ)が前作『Presence(プレゼンス)』(1976年)でJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)に強引に押さえ込まれた鬱憤を晴らすかの如く大活躍を見せるアルバムです。Jimmy Pageのギター・リフを主体にして作られた楽曲もあるとは言え、全体的にサウンド面はJohn Paul Jones主導で製作されたためかハード・ロック色が薄れ、シンセサイザーを多用した"シンフォニック・ロック"といった感が強く、それまで使用していた音程が不安手な上にメンテナンスにも非常に気を使う必要のあったメロトロン、ハモンド・オルガンに加えてYAMAHAのシンセサイザー"GX-1"を手に入れることによって、ライブ演奏を前提とした楽曲のスタジオ録音作業の中でキーボード活用の幅が大きく広がったことも大きいのではないかと思われ、ある意味、日本のヤマハがLED ZEPPELINに作らせた作品と言っても良いかもしれません。
 また、Robert Plant(ロバート・プラント)の好みが反映された楽曲も数多く収録されており、"All My Love"を始めとしてLED ZEPPELIN解散後のソロ活動へ繋がるような楽曲が既にいくつか登場しています。また、初期の派手なヴォーカル・ラインは聴けないものの円熟味を増して上手さを感じさせるソウルフルな歌唱を聴かせてくれます。John Paul JonesとRobert PlantがJimmy Pageに反旗を翻したアルバム(もしくは、『Presense』製作の過程を踏まえてJimmy Pageが本作では身を引いたのかもしれません)とも言え、そこにZEPPELINをZEPPELINたらしめているJohn Bonham(d.ジョン・ボーナム)のドラムが加わることによって完成した作品です。

 こうした内容を考えるとRobert Plantが1990年代にJimmy pageとは再合体を果たしたのにも拘らず、各メンバーの思惑は色々とあるのでしょうが、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)と距離を置いているかのように見えるのは不思議でなりません。Jimmy PageにしろRobert Plantにしろ、バンド解散後のソロ活動でのサウンドを聴くと、John Bonham不在によるフロントマン二人の魅力減はもちろんですが、John Paul JonesがLED ZEPPELINで果たした功績が余りにも大きかったことが良く分かります。個人的には、別ページの"Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)"にも書いたのですが、未だに"Jimmy Page & Robert Plant"よりも"Robert Plant & John Paul Jones"での作品が聴きたかった、という思いがあります。

 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)というバンドの遊び心が感じられるサンバ風"Fool in the Rain"やロカビリー風"Hot Dog"。John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のシンセサイザーがフューチャーされた"In the Evening"、"Carouselambra"。Robert Plantのヴォーカルが光る"All My Love"、"I'm Gonna Crawl"他。


*LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)は前作『Presence(プレゼンス)』発表後、同年に映画『The Song Remains the Same(レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ)』を公開、同時に初のライブ盤であり、その後長らくLED ZEPPELINのライブ演奏を聴くことの出来る唯一の公式ライヴ・アルバムとなる映画のサントラ盤『Soundtrack From The Film : The Song Remains The Same - 永遠の詩(狂熱のライヴ)』を発表。バンドは衰えることの無いバイタリティで快進撃を続けていました。
 しかし、1977年のアメリカツアー中にRobert Plant(ロバート・プラント)の息子カラックが急逝。スタジオ録音の新作『In Through the Out Door(イン・スルー・ジ・アウト・ドア)』発表までに3年以上活動休止せざるを得なかった原因になっています。


B00005J8J5In Through the Out Door
Led Zeppelin
Atlantic 2003-06-02

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2006年12月31日

Presence/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JSJPresence
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 『Houses Of The Holy(聖なる館)』、『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』などのアルバムで多大な貢献をしたJohn Paul Jones(b,key.ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンド内での台頭により徐々に楽曲での使用頻度が高くなっていたシンセサイザー、キーボード、アコースティックを一切排除して初期のようなブルーズ、ロック路線に回帰し、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)主導で緊張感のあるソリッドなエレクトリック・サウンドを作り上げて後期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の代表作と評価されるとともに、そのシンプルながら重量感のあるサウンドで特にLED ZEPPELINにハード・ロック的なイメージを求めるファンに最も人気のあるアルバムとなったのが本作『Presence(プレゼンス)』です。(1976年発表)


1. Achilles Last Stand
2. For Your Life
3. Royal Orleans
4. Nobody's Fault But Mine
5. Candy Store Rock
6. Hots On For Nowhere
7. Tea For One

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 1975年2月から行われたアメリカ・ツアーは大成功を収め、2枚組の大作アルバム『Physical Graffiti』(1975年)も大ヒットしてLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)はその活動期間中で最も収益的にも人気的にもピークを迎えていましたが、8月から行われる同年2度目のアメリカ・ツアーを目前にしてギリシア・ロードス島でRobert Plant(vo.ロバート・プラント)が交通事故を起してしまい、更なるバンドの伝説を創り上げることになる筈だったアメリカ・ツアーを中止。LED ZEPPELINは人気絶頂期にも拘らずバンド活動休止に追い込まれてしまいます。
 その後、Robert Plantの回復を待って曲作りを開始。そして、ツアーの中止などで演奏機会の失われていたメンバーの演奏への欲求を爆発させるかの如く、僅か3週間という短い期間で制作されたのが本作『Presence(プレゼンス)』です。1曲目の"Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)"からラストまで、無駄な音を一切排除し、シンプル且つヘヴィーな音の塊を叩きつけたようなサウンドは正にヘヴィー・メタル・サウンド。多彩な音楽性を持つLED ZEPPELINのヘヴィーな面を強調した本作が後のヘヴィ・メタル・バンドに与えた影響は『LED ZEPPELIN II』以上に大きいのではないかと思われます。

 しかし、短い制作期間はバンドに緊張感と集中力をもたらしアルバムの出来に好結果を与えましたが、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)が蓄えたアイディアを再現するためだけに行われたかのような強引なレコーディングは、これまでのRobert Plant(vo.ロバート・プラント)とJohn Paul Jones(b.ジョン・ポール・ジョーンズ)のバンドへの貢献を無視するかのようにJimmy Pageの完全なるコントロール下で行われ、他のメンバーがアルバムの全体像を把握する事無く終了。Jimmy Pageにとっては傑作アルバムに仕上がったものの、Robert Plant、John Paul Jonesにとっては必ずしもベストのアルバムにはならなかったアルバムでもあります。(John Bonham/ds.ジョン・ボーナムに関しては他のメンバーの思惑に関係なく、ここでも最高のドラムを聴かせてくれます。)
 また、決して他の作品に較べて内容的に劣っているわけではないのにも拘らず、セールス的には大ヒットした前作『Physical Graffiti』のバラエティー豊かな内容に較べるとアルバムを通して単調なサウンドであり、また初の公式ライヴ盤ともなる映画『The Song Remains the Same永遠の詩)』(1976年)のサウンド・トラックと発売時期が重なったこともあり、英米ともにチャート1位は獲得するもののLED ZEPPELINにとっては内容の素晴らしさに伴わない最も売れなかった不運のアルバムになっています。

 John Bonham(ds.ジョン・ボーナム)のドラムを土台にJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)がギターを重ね、素晴らしいリフの数々を惜しみなく詰め込んでテンションの高い作品に仕上げた代表曲"Achilles Last Stand"。John Bonhamのファンク趣味全開の"Royal Orleans"。ヘヴィーなサウンドを聴かせる"Nobody's Fault But Mine"、ブルーズ・ナンバー"Tea For One"他収録。

B000002I3DThe Song Remains The Same: Soundtrack From The Led Zeppelin Film
Led Zeppelin
WEA International 1990-10-25

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2006年09月11日

Physical Graffiti/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002JSNPhysical Graffiti
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)が設立したSwan Song Records(スワン・ソング・レコード)から1975年に発表された2枚組アルバム『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』。新録音8曲に『Led Zeppelin III』から『Houses Of The Holy(聖なる館)』の間に録音された未発表曲7曲で構成。様々なジャンルの音楽を吸収し、ツェッペリン・スタイルにアレンジした多彩な楽曲が収録されています。また、全体的にシンプルに作られているのも特徴で、そのためブルース、ハード・ロックに回帰したかのようなサウンドに仕上がっており、『Led Zeppelin IV』と並んでLed Zeppelinの最高傑作に挙げる人も多いアルバムです。


Disc 1
(Side A)
1.Custard Pie
2.The Rover (Album『Houses Of The Holy』未収録曲)
3.In My Time Of Dying
(Side B)
4.Houses Of The Holy (Album『Houses Of The Holy』未収録曲)
5.Trampled Under Foot
6.Kashmir

Disc 2
(Side C)
1.In The Light
2.Bron-Yr-Aur (Album『Led Zeppelin III』未収録曲)
3.Down By The Seaside (Album『Led Zeppelin IV』未収録曲)
4.Ten Years Gone
(Side D)
5.Night Flight (Album『Led Zeppelin IV』未収録曲)
6.The Wanton Song
7.Boogie With Stu (Album『Led Zeppelin IV』未収録曲)
8.Black Country Woman (Album『Houses Of The Holy』未収録曲)
9.Sick Again

Jimmy Page.....g.ジミー・ペイジ
Robert Plant.....vo.ロバート・プラント
John Paul Jones.....b,key.ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham.....ds.ジョン・ボーナム

 デビュー以来、長らく多くの音楽評論家から酷評をされ続けてきたLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)ですが、このアルバムの収録曲の音楽性の多彩さとアルバム全体の完成度の高さからその評価が一転。「ロックそのものがここにある」(メロディー・メイカー)と言われるまでになり、以降発表済みのアルバムへの再評価も含め、正当な評価を得られるようになりました。
 最初に聴いた時には、あまりにも音楽的な幅が広すぎるため散漫な印象も受けかねない所もありますが、聴けば聴くほど染み渡るようにアルバムの良さが聴く側に伝わり、当初は気にも留めなかった楽曲の良さが分かってきたり、Led Zeppelinの音楽的な深さに気付かせられたりと聴くたびに新たな発見がある、正にLed Zeppelinの創作活動でのピークに制作されたアルバムであり、ロック、及びハード・ロックという音楽がひとつの大きな到達点に達成したアルバムではないかと思います。

 シンプルなリフの繰り返しながらドラマティック、且つ壮大な様相を見せる代表曲"Kashmir"。楽曲の出来も良く、アルバム・タイトル・ナンバーであったのにも拘らず何故前作に収録されなかったのかが不思議な"Houses Of The Holy"。ハード・ロック・ナンバー"Custard Pie"、"The Rover"、"The Wanton Song"。ヘヴィなブルーズ大作"In My Time Of Dying"。Jimmy Page(ジミー・ペイジ)のギター、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のキーボード、John Bonham(ジョン・ボーナム)のドラムが見事に絡み合い、ファンキーなグルーブを聴かせる"Trampled Under Foot"。製作途中ではツェッペリンの新レーベル名と同じ"Swan Song"という仮タイトルが付けられていた幻想的なバラード"Ten Years Gone"。インド風の幻想的なイントロで始まりルーズなヴォーカルとヘヴィ・リフへ繋げるなどドラマティックな構成で聴かせる"In The Light"他収録。

*現在はCD2枚組で聴くのが一般的ではないかと思いますが、(Led Zeppelinの全アルバムに対して言えることですが)楽曲の収録順にも気を配っていたLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の意図を正しく読み取るには、レコードでのA面、B面といった間を考えて聴くほうがアルバムをより楽しめるのではないかと思われます。CDで聴く際にも面ごとの間隔を感覚的に意識して聴いてみられてはいかがでしょうか。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2006年09月02日

Houses Of The Holy/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J0BHouses Of The Holy
Led Zeppelin
WEA International 1994-07-19

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)が1972年発表した通算5作目。現在では名盤の誉れの高い前作『Led Zeppelin IV』がアメリカのチャートで1位を取れなかったことから、アメリカの市場を意識したサウンド、そして前作以上にバラエティー豊かな楽曲が並んでいます。これまでの4作に比べるとダビングが多く、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)の弾くメロトロンの導入、リズムの多様化が特徴的なプログレッシブ・ロック的な要素も色濃く感じられるアルバムです。Robert Plant(ロバート・プラント)のヴォーカルにエフェクト処理がなされているのも印象的。
 アルバム『Houses Of The Holy(聖なる館)』はメンバーの思惑通りビルボードでチャートの1位を獲得し、40位以内にLed Zeppelinのアルバム中では最長の39週とどまるという記録を作りました。


1. Song Remains the Same
2. Rain Song
3. Over the Hills and Far Away
4. Crunge
5. Dancing Days
6. D'Yer Mak'er
7. No Quarter
8. Ocean

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のメンバーのインスピレーションが絶好調の時期に制作された『Houses Of The Holy』ではイマジネーションに溢れた新曲がアルバムに入りきらないほど数多く生まれています。そこでアルバムの収録曲には「楽曲の出来の良し悪し」ではなく「アルバム全体のイメージ」を重視して厳選され、例えばアルバム・タイトルとなった"Houses Of The Holy"ですらアルバムのイメージに合わなくなった為に次作『Physical Graffiti』(1975)に回されています。
 他にもこの時に録音された楽曲では"The Rover"、"Black Country Woman"の2曲が『Physical Graffiti』、"Walter's Walk"がLed Zeppelin解散後に発表された『Coda』(1982)に収録されました。

 最高傑作として推す人の多い『IV(フォー・シンボルズ)』、『Physical Graffiti(フィジカル・グラフィティ)』に挟まれていますが、個人的には多彩な作風を持つがゆえにその時の気分によって好きなアルバムが変わるLed Zeppelinのアルバムの中で『Houses Of The Holy』は常にベスト3に入る作品です。1曲目の"Song Remains the Same"から2曲目の"Rain Song"への流れはLed Zeppelinの創作活動のひとつのピークではないかと思いますし(この2曲だけでも『Houses Of The Holy』は名盤と言えます)、その他の収録曲も後期ツェッペリン・サウンドの基盤となるアイディアの宝庫です。

 衝撃的なJimmy Page(ジミー・ペイジ)のギター・リフにJohn Bonham(ジョン・ボーナム)のドラムとJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のベースがタイトに反応する、後期Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のライブでオープニング曲として演奏されることも多かった疾走感溢れるナンバー"Song Remains the Same"。メロトロンの音色が効果的に響く幻想的な"Rain Song"、"No Quarter"。牧歌的なアコースティック・ギターから始まり突如としてヘヴィ・リフが炸裂する"Over the Hills and Far Away"。ツェッペリン風レゲエ・ナンバー"D'Yer Mak'er"。ファンク風"Crunge"他収録。
*ちなみにレゲエのパロディー風演奏の"D'Yer Mak'er(ディジャ・メイク・ハー)"は英国風の発音だと「ジャマイカ」に近い発音となり、「英国人が演奏するレゲエ(ジャマイカが発祥の地)」というジョーク。また、「遊びで録音した曲をアルバムに入れるのか」とJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)が憤慨したとも言われる曲です。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2006年08月30日

Led Zeppelin IV/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J09Led Zeppelin IV
Led Zeppelin
Warner 1994-07-21

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1971年に発表されたLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の代表作。クラシック界の巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤンが絶賛したという代表曲"Stairway to Heaven(天国への階段)"など、収録各曲の完成度の高さはもちろん、『Led Zeppelin I』『II』でのブルーズを再構築したハード・ロック、『III』でフューチャーされたアコースティックな部分など、バンドの持つ様々な音楽的ルーツをさらにツェッペリン風に消化した『I』から『III』までの集大成ともいえるバラエティ豊かな楽曲群とJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)のアイディアの広がりが感じられる多彩なリフが収録されており、ジャケットにタイトル、グループ名、レーベル名などを一切記載せずに発売したLed Zeppelinのメンバーの自信が頷ける名盤中の名盤。Led Zeppelinが単なるハード・ロックバンドではないことを証明した傑作アルバムです。
*アルバム・タイトルについては表記だけでなく正式なタイトル自体も無いため、発売当時にアルバム・チャートの表記などで便宜上使われたメンバー4人のシンボルマークから、通称『Four Symbols(フォー・シンボルズ)』と呼ばれることが多いようです。


1. Black dog
2. Rock 'n' roll
3. Battle of Evermore
4. Stairway to Heaven
5. Misty mountain hop
6. Four sticks
7. Going to California
8. When the levee breaks

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 現在はCDが一般的であるためレコードを裏返す"間"は無くなってしまいましたが、"ブラック・ドック"で始まり"天国への階段"で終わるA面とそれに続く"ミスティ・マウンテン・ホップ"のピアノで始まるB面、というレコードでの曲の並びも「これしか無い」というような絶妙な楽曲配置。あらゆる面で考えつくされて作られているアルバムであり、楽曲単位ではなくアルバム単位で語られるべき作品です。

 『Led Zeppelin IV』の収録曲では"Stairway to Heaven(天国への階段)"があまりにも傑作であるため、この曲ばかりが特出して語られることが多いのですが、"Black dog"、"Rock 'n' roll"を始めツェッペリンのライブでの定番曲も数多く収録されており、アコースティック・ナンバーも『III』収録曲以上の傑作揃いで聴き応えのあるアルバムです。『Led Zeppelin I』から『III』までの集大成的な要素、そして『III』までの作品のセールスに加え大規模なライブ・ツアーで商業的な成功を成し遂げるとともに、Jimmy Page(g.ジミー・ペイジ)がバンド結成以前から持っていた音楽的欲求をデビューからの3作品で全て吐き出し、Led Zeppelinが新たな方向に向かい始めた幕開け的な要素を併せ持っています。
 但し、(間違いなくロック・アルバムの名盤ではありますが)各媒体等での「名盤紹介」などでLed Zeppelinのこのアルバムを知り、ある種の先入観を持ってしまって聴く、また(『III』同様に)レッド・ツェッペリンのハード・ロック的な部分だけを求めて聴くと(「名盤」としての評価は)難しい部分もあり、レコードだとA面だった4曲目までについては有名曲が続けて収録されていることと圧倒的な構成力で聴かされてしまうものの、B面(5曲目以降)に関しては楽曲の出来が落ちているわけではないのですが、人によってはアルバムを聴く前に持っていた先入観によって実際にアルバムを聴いた際のギャップ、またサウンド的にも地味に感じられて好みが分かれる部分です。
 ブルーズ、R&B、ハード・ロック、フォーク、トラッド、そして今で言うワールド・ミュージックなど、メンバーの音楽的ルーツや好みを貪欲に取り入れ、しかもそれをきちんと消化して作品として発表してきたLed Zeppelinの音楽的本質を聴く側もきちんと理解して聴いてこそ初めて名盤たりえるアルバムではないかと思います。そういう意味ではLed Zeppelinの音楽はロックという1つのジャンル(人それぞれに捉え方は違うと思いますが)の枠の中で語られるものではなく、Led Zeppelinというジャンルに属する音楽なのかもしれません。

 ハード・ロック・ナンバー"Black dog"、"Rock 'n' roll"。フォークとハード・ロックの融合に成功した永遠の名曲"Stairway to Heaven"。Robert Plant(vo.ロバート・プラント)とゲスト参加のSandy Denny(サンディー・デニー/FAIRPORT CONVENTION/フェアポート・コンベンション)の掛け合いが見事なアコースティック・ナンバー"Battle of Evermore"。ヘヴィなポップナンバー"Misty mountain hop"。ライブのアコースティック・セットで必ず演奏された"Going to California"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2006年08月20日

Led Zeppelin III/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J1ULed Zeppelin III
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 ヘヴィなサウンドのイメージの強かったLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が、前2作のサウンドから一転してアコースティックの曲を多数収録したことにより発売当時賛否両論を呼んだ1970年発表の3作目
 "Immigrant Song"など、前2作と同様の路線の曲も収録されていますが、全体的にハード・ロックを期待して聴くと地味な印象があるかもしれません。しかし、各曲の出来は素晴らしく、LED ZEPPELINを初めて聴く人が最初に聴くべきアルバムではありませんが、人気作品を何枚か聴いてLED ZEPPELINの音楽に嵌った時に聴くと初めてその魅力が分かる、というツェッペリン・サウンドの根底にある部分がストレートに前面に現れた、聴けば聴くほど味の出る深みのあるアルバムです。


1. Immigrant song
2. Friends
3. Celebration day
4. Since I've been loving you
5. Out on the tiles
6. Gallows pole
7. Tangerine
8. That's the way
9. Bron Y Aur stomp
10. Hats off to (Roy) Harper

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の1st、2ndでも既に小出しに出されていたトラディショナル系の音楽が本作ではメインとなっており、発売当時は賛否両論を呼んだものの、この後の『Physical Graffiti』(1975年・6作目)ぐらいまでの流れから考えると3作目にこのアルバムが入るのは違和感がありません。また、セールス的には1st、2ndには及ばなかったにせよ、歴史的名盤『IV』を産み出すためには不可欠だったアルバムでもあり、楽曲の良さと合わせてもう少し評価されても良いのではないかと思われるアルバムです。
 しかし、(LED ZEPPELINのファンの方なら良くご存知のように)1つのジャンルの枠に収まりきらない音楽性を持っているにも拘らず、解散してから何年もの月日を経ても一般的には未だに"ヘヴィ・メタルの元祖"などとハード・ロック的な面ばかりが強調されてしまうバンドとしては、この3作目のアルバムが"地味なアルバム"、"異色作"として片付けられてしまうのは仕方が無いことなのかもしれません。
(感覚的なものなので上手く文章に出来ませんが、個人的には「LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)は稀代のポップ・バンドである」と考えています。)

 エレキ・ギターだけでなく、各種オープン・チューニングを多用したアコースティック・ギターでのプレイにも定評のあるJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)ですが、本作『Led Zeppelin III』でも本領発揮。なかなか面白いアコースティック・サウンドを聴かせてくれます。また、当時Jimmy Pageが気に入っていたというNeil Young(ニール・ヤング)、Stephen Stills(スティーヴン・スティルス)が在籍したウエストコースト・ロックの始祖"Buffalo Springfield"(バッファロー・スプリングフィールド)、"Pentangle"(ペンタングル・イギリスのフォーク・ロック・バンド)のJohn Renbourn(g.ジョン・レンボーン)、そして特にBert Jansch(g.バート・ヤンシュ)から影響が色濃く感じられ(『III』だけでなく初期ツェッペリンのアコースティック・ナンバーのいくつかにも)、あまりにもストレートに反映された部分もあり、『III』の楽曲群やLed Zeppelinのアコースティックな部分に魅力を感じられた方は、あわせてBuffalo Springfield、Pentangleのアルバムも聴くとより一層楽しめるかもしれません。

 前作までのハード・ロック路線の"Immigrant Song"。且つ哀愁漂うブルーズ・ナンバー"Since I've Been Loving You"。トラッドからの影響を色濃く感じさせる"Gallows Pole"、"Bron-Y-Aur Stomp"、Roy Harper(ロイ・ハーパー)に捧げられた"Hats Off To (Roy) Harper"他収録。


B000002IAMBuffalo Springfield Again
Buffalo Springfield
Atco 1990-10-25


B000057OWCThe Pentangle
Pentangle
Castle 2001-05-21


関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年08月03日

Live at the Greek/JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES (ジミー・ペイジ&ザ・ブラック・クロウズ)

B00004U45GLive at the Greek
Jimmy Page & The Black Crowes


 ライブでLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の曲をレパートリーとして演奏していたTHE BLACK CROWES(ザ・ブラック・クロウズ)のコンサートに元LED ZEPPELINのJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)が飛び入りで参加してギターを弾いたことをきっかけに生まれたプロジェクト。このアルバムはJIMMY PAGE & THE BLACK CROWESの全米ツアーの中からLAグリーク・シアターで行なった演奏を収録したライブ・アルバムです。(2000年発表)
 全20曲中14曲がLED ZEPPELINのナンバー。アルバム発表当初はインターネットでの通信発売、ダウンロード販売という形態がとられていました。

Disc 1
1.Celebration Day (Led Zeppelin)
2.Custard Pie (Led Zeppelin)
3.Sick Again (Led Zeppelin)
4.What Is and What Should Never Be (Led Zeppelin)
5.Woke up This Morning
6.Shape of Things to Come (Yardbirds)
7.Sloppy Drunk
8.Ten Years Gone (Led Zeppelin)
9.In My Time of Dying (Led Zeppelin)
10.Your Time Is Gonna Come (Led Zeppelin)

Disc 2
1.Lemon Song (Led Zeppelin)
2.Nobody's Fault But Mine (Led Zeppelin)
3.Heartbreaker (Led Zeppelin)
4.Hey Hey What Can I Do (Led Zeppelin)
5.Mellow Down Easy
6.Oh Well
7.Shake Your Moneymaker
8.You Shook Me (Willie Dixon,Led Zeppelin 1st)
9.Out on the Tiles (Led Zeppelin)
10.Whole Lotta Love (Led Zeppelin)
*日本盤には"In The Light""Misty Mountain Hop"の2曲がボーナス・トラックとして収録されています。
ライヴ・アット・ザ・グリーク [日本盤]

 THE BLACK CROWES(ザ・ブラック・クロウズ)はLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のテイクに忠実な演奏をしており、THE BLACK CROWESのChris Robinson(Vo.クリス・ロビンソン)のヴォーカルもRobert Plant(ロバート・プラント/LED ZEPPELIN)とは声質、スタイルともに違うのにもかかわらず意外にLED ZEPPELINの曲にマッチしています。(その上自分の個性も充分にアピールしている、というのはChris Robinsonの上手さの証明でもあると思います。)ただし、John Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)と比べること自体が可哀想な事ですが、やはりLED ZEPPELINの曲でのドラムが気になってしまうのは仕方が無いことかもしれません。(ドラムも決して悪い演奏ではありません。)

 LED ZEPPELINのスタジオ録音盤ではギターが何本も多重録音されていることが多く、ライブではJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)がどのラインを弾くのか、というのもライブ盤(海賊盤含む)を聴く楽しみの一つでしたが、このアルバムではギタリストがTHE BLACK CROWESのRich Robinson(G.リッチ・ロビンソン)等と合わせて3人。THE BLACK CROWESがJimmy Pageを交えてどのようにLED ZEPPELINの曲を演奏するのか、ということと共にギタリスト3人のコンビネーションという部分でも大きな興味でしたが、ギタリストが3人いることでかなりスタジオ盤に近いアレンジを再現しており、LED ZEPPELINのライブとはまた違った重厚さが生まれ、LED ZEPPELIN解散以降年々不安が増し続けてきたJimmy pageのライブ演奏といった面でも好結果を生んでいます。BLACK CROWESのギタリスト2人が生真面目とも言えるほどギターをきちんと弾いているのが好サポートとなりJimmy pageの負担(?)を軽くしているのではないかと思います。
 全体的にLED ZEPPELINのハード・ロックな部分を期待するファンにとっては『Jimmy page & Robert Plant(ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)』のプロジェクト以上にLED ZEPPELINらしい演奏でしたが、Jimmy pageが参加しているとはいえ多くのLED ZEPPELINファンの心情は微妙だったかもしれません。(但し、LED ZEPPELIN云々と深く考えずに聴くことが出来ればTHE BLACK CROWESの演奏も素晴らしく充分に満足できる内容です。)

 来日公演も決定してチケットも販売されていたにもかかわらず、Jimmy page本人の椎間板ヘルニアの病状悪化を理由に全米ツアー途中で残りの公演とヨーロッパツアーがキャンセルされ、その後来日公演の中止が発表されました。このプロジェクト後、Jimmy pageはまたLED ZEPPELIN時代の音源&映像発掘作業には入ることになります。(2003年に『LED ZEPPELIN DVD』『How the West Was Won』として発表。)

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年07月31日

No Quarter/Jimmy Page & Robert Plant (ジミー・ペイジ&ロバート・プラント)

B000002J34No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded
Page & Plant
Atlantic 1994-11-08

No Quarter [試聴]iTunes Music Store


 1994年、遂に実現したLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の2人のフロントマン、Jimmy page(G.ジミー・ペイジ)とRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)のプロジェクト。Robert Plantのバック・バンドにLondon Metropolitan OrchestraEgyptian ensembleを加えた編成で行われた「MTVアンプラグド」のためのライブ・パフォーマンスを中心に編集されています。新曲4曲に新たにアレンジされたLED ZEPPELIN時代の楽曲10曲を収録。(US盤、UK盤では全13曲)
 ドラマティックな展開で圧巻のパフォーマンスを聴かせるLED ZEPPELIN時代の代表曲"Kashmir"他収録。(1994年発表)


1.Nobody's Fault But Mine
2.Thank You
3.No Quarter
4.Friends
5.Yallah
6.City Don't Cry
7.Since I've Been Loving You
8.Battle of Evermore
9.Wonderful One
10.That's the Way
11.Gallows Pole
12.Four Sticks
13.Kashmir
*日本盤や後年発売されたUS盤などにはボーナス・トラックとして10曲目に"Wah Wah"が収録されています。

 Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)とRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)のプロジェクトという事に加えLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の楽曲を演奏という事になるとファンはどうしてもLED ZEPPELINのハード・ロック・サウンドを期待してしまいますが、期待されすぎたことで損をしているアルバムです。基本的に「MTVアンプラグド」向けの演奏ですし、バンドの編成を見ても分かるようにバック・バンドとLondon Metropolitan Orchestra(ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ)やEgyptian ensemble(エジプシャン・アンサンブル)の参加など、LED ZEPPELINとは別物として聴くべきアルバムでした。また、実験的な要素も多く、どちらかと言えばRobert Plantの好み及び意向がより強く反映されており、ファンの期待とは裏腹にJimmy PageとRobert Plantによる新しいサウンドの模索といった意味合いの強いサウンドになっています。LED ZEPPELINの再結成ではなく、あくまでもJimmy PageとRobert Plantによるプロジェクトであるということを強調したかったのかもしれません。
(但し、アルバム発表後のワールド・ツアーではよりハード・ロック色の強い演奏に変わっており、LED ZEPPELINのファンとしては喜ばしいものの、このアルバムでのサウンドはいったいどういう趣向だったのか、と思わせられるところもありました。)

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年07月29日

John Paul Jones solo works (ジョン・ポール・ジョーンズ)

Music from The Film:Scream For Help (1985)

"Music from The Film:Scream For Help"
 LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)解散後、ベースとキーボードを担当していたJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)が発表した初のソロ・アルバムJimmy Page(G.ジミー・ペイジ/LED ZEPPELIN)同様映画のサウンド・トラック。映画自体はヒットしなかったもののJimmy Pageが2曲、YESイエス)のJon Anderson(Vo.ジョン・アンダーソン)が2曲でヴォーカルとして参加するなどメンバーは豪華。特筆なのは元PENTANGLE(ペンタングル)のJohn Renbourn(ジョン・レンボーン)といった渋めのミュージシャンの参加。John Renbournは3曲でプレイしてアルバムに彩りを加えています。

 Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ/LED ZEPPELIN/レッド・ツェッペリン)の"Death Wish II"に比べるとJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のこのアルバムは全9曲中6曲がヴォーカル入りで、内容的にもサウンド・トラック的な印象は薄くLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)後期から使用の目立ってきたシンセサイザーが多用されていますが全体的にはハードな音作りとなっており、LED ZEPPELINを彷彿させるような楽曲も収録されています。またJimmy Pageがギター・プレイ、楽曲作りにおいてかなりの影響を受けていたと思われる元PENTANGLE(ペンタングル)のJohn Renbourn(ジョン・レンボーン)等の参加もLED ZEPPELINファンとしては興味深いところです。
 YES(イエス)のJon Anderson(Vo.ジョン・アンダーソン)が歌うロックン・ロール・ナンバー"Silver Train"、当時としては貴重なJohn Paul Jonesのヴォーカルが聴ける"Bad Child"他収録。

Zooma (1999)

B00001IVKRZooma
John Paul Jones
Discipline 1999-09-14

 John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)の2ndソロ・アルバム。前作から14年振りの1999年にKING CRIMSONキング・クリムゾン)のRobert Fripp(G.ロバート・フリップ)が主宰するGDM(グローバル・ディシプリン・モービル)から発売されました。今作ではヴォーカルを一切排し、全曲インストゥルメンタルとなっていますが、ハード・ロック、ブルース・ロックなど内容は前作以上に多彩。一曲めの"Zooma"からベースでの激しいヘヴィ・リフを聴かせてくれます。
 当時KING CRIMSON在籍のTrey Gunn(Stick.トレイ・ガン)との激しいインプロヴィゼーションの応酬を聴かせる"The Smile Of Your Shadow"、"B.Finger"他収録。


The Thunderthief (2001)

B00005Y0OMThunderthief
John Paul Jones
Discipline 2002-02-18

 前作に続きRobert Fripp(ロバート・フリップ)のDGMより発売された3rdアルバム。『Zooma(ズーマ)』発表後のワールド・ツアーに参加したメンバーを中心に制作されています。ゲストとしてRobert Fripp(G)等が参加。
 基本的には『Zooma』から続く路線のサウンドながら、より多彩なJohn Paul Jonesの才能の幅広さを感じさせ、バラエティー豊ながらも「さすがJohn Paul Jones」と思わせる統一感のある内容になっています。また、9曲中4曲でJohn Paul Jones自ら味のあるヴォーカルを聴かせてくれます。しかし、これだけのサウンド聴かせられると、Robert Plant(Vo.ロバート・プラント/LED ZEPPELIN)、の歌で聴きたかったと思わずにはいられません。
 正にハード・ロック!Robert Frippの激しいギター・プレイが聴きものの"Leafy Meadaws"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

Coverdale-Page/COVERDALE-PAGE (カヴァーデイル-ペイジ)

B000000OT1Coverdale & Page
COVERDALE & PAGE


Coverdale-Page [FROM UK]

 元LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)が当時同じゲフィン・レーベルに所属していた元DEEP PURPLEディープ・パープル)〜WHITESNAKEホワイトスネイク)のDavid Coverdale(vo.デイビッド・カヴァーデイル)と1993年に結成したプロジェクト"COVERDALE-PAGE(カヴァーデイル・ペイジ)"が発表した唯一のアルバムです。


1.Shake My Tree
2.Waiting On You
3.Take Me For A Little While
4.Pride And Joy
5.Over Now
6.Feeling Hot
7.Easy Does It
8.Take A Look At Yourself
9.Don't Leave Me This Way
10.Absolution Blues
11.Whisper A Prayer For The Dying

 レコーディングへの参加メンバーはJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)、David Coverdale(Vo.デイヴィッド・カヴァーデイル)の他にセッション・ミュージシャンのJorge Casas(B.ジョージ・カーサス)、HEART(ハート)のDenny Carmassi(Ds.デニー・カーマッシ)を基本メンバーに数曲でJohn Sambataro(Key)、Lester Mendez(Key)、Ricky Phillips(B)等が参加しています。
 Robert Plant(Vo.ロバート・プラント/LED ZEPPELIN)の代わりとしてDavid Coverdaleを配したかのような編成とWHITESNAKE(ホワイトスネイク)時代にツェッペリン・クローン(Robert Plantも非難めいたコメントを残しています)として叩かれることもあったDavid CoverdaleとJimmy Pageの合体は驚きと賛否両論を呼びましたが、サウンド的には良質なブリティッシュ・ハード・ロック・アルバムに仕上がっています。但し、David CoverdaleがRobert Plantの歌い方を意識したのではと感じさせられる場面も多く、Robert Plantの代理という感は拭えません。全曲共作の上、WHITESNAKEスタイルの楽曲も入っているとはいえ、基本的にはペイジ主導で90年代型LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)を目指したアルバムなのかもしれません。後のRobert Plantとのユニットに比べると、変にLED ZEPPELINを意識しすぎてLondon Metropolitan Orchestra(ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ)とEgyptian ensemble(エジプシャン・アンサンブル)をバックに従えてLED ZEPPELIN時代の曲を新たにアレンジを変えて演奏する、という試行錯誤したかのような印象を受ける"Jimmy Page & Robert Plant"より"COVERDALE-PAGE"の方がサウンド、志向ともにストレートです。

 このプロジェクト"COVERDALE-PAGE(カヴァーデイル-ペイジ)"の結成についてはWHITESNAKEホワイトスネイク)を解散させたDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァーデイル)のゲフィンとの残りの契約を処理するため、レーベル・サイドからの働きかけも大きかったのではないか、とも言われていますが、現在では評価すらされにくいこのアルバムでJimmy Page、David Coverdale、二人の一流ミュージシャンが作り上げたサウンドは決して完成度の低いものではありません。(但し、移動が少なく、集客も見込め、手っ取り早く稼げる日本公演だけ行った、というのはその時点でJimmy Pageの目が既に次のRobert Plant(ロバート・プラント/ex.LED ZEPPELIN)とのユニットに向いていたのではないか、という感じもします。)
 セールス的にも全米5位、全英4位を記録し、Jimmy PageとしてはLED ZEPPELIN以来のヒット・アルバムになりましたが、アルバム発売後に日本での公演を行ったのみでDavid Coverdaleとのプロジェクトは自然消滅。そして翌年の1994年、遂にJimmy PageはRobert Plantとのユニット結成へと向かうことになります。
 完成度の高い名作バラード"Take Me For A Little While"、Jimmy Pageのリフ・メイカーとしての面目躍如"Shake My Tree""Waiting On You"、疾走感溢れる"Feeling Hot""Absolution Blues"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧
関連記事 - Deep Purple 記事一覧


| HOME |

2005年07月28日

Jimmy Page solo works 1980-1992 (ジミー・ペイジ)

Outrider (1988)

B000000OYQOutrider
Jimmy Page


Outrider [試聴]iTunes Music Store


 Paul Rodgers(Vo.ポール・ロジャース)との"The Firmザ・ファーム)"が自然消滅した後の1988年に発表されたJimmy Page(ジミー・ペイジ)のソロアルバム。1982年にも映画のサントラ盤として"Death Wish II"が発表されていますが本格的なソロ・アルバムとしてはLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)解散後初となるアルバムです。

 個性的なJimmy Page(ジミー・ペイジ)のギターが満載のアルバムで、ブルース・ロックを基本とした70年代への原点回帰ともいえる渋めのハード・ロックを聴かせてくれます。しかし、LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)時代と同様にJimmy Pageのリフにヴォーカルが乗るというスタイルは変わらないものの、LED ZEPPELIN時代の成功はJimmy Pageの才能だけでなく他の3人の個性、才能に因るところも大きかったと感じさせる部分も多く、聴く人を選ぶアルバムかもしれません。

 レコーディングへの参加メンバーは故John Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)の息子であるJason Bonham(Dr.ジェイソン・ボーナム)、Felix Krish(B.フェリックス・クリッシュ)、The FirmのメンバーだったTony Franklin(B.トニー・フランクリン)、Chris Farlow(Vo.クリス・ファーロウ、"Death Wish II"にも参加)、John Miles(Vo.ジョン・マイルス)他。Jimmy Page(ジミー・ペイジ)もアルバム発表後には精力的にツアー行いましたが、LED ZEPPELIN時代のような成功は収めることが出来ず、セールス的にも振るいませんでした。
*ツアーにはJason Bonham(D)、John Miles(vo)、Tony Franklin(B)等が参加しています。
 Robert Plant(Vo.ロバート・プラント/LED ZEPPELIN)がゲスト参加した"The Only One"他収録。


The Original Soundtrack: Death Wish II (1982)
JimmyPage_DeathWishII.jpg LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)解散後、メンバーの中で一番最初にJimmy Page(ジミー・ペイジ)が発表したソロ・アルバムは、なんとCharles Bronsonチャールズ・ブロンソン)主演のアクション映画のサウンド・トラック。(1982年)
 映画のサントラということもあり、ヴォーカルの入った曲は少なく3曲。うち2曲で元COLOSSEUM(コロシアム)のChris Farlowが参加しています。どちらかと言えばバンド・サウンドというより、Jimmy Pageのコンポーザー的な面が強調されているアルバムです。
 1982年には後天性側索硬化症を発症した元FACES(フェイセズ)のRonnie Lane(ロニー・レイン)の呼びかけで行われ、元YARDBIRDS(ヤードバーズ)の3人のギタリスト、Eric Clapton(G.エリック・クラプトン)、Jeff Beck(G.ジェフ・ベック)、Jimmy Pageが一堂に会し、Jimmy Page自身もLED ZEPPELIN解散後初となるステージにもなったチャリティー・イベント「A.R.M.S.コンサート」に出演。このコンサートでも"Staiway To Heaven"(インストルメンタルで演奏)と共にこのアルバムから"Prelude"、"Who's To Blam"などが演奏されています。
 イギリスでのコンサートは好評で、引き続き1983年にアメリカ公演も行われ、イギリス公演でJimmy Pageのバンドのヴォーカルを務めたSteve Winwood(スティーブ・ウィンウッド)に替わり、アメリカ公演では元FREEフリー)〜BAD COMPANY(バッド・カンパニー)のPaul Rodgers(Vo.ポール・ロジャース)が参加。Jimmy Page、Paul Rodgersの共作による"Midnight Moonlight"が演奏されるなど、1985年の"The Firm"結成へと繋がっていきます。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年07月04日

Robert Plant solo works 1985-1993 (ロバート・プラント)

Shaken 'N' Stirred (1985)

B000002JKSShaken 'N' Stirred
Robert Plant


 1985年発表、Robert Plant(ロバート・プラント)の3rdアルバム。今回はゲストを迎えずバック・バンドのメンバーのみで制作し、よりLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)色から脱却したサウンド作りをしています。Robert Plantもこのアルバムの出来に自信を持っていたのかアルバムから3曲をシングル・カット。しかし、プロモーション・ツアーもこれまで以上に力を入れて行うものの、セールス的には振るわず。

 Robert Plant(ロバート・プラント)はこの作品で大胆に当時最先端のサンプリング等の録音技術を取り入れ、前2作とは趣向の違う作品に仕上げていますが、全体的には地味な印象。また、ライブ・エイドでのLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)再結成後のアルバムのため、LED ZEPPELINファンが正式な再結成を一番期待していた時期でもあり、LED ZEPPELIN色の希薄なサウンドはファンから受け入れられ難かった、というのは間違いの無いところです。再結成を否定し続け独自の音楽の確立を目指していたRobert Plantとしては、なんともしがたいジレンマを感じるアルバムになったのではないでしょうか。

Now & Zen (1988)

B000002JLXNow & Zen
Robert Plant


 前作のセールス的な不振からか、ファンのLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)への期待感からは逃げられないとでも悟ったかのようなハード・ロック・サウンドを聴かせる1988年発表の4thアルバムJimmy Page(G.ジミー・ペイジ/LED ZEPPELIN)も"Heaven Knows"、"Tall Cool One"の2曲に参加。特に"Tall Cool One"ではLED ZEPPELINの曲をサンプリングして曲中で使用しており、ファンのLED ZEPPELIN再結成への期待を更に高めた作品です。セールス的にも好評で全米チャート5位を記録。
 Robert Plantがツェッペリン色からの脱却を目指してきたこれまでの流れからは逆行するものの、作品としてはポップな曲、ハードな曲が適度にちりばめられており、Robert Plantのヴォーカリストとしての魅力が堪能できるアルバムで、個人的には1980年代のRobert Plantのソロ・アルバムの中ではベストだと思います。

Manic Nirvana (1990)

B000002JNGManic Nirvana
Robert Plant


 『Now and Zen』の成功を受けて前作の延長線上のサウンドで制作されたRobert Plant(ロバート・プラント)5thアルバム(1990年)。前作以上にソリッドなハード・ロックを聴かせますが、改めてLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)再結成を否定するかのように今作ではゲストを迎えずRobert Plantのバック・バンドのみでレコーディングされています。しかし、"Your Ma Said You Cried In Your Sleep"ではLED ZEPPELIN時代の"Black Dog"の歌詞を盛り込むなど、ただ単に遊び心なのか、狙っているのか、はたまたRobert Plantの迷走具合を表しているのか、とファンを惑わせ、且つ煽るような仕掛けも入っています。
 このアルバムと前作『Now and Zen』に関しては、自らのLED ZEPPELIN時代を闇雲に否定せず「これぞRobert Plantの音楽だ」と言い切ってもらっても良かったと思えるの程のアルバムに仕上がっており、渋い大人のロックを聴かせてくれます。

Fate of Nations (1993)

B000002JQPFate of Nations
Robert Plant


 Jimmy Pageが元DEEP PURPLE(ディープ・パープル)のDavid Coverdale(Vo.デイヴィッド・カヴァーディル)と「Coverdale-Page」を結成しアルバムを発表した1993年Robert Plant(ロバート・プラント)が発表した6thアルバム。基本的には前作の延長線上にあるサウンドですが、ハードさは多少減り、LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)時代の"Kashmir"を彷彿させる"Calling To You"など中近東風サウンドが目立つものの、全体的にはブリティッシュ・ロック。少し抑え気味に歌うRobert Plantのヴォーカルはセクシーさと貫禄を兼ね備え、そのサウンドは前2作を土台にしてRobert Plantの方向性が確立されつつあったアルバムではないかと思います。また、ある意味LED ZEPPELINへの呪縛が吹っ切れたのではないかと思われ、(翌年Jimmy Pageとのユニットを結成することになりますが)機が熟した、という風にも感じられるアルバムです。
 レコーディングには元IT BITES(イット・バイツ)のFrancis Dunnery(G.フランシス・ダナリー)、元FAIRPORT CONVENTION(フェアポート・コンベンション)のRichard Thompson(G.リチャード・トンプソン)などの渋めのミュージシャンが参加。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年07月02日

Robert Plant solo works 1980-1984 (ロバート・プラント)

Pictures at Eleven (1982)

B000002I7RPictures at Eleven
Robert Plant


 LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)解散後のRobert Plant(ロバート・プラント)の初ソロ・アルバムは、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ/ ex.LED ZEPPELIN)の初ソロ作『Death Wish II』の発表から4ヵ月後に発売されました。参加メンバーは当時Robert Plantが親しくしていたセッション・ミュージシャンを中心にCozy Powell(Dr.コージー・パウエル)、後の1985年のライブ・エイドでのLED ZEPPELIN再結成ステージにも参加したPhil Collins(Dr.フィル・コリンズ)がゲスト参加しています。

 アルバムの内容は基本的にRobert Plant(ロバート・プラント)の好みのタイプの楽曲が多かったと思われるLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の実質上のラスト・アルバム『In Through The Out Door』(1979)の路線からの延長線上にあるものですが、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ/ex.LED ZEPPELIN)独特のギター・サウンドやフレーズ、John Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)の重たいながらも跳ねるドラム、John Paul Jones(B,Key.ジョン・ポール・ジョーンズ/LED ZEPPELIN)のベース、ストリングス・アレンジ等が無いとこれだけ印象が違ってくるものか、と改めてLED ZEPPELINのサウンドにおける各メンバー間のバランスの良さを認識できるアルバムでした。
 しかし、上記はRobert Plantのアルバムに「LED ZEPPELIN」を求める眼で見た場合で、単に一人のヴォーカリストのアルバムとして聴いた場合、Robert Plantの趣味が良く反映されていて、収録曲も歴史に残る名曲とまではいかないものの、佳作が多くトータル的に見てかなり良質のアルバムに仕上がっています。ゲスト参加のCozy Powell(Dr.コージー・パウエル)、Phil Collins(Dr.フィル・コリンズ)もなかなか良いドラムを叩いており、アルバムの出来に貢献しています。
 セールスも好調で全米5位、全英2位を記録。シングル・カットされた"Burning Down"、"Pledge Pin"他収録。(ドラマティックな"Slow Dancer"は名曲です。)

The Principle Of Moments (1983)

B000002JK4The Principle of Moments
Robert Plant


]

 1stアルバムに参加したミュージシャンがそのままRobert Plant(ロバート・プラント)のバック・バンドとなり、2ndアルバムの制作にも引き続き参加。ドラムにはPhil Collins(フィル・コリンズ)、元JETHRO TULL(ジェスロ・タル)のBarriemore Barlow(バリーモア・バーロウ)。前作も同様ですが、ギタリストのRobbie Blunt(ロビー・ブラント)はヴォーカルを引き立てるバックに徹しており、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)とは正反対ともいえるぐらい地味で渋いギターを弾いているため、Robert Plantのヴォーカルがより前面に出ています。また、曲作りの面でもLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)後のRobert Plantのパートナーとして多大な貢献をしています。
 LED ZEPPELIN解散から時を経て、ファンからは一生"元LED ZEPPELIN"の肩書きは外してもらえないものの、Robert Plant自身は既に肩書きを下ろし、自分の好きな音楽をリラックスして作ったアルバムではないかと思います。アルバムも前作以上のセールスを記録、翌年の1984年には来日公演を行っています。
 シングルヒットした"In The Mood"、プログレッシブな"Big Log"他収録。

■The Honeydrippers "Volume One" (1984)

B000002JKNThe Honeydrippers, Vol. 1
The Honeydrippers


 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)解散後、Robert Plant(ロバート・プラント)自身が影響を受けた音楽を自ら再現して演奏すべく、ライブ・ハウス等で幾度か演奏を行ったRobert Plantの趣味性の強いバンド"The Honeydrippers"(ハニードリッパーズ)。このアルバムは1984年になって企画物のミニ・アルバムとして製作されました。参加メンバーはJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)、Jeff Beck(G.ジェフ・ベック)、Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)他。
 Robert Plantのヴォーカルの色艶、セクシーさはこれまでのLED ZEPPELIN、ソロのアルバムの中でも比類すべき物が無いほどです。古きよき時代のR&B、バラードをRobert Plantの名唱で堪能できます。惜しむらくはミニ・アルバムのため5曲のみの収録であることと、やはり"Volume Two"が製作されなかったことでしょう。
 シングル・ヒットした"Sea Of Love"、"Rockin' At Midnight"他収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

2005年06月30日

The Firm/THE FIRM (ザ・ファーム)

The Firm (1985)

B000002IHOThe Firm
The Firm


 1983年に行われた"A.R.M.Sコンサート"のアメリカ公演での共演をきっかけに、1985年に元LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)と元FREE(フリー)〜BAD COMPANY(バッド・カンパニー)のPaul Rodgers(Vo.ポール・ロジャース)が結成した"THE FIRM(ザ・ファーム)"の1stアルバム。ベースにTony Franklin(トニー・フランクリン、後にBLUE MURDER/ブルー・マーダー他に参加)、ドラムスは元URIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)他のChris Slade(クリス・スレイド、後にAC/DCに参加)。
 シングル・カットされた"Radioactive"、アルバム随一のハード・ロック・ナンバー"Closer"、A.R.M.Sコンサートで既に演奏されていた"Midnight Moonlight"他収録。


Jimmy Page :G (ジミー・ペイジ)
Paul Rodgers :Vo (ポール・ロジャース)
Tony Franklin :B (トニー・フランクリン)
Chris Slade :Dr (クリス・スレイド)

 Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)のLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)解散後初のバンドということもあり、LED ZEPPELINの幻影を追うファンも多かったのですが、いざ蓋を開けてみるとTHE FIRM(ザ・ファーム)のサウンドは完全にPaul Rodgers(Vo.ポール・ロジャース)寄りで、70年代のブルースをベースにしたハード・ロック。初期のフリーを感じさせる部分(ベースのTony Franklin/トニー・フランクリンに寄るところが大きい)もありました。しかし、LED ZEPPELINの再現等への期待という部分を除外して聴くと、(1st、2nd共に)しっかりとした骨太で良質なブリティッシュ・ハード・ロック・サウンド。個人的にはかなり楽しめました。
 ライブに関しては"LED ZEPPELIN、FREE(フリー)、BAD COMPANY(バッド・カンパニー)などの曲はTHE FIRMでは演奏しない"との約束事があったようで、Paul Rodgersが歌うLED ZEPPELINのナンバー、Jimmy Pageが弾くFREE、BAD COMPANYを期待したファン(私も含め)をがっかり(拍子抜け?)させたのではないかと思います。アルバム発表後のツアーについては北米、ヨーロッパツアーのみで来日公演は無く、当時HNK FMで放送された時にエア・チェックしたライブ音源は貴重でした。

Mean Business (1986)

B000002IIVMean Business
The Firm


 1st以上にPaul Rodgers(ポール・ロジャース)色が強くなったTHE FIRM(ザ・ファーム)の2ndアルバム。相変わらず骨太のロック・サウンドを聴かせるものの、当時流行のサウンドとはかけ離れており、レコード会社もあまりプロモーションを行わなかった為、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)とPaul Rodgersという2人のビッグ・ネームが結成したバンドの割にはセールス的に振るわず、バンドは2ndアルバム発表後のツアーも行われないまま自然消滅してしまいます。
 個人的な好みとしては、1stアルバムの時にも少なからず感じさせられましたが、残念ながらPaul Rodgersの声にJimmy Pageのギターの音色は合わない、というのがハッキリしたアルバムでもあるのでは無いかと思います。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2005年06月25日

How the West Was Won/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B00008OWZCHow the West Was Won
Led Zeppelin


Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 結成35周年を記念して2003年にDVDとともに発売されたLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の3枚組CDのライブ・アルバム。LED ZEPPELINの一番の魅力であるライブ・パフォーマンスの全貌を1972年の全米ツアー、6月25日LAフォーラム、27日ロング・ビーチでの公演からコンプリート。名盤4thアルバム発売の翌年のツアーということもあり、各曲ともにステージ上での演奏で鍛え上げられており、スタジオ盤とは違った新しい魅力が生まれています。この時期はまだRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)も全盛期の声が出ていますし、他のメンバーJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)、John Paul Jones(B.ジョン・ポール・ジョーンズ)、John Bonham(Dr.ジョン・ボーナム)も好調で、バンド一丸となったノリに乗った勢いのあるプレイを聴くことが出来ます。(特に25日の演奏はバンド・メンバー自身も気に入っているようです。)


[Disc 1]
1. L.A.Drone
2. Immigrant Song
3. Heartbreaker
4. Black Dog
5. Over The Hills And Far Away
6. Since I've Been Loving You
7. Stairway To Heaven
8. Going To California
9. That's The Way
10. Bron-Y-Aur Stomp

[Disc 2]
1. Dazed And Confused
2. What Is And What Should Never Be
3. Dancing Days
4. Moby Dick

[Disc 3]
1. Whole Lotta Love (Medley)
2. Rock And Roll
3. The Ocean
4. Bring It On Home

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

 THE YARDBIRDS(ザ・ヤードバーズ)が本国イギリスよりアメリカで人気が高かったことから、LED ZEPPELINもデビュー後から精力的に全米ツアーを幾度となく行っており(レコードの売り上げ的にも規模が大きいこともあります)、アメリカでその人気を積み上げてきたLED ZEPPELINのこれまでの集大成的な全米ツアーになったのではないかとも思われます。
 時期的に『Houses Of The Holy』(1973)発売前のため、このライブではそれ以前の『I〜IV』までの曲と後に『Houses Of The Holy』に収録される新曲から構成されています。ライブ盤として初めてアコースティック・セットを収録していることも特筆です。途中にロックン・ロール・メドレーが挿入される、お馴染みの"Whole Lotta Love"での演奏も圧巻。また、その他の曲も『BBC Sessions』が発売されるまでは唯一の正規版ライブ・アルバムだった、1973年のツアーを収録した『The Song Remains The Same』とは比較にならないほどテンションの高い演奏を繰り広げています。
 例えば『The Song Remains The Same』で、1曲目の"Rock And Roll"に痺れた人は是非このアルバムの"Rock And Roll"と聴き比べて下さい。「もっと凄い演奏があったのか」と必ず驚く筈です。それほどまでに、このアルバムでのLED ZEPPELINの演奏は、テンション、レベルともに高く、何故今までこれを発売しなかったのかが一番の疑問として残るアルバムです。


Led Zeppelin DVD

B000GRTSEQレッドツェッペリン ディーブイディー
レッド・ツェッペリン
ワーナーミュージック・ジャパン 2006-09-06

 収録時間5時間20分のDVD2枚組。LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の初期から解散までの各時期を代表する4本のコンサート映像をメインに編集されています。ボーナス・トラックとして貴重なTV出演、プロモーション映像なども収録。2003年発売。

[Disc 1]
Live At The Royal Albert Hall -1970
撮影カメラが2台しかなく、映像的には難が有りますが、2nd発売直後の初期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の激しく荒々しい貴重な映像を見ることが出来ます。

[Disc 2]
Led%20Zeppelin%203.jpgMadison Square Garden -1973
映画"The Song Remains The Same"の未使用映像などを編集。収録された4曲のうち映画未収録曲は"Misty mountain hop""The Ocean"。
Earls Court -1975
アコースティック・セットを中心に編集。"Going to California""Stairway To Heaven"など6曲を収録。
Knebworth -1979
"Achilles Last Stand""Kashmir""Whole lotta love"他7曲収録。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2005年06月23日

Led Zeppelin 1969-1971 (レッド・ツェッペリン)

■BBC Sessions

B000002JEVBBC Sessions
Led Zeppelin


Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1969年から1971年にかけてイギリスBBCのラジオ放映用にライブ録音された様々なLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の音源をJimmy Page(ジミー・ペイジ)自らがデジタル・マスタリングにかかわり、1997年に発表したライブ編集盤。このアルバムが発売されるまでは、NHK FMで放送された時のエア・チェック・テープや数多く出回っている海賊盤などで聴いていた方も多い音源です。

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

Led Zeppelin (1969)
Led Zeppelin 1st (Rmst)
Led Zeppelin

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1969年に発表された70年代ハード・ロック・サウンドの幕開けを告げるLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のデビュー作。プロデュースはJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)。全体的にブリティッシュ・ブルースを感じさせながらもJimmy Pageによる斬新なリフ、録音時の工夫による奥行きのあるサウンドなど、ブルースの解体&再構築をテーマに、新しいアイデアが沢山詰め込まれたアルバムです。
 コンパクトでキャッチーでありながらJimmy Pageの激しいリフとRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)のシャウトで聴かせる"Good Times Bad Times""Communication Breakdown"。Jimmy PageのTHE YARDBIRDS(ザ・ヤードバーズ)時代の曲のLED ZEPPELIN版リメイクともいえる"Dazed and Confused""How Many More Times"。Willie Dixon(ウィリー・ディクソン)のブルースナンバーをよりヘヴィーに演奏した"You Shock Me""I Can't Quit You Baby"他。

Led Zeppelin II (1969)
Led Zeppelin II
Led Zeppelin II

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1stアルバム発売から半年後の1969年10月発売の2ndアルバム。過酷なツアー中に曲作りと録音が行われ、様々なスタジオで録音されています。
 後のHR、HMへ多くの影響を与えた"Whole Lotta Love"。Robert Plant(Vo.ロバート・プラント)の趣向が反映された"Thank You""Ramble On"。ライブでは欠かせない"Heartbreaker""Moby Dick"などを収録。
 1969年12月にTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)の『Abbey Road(アビー・ロード)』を抜きビルボード第1位を獲得したLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の金字塔的アルバムです。


Led Zeppelin III (1970)
Led Zeppelin III
Led Zeppelin III

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 ヘヴィなサウンドのイメージの強かったLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が、前2作のサウンドから一転、アコースティックの曲が多数収録され当時賛否両論を呼んだ1970年発表の3作目。"Immigrant Song"など、前2作と同様の路線の曲も収録されていますが、全体的にハード・ロックを期待して聴くと地味な印象があるかもしれません。しかし、各曲の出来は良く、聞けば聞くほど味の出るアルバムでもあります。
 前作までのハード・ロック路線の"Immigrant Song"。哀愁漂う名曲"Since I've Been Loving You"。トラッドからの影響を色濃く感じさせる"Gallows Pole""Bron-Y-Aur Stomp"、Roy Harper(ロイ・ハーパー)に捧げられた"Hats Off To (Roy) Harper"他。


Led Zeppelin IV (1971)
Led Zeppelin IV
Led Zeppelin IV

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1971年に発表されたLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の代表作。ジャケットにタイトル、グループ名、レーベル名などを一切記載せずに発売したLED ZEPPELINの自信作でもあります。
 ハード・ロック・ナンバー"Black Dog""Rock And Roll"。フォークとハード・ロックの融合に成功した永遠の名曲"Staiway To Heaven"。Robert Plant(ロバート・プラント)とゲスト参加のSandy Denny(サンディー・デニー/ex.FAIRPORT CONVENTION)の掛け合いが見事なアコースティック・ナンバー"The Battle Of Evermore"。ライブのアコースティック・セットでは必ず演奏された"Going To California"など、LED ZEPPELINが単なるハード・ロックバンドではないことをアピールした傑作アルバム。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

Led Zeppelin 1972-1979 (レッド・ツェッペリン)

■Houses Of The Holy (1973)
Houses Of The Holy
Houses Of The Holy

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 1973年発表の通算5作目。これまでの4作に比べるとダビングが多く、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)の弾くメロトロンの導入、リズムの多様化が特徴的なアルバム。

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

 メロトロンが効果的な"The Rain Song""No Quarter"。後期LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のライブでオープニング曲として演奏されることも多かった"The Song Remains The Same"。LED ZEPPELIN風レゲエ・ナンバー"D'yer Mak'er"。ファンク風"The Crungr"他。

Physical Graffiti (1975)
Physical Graffiti (Rmst)
Physical Graffiti

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)が設立したスワン・レーベルからの第1弾。1975年発表の2枚組みアルバム。新録音8曲に『III』から『House Of Holy(聖なる館)』の間に録音された未発表曲7曲で構成。色々なジャンルの音楽を吸収し、LED ZEPPELINのスタイルにアレンジした多彩な曲が収録されています。また、全体的にシンプルに作られており、ブルース、ハード・ロックに回帰したかのようなサウンドに仕上がっています。
 代表曲"Kashmir"他収録。

Presence (1976)
Presence (Rmst)
Presence

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 キーボード、アコースティックを排除し、緊張感のあるソリッドなサウンドで後期LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の代表作と評価されるアルバム。1976年発表。
 John Bonham(ジョン・ボーナム)のドラムを土台にJimmy Page(ジミー・ペイジ)がギターを重ね、テンションの高い作品に仕上げた代表曲"Achilles Last Stand"。ファンキーな"Royal Orleans"。ヘヴィー・ブルースの"Nobody's Fault But Mine"、"Tea For One"他収録。

The Song Remains The Same(1976)
レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ
The Song Remains The Same [DVD]

 1973年のMadison Square Garden(マディソン・スクェア・ガーデン)でのライブを中心に、各メンバーJimmy Page(ジミー・ペイジ)、Robert Plant(ロバート・プラント)、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)、John Bonham(ジョン・ボーナム)のイメージ映像などを挿入した劇場用映画
 サウンド・トラックでは聴けない"Black Dog""Since I've Been Loving you"も収録。

Soundtrack From The Film The Song Remains The Same (1976)
The Song Remains the ...
Soundtrack From The Film The Song Remains The Same

 映画"The Song Remains the Same"のサウンド・トラックとして1976年に発表されたライブ・アルバム。1973年のMadison Square Gardenでのライブを収録。
 スタジオ盤では緻密な音作りをするLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のライブならではの勢いに任せた荒削りな演奏が魅力。"Rock And Roll""Stairway To Heaven""Whole Lotta Love"他。

In Through the Out Door (1979)
In Through the Out Door (Rmst)
In Through the Out Door

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 前作『Presence』より3年半後の1979年8月に発表された実質上のラスト・アルバムJohn Paul Jones主導で製作されたためかハード・ロック色が薄れ、シンセサイザーが多用されたシンフォニック・ロックといった感が強く、Robert Plant(ロバート・プラント)のヴォーカルもソウルフル。
 サンバ風"Fool in the Rain"、ロカビリー風"Hot Dog"。John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)のシンセサイザーがフューチャーされた"In the Evening""Carouselambra"。Robert Plantのヴォーカルが光る"All My Love""I'm Gonna Crawl"他。(イン・スルー・ジ・アウト・ドア)

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧


| HOME |

Led Zeppelin Best Album (レッド・ツェッペリン)

Mothership (2007)

B000VLE3ISMothership
Led Zeppelin
Atlantic/WEA 2007-11-14

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 LED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の最新リマスター・ベスト・アルバム。基本的な有名曲、代表曲は一通り収録されているため(収録曲の選択に関しては全ての人が満足する内容とは言えないし、そのようなものは作りようも無いが)、LED ZEPPELIN入門編としては最適。
 但、嘗てのベスト盤発売時のように、(全てのアルバムを持っている)ツェッペリン・ファンが気軽に有名曲を聴くのに便利なアイテムという位置付けとしては、既にデジタル音楽プレイヤーで個人で自由に選曲して好みに合わせて再生することが一般的になってしまっている現在においては微妙。また、最新リマスターとは言っても、アルバム発売当時のレコードの音に更に近づけるというものではなく、現代風の音質での再リマスターのため、既発のベスト盤未購入の方向け、もしくはコレクターズ・アイテム的な面が強いかもしれません。

Led Zeppelin [Box Set]
Led Zeppelin [Box Set]
Led Zeppelin [Box Set]

 デジタル・リマスターを施し1990年に発表された4枚組ボックス・セット

Led Zeppelin Remasters
Led Zeppelin Remasters
Led Zeppelin Remasters

 4枚組ボックス・セット収録曲を更に絞り2枚組に編集したアルバム。ボックス・セットには収録されていなかった"Good Times Bad Times"を収録。

Led Zeppelin [Box Set 2]
Led Zeppelin [Box Set 2]
Led Zeppelin [Box Set 2]

 1990年発表の4枚組ボックス・セット、リマスターズに収録されていなかった曲で構成されたボックス・セットの続編。ボックス・セット同様、デジタル・リマスタリングが施され1993年に発表。

Complete Studio Recordings

B000002IWPComplete Studio Recordings
Led Zeppelin
Swan Song 1993-09-24

Early Days & Latter Days: Vol. 1 & 2
Early Days & Latter Days: Vol. 1 & 2
Early Days & Latter Days: Vol. 1 & 2

 元々は『Early Days』『Latter Days』と別々に販売されていましたが、2003年の『Led Zeppelin DVD』『How The West Was Won』(CD)の発売に合わせて2枚組パッケージとして売られるようになりました。
 『Early Days』は1stから4th、『Latter Days』は"Houses Of The Holy"から"In Through the Out Door"までの曲で構成されています。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2005年06月04日

Led Zeppelin II/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)

B000002J03Led Zeppelin II
Led Zeppelin


Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 衝撃のデビューアルバムから半年。よりハードに、そしてグループの音楽性も多彩に広げながら、バンドの方向性を決定付けたLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の2ndアルバム。(1969年
 大ヒットしたこのアルバムはTHE BEATLESザ・ビートルズ)の『ABBEY ROAD(アビィ・ロード)』を蹴落とし、ビルボード・チャート1位を獲得、LED ZEPPELINの人気を確実なものとしました。


1.Whole lotta love
2.What is and what should never be
3.Lemon song
4.Thank you
5.Heartbreaker
6.Livin' lovin' maid (she's just a woman)
7.Ramble on
8.Moby dick
9.Bring it on home

Jimmy Page: guitar ジミー・ペイジ
Robert Plant: vocals ロバート・プラント
John Paul Jones: bass ジョン・ポール・ジョーンズ
John 'Bonzo' Bonham: drums ジョン・ボーナム

Led%20Zeppelin%202.jpg 1stアルバム発売後、イギリス、アメリカ、ヨーロッパを巡る過酷なツアー中に曲作りが行われ、ロンドン、ロサンジェルス、ニューヨークなど様々な場所でレコーディングされたにも拘らず、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)のヘヴィーなギター・リフと火を吹くようなギターソロ、Robert Plant(Vo.ロバート・プラント)の華のあるヴォーカルと時にJimmy Pageのギターに絡みつくようなシャウト、John Paul Jones(B,Key.ジョン・ポール・ジョーンズ)の的確なベース・ラインとオルガン、John Bonham(D.ジョン・ボーナム)の重量級且つ跳ねるボーナム独特のリズムなど、後のハード・ロック、ヘヴィー・メタルに多大な影響を与える楽曲の数々を収録した傑作アルバムを作り上げています。

 1stアルバム制作時はJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)以外のLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)のメンバーはほとんど無名で、Jimmy Pageがこれまで暖めてきた楽曲アイデアの具体化、4人が揃ってからライブで鍛え上げてきた楽曲の収録、という感が強かったのですが、この2ndアルバムになると他のメンバーも積極的に曲作りに参加するようになり、各メンバーの趣向が少しずつ出てきています。特にRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の作詞面での活躍は大きく、前作に比べ他人名義のクレジットはなくなっています。(実は、そのクレジットでは不味いのでは、と思われる曲もあります。改作、盗作云々、と言われつくしていますが(笑)

 後のHR、HMバンドのお手本ともなった"Whole lotta love"は特に強力。Robert Plantの絶叫ヴォーカルとJimmy Pageのメタリックなギターリフ、意表をつくテルミンやエコーを駆使した中間部など、LED ZEPPELIN以降のロック・バンドへの影響は計り知れません。その他の曲もLED ZEPPELINのライブでの定番曲ばかりで、ヘヴィーなリフから始まり、途中のブレイク以降Jimmy Pageの激しいソロが聴ける"Heartbreaker"。"Moby Dick"でのJohn Bonhamのドラム・ソロ。前半部分のブルーズから後半のハード・ロックへと展開する"Bring it on home"。John Paul Jonesのベース・ラインが素晴らしいブルーズ・ナンバー"Lemon song"。その他にもハード・ロック調の曲ばかりでなく、既に次の3rdアルバムへの橋渡し的な曲も収録されていて、まさに名曲揃いのアルバムです。
John_bonham.jpg ただし、John Bonham(ジョン・ボーナム)のドラム・プレイについては、その後のライブ盤(海賊盤含む)などで聴くプレイよりかなり地味な印象があります。基本的にLED ZEPPELINはリズムを録音してから、それをベースにJimmy Pageがオーバー・ダビングを繰り返す、という手法が取られることが多いのですが、多忙なツアー中ということもあって時間も無く、John Bonhamが曲を把握、曲への発想を拡げる以前にドラムの録音を終了し終えてしまったのではないか、とも思えます。"The Song Remains The Same(永遠の詩)"、"BBC Sessions(BBCセッションズ)"、"How the West Was Won"、"Led Zeppelin DVD(伝説のライヴ)"での2nd収録曲のライブ演奏とスタジオ録音の演奏を比べると差は歴然、圧倒的にライブ演奏の方がアイデアも豊富で、演奏自体も優れています。

関連記事 - Led Zeppelin 記事一覧

| HOME |

2005年03月14日

Led Zeppelin/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)


Led Zeppelin
Led Zeppelin

Led Zeppelin II Led Zeppelin IV Houses Of The Holy

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 YARDBIRDS(ヤードバーズ)崩壊後、バンドの建て直しを図ったJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)が当時無名のミュージシャンを集め、契約上の問題からNEW YARDBIRDS(ニュー・ヤードバーズ)として幾度かのライブをこなした後、満を期して発表したLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)衝撃のデビューアルバム!(1969年発表)

1. Good Times Bad Times
2. Babe I'm Gonna Leave You
3. You Shook Me
4. Dazed And Confused
5. Your Time Is Gonna Come
6. Black Mountain Side
7. Communication Breakdown
8. I Can't Quit You Baby
9. How Many More Times

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

Led Zeppelin.jpg LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)は全アルバムどれを選んでも良かったのですが、やはり最初の一枚はこれにしました。『I』『II』あたりのブルースを基本としながらも多彩なアイディアが溢れ、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)のヘヴィーなリフとRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の金属的なシャウトが衝撃的なヘヴィー・ロック。トラッド、フォーク辺りからの影響もうかがえる『III』。代表作として語られることの多い"Staiway To Heaven"、"Black Dog"、"Rock And Roll"が収録された『IV』。メロトロンを導入してJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)が大活躍でプログレ風味も感じられる5th『Houses Of The Holy』。元々才能のある各メンバーの発言力も増えて、色々やってみました風の『Physical Graffiti』。ヘヴィーなサウンドに戻りつつも、これまでのバンドの進化が伺える『Presence』。そして、またもやJohn Paul Jones大活躍の『In Through the Out Door』。
 その日の気分によって好きなアルバム、聴きたいアルバムが違うことが多くて、一番好きな(一番を決める必要も無いんですけど)アルバムが決められないというバンドがLED ZEPPELINです。

 さて、このLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の1stアルバムですが、かなり短時間で録音されています。デビューまでにNEW YARDBIRDS(ニュー・ヤードバーズ)として同じメンバーで活動していたため、後は録音するだけ、というところまで既に各曲が練りこまれていたのでしょう。また、何曲かの元のアイディアはJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)がYARDBIRDS(ヤードバーズ)在籍中に発売した唯一のアルバム『Little Games』やLED ZEPPELINの人気に便乗する形で1971年になって発表されたYARDBIRDS時代の『Live Yardbirds featuring Jimmy Page』で既に聴くことが出来ます。(『Dazed and Confused』の原型などが入っています。)
 YARDBIRDS時代から実験的に試していたJimmy Pageの求めるサウンドが、時間による熟成を経て、Robert Plant(Vo.ロバート・プラント)、John Paul Jones(B.ジョン・ポール・ジョーンズ)、そしてJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム)というメンバーが奇跡的に揃ったことにより昇華、凝縮されたのがLED ZEPPELINの1stアルバムだと思います。
 また、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)というとギブソン・レスポールのイメージが強いのですが、実はこのアルバムではフェンダーのテレキャスターが多用されています。(多分アンプもフェンダーのものを使用しているケースが多いと思います。)
 LED ZEPPELIN活動中にメインのギターとして活躍したJoe Walsh(ジョー・ウォルシュ)から譲り受けたレスポールもどちらかと言えばレスポール特有のハムバッキング・ピックアップの粘り気のある太い音ではなく、線が細く、より高音が強調されたサウンド。Joe Walshが気に入らずに手放したレスポールのサウンドをJimmy Pageが気に入ったというのは、本来Jimmy Pageはフェンダー・ギターに代表されるシングル・ピックアップのギター・サウンドが好みだったのではないかと思われます。

*上記『Live Yardbirds featuring Jimmy Page』は無許可で発売されたためJimmy Pageの指示により裁判、回収騒ぎにまで発展し(有名なアルバムなので海賊盤としてかなりの数が出回っていると思いますが)正規盤としては聴くことが出来なくなっています。

 LED ZEPPELIN結成までにはいろいろな話があって、特に有名なのはJeff Beck(G.ジェフ・ベック)、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)、John Paul Jones(B.ジョン・ポール・ジョーンズ)、Nicky Hopkins(Key.ニッキー・ホプキンス)、Keith Moon(Dr.キース・ムーン/The Who/ザ・フー)等のメンバーでバンドを結成する予定だったというものです。契約上の問題からか、結局バンドとしての活動はしていませんが、このときの録音として"Beck's Bolero"というインストルメンタルの曲が残されており、Jeff Beckの1stシングル"Hi-Ho Silver Lining"のB面に収録されました。(アルバムではJeff Beck Group/ジェフ・ベック・グループの『Truth』やJeff Beckの初期のベスト盤などに収録されています。)このときにTHE WHO(ザ・フー)を辞めたがっていたKeith Moon(Dr.キース・ムーンが、実際には契約等の問題や各メンバーが当時の活動をやめてまでバンドを新たに結成する可能性が低いことから「決して飛べない」との皮肉を込めて「飛べない飛行船(Lead Balloon)」というバンド名を提案したのがLED ZEPPELIN(ツェッペリン号・ドイツの巨大な飛行船。1st,2ndのジャケットの通り飛行中に炎上、墜落している。)の名前の元になっているようです。(THE WHOのJohn Entwistle/ジョン・エントウィッスルも元々のアイディアをKeith Moonに教えたのは自分だと主張しています。)

関連記事 - [掲載アルバム一覧] Led Zeppelin


伝説のライヴ -How The West Was Won-
レッド・ツェッペリン

BBCライヴ 永遠の詩 (狂熱のライヴ)
レッドツェッペリン ディーブイディーレッドツェッペリン ディーブイディー
レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ

[LED ZEPPELIN DISCOGRAPHTY]
Led Zeppelin [studio] (1969)
Led Zeppelin II [studio] (1969)
Led Zeppelin III [studio] (1970)
Untitled [studio] (1971)
Houses Of The Holy [studio] (1973)
Physical Graffiti [studio] (1975)
The Song Remains The Same [live] (1976)
Presence [studio] (1976)
In Through The Out Door [studio] (1979)
Coda [outtakes collection] (1982)

Led Zeppelin [box set 1] (1990)
Led Zeppelin [box set 2] (1993)
The Complete Studio Recordings [10-CD box set] (1993)
BBC Sessions [live] (1997)
Early Days: The Best Of Led Zeppelin Volume One [compilation] (1999)
Latter Days: The Best Of Led Zeppelin Volume Two [compilation] (2000)
Early Days & Latter Days [compilation] (2002)
How The West Was Won [live] (2003)

関連記事 - [掲載アルバム一覧] Led Zeppelin


| HOME |


RHINO Sales Lank



PR


120×90