Search


since 2005.03.13

2005年04月03日

Kind of Blue/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス)


Kind of Blue
Miles Davis
'Round About Midnight [Bonus Tracks]

 ハード・バップ・スタイルで頂点を極めたMiles Davis(マイルス・デイヴィス)がアドリブの新たな道をモード奏法に求め、遂にはモード・ジャズを完成させた『Kind of Blue(カインド・オブ・ブルー)』(1959年録音)。代名詞である"シーツ・オブ・サウンド"を確立させたJohn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)、ブルージーなJulian"Cannonball"Adderley(as.キャノンボール・アダレイ)、ハーモニーに斬新な彩を加えるBill Evans(p.ビル・エヴァンス)等の演奏も素晴らしい歴史的名盤です。

1.So What
2.Freddie Freeloader
3.Blue in Green
4.All Blues
5.Flamenco Sketches

Miles Davis :tp (マイルス・デイヴィス)
John Coltrane :ts (ジョン・コルトレーン)
Julian"Cannonball"Adderley :as 1,2,4,5 (キャノンボール・アダレイ)
Bill Evans :p 1,3,4,5 (ビル・エヴァンス)
Wynton Kelly :p 2 (ウイントン・ケリー)
Psul Chambers :b (ポール・チェンバース)
Jimmy Cobb :d (ジミー・コブ)

 Miles Davis(マイルス・デイヴィス)のアルバムの中で一番が売れているアルバムです。代表作的な紹介をされることが多いので、Miles Davisを聴いてみようと思った人が先ず購入するアルバムなのだと思います。しかし、このアルバムだけ聴いて「Miles Davisを聴いた」と思われるのも困るなぁ、というアルバムでもあります。せっかく興味を持ってMiles Davisのアルバムを手に取ったのなら、この後も進化を続けていきジャズでもロックでもないMils Davisが創り上げていった独自の音楽、『Kind of Blue』以前のハードバップ時代の名盤の数々など、聴いておきたいアルバムが幾つもありますし、Miles Davis入門盤としては内容的に難しい部分もあり、どうせ聴くなら本作以前の"Relaxin'"、"'Round About Midnight"あたりを聴いて、Jazz、Miles Davisの音楽に馴染んだ後に聴くと、本作の奥深さ、凄味がより一層感じられるのではないかと思います。そういう意味では、名盤であり、代表作の一つではありながらMiles Davisを聴くにあたっては、一番に聴いてはいけない(一番最初に聴いてしまっては勿体ない)アルバムだとも言えます。

SOMETHIN' ELSE


サムシン・エルス
キャノンボール・アダレイ マイルス・デイヴィス ハンク・ジョーンズ サム・ジョーンズ

Somethin' Else [試聴]iTunes Music Store "SOMETHIN' ELSE"


 『Kind of Blue(カインド・オブ・ブルー)』と同時期に録音されており、実質上Miles Davis(マイルス・デイヴィス)のアルバムと思われますが、契約上の問題からかJulian"Cannonball"Adderley(as.キャノンボール・アダレイ)のリーダー作という形になっています。"枯葉"、"サムシン・エルス"他収録。

CANNONBALL ADDERLEY Quintet in chicago


キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ
キャノンボール・アダレイ ジョン・コルトレーン ウィントン・ケリー ポール・チェンバース

フォア&モア 2 3 4 プレス・アンド・テディ+1 天才たちのジャズ

The Cannonball Adderley Quintet in Chicago [試聴]iTunes Music Store "CANNONBALL ADDERLEY Quintet in chicago"


 Miles Davis Sextet(マイルス・デイヴィス・セクステット)のMiles Davis以外のメンバー(ピアノはWynton Kelly/ウイントン・ケリー)で録音されたアルバム。内容的には『Kind of Blue(カインド・オブ・ブルー)』のモード・ジャズではなく、以前のハード・バップ時代に戻ったかのような演奏で、Julian"Cannonball"Adderley(as.キャノンボール・アダレイ)やJphn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)の伸び伸びとした名演奏が聴けます。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

歯に響かないハード・ロック from 音楽酒場@WebryBlog

今朝のBGM・・・ Miles Davis / A Tribute To Jack Johnson

LignpontoのCD鑑賞記「YOU'RE UNDER ARREST」 from Hodiauxa Lignponto

みなさん、こんにちは。{/hiyob_en/}{/hiyob_en/}この写真は、ギャングじゃないですよ。(爆笑)マイルス・ディヴィスです。名前ぐらいは、知ってますよね。実は、このアルバムが私がトランペットを始めるきっかけになったアルバムです。もうかれこれ17年前になります。当時�

トランペット。(MILES DAVIS) from 音・楽・喫・茶[muse-cafe]

こんにちは(^^)(←クリック☆) 本日はこのおじさんのお話。 (写真:おい、誰か呼んだか?) トランペットというと、アナタは何を連想されるでしょうか? 即座に「ジャズ!」と言えた人は「おォ、スゲ~(@0@;;!」って感じ

Miles Davis - Sketches of Spain(1959/11/15) from 色々の雑感を書きとめることに。

1.Concierto de Aranjuez2.Will O' the Wisp3.Pan Piper4.Saeta5.Solea6.Song of Our Country [Issued Take]7.Concierto de Aranjuez, Pt. 1 [Alternate Take]8.Concierto de Aranjuez, Pt. 2 (Ending) [Alternate Take] こんなアランフェスもある。代....

Kind of Blue / Miles Davis | マイルス・デイビス from blog de rebrain

desert island disk 第2弾。 1959年発表のマイルスの名盤中の名盤、 カインド・オブ・ブルー。 おす...

[Jazz@Music] Kind of Blue/Miles Davis from 音楽準備室

Miles Davis・・・。ジャズに少しでも触れたことがある人ならば、その名前を知らない人はいません。いわずと知れた、ジャズの「帝王」。 そしてこのアルバムは、現在ではジャズの歴史的名盤。発表当時は新時代のジャズを先取りした斬新な一枚として、多くの人に聴かれてい�

comments

はじめまして。
ジャズ関連のブログを探してたら、たどり着きました。
ブログのカッコよさに驚きです。
本当にすごいですね〜。プロの仕事だ〜。
私もジャズアルバムでは、マイルスのアルバムが一番多いです。
また、ジャズを取り上げてくだせ〜。

  • 竹坊
  • 2005年04月03日 16:53

竹坊さん、こんばんは。
 マイルスは時期によってスタイルが違うので、マイルスだけ聴いてても色んなタイプの音楽が聴けるという「お得な」人だと思ってます。というか、マイルスが切り開いていったんですけどね。

  • axis_009
  • 2005年04月03日 19:31

ジャズは良いですよね。私が好きなのばかりです。
ビルエバンス「ワルツフォ−デビュ−」なんかは青春の思い出のアルバムですし、コルトレ−ンからJaZZは聞き出してます。

  • Smoky
  • 2005年04月03日 19:38

Smokyさん、こんばんは。
私も「ワルツ・フォー・デビィ」も好きなアルバムです。でも、青春の思い出のアルバムとは・・・。うーん、ちょっとエピソードを聞いてみたいような気もします。

  • axis_009
  • 2005年04月03日 20:12

ジャズは私の友人が学生時代、ジャズ喫茶でバイトしていたのでそこからです。
「ワルツフォ−デビュ−」の思い出は、まあ20代前半に夢を追いかけても上手くいかず、(音楽系じゃないです^^;)恋愛もからまわりで上手くいかず(泣き系)モンモンとした青春時代に聞いてひたってた曲です。今はりっぱな子持ちのおやじになっちゃしましたが。

  • Somky
  • 2005年04月04日 06:28

Smokyさん、おはようございます。
 なんか良い話ですね。私も色々思い出したり、自分にとっての「青春の思い出のアルバム」ってなんだろう、なんて考えてしまいました。でも、実際若い頃はハード・ロックばっかり聴いてたんですけどね。ハード・ロックのアルバムじゃあ、ちょっと(笑)。

  • axis_009
  • 2005年04月04日 09:09


axis_009さん、私のブログへのリンク作って頂いてありがとうございます。
マイルスは「カインド・オブ・ブルー」も好きですが、「イン・ア・サイレント・ウェイ」「オン・ザ・コーナー」も好きです。確かに「カインド・オブ・ブルー」だけがマイルスじゃないですよね。

お世話になります。
先日より当方ブログへのコメントありがとうございます。
こちらも「常連様ご紹介」を兼ねて、当ブログのリンクを貼らせて頂きました。
お互いCDレビューブログで盛り上がっていきましょう!
マイルス渋いですね!
この頃の凍てついたマイルスのペットは絶品です。
ロック上がりの私は、その後の電子化マイルスも好きですが。。。
ちなみに私はモダン・ジャズもZEPもCHARもパープルもプログレも大好きですが、組んでるバンドはなぜかガレージ系です(笑)。


KMCにしむらさん、こんにちは。
 リンク、ありがとうございます。"電子化マイルス"のころだと「ビッチェズ・ブリュー」なんかはすごく好きなアルバムです。(あまりにも有名すぎますね)
 Jazzは24.5歳ぐらいから聞き始めたんですが、Jazzは名盤といわれるものだけでも数があまりにも膨大で...。色々聞いてみた結果、マイルスを聴いていればいろいろなタイプの音楽に出会えるので、マイルスをキーにして聴くようになりました。キース・ジャレットなんかも好きなんですが、これもマイルスからの流れで聴くようになったミュージシャンの一人です。

  • axis_009
  • 2005年04月05日 10:18

初めまして、grandtrick920といいます。
「カインド・オブ・ブルー」は、凄いアルバムですよね。
“このアルバムだけ聴いて「マイルスを聴いた」と思われるのも困るなぁ、というアルバムでもあります。”というのは、まさにその通りだと思うんですけど、それでも何か特別なムードを持った名盤ですよね〜。

>grandtrick920さん
grandtrick920さんがブログに書かれている「オン・ザ・コーナー」もマイルスのアルバムですし、50年代のハード・バップ、60年代の「カインド・オブ・ブルー」に代表されるモード、「ビッチェズ・ブリュー」に向かって進んで行く時期、そして70年代のエレクトリック・マイルスなど、時期によって色々な音楽を作ってる人なので、「カインド・オブ・ブルー」だけ聴いてマイルスを聴いた気になってしまうのは、あまりにも勿体無い、と思ってしまうんですよね。(要らない世話かもしれませんが(笑)
また、寄って見てくださいね。宜しくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年05月05日 02:31

マイルスの数あるアルバムの中で、「Kind of Blue」は一番です!
「Blue in Green 」の緊張感は何回聴いてもゾクゾクしてしまいます。
ビル・エヴァンス(p)はこのアルバムしか参加してなかったと思いましたが、彼の演奏がこのアルバムを名盤にしたのだと確信しております。

TBありがとうございます。おっしゃるとおり、マイルス、ずっと聴いた事なかったんで、聴いてみたいなぁ…と思って、とりあえずこれにしてみたんです。自分の中でジャズ耳が育ってないので、まだとまどっていますが、他のも聴いてみますね!

  • yuji
  • 2005年06月13日 18:56

>キングあおぽん さん
確かにこのアルバムでのビル・エヴァンスの功績は大きいですよね。当時白人のミュージシャンをメンバーに選んだマイルスも凄いですけど、マイルスのメンバーを選ぶ感性って本当に良いですよね。後の有名ミュージシャン沢山輩出してるし。

>yujiさん
マイルスは嵌って聴き始めると時期によって音楽が進化してるから、聴き応えがありますよね。「カインド・オブ・ブルー」と「ビッチェズ・ブリュ−」を同じ人が作るなんて凄いですよね。

  • axis_009
  • 2005年06月13日 21:06

弊ブログ マイルス・デイヴィスのアルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』記事へのコメント&トラックバック、ありがとうございました。

マイルス・デイヴィスさんの活動時期は長くそれぞれに魅力的ですが、僕はアコースティック時代の作品は余り所有しておらず、これから聴き込む感じです。
どの時代の音でもマイルス・デイヴィスさんの美しいトランペットの演奏を含めて、音楽全体に一本筋が通っていて素晴らしいと思っております。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

  • たろ
  • 2005年07月25日 09:36

キャノンボール・アダレイの『Quintet in chicago 』、大好きなんですよ。(^^)
マイルスのアルバムよりコルトレーン、キャノンボールが伸び伸びと吹いているところが良いですね。ついつい手が伸びてしまうアルバムです。

  • さくら
  • 2005年09月13日 17:24


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Kind of Blue/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス)
[レビュー/試聴 etc.]