Search


since 2005.03.13

2005年04月09日

Jimi Hendrix In The West/JIMI HENDRIX (ジミ・ヘンドリックス)

in the west.jpg
 Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の死後、'69〜'70年に行われた3つのライブからの演奏を集めて発表されたライブ・アルバム(1972年発表)。現在ではそれぞれのステージの完全盤がアルバムとして発表されているため、このアルバム自体はほとんどCDショップの店頭で見かけなくなりましたが(廃盤?)、私がこのアルバムを聴いていた当時(70年代後半)はJimi Hendrixのライブ音源など公式にはあまり出ていなかったので貴重なアルバムでした。

1. Johnny B Goode (Berkeley Community Center '70)
2. Lover Man (Berkeley Community Center '70)
3. Blue Suede Shoes (Berkeley Community Center '70)
4. Voodoo Chile (Slight return) (Berkeley Community Center '70)
5. The Queen (Isle Of Wight '70)
6. Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Isle Of Wight '70)
7. Little Wing (San Diego Sports Arena '69)
8. Red House (San Diego Sports Arena '69)

Jimi Hendrix (vo,g) ジミ・ヘンドリックス
Billy Cox (b,vo) ビリー・コックス
Noel Redding (b,vo) ノエル・レディング
Mitch Mitchell(dr) ミッチ・ミッチェル

jimi_hendrix.jpg どのステージもJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のコンディションが良いのか、ある時はパワフル&ヘヴィ、そしてある時は繊細なJimi Hendrixのギター。軽く流しつつも最高のギター・ソロを聴かせてくれる1曲目のChuck Berry(チャック・ベリー)のカヴァー"Johnny B Goode"からラストまでJimi Hendrixの圧倒的なライブ・パフォーマンスを聴くことが出来ます。

 注:上の曲目紹介ではアルバムの表記に合わせて"Little Wing"の録音場所を「San Diego Sports Arena '69」と記載してますが、実はアルバートホールでの録音だったのを「in the west」に収録するためにクレジットを偽っています。アルバートホールでの録音テープの権利を他のレコード会社が持っていたかららしいのですが、公式盤なのに海賊盤みたいなことしてますね。

Are You Experienced? (1967)
 衝撃のJimi Hendrix & Experience(ジミ・ヘンドリックス&エクスペリエンス)のデビュー作。ライブでの定番曲"Purple Haze"、"Hey Joe"、"Fire"、"Foxy Lady"他収録。
 先に発売したシングル"Hey Joe"、"Purple Haze"のヒットと圧倒的なライブ・パフォーマンスにより既に大きな人気を得ていたため、発売と同時に大ヒット・アルバムになりますが、同時期にTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)のあの"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"が発売されていたためアルバム・チャートでは2位に終わっています。

Are You Experienced
Jimi Hendrix


Are You Experienced [試聴]iTunes Music Store "Are You Experienced?"


Axis: Bold As Love (1967)
 Jimi Hendrix & Experienceの2ndアルバム。名曲"Little Wing"、"Spanish Castle Magic"他収録。
 一曲めに架空のラジオ局のテーマ曲が入るなどトータル・アルバムっぽい部分もあります。サイケデリック・ブームの中、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)が自分のオリジナリティーを産み出そうとしたアルバムです。

Axis: Bold As Love
Jimi Hendrix

Axis - Bold As Love [試聴]iTunes Music Store "Axis: Bold As Love"


Smash Hits (1968)
 Jimi Hendrix & Experience(ジミ・ヘンドリックス&エクスペリエンス)のベスト・アルバム。当時はラジオでのオンエアを想定して、ライブとは違ってどの曲も3分程度のコンパクトな形でまとめられています。

Smash Hits [Bonus Tracks]
Jimi Hendrix


Electric Ladyland (1968)
 2ndまでプロデューサーを務めたマネージャーのChas Chandler(チェス・チャンドラー、元THE ANIMALS/アニマルズのベーシスト)の手を離れ、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)本人がプロデュースした、ブルース、ソウル、ロック、ジャズ、サイケデリックなど、これまでJimi Hendrixが吸収してきたすべてをこのアルバムに込めたのではないかと思える意欲作にして最高傑作。"Voodoo Child(Slight Return)"、Bob Dylan(ボブ・ディラン)のカヴァー"All Along The Wathctower"他収録。

Electric Ladyland
Jimi Hendrix


Electric Ladyland [試聴]iTunes Music Store "Electric Ladyland"


First Rays of the New Rising Sun (1997)
 新作アルバムの制作中に亡くなったJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)。死後、生前に残された収録予定曲などは各種編集アルバム(『THE CRY OF LOVE』他)にバラバラに収録されていましたが、それらの楽曲をまとめ直し、Jimi Hendrixが生きていればこういう形のアルバムにしたかったであろうと想定して編集、マスタリングを行い、死後30年にして発表された新作アルバム。
 賛否両論があるかもしれませんが、一応ここでは4枚目のアルバムとして掲載しておきます。

First Rays of the New Rising Sun
Jimi Hendrix


First Rays of the New Rising Sun [試聴]iTunes Music Store "First Rays of the New Rising Sun"



Jimi Plays Berkeley / (Rmst)
JIMI HENDRIX

Blue Wild Angel: Live at the Isle of Wight Experience The Dick Cavett Show Live at the El Mocambo

B0007QPSPOウィンターランド・ナイト
ジミ・ヘンドリックス

廃盤になり、長らく入手困難だったJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の1968年のウィンターランドでのライヴを完全収録。

B0002TRUQQAlbert Hall Experience
Jimi Hendrix

B000007OJ9BBC Sessions
Jimi Hendrix

[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]

B000793BNWライヴ・アット・ウッドストック
ジミ・ヘンドリックス

1969年に行われた"ウッドストック"でのJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のステージ。

B00000I5JTLive at the Fillmore East
Jimi Hendrix

[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]
1969年の大晦日から1970年にかけて行われたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝説的ライヴの模様。

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

再発して欲しい from GATCH-LOG

axis_009さんのブログを偶然発見して思い出しました。再発して欲しいなぁ、と...

第49回目 JIMI HENDRIX from ∩゚∀゚∩ おいらの珍道中 ∩゚∀゚∩

 JIMI HENDRIXは何処へ向かおうとしていたのだろうか?  彼の死後色々なアルバムが乱発した。『CRY OF LOVE』,『WAR HEROS』,『MIDNIGHT LIGHTNING』,『CRUSH LANDING』『RAINBOW BRIDGE』中には他のミュージシャンによってオーバーダブされたものもあった。しか

12年ぶりの来日公演〜ジェスロ・タルをめぐる音楽業界の魑魅魍魎 from すちゃらかな日常 松岡美樹

※フルートを吹き狂うイアン・アンダーソン@ジェスロ・タル in ワイト島 いやはや、すっかりダマされるところだった。何がって、ジェスロ・タルのDVD発売をめぐる音楽業界の巧妙な仕掛けの話だ。 ジェスロ・タルは、1968年にデビューしたイギリス出身の古参バンドで

Jimi Plays Berkley from Musicology

Jimi Plays Berkley

ジミ・ヘンドリクスの弟レオン・ヘンドリクス、56歳にしてミュージシャンに from 鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス)

 アルバム「Nothing Like The Sun」のリーフレットで、スティングは「初めて買ったレコードはジミ・ヘンドリクス&エクスペリエンスのHey Joeだ」と記している。それを私が読んだのは8年前の17歳のとき。授業中、教科書を読むふりをしてそれを読み、放課後にツタヤでさっそ

ファンクなジミ・ヘンは歌もいい from 音楽酒場@WebryBlog

今夜のBGM・・・ Jimi Hendrix / First Rays Of The New Rising Sun

ジミ・ヘンドリックス/STAGES from STORMBRINGER

ジミ・ヘンドリックス/STAGES(91)ジミのライブBOX CD4枚組。1.ストックホルム'672・パリ'683.サン・ディエゴ'694.アトランタ'70{{{ストックホルム'67}}}1.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Ban

:Woodstock/Jime Hendrix from 山田さんの好きなもの!

ジミ・ヘンドリックスのウッドストックでのライヴ盤です。 スタジオ盤も全て必聴盤なんですけど、やはりライブ盤を選びました。 例の「星条旗よ永遠なれ」の名演奏も収録されています。 色々な人がこの演奏を模倣していますが、今だもって誰一人としてこの演奏を超えたギタリ

ジミヘンの育った家。 from 音・楽・喫・茶[muse-cafe]

こんにちは() あのぉ……ごめんなさいっ!! わたくし、知りませんでした(××;             ↓ ジミ・ヘンドリックスの少年時代の家、保存の方向へ [シアトル 13日 ロイター] 伝説のロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが少年時代を過ごし

Jimi Hendrix - Are You Experienced? from ロック好きの行き着く先は…

 ファーストアルバムによる衝撃はこの人を於いて他にない。全世界的に衝撃を与えたと言われるジミ・ヘンドリックスのファーストアルバムはロック史において最重要作品でしょう。

Jimi Hendrix - Live from ロック好きの行き着く先は…

 やっぱギターも凄くて熱くて更にアドリブも強烈でライブとスタジオで人格変わって一番凄いのはジミヘンになっちゃうね。ロリー・ギャラガー聴いてたらジミヘン聴きたくなってき

ジミ・ヘンドリックス1966年 from 映像と音は言葉にできないけれど

ローリングストーン誌の記事ですが、1966年に初めてロンドンに言った様子が出ています。

ジミ・ヘンドリックス from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

本物の“ギターの神様”ジミ・ヘンドリックスのベストアルバム『エクスペリエンス・ヘンドリックス〜ベスト』。今日も又、テレビのCMや効果音としてジミの曲は僅か数秒の間に物凄いインパクトを与えてくれます。もはや“ギターの神様”として誰もが認めるジミヘンて....

Jimi Hendrix (ジミ・ヘンドリックス) from ROCK LEGEND - School of Rock

Are You ExperiencedJimi Hendrix Experien...

comments

 はじめまして Musicology です。
 実は私が Jimi にはまったのは、In The West からなんですよ。
 この CD はすでに廃盤で、レアなお宝です!
 私はこのCDに納められた Red House@San Diego Sports Arena がたまらなく好きです。今現在このテイクを聴こうとおもったら、ベスト盤の(でらっくす)ボックス・セットしかないんですね。
 おそらくライブ盤としてはベストと思われる In The West の CD 再発してほしいと思うんですが多分無理でしょう。
 私の新設BlogではこれからJimiのアルバム・レビューをぼちぼち書いていきますんでそちらの方もよろしく。


Musicologyさん、こんにちは。
 やっぱり廃盤ですか。前からCDで買い直したいと思ってたんですが...。
あのRed Houseは「In The West」にしか入って無いんですね。レッドハウスはライブなどでも色々なヴァージョンがありますが(まぁ、アドリブですから当たり前なんですが)、「In The West」のは結構好きなんですよ。
 でも、同じアルバムから、というのは奇遇ですね。
MusicologyさんのBlogにもまたお邪魔しますので、よろしくお願いします。

はじめまして。
僕はあのアルバム、友達から借りてテープで聴いていました(金欠だったので)。今でもあの中に収録されている『Red House』はベストテイクと言える演奏だと思います。数年前、Jimiのアルバムの権利が遺族に戻ったことで、彼の死後発売されたアルバムのほとんどは姿を消しました。中には確かに首をひねるものもありましたが、この『In The West』はCDで再発してほしいですね。

  • Gatch
  • 2005年04月09日 19:12

こんにちわ。私をストラトフェチ使いにした1人、アイドルジミンドリック。!ビデオでもいろいろ見て真似したり。現在のバンドでもジミのカバ−はプレイしましよ。
「インザウエスト」このライブアルバムはめちゃ良いですね。音も素晴らしいし。内容も完璧です。
私はCDで持ってます。ベ−スの奴がコピ−するのに必要だとゆうことでお店に言ったら廃盤とのことでした。ヘンドリックス一家のしわざですね。
私はスマッシュヒットが最初で、レギュラ−の3枚、バンドオブジプシ−、ラジオ ワン「モンタレ−ライブ」を持ってます。
現在、ウッドストックのアルバムと4枚目の亡くなって不完全で終った例のアルバムを手に入れようかと迷っています。
良いアルバムでしょうか?
80年代のジミヘンブル−スマン、スティ−ヴィ−レイヴォ−ンも最高ですよ。

  • Smoky
  • 2005年04月09日 19:35

> Gatchさん、Musicologyさん
 そういえば「Live at Winterland」も廃盤になってるみたいですね。あの中に入ってる「ヘイ・ジョー」のイントロ部分は有名なヴァージョンなのに...。これはCD持ってるんですよ。良かった。(BOXセットとかに入ってるのかな?)

  • axis_009
  • 2005年04月09日 20:59

>Smokyさん
 ウッドストックというと6人編成のジプシー・サン&レインボウズですね。結構有名なんですが、個人的な好みとしてはあまり好きじゃないんですよ。活動時期が短かったこともあり、バンドの音が固まっていないのかもしれませんが、(ジミのアドリブとか凄い部分はあるんですが)なんか散漫な印象があります。あと、サイド・ギターのラリー・リーの音が元の音よりかなり小さめ(本当はカットしたかったんじゃないか、というくらい)にリミックスされてるみたいです。
 ライブ盤だと「JIMI PLAYS MONTEREY」か、上のコメントに書いた「Live at Winterland」、そしてこの記事のタイトルになっている「in the west」の3枚が好きなアルバムです。

  • axis_009
  • 2005年04月09日 21:06

またお邪魔します。
当方ブログにトラックバックありがとうございます。
私はこの「In The West」は持っていないんですが、曲目を見る限りではなかなか興味深い内容ですね。
「ジミってこんなんもやってるんや〜。。。」みたいなカヴァーも収録されていて、逆に初めてのジミ体験としては敷居の高いアルバムだったんではないでしょうか?
ちなみに私の初体験は「Smash Hits」。いきなり「Purple Haze」にやられたクチです。

ジミヘンの「ジミ プレイズ モンタレ−」はCD、ビデオとも持ってます。結構ここからの曲をストラトでコピ−してた思い出あり、現在役だってます。黒の65年製のストラト。
「ウッドストック」はレンタル屋でDVDがあって借りたんですが、つい激務のせいで見てる途中で寝てしまい見れずに返した(涙)CDの方が音源よいかな〜と思いまして。同じかな?「フィルモアイ−ストライブ」とかも気になりますね。「バンドオブジプシ−」と同じ音源なのかしら?それに未発表曲追加しただけ?質問ばかりで、すいません。
ラジオで流れていた物凄い迫力の「パ−プルヘイツ」クリ−ムのカバ−「サンシャインオブユアラブ」の音源はどのアルバムのか捜してます。

  • Smoky
  • 2005年04月09日 21:44

>KMCにしむらさま
 ジミヘンのヒット曲はラジオでエアチェックして聴いてたんで、「パープル・ヘイズ」などはそれなりに好きでした。ただ、その頃は「ヘイ・ジョー」とかになるとあまり魅力を感じてなかったですね。それに、それまでは「Live inJapan」などをガンガン聴いてたわけですから、当時の自分にとっては「in the West」は渋すぎた(?)のかもしれません。(笑)
>Smokyさん
「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」は私が知ってる範囲では、(自分では持って無いんですが)以前友人に借りて聴いた「BBCセッションズ」と「Live at Winterlnd」には入ってましたよ。それ以外はちょっと分からないです。

  • axis_009
  • 2005年04月09日 22:21

>Smokyさん
「フィルモアイ−ストライブ」は一部「バンドオブジプシ−」「バンドオブジプシ−2」と一部重複してるみたいですが、違う音源みたいですよ。

  • axis_009
  • 2005年04月09日 22:57

ありがとうございます。ちょうど「フィルモアイ−スト」のビデオも中古屋さんで、1200円とゆう破格値で販売されてたんで、気になってて。DVDがでたんで、中古のビデオが安くなって嬉しいですが^^;
ジミヘンフリ−クは多いですもんね。私もその1人、中野重夫のバンドオブジプシ−なんかは日本でジミヘンにかぎりなく近い完全コピ−バンドなんかもいますしね〜。見たいんですが、いつも都合合わなくて見れない(TT)右ききですが、以前でてたジミヘンシシグネ−チャ−ストラトとC/Sのストラトを使ってます。左きき用になってるんですが、操作方法は右ききになってるストラトです。試したけど慣れないと難しかったです。
ギタ−なんて慣れですよ。慣れ。あれ?また話しがそれて すいません。

  • Smoky
  • 2005年04月09日 23:30

そうですね。「in the West」なんかもちょこちょこ中古やさんを探してみる必要がありますね。
「中野重夫のバンドオブジプシ−」→面白そうなので探してみよう!って、HPとかあるんですか?

  • axis_009
  • 2005年04月09日 23:40


http://www.ne.jp/asahi/real/sro/top.htmこれがバンドオブジプシ−のHPです。
その筋では有名な方です。「ギタ−マガジン」とかにも以前ん出てたりします。都合合えば見に行きたいア−チストです。

  • Smoky
  • 2005年04月10日 08:07

はじめまして、TBありがとうございます。
「In The West」って、もう廃盤だったんですね。「Little Wing」の最高バージョンとしてこのアルバムのものをblogで紹介してしまったんですけども(汗)
 私も、最初Jimiくんのどこがいいのかわからない、という口でした(笑)今は、こんな才能ありまくりの人っていないだろう、とわかるのですが。
Jimiくんフィギュアも持っています(笑)(もう私のblogでご覧になってくださったかしらん?)
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

オクターブの共鳴音さん
「Little Wing」は今は「ALBERT HALL EXPERIENCE」というライブ・アルバムに収録されてます。(他にもあるかもしれませんが)
 上の紹介記事では録音場所を「San Diego Sports Arena '69」と記載してますが、実はアルバートホールでの録音だったのに「in the west」に収録するためにクレジットを偽ってるんですよ。アルバートホールでの録音テープの権利を他のレコード会社が持っていたかららしいのですが、公式盤なのに海賊盤みたいなことしてますね。

  • axis_009
  • 2005年04月10日 12:11

はじめまして。トラックバックありがとうございます。
始めは「Smash Hits 」をカセットテープで購入し、「Electric Ladyland」はレコード(2枚組み)で、今のCDとは違うジャケットの頃に購入しました。アダルトなジャケットでしたね。
ジミのアルバムは沢山聴きましたが、いまだによく聴くのは「THE CRY OF LOVE」です。オリジナルアルバムではありませんが、何か切なくなる気持ちがして、ジミを聴き始めてずい分たった今でも愛聴しています。
またお邪魔させていただきますので、今後ともよろしくお願いします。

  • OTOZO
  • 2005年04月13日 01:56

>OTOZOさん
確かにあのジャケットは持ち歩きにくいデザインでしたね。今のCDサイズではなかったし。発売時に国によってジャケットを変えてた、と聞いたんですが、結構日本ってなんだかんだ言いながら、オリジナルのまま発売しますね。確か、スコーピオンズにもそういうジャケットありましたねー。
 FreedomとAngelが聴きたくて買ったんですけど「THE CRY OF LOVE」も良く聴きました。かなり好きなアルバムです。そうそう、AngelというとFacesのヴァージョンも良いですよ。

  • axis_009
  • 2005年04月13日 09:18

スコーピオンズにもありましたねー。タイトルもそのまんまでしたね。(苦笑)当時の日本は、外国ではOUTなジャケットのバージョンでよくレコードを発売していましたね。
Freedomは名曲ですね。この曲が聴きたくて今でも聴いているようなものです。FacesのAngelも好きですよ。ただ何というか「THE CRY OF LOVE」に漂う雰囲気が大好きなんですね。Jimiが生きていたらどうなっていたか推し量れませんが、晩年のJimiを表現した選曲、Mixだと思います。

  • OTOZO
  • 2005年04月14日 03:40

ジミは色々なライブ盤出てますよね。99年以降、高音質のものが出ているので古いのはあまり聴かなくなってます。TBさせて頂きます。よろしくお願いします。

>ゼップ さん
 >99年以降、高音質のものが
今はジミの遺族が音源を管理してるみたいですね。
 しかし「ライブ・アット・ウインターランド」や「イン・ザ・ウエスト」なんかが廃盤になってしまっているのは惜しいような気がします。ここに入っている音源がリミックスされて聴けると良いんだけどなぁ。(「イン・ザ・ウエストは元々アルバート・ホールやバークレーのライブの寄せ集めなので、それぞれのライブを聴けば何曲かを除いてある程度聴けますが)
「ウインターランド」なんかは、そのうちリミックス版が出そうな気がしますけど。。。。。というか期待してます。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年06月01日 23:36

axis_009さんも記事に追加で入れられてますが、ウインター・ランドのライブ、昼夜2公演収録の完全盤が出たみたいですね。
僕も昔からジミ・ヘンドリックスのライヴの中ではウインター・ランドのライヴが一押しのお勧めだったんですよ。ウッド・ストックに比べると段違いにこちらの方が良いのに知名度的には低いですよね。ウッド・ストックのライヴしか聞いたことのない人は是非「ウインターランド・ナイト」を聞いてほしいなぁ。

  • rototo
  • 2005年09月13日 17:41


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Jimi Hendrix In The West/JIMI HENDRIX (ジミ・ヘンドリックス)
[レビュー/試聴 etc.]