Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. VOX V847 [Pedal Wah]
  2. MUSICMAN AXIS-EX
  3. CLAYTON PICK (クレイトン・ピック)
  4. ZOOM PFX-9003

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2005年09月09日

VOX V847 [Pedal Wah]


 初めてギターを手にした日から今日まで、音の好みが変わったり、より良いサウンドを求める、といった理由からギターアンプ、そしてエフェクター等を買い足したり、買い換えてみたり。。。。
 あれこれと後で思えば、ただ単に"物欲"だったんじゃないか、というような無駄な経験(でも、楽しい)も多々しながらギターを弾いてきましたが、初めて試してみてから常に手放せない物があります。それがこのVOX(ヴォックス)のワウ・ワウ・ペダル"VOX V847"です。


 各社からオーソドックスなものから高機能なものまで各種販売されていますが、VOX(ヴォックス)のワウ・ワウ・ペダルを手にしてからは他社の製品に浮気したことはありません。VOX V847は現在持っているもので3台目で、買い替え時に一応他社のものも試奏してみるのですが、私にとってはVOX V847が一番合うようです。(^^♪

 実は一番最初に手にしたワウ・ワウ・ペダルはJEN(ジェン)のCRYBABY(クライベイビー)。その時は音のコントロールが難しく感じたり、音質的に好きになれなくて手放してしまいました。その後、暫くはワウ・ワウ・ペダルに興味は持っていなかったのですが、その後いろいろな理由から、また使ってみたくなって何年か後にJim Dunlop(ジム・ダンロップ)のCRYBABYVOX V847を比較した上でV847購入しました。
 ワウ・ワウ・ペダルの代表的な2機種ですので、個人的な両機種の印象と何故私がVOX V847を選んだか、という理由をワウ・ワウ・ペダルに興味を持っている方の参考(及び布教)に少しでもなるかも知れませんので書いてみたいと思います。


[VOX V847Jim Dunlop CRYBABY GCB-95の比較]

1.サウンド

VOX V847
 オールラウンドに使えるセッティングで、独特の中域に甘味のあるサウンド。悪く言えば地味で個性がない。但し、他のエフェクターと合わせて音作りする際には比較的音のコントロールがしやすいと思います。
CRYBABY
 ハイに特徴があり、人によってはきつく感じることもあるかもしれないが、派手な音がするため、いかにもワウ・ワウ・ペダルを使っている、というサウンド。


2.使用用途

VOX V847 VOX V847の可変音域はCRYBABYに比べると狭く、ギター・ソロやフレーズの表現に彩りを加えることに適しています。(クワックワッ、という感じ)
 また、音域が狭いというのは、誰にでも扱いやすいともいえます。
CRYBABY
 VOX V847とは反対にCRYBABYは音域が広く、高音に特徴があることなどからファンキーで派手なカッティングなどに使うと気持ちが良いです。(チャカポコ系)


3.VOX V847とCRYBABYの欠点
 結構「音痩せ」します。オンにしている時は気になりませんが、オフの時に気になるようなら、ABボックスで分けるとか、前にブースターを繋ぐなどの工夫が必要になると思います。最近ではVOX、Jim Dunlopの両社とも"トゥルー・バイパス"の機種もあるようですので、それを購入するのが一番良いかもしれません。但し、私の場合はハムバッキング系のギターを良く使っており、VOX V847を繋いだ時の音痩せで、良い意味で適度に音の厚みが取れ、(アンプ等のセッティングなどには気を使いますが)そういった部分もワン・ポイント的に意外と重宝して使っていたりします。


4.その他
 VOX V847はオンにする時のカチッという音が比較的目立ちにくいのも良いところです。また、個人的にはVOX V847はクリーンからクランチまで、CRYBABYは歪ませた状態で使うのが得意という印象があります。


*私にとっての欠点が他の人にとっては利点になることもありますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。また、比較として考えた場合ですから、どちらが良くてどちらが悪い、ということはありません。両機種とも同様な使用方法が可能ですし、人それぞれの使用状況や音の好みなどで印象、評価は変わると思います。
*私が最初にワウ・ワウ・ペダルを使ってみようと思い立った大きな理由のひとつは"マンネリ打破"です。(笑)

[詳しい情報は下記へ]
VOX V847
Jim Dunlop CRYBABY GCB-95


サウンドハウス


| HOME |

2005年04月23日

MUSICMAN AXIS-EX



 極限まで滑らかに仕上げられた非対称ネックグリップと、メイプルトップ/バスウッドバックで構成された個性的なデザインを持つアクシス。ピックアップには専用に開発されたディマジオカスタムがダイレクトマウントされ、トレモロシステムは深いアーミングが可能なフロイドローズライセンスをノンフローティングでセット。激しいディストーションサウンドにおいても輪郭を失うことなく、究極のロックギターサウンドを実現しています。

 アクシスEXは、アーニーボール・ミュージックマンが指定した国内工房で、USAモデルと同じパーツを使用して生産される日本製のアクシス・モデルです。このアクシスEXは、初期のモデルと同じ位置にピックアップ・セレクター・スイッチが装備されています。
(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)

********************
 ブログのサイドバーに愛用のギターとして紹介していたのですが、たまにアクセス解析を見ると検索から来られる方が思いのほか多かったため、カタログからの情報、私も含め周りで使用している人の使用感、私が使用しているうちに得た情報をまとめて記事にしました。
********************

AXIS-EXとは?
 Edward Van Halenエドワード・ヴァン・ヘイレン)がミュージックマンとエンド−ス契約をしている時に作られたEVHモデルが元になっています。その後エディーとの契約解消後EVHの名前が使えなくなった為、若干の仕様変更とともに名前を変えたものがAXIS(USA)。ミュージックマンが指定した国内工房で、USAモデルと同じパーツを使用して生産される日本製のAXISがAXIS-EXになります。(材料等の供給はUSA。組み込み、塗装は日本)

・ボディがコンパクトで軽くライブ向き。
・生鳴りもかなり有る上に直付けのピックアップがよく拾ってくれる。
・いろんな意味でバランスよく出来ている。
・見た目から来るイメージとは違い、ハード・ロックだけではなく色々なタイプの音楽にも対応できそう。(個人的には歪ませるだけでなく、クリアでのフロント、フロント+リアのミックスの音などは好みの音です。)
 ただし、GIBSON Histricなどの高級ギターのハムバッキング・サウンドに較べると情緒性に欠けた音かもしれない。
・個性的なデザインのため好き嫌いが分かれる。


AXIS(USA)とAXIS-EXの違い
・価格から考えるとサウンド・操作性・精度など、いずれも高水準で、AXIS(USA)と較べてもどちらも丁寧に作られており、価格差ほどの差は無い。(というような声も良く聞ききます。)
 *ただし、人によっては反対の意見もあります。
・AXIS(USA)はコンター加工されている。
・ピックアップ・セレクターの位置が違う
 (AXIS-EXは元々のEVHモデルと同様の位置)
・EXのボディトップは薄いキルトが貼ってあるだけで木目に立体感の無いものが多いように思われる。しかし、音質的に劣るとは一概には言えない。
・音質的にはAXISの方がややローが強く、音が粘る感じがある。AXISーEXは全体的にフラット。しかしその分エフェクターなどのノリは良いため音作りがしやすいかもしれない。 (個人的には目立った差は無いように思われました。)
・AXIS-EXの方がRが緩い。(USA : 280, EX : 305)


Asymmetrical Neck

(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)

・非対称グリップはかなり弾きやすく感じられる。特に立って弾くときなどはそのメリットが更に大きくなる。
・バーズアイメイプルネックという反り易い材質を使用している上にオイルフィニッシュなので湿度などの影響を受けやすい。(使用者の環境、使用状況などにもよりますし、個体差はあると思います。)ただし、EXは国内組み立てなので比較的動きにくいようだ。
 (個人的には一度もトラスロッドの調整が必要になったことはありません。)
・AXIS-EXは指板側のみクリア塗装されているため、EVH、AXISのように長年使用しても黒くならない。
 (これは人それぞれでメリットにもなるし、デメリットにもなりますね。使用していくうちに指板が黒くなった方が良い、と考える人のほうが多そうです。)
・アイバニーズのようにクラシック・タイプのグリップが好みの人には向かない。どちらかといえばネックを握りこむタイプの方との相性が良いと思います。


4x2 Head Stock・M6LA Tuners
 高い精度をもちスムースなチューニングが行えるシャーラー社の"M6LA"マシーンヘッドを装備。ヘッドストックは全カラーともにマッチング・カラー塗装仕様。
(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)


5Bolt-On Neck Joint

 ネックとボディを確実に密着させる5ボルトネックジョイントを採用。ハイポジションでの演奏性を考慮して、ボディのヒール部にラウンドカット加工が施されています。
(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)


Floyd Rose Licensed Locking Tremolo

 ダブルロッキングタイプのミュージックマン・フロイドローズライセンストレモロは、サドル部の素材、ナイフエッジ部の強度など独自の品質テストをパスした高精度なトレモロです。チューニング精度の高いノンフローティングでセットされ、アームダウンのみのセッティングが基本スタイル。
(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)

・アームアップができないが、音の良さやサステイン、チューニングの安定、弦が切れても狂わない等のメリットがある。
・ザグリを入れてアップできるように改造している人もいるが、調整も難しいし音も変わるため、アーム・アップが必要な人は最初からこのモデルは選ばないほうが良いかもしれない。
・生で弾くときなど、(ロック式の宿命だが)開放弦(特に1,2弦)が通常のナットのものに比べ劣ってしまう。ただし、アンプを通せば気にならない程度にはなる。


AXIS-EXAXIS-EX SPEC
Body :Basswood With Bookmatched Figured Maple Top
Body :Finish High Gloss Polyurethane
Neck :Selected Maple
Neck :Joint 5-Bolt Sculpted Joint For Perfect Alignment With No Shifting
Neck Finish :Hand Rubbed Gunstock Oil& Wax Blend
Fretboard :Maple, 324 Scale, 254R
Neck Width :41mm at Nut, 56mm at Last Fret
Frets :22 / High profile, Medium Width
Pickups :2 Custom Dimarzio Humbucking
Bridge :MusicMan Floyd Rose Licensed Locking Tremolo
Tuners :Schaller M6LA with Pearl Buttons
Controls :Volume (500k pot)
Switch :3-Way Toggle
String :ERNIE BALL 5150 (#2900)
String :Gauge .009 .011 .015
.024W .032W .040W
Colors :
Translucent Red (50),Translucent Gold (53),Translucent Purple,Translucent Green,Translucent Blue (56),Translucent Pink,Translucent Black,Natural (90)
(MUSICMAN カタログより・2002年2月現在)


サウンドハウス

| HOME |

2005年04月19日

CLAYTON PICK (クレイトン・ピック)


 “ULTEM”という比較的べっ甲に近い素材で作られたピックです。磨耗しにくく、弦のすべりも良く、セルロイドなどのピックとはまったく違った独特なタッチです。音質的にも爪で弾いたときに近い音が出せますし、「しなり具合」も非常に心地よく、ピックの返りの良さがよく分かります。

 私自身もピッキングの強弱、角度などの使い分けなどはある程度コントロールしていましたが(気のせい?)、3年前にこのクレイトンのピックを手にしてから、ピッキングのヴァリエーションがさらに増えた様な気がします。
 ただ、問題はどこの楽器店でも扱っているわけではないことと、良くチェックして買わないとたまに歪んだ状態のものがあることですね。(まぁ、使っているうちに自分の手に馴染むように歪んでくるものですが)
 人それぞれで好みが違うとは思いますが、もしどこかの楽器店で見かけたら是非試してみてください。(私はエレキで使ってますけど)特にアコースティックギターを弾く方にはお勧めのピックだと思いますよ。

CLAYTON/TRI ¥100
PICK GAUGE:0.38/0.45/0.56/0.72/0.80/0.94/1.07/1.20(mm)
*ちなみに私は0.72と0.80を使ってます。

CLAYTON PICK [ULTEM GOLD]/Official
chuya-online/楽天市場


サウンドハウス

| HOME |

2005年04月11日

ZOOM PFX-9003


ZOOM PFX-9003
ZOOM PFX-9003
●エフェクト60種類搭載●20種類のアンプ/エフェクトモデリング●パームトップサイズ重量(130g)●ギター、ベース、マイク用のパッチメモリー(USER60/PRESET60)●最大30秒のサンプラー機能、音程を変えないスロー再生●60種類のリズムパターン(PCM音源)●高感度エレクトリックコンデンサマイク内蔵● センターキャンセル機能で手軽にCDとジャム● ZOOM独自のノイズリダクションシステム(ZNR)● 多機能チューナー搭載● 単4電池4本で6時間連続稼動
*機能的にはこんな感じみたいです。でも、長い間愛用してますがほとんどの機能は使いこなしてません(笑)。

 10年ぐらい前に前機種のPFX-9002を買って以来、ずっと愛用している手のひらサイズのマルチエフェクター・シリーズです。一昨年に激しく落として壊してしまったので(バラバラになった)、現在は買い換えて現行機種のZOOM PFX-9003を使っています。
 コンパクトでチューナー、リズムマシン内臓。エフェクトも60種類ぐらい入ってるし、スタジオ、ライブでの使用は難しいですが、家で遊ぶには必要充分な機能を持っています。と、いってもほとんどパラメーターなんかは弄らずにギターとヘッドフォンを繋げて気軽に使ってます。(あっ、何種類か好みの音を作ったり、良く使うプリセット音のノイズ・リダクションを切ったり、音によってはゲインを落としたり、ギターに合わせてトーンを弄ったり、といった程度のことはしてます。)

 使い方はギターの練習とか高尚な目的ではなくて、ほとんどリズムを流しっぱなしにして、気に入ったリフをうだうだと弾き続けたり、リズムに合わせてアドリブしてみたり。飽きたらリズムを変えたり、音色を変えたり...、の繰り返し。気付くと2、3時間、あっという間に過ぎてた、というような、まぁ、大した使い方はして無いんですけど、なんか手放せないエフェクターなんですよね。音の良し悪しは人それぞれに好みがあると思うんですが、私にとっては基本的にヘッドフォンアンプとしてのお遊び用なんで、これで充分って感じです。あまり家で大きな音を出せないので、あれこれエフェクターをセッティングしてアンプにつないで小さい音で弾く、とかヘッドフォンで、なんて考えると面倒、というか意味が無い、というのもあります。(家で大きな音が出せる人がうらやましいです。)
 ちなみにヘッドフォンはSONYのMDR-CD900STを使ってます。ヘッドフォンの方が高いですね(笑)。これはちょっと失敗しました。レコーディングの現場などで使うことを想定して作られている機種なのでリスニング用には向きません。オーディオなどに使ってると細かい音まで聴こえすぎて長時間使ってると疲れるんですよね。(宅録などをされてる方には良いかもしれませんが)どうせならオールラウンドに使えるヘッドフォンにすれば良かった...。

 発売当初、良く売れたエフェクターなんでご存知の方も多いかもしれませんね。そうそう、前機種(9002)で有名な(?)ディストーション・サウンドは現行機種にも入ってます。

*本当は当時ROCKMANのが欲しかったんですけど(確かX-100だったかな)、高かったしなぁ。どんなギターを繋いでも強引にボストンの音にしてしまうディストーション・サウンド。そして特に良かったのが心地よいコーラス&エコーのクリア・サウンド。うーん、欲しかった...。プリセット4つだけ、というのも深く考えずに使えてグッド!まだ、売ってるのかな?(まぁ、ZOOMがあるからいいか)
*まだ売ってるのかどうか気になったので、試しにGoogleで「Rockman X100」を検索したら、「ゲーム」と「B'z」の話題ばっかりでした。(^^;


サウンドハウス

| HOME |

RHINO Sales Lank



PR


120×90