Search


since 2005.03.13

2005年07月01日

007/FROM RUSSIA WITH LOVE (007/ロシアより愛をこめて)

B000IU38JC007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション
ショーン・コネリー テレンス・ヤング ロバート・ショー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22

■英、1963年
■監督 Terence Young(テレンス・ヤング)
■出演 Sean Connery(ショーン・コネリー)、Robert Shaw(ロバート・ショー)、Daniela Bianchi(ダニエラ・ビアンキ)

 Ian Fleming(イアン・フレミング)原作の殺人許可書を持つスパイ"James Bond(ジェイムズ・ボンド)"の活躍を描く007シリーズの映画化。数多く作られた007シリーズの映画の中でも最高傑作といえばやはり「007/ロシアより愛をこめて」(公開時は「007/危機一発」)です。


 列車内での格闘、海上での追いつ追われつのチェイスなどのアクション・シーン、アタッシュ・ケースに仕込まれた仕掛け等の秘密兵器、そして初代ボンドを演じるSean Conneryのワイルドな男臭さを見せながらも、時折見せる冷酷さを感じさせる演技。ボンド暗殺のために犯罪組織スペクターから送り込まれたロシアの女スパイ、タニアを演じるセクシーでキュートなDaniela BianchiTerence Youngはこの荒唐無稽なストーリーを大人のための良質なエンターテインメントに仕上げています。また、おなじみのJohn Barry(ジョン・バリー)のテーマ曲も、あのギターの音が聴こえてきただけでワクワク感倍増、映画の緊張感、迫力を更に増しています。

 現在の特撮技術から比べると巧妙さ派手さにはかけますが、Sean Conneryの演技、Terence Youngの演出、一つ一つの場面を効果的に盛り上げる音楽などにより『007/ロシアより愛をこめて』が未だに第一級のエンターテインメント作品であることには変わりありません。

*Ian Flemingの原作ファンでもある私の個人的な意見としては(タイトルだけ一緒で内容は原作と映画でまったくの別物になってますが)、歴代のボンド役の中ではTimothy Dalton(ティモシー・ダルトン)が一番原作のイメージに近く、『The Living Daylights(007/リビング・デイライツ)』(1987)、『Licence To Kill(007/消されたライセンス)』(1989) の2作だけでなく、もう少し長くボンド役をやって欲しかった、と思っています。

[Terence Young(テレンス・ヤング)監督 作品リスト]
[Sean Connery(ショーン・コネリー) 出演作品リスト]
[Timothy Dalton(ティモシー・ダルトン) 出演作品リスト]


B000HKDF46007 アルティメット・コレクション BOX
ショーン・コネリー ジョージ・レイゼンビー ロジャー・ムーア
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-11-22


B000087DS1From Russia with Love [Original Motion Picture Soundtrack]
John Barry Lionel Bart Monty Norman
Capitol 2003-02-11


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

007/危機一発(1963 イギリス) from 怒りの鉄拳

「ドクター・ノオ」の歴史的ヒットを受けて、さらにパワーアップして製作されたシリーズ2作目、今作より秘密兵器担当のミスターQも登場し、007映画の核が形成されていく。「危機一発」というタイトルは東宝東和が日本公開時に付けたものだが、この他の映画でも「危機一発」�

007/トゥモロー・ネバー・ダイ from かたすみの映画小屋

スパイ映画の老舗シリーズ、『007』シリーズは1962年の『007は殺しの番号』(『007/ドクター・ノオ』)を皮切りに現在も主役の役者が交代しながら続いているという息の長いシリーズです。

次のボンド from ニドネ&ヒルネ

006なショーンが好きな私ですので、007はピアース・ブロスナンであって欲しいのですけれどやっぱり交代になりそうなのですね。一時はショーンも候補として名前が上がっていたりしましたが、本人さえあっさり「ありえない」というコメントでした(笑)。そしてボンドを降りる�

「女王陛下の007」 from 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情

「女王陛下の007」(1969年 監督 ピーター・ハント 出演 ジョージ・レーゼンビー ダイアナ・リグ テリー・ザバラス)(ストーリー)世界中から美女をあつめたアルプスの別荘地での「アレルギー研究所」。この施設はブロフェルドの世界征服の野望が隠されていた。ブ

[Cinema]FROM RUSSIA WITH LOVE from The Song Remains The Same

ロシアより愛をこめて この記事は[FC2 Blog][http://rollingstone.blog12.fc2.com/blog-entry-57.html:title=OOH LA LA-my favorite songs]からの転載です。|イアン・フレミング原作の殺人許可書を持つスパイ”ジェイムズ・ボンド”の活躍を描く007シリーズの映画化。数多�

『007 カジノ・ロワイヤル』、007シリーズは現在に蘇った。 from 好きだから、甘々コメント

『007 カジノ・ロワイヤル』は、『007ジェームズ・ボンド ビギニング』と言っていいほど、まったく新しいボンドを誕生させ、シリーズ第21作目という表現を...

007 ドクター・ノォ from Dear MOTHER

公開時タイトルは「007は殺しの暗号」 1962年 /イギリス/110分  監督 テレンス・ヤング原作 イアン・フレミング 脚本...

映画評「007/ロシアより愛をこめて」 from プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1963年イギリス映画 監督テレンス・ヤング ネタバレあり

comments


axisさん、こんばんは。TB&コメントありがとうございました、すごく嬉しかったです。007の原作は読んだことがないのですが(すみません)ティモシー・ダルトンが一番イメージが近いのですか〜。そう聞いてからですとまた見方がかわりそうです!次のボンドはもう決まったのでしょうか?交代劇もシリーズの見所ですね(笑)!

  • なを
  • 2005年07月04日 21:01


>なをさん
>ティモシー・ダルトン
あくまでも個人的な印象なんですけどね。人によってはまた違う印象があるかもしれません。(^^♪
>次のボンドが誰なのか
色々な話があるみたいですね。私が最近見た(読んだ)記事では次作は「カジノ・ロワイヤル」でピアース・ブロスナンが再度ボンド役に復帰、但し、いまだ交渉中、みたいな話でした。でも、2転3転してるんでしょうね。ボンド役を長くやる、というのは役者としてはリスクが多そうだし。
*なをさんのブログで読ませて頂いたような「若かりし頃のボンド」の映画化なんていう話もあるんですね。


なんだか僕の好きな映画ばかりだなぁ。ジェイムス・ボンド・シリーズも大好きなんですよ。でも、最近の作品は見逃すことが多いんですけど、ロジャー・ムーアがボンド役の頃までは欠かさず劇場で見てました。
ティモシー・ダルトンのボンドは見たことが無かったので今度チェックして見ます。
(イアン・フレミングの原作は僕も好きです。全部読んでますよ。)

  • サリーちゃんのパパ
  • 2005年08月31日 15:10

「007/危機一発」は、私の映画好きに火をつけた1本です。
なんと言っても、殺し屋として登場したロバート・ショーとオリエント急行の中で格闘するシーンは、
永久保存ものですね。
そういえば、今回の「カジノ・ロワイヤル」もラストはイタリアのベニスでした。
ところで、ティモシー・ダルトンは登場したタイミングが良くなかったかも知れませんね。東西冷戦が
終わり、巨大な悪役がいなくなった時代背景でしたから。

  • amame
  • 2007年02月23日 00:06

昨年(2006年)公開された『カジノ・ロワイヤル』は007シリーズでは久々に面白いと思えた作品でした。
 観る前は「金髪のジェームズ・ボンドかぁ」なんて思っていたんですが、いつも覗かせてもらっている映画のレビューを扱われているブログの皆さんの評判があまりにも良いので、長らく私の中では007シリーズはレンタル・ビデオ屋でアイディアが無いときに借りる作品というポジションになっていたのにも関わらず、今回は久々に映画館まで見に行ったんですよ。^^♪
(実はここ1年ほど映画館に映画を見に行く判断基準はリンクさせていただいている幾つかのブログで書かれた記事に影響されていたりします。)

  • axis_009@管理人
  • 2007年02月27日 21:05


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




007/FROM RUSSIA WITH LOVE (007/ロシアより愛をこめて)
[レビュー/試聴 etc.]