Search


since 2005.03.13

2005年05月12日

Fire and Water/FREE (フリー)

B000002G9SFire and Water
Free



Fire and Water [試聴]iTunes Music Store


 Simon Kirke(D.サイモン・カーク)、個性派Andy Fraser(B.アンディー・フレイザー)の横ノリのリズムを土台に、Paul Kossoff(G.ポール・コゾフ)の引き裂くようなレスポール・サウンド、そして圧倒的な力量を持つPaul Rodgers(ポール・ロジャース)のヴォーカルで作り上げた、FREE(フリー)のブリティッシュ・ブルーズ・ロックの名盤。(1970年・3作目)
 全英チャート2位、全米チャート4位の"All Right Now"を収録。


1.Fire and Water
2.Oh I Wept
3.Remember
4.Heavy Load
5.Mr. Big
6.Don't Say You Love Me
7.All Right Now

UK盤、日本盤 Bonus Tracks
8.Oh I Wept [Alternate Vocal Take]
9.Fire and Water [New Stereo Mix]
10.Fire and Water [BBC Session]
11.All Right Now [BBC Session]
12.All Right Now [Single Version]
13.All Right Now [First Version]
Fire and Water [FROM UK][IMPORT]

Paul Rodgers :Vo (ポール・ロジャース)
Paul Kossoff :G (ポール・コゾフ)
Andy Fraser :B (アンディー:フレイザー)
Simon Kirke :Dr (サイモン・カーク)

 このアルバムを録音した時点でFREE(フリー)のメンバーは全員20歳前後。Andy Fraser(アンディー・フレイザー)にいたってはFREEに参加したのが16歳の時、しかもそれ以前はJohn Mayall(ジョン・メイオール)のバンドにいたというから驚きです。作曲能力にも優れ、そのベースも個性的。FREE独特の重くて深いリズムもAndy Fraserに因るところがが大です。
 シンプル且つシンプルな音でシンプルなブルーズロックを演奏するバンドのため、重厚な音の壁を作り上げるようなハード・ロックを聴きなれた耳では「スカスカ」な演奏、という印象をもたれる方も多いかもしれませんが、その音の空間の間、緊張感などが楽しめるようになると、FREEの良さが染み込むように分かってくると思います。

Kossoff.jpg Paul Kossoff(ポール・コゾフ)のギターの特徴としてよく言われるのは、Eric Clapton(エリック・クラプトン)も感心したという“細かく速いビブラート”、そして“泣き叫ぶようなギター”。“泣き”といっても代表選手であるCarlos Santana(カルロス・サンタナ)のそれとはまた違った、Santanaよりブルース色が強く、どちらかと言えばドライな印象のあるPaul Kossoff独特のスタイルです。
 ただし、個人的にはその"泣き”が本領発揮されてPaul Kossoffの演奏技術においてピークを迎えるのはFREEというバンドの絶頂期ではなく、FREEが一時的に再結成を果たした『Free At Last』辺りからではないかと思います。(レズリー・スピーカーの使用も大きい。)しかし、その頃にはPaul Kossoffは既にドラッグの影響により体調を崩しつつあり、次作『Heartbreaker』製作中にFREE(フリー)を脱退。その後自らのバンド"BACK STREET CRAWLER"(バック・ストリート・クローラー)を結成するものの(1作目は良かったんですが)2作目で失速、そして遂にはPaul Kossoff自身もドラッグの後遺症により帰らぬ人となってしまいます。幾つかの名演を残してはいますが、ギター・テクニック的にも熟成してPaul Kossoffのギター・スタイルの完成を得ながら、しかし既に充分な音楽活動が行える状態ではなくなっていたという、Paul Kossoff本人だけでなくロック・ファンにとっても残念なドラッグでの死だったと思います。

FREE解散後、Paul Rodgers(vo.ポール・ロジャース)、Simon Kirke(Dr.サイモン・カーク)は元MOTT THE HOOPLE(モット・ザ・フープル)のMick Ralphs(G.ミック・ラルフス)等と"BAD COMPANY"(バッド・カンパニー)を結成することになります。


Free Live (1971)
 FREEが一度目の解散をした後に発表されたライブアルバム。トラブルによりPaul Kossoff(ポール・コゾフ)のギターの音が出なくなったり、音を外していたり、というのもそのまま入っていますが、そんなことがほとんど気にならないほどの熱気溢れる演奏です。個人的にはこのアルバムを一番良く聴いてました。何年か前にCDで買い直したら、ボーナス・トラックとして"All Right Now""Mr.Big"の収録日違いのライブ演奏なども入っていたんですが、特にPaul Kossoffのギターのバッキングが違っていて、FREEもライブ演奏を重ねて曲を熟成させて行くバンドだったというのが良く分かり、そういう部分での聴き較べも興味深かったです。ちなみに収録された"All Right Now"は1970年1月録音、ボーナストラックは1970年9月録音(こちらの方がスタジオ録音版に近い演奏です)。"Mr.Big"はその逆。そして、その2曲を収録したスタジオ盤『Fire and Water』は2つの収録日の間の6月発売です。
*ボーナス・トラック収録はUK盤、日本盤。US盤には入っていないようです。(2005年4月現在)

B00005Y46O
Free Live [UK Bonus Tracks]
Free

Tons of Sobs [UK Bonus Tracks] Highway [UK Bonus Tracks] Fire and Water Heartbreaker [UK Bonus Tracks] Free

Free Live! [試聴]iTunes Music Store


Back Street Crawler
 Paul Kossoff(G.ポール・コゾフ)がFREE(フリー)脱退後に結成したバンド、BACK STREET CRAWLER(バック・ストリート・クローラー)。1stアルバム収録曲の"Time Away"ではPaul Kossoff最高の泣きのギターを聴かせてくれます。

B0001XAQVE
The Band Plays On
Back Street Crawler
Back Street Crawler Andy Fraser Band/...In Your Eyes


Back Street Crawler [試聴]iTunes Music Store "Back Street Crawler"


[FREE DISCOGRAPHY]
Tons Of Sobs - 1969
Free - 1969
Fire And Water - 1970
Highway - 1970
Free Live - 1971

Free At Last - 1972
Heartbreaker 1973

[PAUL KOSSOFF DISCOGRAPHY]
Kossoff,Kirke,Tetsu,Rabbit - 1971
Back Street Crawler - 1973
The Band Plays On/Back Street Crawler - 1975
2nd Street/Back Street Crawler - 1976
Live in Croydon,June 15th 1975 - 1983

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

Topの写真を更新 6 from あれやこれや

え〜、今度は「Free」の「Fire and Water」です。ヴォーカル:ポール・ロジャースギター:ポール・コゾフベース:アンディ・フレーザードラムス:サイモン・カーク今回なんでメンバーを書いたかというと、後にポール・ロジャース、サイモン・カークの二人と

FREE / FREE AT LAST (紙ジャケ) from 芸術的生活

今月のレココレのメインはブリティッシュ・ハードロック特集でした。そこでもこのグループは取り上げられていますが、このアルバムについてではありません。やはりフリーといえば『トンズ・オヴ・トブス』、『フリー』、『ファイアー・アンド・ウォーター』、『フリー・

FREE / FIRE AND WATER from @日吉★ロックス

FREE / FIRE AND WATER 1970年発表のFREEの3作目にあたる「FIRE AND WATER」 FREEの最高傑作と言われかなり評価が高い作品。 驚くのはこの作品を作ったときのメンバーの年齢である。 ポール・ロジャース(vo)20歳 サイモン・カーク(ds)20歳 ポール・コゾフ(g)19歳 .

Bad Company from alphaeos DIARY

僕が一番好きなバンドBad Companyです。 1973年、元フリーのポール・ロジャース(ヴォーカル)と元フリーのサイモン・カーク(ドラムス)と元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス(ギター)の3人に、オーディションにより元キング・クリムゾンのボズ・バレル(ベース

聴いてみた 第10回 ポール・ロジャース from 言黙(ことだま)

前回ジェネシスの体験入学に失敗し、失意の

Free ・Fire and Water from やっぱり洋楽、ロックだ!!!

70年にリリースされたフリーの『Fire and Water』は、フリーの3枚目にあたる。68年に『Tons of Sobs』でデビューした時、ベースのアンディ・フレイザーはまだ16歳であった。ボーカルがポール・ロジャース、ドラムがサイモン・カーク、そしてギターがポール・コ

Paul Kossoff & Back Street Crawler [ Croydon June 15th 1975 ] from Music Life

'''Paul Kossoff & Back Street Crawler [ Croydon June 15th 1975 ]'''ポール・コゾフが飛行機の中で死んでしまう前年に収録された英国でのLive盤。随分後になって1983年にリリースされました。ジャケットの出来とかはしょぼくて正規盤には見えませ

Free / Fire And Water ('70) from There's One In Every Crowd

JT が「Fire And Rain」ならこちらは...

Freeの『Free Live!』 from やっぱり洋楽、ロックだ!!!

71年にリリースされたFreeの『Free Live!』この時期、メンバーの状況は最悪と言われながらのこの演奏はあまりにも素晴らしすぎる。特に「Mr. Big」のエンディングの演奏には鳥肌が立つ。コゾフのギターとフレイザーのベースがとにかく素晴らしいのだ。スタジオ録音では感じ

アンディ・フレイザーのベースを聴いてみた・・・ from ブルーズマンの、ブルージーな話

ううん、やはり、深いバンドですね!!フリーは・・・・ご無沙汰しております、、ブルーズマンです!TBありがとうございました!私の方からも、TB差し上げます。やはり、ポール・コゾフも、夭逝したために、とても伝説的なギターリストになってますね。。もちろん、...

Free - Tons of Sobs from ロック好きの行き着く先は…

 A Happy New Year! 明けましておめでとうございます。いつも見に来られている方々全てが今年も良い年になりますように。そしてロックに邁進しましょう〜(笑)。 そんなことで挨

フリー(Free)伝説の初来日公演1971 from bongokidの音楽コラム

フリーを知ったのは、「オールライト・ナウ」がそこそこ日本でもヒットし、深夜ラジオの音楽番組でそれを聴いたことからでした。そして最初に購入したLPはあの「ライブ」。聴きまくりました。最後の曲(スタジオ録音)の「Get Where I Belong」が流れると、まるでライブド

Free - Highway from ロック好きの行き着く先は…

 ロック界で唯一「The Voice」と異名を取る男、ポール・ロジャース。本ブログにも何度か登場しているんだけどこの流れならばやっぱり登場してもらわないとね♪ やっぱり一番好きな

Andy Fraser - Free from ロック好きの行き着く先は…

 ロック界にベーシスト数多くいるものの、アンディ・フレイザーの独特のリズムとベースラインは完全にオリジナルで今でも唯一無二のベースサウンドだ。もちろんこないだのBBCのライブや総集編DVDがリリースされた伝説の

フォーエヴァー (フリー) from 英語生活ノおト+α

自分へのお年玉のつもりでちょっと高価ですが、買ってしまいました。セブンアンドワイでは5279円、DVD2枚組み。昨年の11月に発売。現存するFREEの映像...

イカすぜ、泣きのリード! from ROCK ANTHOLOGY BLOG

●ポール・コゾフ(Paul Kossoff) ●1950年9月14日生まれ~1976年3月19日死去 イギリス出身 今日が命日であるポール・コゾフ...

comments


こんばんは。
 FREEは、後追いながらたいへん思い入れのあるバンドです。
コピーもたくさんしましたよ。
彼らのライヴ音源を聴くと、スタジオ盤とは違うへヴィーで凶暴な音に触れられたりしますね。
 実は私のバンドのギタリストは、FREEとポール・コゾフに関しては雑誌のインタビューを受けるほどのマニアでして、FREEのトリビュートバンドもやってるんです。
彼にたくさん仕込まれました(笑)

  • marnie
  • 2005年05月12日 19:20


>marnie さん
 >FREEのトリビュートバンドも
marnieさんのブログに掲載されてた「TONS OF SOBS」というバンドですね。明日(5/13)大塚Welcomebackというところでライブがあるみたいですね。
 私も東京在住だったらいろいろと見に行きたいんですが、地方在住だとなかなかこういったバンドを見る機会がなくて残念です。(地元でトリビュート・バンドをやられてる方も多少いるんですけど、バンドが限られてるし、なかなかフリーなどは聴けません。)
また、こちらからもお邪魔しますね。よろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年05月12日 20:27


こんばんは。
当ブログにTBありがとうございました。
また当サイトの調子が悪く、何度も同じ記事をTBしてしまい、申し訳ありません。
誠にお手数ですが、不必要な分を削除して頂けると幸いです。
フリーの中ではやはり「ファイアー・アンド・ウォーター」が一番ですね。
ポール・コゾフのギタープレイもたまりません。


こんばんは。わたしもバドカンがやや遅れリアルタイムでした。最初フリーっててっきりアメリカのバンドと思っていましたよ。骨太の割にどこかしら柔らかさを感じますが如何でしょう。ポール・コゾフのギタープレイのせいでしょうか。いや、ベースかな。ボーカルも意外と力みがなくて、うーん、一聴するとロックなんですけどそのへんがブルースなのかな。


FREE、好きです。
ポール・ロジャースのボーカル、ポール・コゾフのレスポールのサウンド、カッコいいです!
たしか、昔の雑誌でポール・ロジャースの自宅に、ポール・コゾフのレスポールがあるのを見ました。貴重なギターですね。まだ、雑誌はどこかにあると思います。後で探してみよう。
”オールライト・ナウ”はレスポールでコピーしました。
あのイントロがたまりません(涙)


>lonehawkさん
 >当サイトの調子が悪く
気にしないでください。私もここ2,3日、あちこちに重複コメントを残してます。(悲)
>kawamukaiさん
 >骨太の割にどこかしら柔らかさ
私はフレイザーのベースではないかと思います.....多分。
あのベースって、重たいんだけど浮遊感がありますよね。その辺がフリー独特の音を作ってるのではないでしょうか。
>エディさん
オール・ライト・ナウのイントロのAですが、ライブの時はロー・コードのAを押さえて、尚且つ6弦の5fを小指で押さえてる、というような話を聞いた事があります。本当だったら、うーん、私には押さえられない....。

  • axis_009
  • 2005年05月12日 23:54


>オール・ライト・ナウのイントロのAですが
以前WOWWOWで放送したライブ映像のでコピーを試みた
ことがあるのですが、ローA+6弦5Fで、このフォームの
まま次のコードも弾いてました。最初のAの時に
5弦4Fも押さえてるような気もしたのですが、それだと
ちょっと音が。スタジオ盤ともFREE LIVEとも違う弾き方でした。
アクション優先でちゃんと弾いてないんですが(笑)
ビブラートは戦慄を覚えました。特に人差し指。うーむ。凄い。

  • bakune
  • 2005年05月13日 01:09


僕のほうからもTBしました。
このアルバムは心底好きですね。
ボーナスで入っていた
All Right Now [Single Version]
All Right Now [First Version]
も良くないですか?
イイ曲なのでいろんなバージョンで聴けるのがうれしいですね。
このオマケがクセモノなんですけどね(笑)
ちなみにポール・コゾフ。彼のソロのアルバムがこれまた好きです。

  • コトー
  • 2005年05月13日 01:10


axisさんのブログのリンクで、リンク名にカーソルを当てた時に、更新日が出るのと出ないのがあるのはどうしてですか?

  • kiki
  • 2005年05月13日 17:08


Time Awayを聴くとあの強烈な悶絶顔が浮かびます。
レスポールといったらペイジよりコゾフの名前が浮かんでしまう駄目な僕です。

  • おいら
  • 2005年05月14日 00:03


これ超〜懐かしいです。よく聴きました。ポールコゾフ、泣きのギター。
BBのライブとともにテープレコーダーに録音してスローでちょっとづつ再生して・・・(笑)
もうちょっと彼ら、バンドやって欲しかったですね。

  • zzr927k
  • 2005年05月14日 07:46


ついにFREEですね!このアルバムも大好きですが、次の「ハイウェイ」や「ハートブレーカー」なんかも良いです。
「フリー・ライブ」では、詐欺のように入っていた(笑)ライブじゃない「ゲット・ホェア・アイ・ビロング」が好きだったりします(^^ゞ
また、つい最近も「コゾフ、カーク、テツ&ラビット」なんぞを買ってしまいました(^^♪
axis_009さん、僕もリアルタイムで聴いていた、『70年代、ツェッペリンの次に売れたバンドBad Company』にも期待していますよ(^.^)b

  • イマ
  • 2005年05月14日 16:08


>bakuneさん
やっぱり6弦も押さえてるんですね。多分、音を更に厚くヘヴィーにしたい、という発想からなんでしょうけど、色々考えるもんですね。でも、そんな押さえ方でギター弾いても楽しくなさそうだなぁ。(←言い訳(笑)
>コトーさん
以前コトーさんのブログに、「フリー」の記事を書いてTBします、とコメントしてから暫く経つんですが、やっと書きました。(笑)
 >このオマケがクセモノ
フリーってボーナス・トラックがいっぱい入ってますからねぇ。
>おいら さん
 >レスポールといったらペイジよりコゾフの名前が
ポール・コゾフもレスポールの代表的なギタリストですよね。個人的にはレスポールというと、絵的にはペイジなんですが、「音」という事になるとコゾフやオールマンBrosの2人、ジョー・ウォルシュ等の方が印象的ですね。ペイジのレスポールは変則的(?)な音だと思います。

  • axis_009
  • 2005年05月14日 16:45


>zzr927k さん
 >テープレコーダーに録音してスローでちょっとづつ再生して
私はスロー再生できる物は持ってなかったんですが、コピーするのにラジカセは何台か壊してしまいました。懐かしいですね。あと、ギターから直接ラジカセに繋いだディストーション・サウンド。(笑)
> イマ さん
イマさんのTB「バッド・カンパニー」、さっそく読ませて頂きますね。
*今更なんですが、イマさんのHPのアドレスってBad Companyだったんですね。

  • axis_009
  • 2005年05月14日 17:03


>kikiさん
 ブログには「Ping送信」という機能があって、Ping送信を行うように設定しておくと新規記事を投稿する時に「ブログを更新しましたよ」という情報が、設定した送信先に送信されます。送信先も色々あるみたいで、各種ランキングサイトや私が登録している「BlogPeople」のようなリンクのシステムなども、その送信先のいずれかの情報を使って更新状況を表示できるようにしています。
ちなみに「BlogPeople」は
http://www.weblogs.com/
http://ping.blogger.jp/
のいずれかにPing送信をされている方の更新状況が表示されます。
*Ping送信に対応していないブログも一部あるようですが、Blog Peopleなどから、そのブログの代わりにPing送信を行うフリーソフトなども配布されています。(大体こんな感じなんですが、私の説明も言葉足らずな部分や間違いがあるといけないので、念のため「Ping」などの単語で検索して色々読んでみてください。)

  • axis_009
  • 2005年05月14日 17:22


 詳しい説明、ありがとうございます。
また、いろいろ教えてください。よろしくおねがいします。

  • kiki
  • 2005年05月16日 09:07


お邪魔致します。
このアルバムは収録時間が短いながら名作ですね〜。
1曲目の表題曲の、忍び寄るような枯れたイントロが感動です。
隠れた名曲バラード「Don't Say You Love Me」には何度か涙しました(笑)。
いまやポール・ロジャースもクイーンのヒトなんですよね〜。。。しみじみ。


>KMCにしむら さん
 >忍び寄るような枯れたイントロ
大ヒットアルバムの後なのに、何故か急に枯れちゃった次作「ハイウェイ」も結構好きだったりします。でも、20歳前後の人たちがこういうのを作っちゃうんですから、当時のイギリスのミュージック・シーンというのは凄いですよね。

  • axis_009
  • 2005年05月16日 22:16


おはようございます。axis_009さん、お察しの通り僕のホームページのアドレスは、Bad Companyなんです。ポール・ロジャースが大好きで、Rockを聴くようになってからは来日ごとにコンサートにも行きました。Queenでいいからまた観たいですね。
「コゾフ、カーク、テツ&ラビット」はコゾフが大好きとかコレクションとしてなら買っても良いかもしれませんが、買うと後悔するかもしれません^^;

  • イマ
  • 2005年05月17日 08:31


続きです。
キーボードのラビットがヴォーカルを取っていますが、ロジャースと比べてしまうと…
音的には、ラビットの影響でかなりアメリカナイズ、「ハートブレーカー」のへヴィーさを抜いたみたいな感じですかねえ。コゾフのギターは相変わらず泣いていますが、キーボードが少しうるさい気がします。
と言いながら、実はあまり聴いていないので、もう少し聴いてみると感じ方が違うかもしれませんが…

  • イマ
  • 2005年05月17日 08:40


>イマさん
なるほど。「コゾフ、カーク、テツ&ラビット」はポール・コゾフのよっぽどのマニア向けのアイテムみたいですね。情報ありがとうございます。
 >ラビットの影響でかなりアメリカナイズ
バック・ストリート・クローラーもその傾向がありますね。曲の多くもラビットが作ってるし。1stは結構好きなんですけどねぇ。2ndがどうも.....。(^^♪

  • axis_009
  • 2005年05月18日 12:29


はじめまして、つい先日ポール・ロジャースを初めて聴いたド素人です。
1枚聴いただけではよくわからず、フリーやバッド・カンパニーも聴いてみたいと思ってましたので、ご紹介のアルバムも試してみようかと思います。

  • SYUNJI
  • 2005年05月19日 23:36


>SYUNJI さん
コメント、TB、ありがとうございます。少しでも参考になれば嬉しいです。
私のブログにコメントやTBを頂いてる方のブログも回ってみられると、他にも情報が色々聞けると思いますよ。もし良かったら行ってみてください。

  • axis_009
  • 2005年05月20日 00:20


Yahooの別館からこちらの記事にたどり着きました。
バドカンも好きなので記事のUPをお待ちしておりますm(__)m
また、TBさせていただきました。

  • メイ
  • 2005年05月20日 19:52


>メイさん
 >Yahooの別館からこちらの
本当はこことは何か違うことをしようと思って、Yahoo!に登録したんですが激重で.....。
 >また、TBさせていただきました
遠慮なくどうぞ。これからもよろしく。

  • axis_009
  • 2005年05月21日 22:38


こんにちは。記事を読ませていただいていたら、FREEのトリビュートバンド「TONS OF SOBS」についてのコメントがあったので驚きました。今年はまだ見てないのですが昨年新宿Freakで初体験しました。素晴らしいバンドです。ギターの方はコゾフ好きの間では有名な方ですね。marnieさんは「TONS OF SOBS」のヴォーカル・チェンジでやっているBack Street Crawlerのトリビュートバンド「裏街徘徊者All Stars」のほうのヴォーカルの方だと思います。また是非聴きたいと思っています。ちょっとずれたコメントで失礼しました。

Back Street Crawler・・・

恥ずかしながら、僕もちょっとロックの神話を信じてます(笑)。Fire and Waterは、本当によく聴きましたし、Back Street Crawlerは、2枚のLPとも発売されて、すぐに買ったのが懐かしいです。ポール・コゾフの弾くコードは、マイナーでもメジャーでもないんですね・・・。わざと、大切な音を外すところにセンスを感じるのです・・・。

  • yoyo
  • 2005年06月23日 21:42


>yoyoさん
コメント、ありがとうございます。
>大切な音を外すところにセンスを感じる
上のほうのコメントにもあるんですが、コゾフはよく通常とは違う複雑な押さえ方をしているようですね。
直感でやっているとすると、凄いですよね。アイディアとしてもセンスとしても。

  • axis_009
  • 2005年06月25日 00:03


うわ〜。めっちゃ詳しく書いてありますね。
ポール・ロジャースとクイーンのメンバー、実はほぼ同じ年なんですね。それを聞いた時は驚きました。このアルバムが20歳前後の作品とは…やっぱフリーってカッコいいわ。

  • mars
  • 2005年08月21日 14:09

良いですよねー。ポール・ロジャース!
 今はクイーンのツアーで忙しそうだけど、また新しいバンドやらないかなぁ。

  • taiyo
  • 2005年09月07日 21:55


axisさん、はじめまして。
TBありがとうございました。
実は僕がBlogを始めた当初から、axisさんのところを拝見し・シンプルで・見やすく・詳しく・と、とても良いBlogだな〜と感心しておりました。
勝手にLinkもさせていただいておりましたがご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • Ocean
  • 2005年11月03日 21:20

ロック好きにはたまらないサイト!

素晴らしいサイトっ!自分も同じような道を歩むのだろうかって感じですが、コメントありがとうございます。
音楽に映画、最高です。お酒も、かな(笑)。またまたお邪魔させてもらいますが、よろしくお願いします。

  • フレ@ロックの行き着く先は・・
  • 2005年11月10日 21:22


Free Live!の記事をTBさせていただきました。
またVan Halenの記事にTBありがとうございました。
Queen + Paul RodgersでまたFreeやバドカンが注目されて嬉しいですね。

  • may
  • 2005年11月18日 12:50


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Fire and Water/FREE (フリー)
[レビュー/試聴 etc.]