Search


since 2005.03.13

2008年03月21日

Dig/MILES DAVIS featuring SONNY ROLLINS (マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ)

B000000Y02Dig
Miles Davis
Universal Japan 1990-10-25

Miles Davis - Dig [試聴]iTunes Music Store - Dig


 Charlie Parker(as.チャーリー・パーカー)のバンドに参加以来、徐々に頭角を現してきたMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)は、Charles Parker、Dizzy Gillespie(tp.ディジー・ガレスピー)、Bud Powell(p.バド・パウエル)等の創り上げた、コード進行に基づいて自由にアドリブを繰り広げるビ・バップ(Be Bop)の命を削るかのような壮絶で過酷な演奏スタイルに限界を感じて、Charles Parkerの元を離れた後に九重奏団を結成。ウエスト・コースト・ジャズの流れを汲むクール・ジャズ(Cool Jazz)という新たなスタイルでアレンジ重視の、ある意味実験的な『Birth of The Coolクールの誕生)』(1948年)を発表。
 そしてその後、Art Blakey(ds.アート・ブレイキー)、Sonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)、Jackie McLean(as.ジャッキー・マクレーン)等と共に、フレーズをよりメロディアスに洗練させつつ、スター・プレイヤーのアドリブのみがメインだったビバップとは違った、バンド・アンサンブル重視のハード・バップ・スタイル(Hard Bop)の基礎を創り上げたのが1951年に発表された本作『Dig(ディグ)』です。


1. Dig
2. It's Only a Paper Moon
3. Denial
4. Bluing
5. Out of the Blue

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
Sonny Rollins -tenor sax (ソニー・ロリンズ)
Jackie McLean -alt sax (ジャッキー・マクレーン)
Walter Bishop -piano (ウォルター・ビショップ)
Tommy Porter -bass (トミー・ポーター)
Art Blakey -drums (アート・ブレイキー)

Charlie Parker & Miles Davis 歴史的な名盤とまでは言えないものの、先人達がジャズを芸術にまで高めたビバップ・スタイルを、若き日の後の巨匠達が新たなハード・バップという新境地に進むべく繰り広げる熱い演奏が魅力的な1枚。
 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)主導でハードバップという新たなアイディアを取り入れたアルバムではありますが、実はドラムのArt Blakey(ds.アート・ブレイキー)の果たした役割が非常に大きく感じられるアルバムでもあり、1曲目のタイトル・ナンバー"Dig"での鮮烈な印象もあってか、全体的にArt Blakeyのドラムに牽引され、尚且つ刺激を受けながらMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)が全体像を創り上げ、それに乗せられてSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)、Jackie McLean(as.ジャッキー・マクリーン)等が、新たなジャズの試みを熱く、そして奔放に吹きまくるという、Art Blakeyのドラムがあったからこそ、こういう形に仕上がったと言っても過言では無いアルバムになっています。そう考えるとハード・バップ誕生への過程において、Art Blakeyの貢献度はMiles Davisと並ぶほどの高い価値を持っていたのかもしれません。

Art Blakey 所謂「ジャズ」という言葉を聞いて一般的な音楽ファンが思い浮かべるのが、1940年代から1950年代にかけてのビバップ、ハード・バップ期のジャズ・スタイルではないかと思います。Miles Davis(マイルス・デイヴィス)を聴いてみようと思い立ったマイルス初心者が、よくある名盤紹介的な本を読んで、突然『Birth of The Cool(クールの誕生)』、モード・ジャズ期の『Kind of Blue(カインド・オブ・ブルー)』(1959年)、エレクトリック期の『Bitches Brew(ビッチェズ・ブリュー)』(1969年)などを聴いてしまって投げ出してしまうより、ビバップからハード・バップへの移行期の好盤『Dig』、ハード・バップ・スタイルの完成形ともいえる『Relaxin'リラクシン)』を始めとする"ing4部作"、大手コロンビアと契約して一気にMiles Davisの知名度を高めた『'Round About Midnightラウンド・アバウト・ミッドナイト)』(1957年)あたりから気楽に聴いてみるのも正解のひとつではないかと思います。
 
関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

こんにちは。
一般的には「カインド・オブ・ブルー」などに較べると知名度はほとんど無いに等しい「ディグ」ですが名盤です。1曲目のタイトルナンバーからテンポよくラストまで、マイルスをはじめ、ロリンズ、ブレイキー他のメンバーも好調に飛ばしまくってます。1956年以降のハード・バップ全盛期の物も良いですが、このアルバムも大好きです。

  • hajime
  • 2008年04月06日 21:37

このアルバムは本当に、これ以上は無いっていうくらいの熱狂盤です。しかし、時代の勢いがあったのかもしれませんが、同時代のアルバムに較べて、アート・ブレイキーが入ると雰囲気ががらっと変わったように聴こえるのは、やはりブレイキーの凄いところですねぇ。axis_009さんが次の記事で紹介されているVol.1、Vol.2なんかもアート・ブレイキーの入った1953年、1954年録音の演奏が良いです。

  • taku
  • 2008年04月10日 00:11

僕にとってDIGは隠れた(?)名盤。所謂名盤紹介などに挙げられることも少ないし、ハード・バップという形態も確立されていない時期に、ビ・バップからの脱皮を目指して勢いだけで録られたような演奏ですが、好きなアルバムです。マイルスも個性的だけど、テクニック的にはまだまだといった感じ。でも若さが感じられる演奏が良いですね。

  • bert
  • 2008年04月12日 11:34

hajimeさん
>>「ディグ」ですが名盤です
最近マイルス・デイヴィスを中心にジャズの記事を書いてますが、膨大な量に及ぶジャズの名盤の中から(聞いた範囲ですが)個人的に特に好きなアルバムばかりを紹介しています。もちろん、この『DIG』も大好きなアルバムです。

>>1956年以降のハード・バップ全盛期の物も良いですが、
 1950年代後半のハード・バップを幾つか聴いた後に『Dig』を聴くと新鮮な感じがします。マイルス(25歳)、ロリンズ(22歳)等の若さがほとばしる演奏、というか。
といっても、アート・ブレイキーはこの頃は31歳ぐらいだからちょっとベテランかな。でも、アートも若いメンバーに混じって"カンカンカンカン"(もっとイケ)とバックで煽りまくりですね。


takuさん
>>アート・ブレイキーが入ると雰囲気ががらっと変わったように
ブレイキーのドラムは派手で分かりやすいところが好きです。(単純)
ケニー・クラークと並んでバップには欠かせないドラマーですね。

>>アート・ブレイキーの入った1953年、1954年録音の演奏が良いです
記事でも書いたんですが、私は1953年の演奏がイチオシです。^^♪


Bertさん
>>ビ・バップからの脱皮を目指して勢いだけで録られたような演奏ですが、
そこがこのアルバムの一番の魅力かもしれませんね。

  • axis_009@管理人
  • 2008年04月19日 15:31


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Dig/MILES DAVIS featuring SONNY ROLLINS (マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ)
[レビュー/試聴 etc.]