Search


since 2005.03.13

2005年08月07日

Deep Purple Mark I (第1期ディープ・パープル)

Shades of Deep Purple (1968)

B00003INJ6Shades of Deep Purple
Deep Purple
Emi 2002-08-26

 DEEP PURPLE1968年に発表した記念すべき1stアルバム。Ian Gillan(vo)参加以降のハード・ロックとは違い、60年代後半のサイケデリック・ブームの影響を色濃く感じさせるオルガンを主体とするポップなサウンドです。

Rod Evans :Vo (ロッド・エヴァンス)
Richie Blackmore :G (リッチー・ブラックモア)
Jon Lord :Key (ジョン・ロード)
Nick Simper :B (ニック・シンパー)
Ian Paice :Dr (イアン・ペイス)

 第1期DEEP PURPLEディープ・パープル)はJon Lord(Key.ジョン・ロード)のオルガンも後のクラシカルなプレイではなくジャズやR&Bのスタイルでの演奏が多く、Richie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)も時折後のハード・ロック・スタイルを予感させるギター・プレイは聴かれるもののあまり目立ったプレイはしていません。当時はアート・ロックの雄VANILLA FUDGE(ヴァニラ・ファッジ)と比較されることも多かったようですが、これはレコード会社の戦略的なものだとも言われます。
 ハード・ロックのDEEP PURPLEを期待すると肩透かしをされてしまうアルバムですが、収録曲は粒ぞろい。サイケデリック・ロックの隠れた名盤ともいえるかもしれません。また、第2期DEEP PURPLEIan Gillan(Voイアン・ギラン)と比べられると影の薄い第1期のヴォーカリストRod Evans(Vo.ロッド・エヴァンス)の声質やヴォーカル・スタイルも曲調に合っており、この時点でのDEEP PURPLEのサウンドにはベストのヴォーカリストだったのではないかと思います。
 全米4位を記録したヒット曲"Hush"、THE BEATLESのカヴァー"Help"、CREAM(クリーム)の演奏で知られる"I'm So Glad"他収録。

Jon Lord(ジョン・ロード)はDEEP PURPLE結成前に、Arthur Wood(Vo・アーサー・ウッド、またはアート・ウッド)率いるTHE ARTWOODS(アートウッズ)というR&Bやソウル系の音楽を演奏するグループに在籍しており、第1期DEEP PURPLEの1stアルバムなどで聴かれるR&Bスタイルのオルガンなどはこの頃に培われたものかもしれません。THE ARTWOODSはシングル何枚かとアルバムも出しているようですが、残念ながら私は未聴です。
*Arthur Woodは現ROLLING STONESのRon Wood(G・ロン・ウッド)の実兄です。


The Book of Taliesyn (1968)

B00004KD0ZThe Book of Taliesyn
Deep Purple


 前作に続き1968年に発表されたDEEP PURPLEディープ・パープル)の2ndアルバム。1stアルバムに比べると収録曲がバラエティ豊かで、悪く言えば試行錯誤中ともいえる散漫さも感じられるアルバムです。Richie Blackmore(リッチー・ブラックモア)の個性的なギターも前作より前面に出てくることが多く、Jon Lord(ジョン・ロード)のオルガンもよりロック的な方向に向きつつありますが、方向性が定まっておらず、まだメンバー自身も自分のやりたいことがだんだん見えてきた、という段階だったのではないでしょうか。また、じっくりと歌い込むスタイルのRod Evans(Vo.ロッド・エヴァンス)と他のメンバー(特にRichie Blackmore)との方向性の違いが感じられる部分も少しずつ表面化してきています。
 Neil Diamond(ニール・ダイアモンド)のカヴァーでポップな前半部分と後半のハードなギターとの対比が面白い(?)"Kentucky Woman"、Ike & Tina Turner(アイク&ティナ・ターナー)のカヴァー"River Deep,Mountain High"、第2期DEEP PURPLEでも演奏されたインストゥルメンタルの"Hard Road"他収録。


Deep Purple (1969)

B000026KG7Deep Purple
Deep Purple


 第1期DEEP PURPLEディープ・パープル)の最後のアルバムとなった1969年発表の3rdアルバム。
 2ndアルバム以上にバラエティ豊か、というより各メンバーの方向性がバラバラに、しかも強く出てしまったアルバムです。Keith Emerson(Key.キース・エマーソン/The Nice、Emerson, Lake & Palmer)に影響を受けたJon Lord(Key.ジョン・ロード)のクラシックとロックの融合へのチャレンジ、Richie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)のハード・ロック志向に対して、バラード系を得意とするRod Evans(Vo.ロッド・エヴァンス)も自らの個性を強くアピールしており、前作から徐々に表面化してきた方向性の違いがハッキリと出てきています。このアルバムを最後にRod Evans(Vo)、Nick Simper(B.ニック・シンパー)がバンドから脱退し(解雇?)DEEP PURPLEはハード・ロック・スタイルへと移行して行く事になります。
 Jon Lordのクラシック志向がストレートに出たオーケストラとの共演"Blind"、Rod Evansが叙情的に歌い上げるDonovan(ドノヴァン)のカヴァー"Lalena"他収録。


B000003CMRCaptain Beyond
Captain Beyond

 Rod Evans(vo.ロッド・エヴァンス)の脱退については他のメンバーがイギリスでの成功を目標にしていたのに対し、Rod Evansが活動拠点をアメリカに移したがっていたことと、「Rod Evansは上手いが、バラード・シンガーだったから」とRichie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)が語ったようにバンドのその後の方向性との違いが大きな原因で、決して才能の無い下手なヴォーカリストではありません。
 DEEP PURPLE(ディープ・パープル)脱退後、Rod Evansは元IRON BUTTERFLY(アイアン・バタフライ)のLarry "Rhino" Reinhardt(G.ラリー・リノ・ラインハルト)とLee Dorman(B.リー・ドーマン)、元JOHNNY WINTER AND(ジョニー・ウインター・アンド)のBobby Caldwell(Dr.ボビー・コールドウェル)とハード・ロック・バンド、CAPTAIN BEYOND(キャプテン・ビヨンド)を結成、1972年に1stアルバム『CAPTAIN BEYOND』を発表します。主要マーケットであるアメリカでは売れなかったものの日本ではヒット。現在でも隠れた好盤として評価されています。
 しかし、残念なことにDEEP PURPLEの一度目の解散から数年後の1980年、DEEP PURPLEとはまったく違うメンバーで"DEEP PURPLE"を名乗ってツアーを行ったことが問題となり(しかも第1期の曲だけを演奏するのではなく、自分が在籍していなかった第2期の代表曲がメインだったようです)、他のDEEP PURPLEの元メンバー等との間で裁判沙汰にまで発展。第1期DEEP PURPLEでの印税を受け取る権利を失った上、音楽活動から引退してしまいました。

関連記事 - Deep Purple 記事一覧


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

キャプテン・ビヨンド from Hoochie Coochie Man(本館)

Captain Beyondキャプテン・ビヨンドは元アイアン・バタフライのラリー・リノ・ラインハルト(ギター)とリー・ドーマン(ベース)、元ジョニー・ウインター・アンドのボビー・コールドウェル(ドラム)、元ディープ・パープルのロッド・エヴァンス(ヴォーカル)の4人で結成さ

サフィシエントリー・ブレスレス/キャプテン・ビヨンド from Hoochie Coochie Man(本館)

Sufficiently Breathlessキャプテン・ビヨンドの2ndアルバム。邦題「衝撃の極地」。発表当時からこのアルバムはボロクソに言われてきた。1曲目から爽やかなアコースティック・ギターが聴こえてきて、1stのハード・ロックが更にエスカレートするだろうと期待していたファ

キャプテン・ビヨンド from グリッドへのカウントダウン

ほとんどいらっしゃらないと存じますが、キャプテン・ビヨンドなる知る人ぞ知る的な伝説のバンドがあったのですが、もしかしてご覧になっている方の中に、「実は聴いていた」という方などいらっしゃいますか?メンバーはロッド・エバンス(ディープ・パープル)リー・ドーマ

第?期DEEP PURPLE ”詩人タリエシンの世界” from Chainless Mind

DEEP PURPLE \"詩人タリエシンの世界”1968年タリエシンは、アーサー王の宮殿に仕えていた吟遊詩人。彼は宮殿の中で、人々に様々な余興を与えた。タリエシンの物語は、リッチー、ロッド、イアン、ニッキー、ジョンのそれぞれ違った感性がタリエシンの精神性のもとに形�

元祖プログレハード ”キャプテン・ビヨンド”ファースト from Chainless Mind

キャプテン・ビヨンド元祖なんたら、なんたらの夜明け、なんたらの元年・・・の多い私のこのBLOGタイトルですが・・・今日も思いっきりこの路線で走ります!!![:ジョギング:]かのディープ・パープル第一期ヴォーカルをつとめた私の大好きな[:ハート:]ロッド・エヴァン

Captain Beyond / Captain Beyond (1972) from Song And Emotion

最近入手しました。遅くてすみませんw第1期ディープ・パープルのVo、ロッド・エヴァンスと元アイアン・バタフライのG、ラリー・リノ・ラインハルトが結成。ROD EVANS(Vo)BOBBY CALDWELL(Dr)RARRY RHINO RAINHARDT(G)LEE DORMAN(B)このBAND、最注目は、Drのボビー・コールド

DEEP PURPLE / SHADES OF DEEP PURPLE (紙ジャケ) from 芸術的生活、

2〜3月にかけてワーナーからギラン期〜カヴァーデール期の紙ジャケが発売されたのも記憶に新しいディープ・パープルですが、今後は再結成期まで再紙ジャケ化されるそうで・・・。来日に向けて各レコード会社が便乗しまくっていますね。同時期に来日するホワイトスネイクも

MONTREUX 1971 from ブルーズ フォー ブラッドスポーツ (Weblog.Ver)

CAPTAIN BEYONDのライヴをプロショットで収めたDVD-Rブートレッグで、彼らのライヴスタイルを確認できる大変貴重な映像です。

ディープ・パープル III - ディープ・パープル (1969) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Deep PurpleDeep Purple Emi 2003-02-03  ...

詩人タリエシンの世界 - ディープ・パープル (1968) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

The Book of TaliesynDeep Purple Video Ar...

ハッシュ - ディープ・パープル (1968) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Shades of Deep PurpleDeep Purple Tetragr...

Captain Beyond - Captain Beyond from ロック好きの行き着く先は…

 1970年前後の英国B級バンドを羅列していたんだけど、いつの間にか本人気付かないまま無意識にヴァーティゴレーベルが並びまくってた(笑)。そうか...

comments

懐かしいですね〜
最近、HushがCMで流れていますが、第1期Purpleも改めて聴くといいですね。Kentucky Womanも好きでした。
僕の学生時代は第2期が一番人気でした。でも、ロッド・エヴァンスのCAPTAIN BEYONDを聴くとその第2期Purpleも吹っ飛ぶんじゃないかと思わせるくらいハードでしたね^^;
第1期はアート・ロックの雰囲気が漂い、ジョン・ロードが主導権を握っていたようなイメージがあります。リッチーもこの頃(in Rockまで)はストラトキャスターを弾いていなかったと記憶しています。
Purpleの曲はCMで良く流れますが、ほとんどが第2期の曲でオリジナルですね。そのメンバーで日本に来ればベンチャーズのようになれる気もするのですが、どうなんでしょうね^^;

  • イマ
  • 2005年08月08日 20:20


第1期は、プログレ的なテイストもあったと思います。“April”も良いと思います。

第2期Deep Purpleは、MarkⅡになるのでしょうか?車や、ガンダムを思い出してしまいます(笑)


>イマさん
リッチーはストラトじゃなくてGibsonの335を使ってたみたいですね。
 私も第2期パープルのハード・ロックを聴いてハード・ロックを聴き始めた方なので最初は第1期には興味が無かったんですけど、音楽を聴く幅が広がって行くにつれて第1期も聴くようになりました。特に1stなんかは本当に良く出来てて良いアルバムですよね。

>いい音さん
>第2期Deep Purpleは、MarkⅡ
なんか最近はこういう表記をするみたいですよ。パープルのオフィシャルサイトや欧米のファン・サイトなどは早くからこういう表記だったみたいですね。
>プログレ的なテイスト
そうなんですよね。サイケデリックなアート・ロックをメインとしながらも色んな要素が混在してる時期ですね。記事にもちょっと書いたんですが、そういう部分が曲のアレンジ面に良く出てます。

  • axis_009
  • 2005年08月08日 21:55

トラバありがとうございます
ロッドの声って後年のハード・ロックやへヴィ・メタルの主流となるハイトーン・シャウトではなく、なんともいえない味があると思います。消えてしまったのは残念ですね。

335


第二期黄金期でもリッチーは335を弾いていました。BBCのスタジオライブでチャイルドインタイムで弾いていました。LIVE IN JAPANでの演奏もいいですが、335の音もカラカラして好きでした。

  • すかぴー
  • 2005年12月24日 21:56


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Deep Purple Mark I (第1期ディープ・パープル)
[レビュー/試聴 etc.]