Search


since 2005.03.13

2005年08月09日

Deep Purple In Rock/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)

B000005RQTIn Rock: 25th Anniversary (UK)
Deep Purple


【日本盤】 イン・ロック /ディープ・パープル

 アメリカのマイナー・レーベル、テトラグラマトンからワーナー・ブラザースに移籍したDEEP PURPLE(ディープ・パープル)が1970年に発表したハード・ロック路線第一弾にして1970年代ハード・ロックを代表する名盤
 これまでのJon Lord(Key.ジョン・ロード)主導の音楽から一転、徐々にハード・ロック志向を強めつつあったRitchie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)主導で制作されています。このアルバムの成功以降、バンドはRitchie Blackmore主導のハード・ロック・バンドへと変貌を遂げ、DEEP PURPLEは一躍ビッグ・ネームのロック・バンドへと上り詰めることになります。


1.Speed King
2.Bloodsucker
3.Child in Time
4.Flight of the Rat
5.Into the Fire
6.Living Wreck
7.Hard Lovin' Man

『Deep Purple In Rock 25th Anniversary Edition』Bonus Tracks
8.Black Night [Original Single Version]
9.Studio Chat
10.Speed King [Piano Version]
11.Studio Chat
12.Cry Free [Roger Glover Remix]
13.Studio Chat
14.Jam Stew [Unreleased Instrumental]
15.Studio Chat
16.Flight of the Rat [Roger Glover Remix]
17.Studio Chat
18.Speed King [Roger Glover Remix]
19.Studio Chat
20.Black Night [Unedited Roger Glover Remix]

Ritchie Blackmore :G (リッチー・ブラックモア)
Ian Gillan :Vo (イアン・ギラン)
Roger Glover :B (ロジャー・グローヴァー)
Jon Lord :Key (ジョン・ロード)
Ian Paice :Dr (イアン・ペイス)

 一般的に代表作といわれる『Machine Headマシン・ヘッド)』に比べると荒削りで有名曲も少ないのですが、個人的にはこの『Deep Purple In Rock(ディープ・パープル・イン・ロック)』が第2期DEEP PURPLEディープ・パープル)の最高傑作ではないかと思っています。
 スタジオ・ライブとも思えるようなパワフルで荒々しく衝動的なサウンド、そしてどのアルバムよりも激しく、暴力的なRitchie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)のギター・サウンド、これぞまさしくハード・ロック!この『Deep Purple In Rock』とBLACK SABBATH(ブラック・サバス)の1stアルバムによってハード・ロックというジャンルが確立されたと言っても過言ではありません。

 ポップ・バンド、エピソード・シックスからDEEP PURPLEに参加したIan Gillan(Vo.イアン・ギラン)のヴォーカルは前任者Rod Evans(ロッド・エヴァンス)と対照的にニュアンスよりもパワーとハイトーンで押し切るタイプ。Ritchie Blackmore(G)のハード・ロック志向にもマッチしており、Ian Gillanの参加によって初めてRitchie Blackmoreの望むスタイルが完成したと言えます。また、同じくこのアルバムから参加したRoger Glover(B.ロジャー・グローヴァー)もベーシストとして評価されることは少ないのですが、後にプロデューサーとして名を馳せる事からも分かるようにバンドのアンサンブル面では重要なベース・プレイを聴かせていますし(特にフィルイン部分などでのプレイはかなり印象に残る、しかも効果的なフレーズが多いです)、作曲面でも多大な貢献をしています。

 シンプルなリフとIan Gillanの迫力あるハイトーン・ヴォーカル、そしてRitchie BlackmoreのギターとJon Lord(Key.ジョン・ロード)のオルガンの掛け合いがスリリングな"Speed King"、Ian Gillanの強力なハイ・トーン・シャウトと凄まじい演奏でライブでのハイライト・ナンバーにもなった大作"Child In Time"、ヘヴィなリフで正にヘヴィ・メタルな"Into The Fire"他収録。

Deep Purple In Rock [通常盤]

B000002KBADeep Purple in Rock
Deep Purple

Scandinavian Nights

B00005A0KHScandinavian Nights
DEEP PURPLE


 『In Rock(イン・ロック)』発表直後の1970年11月にストックホルムで行われたDEEP PURPLE(ディープ・パープル)のコンサートを収録したライブ・アルバム。(発売は1988年)バンドのメンバーが一丸となって疾走する激しくパワー全開の演奏、凄まじいまでのDEEP PURPLEのパフォーマンスを聴くことが出来ます。

関連記事 - Deep Purple 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

今週の一枚 RQ編 (ディープ・パープル) from 不良中年のススメ!!

今日は『ガンガン』書きますよ!!創作意欲が沸いている時は、勢いに任せて「走り出そう〜♪ No More Cry〜♪♪」これはチョット違いますね!!!『DEEPEST PURPLE』DEEP PURPLE 1980年作品リクエストはHIROMINさんでした!!!

THE MEPHIST WALTS 〜 あの頃は良かった? from 脳内ブートレッグ症候群(Definitive.Ver)

イアン ギランとリッチー ブラックモアが最も良好な関係を維持し、ポジティヴな音楽的姿勢を見せていた'69年〜'70年の、第二期DEEP PURPLE初期。今回はその優良音源の決定版ライヴです。

Deep Purple :In Rock from 美響乱

このアルバムを始めて聴いたときのあの”

DEEP PURPLE/IN ROCK(1970) from ROCKMARKET

イン・ロック(紙ジャケット仕様)ディープ・パープル ワーナーミュージック・ジャパン 2006-02-22by G-Tools 個人的には嫌いではなかったビル・エバンスがいた第一期では あったが、確かにあのままでは世界中を巻き込むバンドには なれなかったはずである。

ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ (1969) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

Concerto for Group and Orchestra  1969年...

イン・ロック - ディープ・パープル (1970) from Led Zeppelin & Deep Purple catalogue raisonne

In Rock: 25th Anniversary (UK)Deep Purpl...

Deep Purple (ディープ・パープル) from ROCK LEGEND - School of Rock

Shades of Deep PurpleDeep Purple Tetragr...

アート・ロックからハード・ロックへ from ROCK ANTHOLOGY BLOG

実際のところ、今のディープ・パープルが何期にあたるのか良く分かってないんですが、個人的には黄金メンバーによる最初の再結成あたりまでは、熱心に聴いておりまし...

comments


こんばんわ。トラックバックありがとうございます。

DEEP PURPLEは時期によって「このバンドらしさ」が様々に変わりますが、ライヴのパワーや迫力では、この「IN ROCK」時代が文句無く一番だと思います。
人によっては「LIVE IN JAPANくらいのライヴを毎日やっていた」とまで評価されていますし。

私は本作中では「Living Wreck」や「Hard Lovin' Man」が好きですね。
バンドメンバー全員が一丸になって、各メンバーの個性が「目立ちながらまとまった」奇跡のアルバムだと思います。

ディープ・パープル


最近初めてディープ・パープルを聴きました。サマソニに出てて評判が良かったので興味を持ったんです。あまり詳しくなかったので友人に聞くとリッチー・ブラックモアのいる頃のが良い、との事。その友人の勧めで買ったのが「イン・ロック」です。1曲目の「スピード・キング」からあまりのパワフルさにビックリしました。30年以上も前にディープ・パープルは凄いことをやっていた、って感じです。(^^)
(で、ディープ・パープルに興味が出てきたので、いろいろ検索して読んで回ってるうちにこちらにもたどり着きました。)
またお邪魔します。よろしくお願いします。

  • Ritchie
  • 2005年08月30日 03:27

マシン・ヘッドよりイン・ロック!

僕もそう思います。ライブ・イン・ジャパンの収録曲がマシン・ヘッドからの曲が多かったからじゃないのかなぁ。マシン・ヘッドが良いっていわれる原因は。(あとスモーク・オン・ザ・ウォーターとハイウェイ・スターの2大有名曲が入ってるからでしょうね。
僕もイン・ロックがディープ・パープルの最高傑作だと思ってます。
それでは。

  • area 99
  • 2005年09月01日 21:59


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Deep Purple In Rock/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)
[レビュー/試聴 etc.]