Search


since 2005.03.13

2010年05月24日

Concerto for Group and Orchestra/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)

B000006Y3OConcerto for Group and Orchestra
Deep Purple & the Royal Philharmonic Orchestra
Tetragrammaton 1998-10-20

1. Hard Road (Wring That Neck)
2. Child in Time
3. First Movement: Moderato-Allegro
4. Second Movement: Andante
5. Third Movement: Vivace - Presto

Ritchie Blackmore :G (リッチー・ブラックモア)
Ian Gillan :Vo (イアン・ギラン)
Roger Glover :B (ロジャー・グローヴァー)
Jon Lord :Key (ジョン・ロード)
Ian Paice :Dr (イアン・ペイス)

 1969年Jon Lord(Key.ジョン・ロード)主導で行われたロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラとの共演コンサートを収録したライブ盤。
 Jon Lordの試みに他のメンバーが協力した程度のもので、DEEP PURPLE(ディープ・パープル)ファンといえども必聴というアルバムではなく、内容的にもJon Lordの試みが成功しているとはいえません。
 しかし、ロック・バンドとオーケストラの共演という話題性は充分。ヒット曲"Hush"はあるもののアメリカのマイナー・レーベル「テトラグラマトン」所属でプロモーションが弱く知名度が低かったDEEP PURPLEの名前を広く知らしめる、という意味では重要なアルバムだったかもしれません。

 このアルバム発表後、Jon Lord(Key)はクラシック的な要素をDEEP PURPLEに取り入れようとしますが、他のメンバー、特にハード・ロック志向を強めるRitchie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)と対立。結局次作をRitchie Blackmore主導で制作し、成功するかどうかで今後のバンドの方向性(Jon LordとRitchie Blackmoreの主導権争いの決着)を決める事になります。


■おまけ


B000006Y3OConcerto for Group and Orchestra
Deep Purple & the Royal Philharmonic Orchestra
Tetragrammaton 1998-10-20


関連記事 - Deep Purple 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

この時代はクラシックとロックの融合、オーケストラの導入って流行ってたんですかね。いろんなバンドがやってますよね。
ディープ・パープルのこのアルバムは退屈でした。(笑)

  • hajime
  • 2010年05月25日 11:08

この頃のリッチー・ブラックモアってギブソンのES-335を使ってたんですね。ストラトキャスターのイメージが強いので意外でした。
このオーケストラとの共演盤は昔何度か聞いたことがありましたが、全然受け付けなかったので、それ以来聞いていません。

>ファンといえども必聴というアルバムではなく
 その通りだと思います。これ、良くないですよねー。

  • Bert
  • 2010年05月25日 16:42

>hajimeさん
>>ディープ・パープルのこのアルバムは退屈でした。
 やっぱり、そうですよね。実は私も殆ど聴いてません。(笑)

>Bertさん
>>ギブソンのES-335
 確か『In Rock』あたりまで使ってたんじゃなかったかな?「チャイルド・イン・タイム」なんかはギブソンの音ですね。

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月25日 19:09

お久しぶりです。
ブログ再開されているとは知りませんでした。また寄らせて貰いますね。
「Concerto for Group and Orchestra」はあまりにも評判が悪かったので、一度も聞いた事がありません。

久しぶりなのに、たいしたコメントじゃなくてすみません。(笑)

  • taro
  • 2010年05月25日 22:26

>taroさん
これからはちょこちょこと更新していこうと思っていますので(いつまで続くか分かりませんが)、宜しくお願いします。

>>一度も聞いた事がありません。
 それで正解です。ディープ・パープルなら何でも聴くぞ、とか、ディープ・パープルは全アルバム持っておきたい、などという意気込みのある人以外には必要の無いアルバムです。(笑)

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月27日 22:11


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Concerto for Group and Orchestra/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)
[レビュー/試聴 etc.]