Search


since 2005.03.13

2010年05月04日

Close to the Edge/YES (イエス)

B00007LTI9Close to the Edge
Yes
WEA Japan 2003-08-25

 YES(イエス)が創り上げたロック史上に輝く歴史的名盤『Close to the Edge(危機)』。LPでA面1曲、B面2曲という大作志向ながら、圧倒的な完成度と展開で最後まで聴く者を飽きさせず、緊張感を保ちながら一気に聴かせてしまうアルバムです。プログレッシブ・ロックというジャンルを超えた、全てのロック・ファン必聴のYESの最高傑作。(1972年発表)


1. Close To The Edge
  - (i)The Solid Time Of Change(ii)Total Mass Retain
    (iii)I Get Up, I Get Down(iv)Seasons Of A Man
2. And You And I
  - (i)Cord Of Life(ii)Eclipse(iii)The Preacher, The Teacher
    (iv)Apocalypse
3. Siberian Khatru

Jon Anderson - Vo.ジョン・アンダーソン
Chris Squire - B.クリス・スクワイア
Bill Bruford - Dr.ビル・ブルフォード
Steve Howe - G.スティーブ・ハウ
Rick Wakeman - Key.リック・ウェイクマン

 捨て曲なし。と言っても全3曲ですが(笑)、楽曲の出来、演奏、構成など、どこを取っても素晴らしい。同じメンバーでどれだけ頑張っても、2度と同じレベルのものを作ることは不可能であろう奇跡の1枚です。(実際、これを超えるアルバムは作れなかったわけですが。しかもBill Bruford/Dr.ビル・ブルフォードは本作を最後に脱退。)
 個人的にこのアルバムの凄さを語るとすれば、なんと言っても各曲の長さが納得できるというところ(特にタイトル曲の"Close to the Edge"は19分弱。)。無駄な部分が一切無く、この楽曲を表現するにはこれ以上長くても短くてもいけない、という完璧な収録時間。長い演奏時間を決して冗長になる事無く、アルバムの最後まで高いクオリティと緊張感を持続させて聴く者を全く退屈させない、ということを見事にやり遂げてしまった驚異のアルバムです。

 目眩く展開する楽曲構成とメリハリのある高度な演奏、そして美しいメロディ・ラインと華麗なコーラス・ワークで聴く者を圧倒するタイトル曲"Close To The Edge"、ドラマティックな演奏で聴かせる"And You And I"、YESならではのダイナミックさと緻密な構成をもった躍動感溢れるロック・ナンバー"Siberian Khatru"収録。最初は曲の長さや凝った曲構成に馴染めなくとも、アルバムの全貌が掴めた途端に一生もののアルバムになる筈です。



B00007KWHNThe Yes Album
Yes
Rhino/Elektra 2003-01-27

B00007KWHPFragile
Yes
Rhino 2003-02-03

関連記事 - Yes 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

YES『CLOSE TO THE EDGE』 from MEICHIKUえんため・ぶろぐ

表題のアルバムは、1972年に発表された彼らの5th.アルバムであり、邦題は「危機」と付けられたアルバムである。本アルバムと同じ年に発表した前作「FRAG...

Yes - Close To The Edge from ロック好きの行き着く先は…  

 デテクティヴって元イエスのトニー・ケイがいたんだ、ってことで久々にイエスを引っ張って聴いてみたが…、やはり自分的には面白みのないバンドなのであった。

危機 (イエス 1972年) from 音楽は語るなかれ

危機(Close to the edge)は、イエスのアルバムの中でも、そしてプログレッシブロックのアルバムとしても最高である。以前にも書いたが私がこ...

イエス『Close to the Edge』 from ROCK野郎のロックなブログ

Yesの5thアルバム『Close to the Edge(邦題:危機)』。1972年発表。 このアルバムは『こわれもの』と並ぶイエスの名盤。最高傑...

聴いてみた 第6回 イエス from 言黙(ことだま)

正月に中古CDをあさりに行き、ドゥービー・ブラザーズを仕入れたのだが、実は同時に買ったのがイエスである。 プログレのCDはどれも人気が高いので、中古でも値...

comments

>>プログレッシブ・ロックというジャンルを超えた、全てのロック・ファン必聴のYESの最高傑作。
正にその通り。僕もリアルタイムではないのですが、これまでに何千回(ひょっとしたら何万回?)聞いたか分かりません。

  • Bert
  • 2010年05月05日 15:47

>Bertさん
 本文でも"奇跡の"とか"脅威の"とか何度も書いてますが(笑)、そうとしか良いようのない凄いアルバムだと思います。

>>これまでに何千回(ひょっとしたら何万回?)
 私もこのアルバムは良く聞いてました。発表後40年近くたっていますが、いまだに飽きません。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月05日 21:28

この「危機」は正に「ロックの神が降りてきた」アルバムだと思います。こういうアルバムが聴けるのは幸せなことです。^^

  • hajime
  • 2010年05月09日 10:42

>>「ロックの神が降りてきた」
おおっ、今度ブログの記事で使わせてもらいます。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月09日 12:36

久々の更新で喜ばしい限りです。そしてこのアルバムで来るとは…、いや、さすがに自分Yes好きじゃなくてもよく聴きました。だからこそ、かもしれませんが(笑)、よく作られた作品でして…、うん、もう一度自分のブログも書きなおさないとイケないアルバムなのです…。

  • フレ
  • 2010年05月15日 21:02

>フレさん
お久しぶりです。2年間ブログ読者やってました。^^;
いつもコメント残さない読者ですみません。

これを機にちょこちょこ更新していこうかな、なんて思ってますので、今後とも宜しくお願いします。^^♪

>>よく作られた作品でして
 良く出来すぎてて、あんまり書くことがない(どんなに書いても足りない)アルバムだと思います。なので、『Close to the Edge(危機)』はあっさり済ませてしまいました。(笑)

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月15日 22:24


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Close to the Edge/YES (イエス)
[レビュー/試聴 etc.]