Search


since 2005.03.13

2005年09月20日

Cheap Trick At Budokan/CHEAP TRICK (チープ・トリック)

Cheap Trick at 武道館.jpg

 1978年に発表されたCheap Trick(チープ・トリック)の名盤『at武道館』。スタジオ盤よりワイルドに、そして更にハードに演奏されたポップでキャッチーなハード・ロックが詰め込まれたライヴ・アルバムの傑作です。
 1998年には『at武道館』の発売から20周年を記念して、1977年の武道館公演の曲順やMCなどを当時のまま収録した『at武道館コンプリート』が発売されています。


B00009WKXPチープ・トリック at 武道館コンプリート
チープ・トリック


Disc :1
1.Hello There
2.Come on, Come On
3.ELO Kiddies
4.Speak Now or Forever Hold Your Peace
5.Big Eyes
6.Lookout
7.Downed
8.Can't Hold On
9.Oh Caroline
10.Surrender
11.Auf Wiedersehen

Disc :2
1.Need Your Love
2.High Roller
3.Southern Girls
4.I Want You to Want Me
5.California Man
6.Goodnight
7.Ain't That a Shame
8.Clock Strikes Ten

Rick Nielsen :G (リック・ニールセン)
Robin Zander :Vo,G (ロビン・ザンダー)
Tom Petersson :B (トム・ピーターソン)
Bun E. Carlos :Dr (バン E. カルロス)

 CHEAP TRICK(チープ・トリック)は1977年にアルバム『Cheap Trick』でデビュー。しかし、当時はアイドル系のロック・バンドが数多くデビューしていたため本国アメリカではプロモーション的にも一押しでなかったのか、露出も少なく人気も今ひとつでしたが、Robin Zander(Vo,G.ロビン・ザンダー)、Tom Petersson(B.トム・ピーターソン)の美形コンビと、Rick Nielsen(G.リック・ニールセン)、Bun E. Carlos(Dr.バン E. カルロス)のコミカル・コンビの組み合わせとCHEAP TRICKの演奏するポップでキャッチーなサウンドで女性を中心に日本でブレイク。1977年には武道館でのライヴを大成功させ、1978年に日本でのみ発売された『at 武道館』も日本で大ヒットを記録。『at 武道館』はその後日本での大ヒットが本国アメリカでも話題となり、日本からの逆輸入という形でアメリカでもヒット。遂には全米チャート4位を獲得してCHEAP TRICKは一躍人気グループの仲間入りを果たします。QUEEN(クイーン)と同じく1970年代に日本から人気に火がつき、その後世界的なバンドへと成長したバンドの1つです。
 CHEAP TRICK(チープ・トリック)のハード且つメロウでポップなサウンドは後続に及ぼした影響も大きく、1980年代のLAメタルからグランジ、パワーポップにまで広く及んでおり、パワー・ポップの元祖ともいえるバンドでもあります。

 1980年代に入り、契約上の問題で活動に支障を及ぼしたり、その後のTom Petersson(B.トム・ピーターソン)の脱退などで一時期人気が低迷しますが、Tom Peterssonが復帰した1988年にはアルバム『Lap Of Luxury』がCHEAP TRICK(チープ・トリック)最大のヒットとなり、ミュージック・シーンの最前線に復帰。現在も大きなヒット曲は無いものの精力的にライヴ活動を行っています。

B00024ZAV8エッセンシャル・チープ・トリック
チープ・トリック ビリー・コーガン
Sony Music Direct 2004-07-22

B0001LNPNCチープ・トリック・シルバー・トゥエンティフィフス・アニバーサリー・ホームカミング・コンサート
チープ・トリック
バップ 2004-04-21

 CHEAP TRICK(チープ・トリック)が1999年にホームタウンであるイリノイ州ロックフォードで行った結成25周年記念ライブを収録。ゲストにスラッシュとビリー・コーガンを迎えてセッションも展開するなど、見所・聴き所満載!


[CHEAP TRICK DISCOGRAPHY]
Cheap Trick 1977
In Color 1977
Heaven Tonight 1978
At Budokan 1979
Dream Police 1979
Found All The Parts 1980
All Shook Up 1980
One On One 1982
Found All The Parts 1983*(Cassette Version)
Next Position Please 1983
Standing On The Edge 1985
The Doctor 1986
Lap Of Luxury 1988
Busted 1990
The Greatest Hits 1991*(Japanese version)
Woke Up With A Monster 1994
Budokan II 1994
Sex, America, Cheap Trick 1996
Sub Pop Single 1997
Cheap Trick-Japanese version 1997
Cheap Trick-U.S. version 1997
At Budokan the Complete Concert 1998


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

MR 79  チープトリック  1st from えんすき日記 本家

えんすき日記 避難場所  http://blog4.fc2.com/enrock/SkiReport & En'sPhotoはここ http://blog.drecom.jp/enphoto/Cheap Trick / 1st昔 NHK・FMで渋谷陽一のサウンドストリートという番組がありました。個人的に好きなのが ”著作権料よこせ リクエスト”。

聴いてない 第56回 チープ・トリック from 言黙(ことだま)

逆輸入アーチストの典型、チープ・トリック

CHEAP TRICK from Those Were The Days of My Life

1978年4月30日、チープ・トリック武道館追加公演に行った。席はステージに向かって左側の前から2列目で、ベースのトム・ピーターソンとライヴ中何度も目が合って、嬉しくて舞い上がってしまったことをよく覚えている。かの有名な「チープ・トリックat武道館」という

チープトリックが大好きなんです。 from 今聴いている音楽、さっき聴いた音楽、今から聴く音楽

今日は、カミさんが泊りがけでいないので、娘のLisaを風呂に入れて、明日の服を決めて、計算カードをして、さっき寝かしつけました。なんと0時を回ってしまいました。結局今週末の昇任(したくない)試験の勉強は直前というのに全くできません。いいけど。で、大好きなチー�

チープ・トリック (Cheap Trick) from ある音楽人の日乗

♪お気に入りアーティスト43(海外篇その30) 『チープ・トリック』。 このバンド、今年がデビューしてから30年目です。いつの間にか、大ベテラン・バンドの仲間入りをしてたんですね。 ロビン・ザンダー(vo,g)とトム・ピーターソン(b)のふたりはとってもハンサム。�

MR 205 チープトリック 「ネクスト・ポジション・プリーズ」 from えんすき日記 本家

Cheep TrickNext Position Please今回は昨日とは打って変わって チープトリックの「ネクスト・ポジション・プリーズ」。彼らが絶不調期に放った起死回生の一作です。プロデュースは毎度おなじみトッドラングレン。 さてどんな音になるのやら。

[Cheap Trick] Cheap Trick At Budokan from Gold Soundz Blog

At Budokan アーティスト: Cheap Trick 出版社/メーカー: Columbia 発売日: 1990/10/25 メディア: CD 今までにこのブログで言及してきたバンドではレッドクロスやポウジーズ、あとはウィーザーやスマパンなんかが好きな人は絶対好きだと思うこのチープ・トリックというバン

Cheap Trick - At Budokan from ロック好きの行き着く先は…

 アメリカンハードロックの灯火は70年代初頭より着実に育ちつつあり、キッス、エアロという次世代を担う代表的なバンドも着実に実力を付けつつ、往年のグランド・ファンクも頑張りつつと云った状況で75年を超える頃にな

チープ・トリック 7 from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00659 チープ・トリックのライヴアルバム『at 武道館』 “熱い!熱い!!熱い!!!熱いー!!!!” 名盤、名演ライヴアルバムは数...

未だに健在、チープ・トリック from オーソレ、何それ?

久しぶりに音楽ネタにします。バンドといえば個性派ぞろいのため、息が長いバンドというのは珍しいですが、チープトリックという1970年代に結成され、1970年...

ブリティッシュに繋がるアメリカン・ギタリスト from 朱音

ブリティッシュに繋がるアメリカン・ギタリスト 77年にチープ・トリックを率いてリック・ニールセンが登場したとき目をひいたのは、野球帽にカーディガン、蝶ネクタイというコミカルなその風貌もさることながら、ずらりとステージに並べられたギターの数々。ブリティッシュ・ハード・ロックをベースにしつつ、ポップなロックン・ロール・ギターもプレイするリックの豊かな音楽的資質の証があの沢山のギターだったのかもしれない。

comments

チープ・トリック


こんばんは。最近聴いてなかったけど、チープ・トリックの甘酸っぱいようなポップな曲は良かったですよね。ライヴを聞くと(特にリック・ニールセン)演奏もしっかりしてるし、良いバンドですね。

  • takuya
  • 2005年09月20日 21:38

こんにちは。
チープ・トリックは高校生ぐらいの頃よく聞いていました。(歳がばれる(笑)
ポップなサウンドが、なんともいえずいいですよね。チープ・トリックの曲を聞くとあの頃の思い出が色々と思い出されたりします。(あっ、思いだしたくない思いでも.......)

  • yukie
  • 2005年09月22日 12:30


おはようございます。
チープ・トリック、わりと好きなバンドですが実はあまりきちんとアルバムを聴いておりません。
武道館ライブは姉が実体験しています。
今でも精力的に活動してるのはうれしいですね。(←聴いてないくせに・・)

  • SYUNJI
  • 2005年09月23日 09:37

チープ・トリック

お久しぶりです。彼らの曲はつい最近「THE FLAME」と「Voice」(曲目あってるかな)だけを聞いただけなんですけど、この2曲めちゃめちゃいいですね!ちょっとクセになりそうです☆

  • かなえ姫
  • 2005年09月25日 10:13


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Cheap Trick At Budokan/CHEAP TRICK (チープ・トリック)
[レビュー/試聴 etc.]