Search


since 2005.03.13

2006年09月28日

Cheap Thrills/BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY (ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、ジャニス・ジョプリン)

B00000K2VUCheap Thrills
Big Brother & the Holding Company
Sony Mid-Price 1999-08-31

 サンフランシスコのローカル・バンドに過ぎなかったBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)に一人の無名の女性フォーク・シンガーが参加。彼女の魂を削るかのように絞り出される歌声と圧倒的な歌唱力、そして激しいステージ・アクションによりバンドは単なるローカル・バンドの粋を超えて徐々に人気を獲得。遂にはヒッピー・ムーブメントがピークを迎えた1967年に行われたビッグ・イベント"Monterey Pop Festival(モンタレー・ポップ・フェスティバル)"に出演するまでになり、同じく出演したJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、Otis Redding(オーティス・レディング))等の有名アーティスト達に一歩もひけを取らない凄まじいまでのステージ・パフォーマンスはバンドを聴衆から熱狂を持って迎えられる人気バンドへと押し上げ、女性ヴォーカリストは後世に語り継がれる伝説のアーティストとなり、そこで歌われた"Ball and Chain"は彼女の代名詞とも言える曲となります。


1. Combination of the Two
2. I Need a Man to Love
3. Summertime
4. Piece of My Heart
5. Turtle Blues
6. Oh, Sweet Mary
7. Ball and Chain

[Big Brother and the Holding Company]
Peter Albin, bass
David Getz, drums
James Gurley, guitar
San Andrew, guitar
Janis Joplin, vocal

 本作『Cheap Thrills(チープ・スリル)』はBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANYが"Monterey Pop Festiva"出演の翌年1968年に発表した、以降の女性ロック・シンガーが決して避けては通れぬ道となったJanis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の名を全米、そして全世界のロック・ファンに知らしめることになった記念すべきメジャー・デビュー・アルバムです。(注:初レコーディング作である1作目はインディー・レーベルより発表されています。)


Pearl/Janis Joplin (1971)

B00000K2VZPearl
Janis Joplin
Sony Mid-Price 1999-08-31

 『Cheap Thrills』によって時代を代表するトップ・シンガーとなったJanis Joplin(ジャニス・ジョプリン)は周囲の勧めなどもあり、演奏力に不安のあったBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)を1968年末に脱退。翌1969年に急遽集められたKozmic Blues Band(コズミック・ブルース・バンド)を率いて『I Got Them Ol' Kozmic Blues Again, Mama(コズミック・ブルースを歌う)』でソロ・デビュー。そして1970年にKozmic Blues BandのJohn Till(g.ジョン・ティル)、Brad Campbell(b.ブラッド・キャンベル)と共に理想のバック・バンドFull Tilt Boogie(フル・ティルト・ブギ)を結成して、後にJanis Joplinの代表作と称されるようになる『Pearl(パール)』のレコーディングを開始します。
 しかし、最高のバック・バンドを手に入れて歌のみに集中して思う存分歌える環境が整ったのにも拘らず、レコーディング途中の1970年10月にJanis Joplinは誤って致死量を超えるドラッグを使用してしまうという事故のため亡くなってしまいます。アルバムはJanis Joplinの遺作として1971年になって発表されますが、Janis Joplinが歌入れの前日に亡くなってしまった為にインストルメンタルで収録された"Buried Alive in the Blues(生きながらブルースに葬られ)"がJanis Joplinの運命を暗示しているようにも、酒とドラッグ、そして愛を求めて駆け抜けた壮絶な人生を象徴しているようにも思われ、Janis Joplinの伝説の最後を飾る悲しいエピソードとなっています。
 Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の愛称をそのままタイトルにした本作『Pearl』は発売とともに全米チャート1位を獲得。代表曲"Move Over(ジャニスの祈り)"他収録。

Janis Joplin, vocals

[Full Tilt Boogie]
Brad Campbell, bass
Clark Pierson, drums
Ken Pearson, organ
John Till, guitar
Richard Bell, piano
Sandra Crouch, tambourine
Bobbie Hall, conga/bongos
Bobby Womack, acoustic guitar (on Trust Me)
Pearl, acoustic guitar (on Me & Bobby McGee)
Chorus: Pearl, Full Tilt Boogie, Vince Mitchell, Phil Badella & John Cooke


B00006JU7PThe Criterion Collection: Complete Monterey Pop Festival
D.A. Pennebaker Chris Hegedus Scott McKenzie
2002-11-12

B0000024Y7In Concert
Janis Joplin
Sony 1990-10-25

 Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の死後2年を経て発売(1972年)されたライヴ・アルバム。1968年のBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)時代と1970年のKozmic Blues Band(コズミック・ブルース・バンド)をバックに行われたライブ演奏を収録。


B00000K2W1Janis Joplin's Greatest Hits
Janis Joplin
Sony International 1999-08-31


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

ファースト・レコーディング ジャニス・ジョプリン from h

BIG BROTHER AND THE HOLDING COMPANYfeaturing JANIS JOPLINとジャケットには書いてあるのに、なぜか「ファースト・レコーディング ジャニス・ジョプリン」として売られてる。日本仕様?よく分からん。もともとジャニス好きなのとジャケットが可愛かったか

ジャニス・ジョプリン「MOVE OVER」 from 達人の日記

8時に起床。朝飯を食べ、部屋の片付けをし、洗濯をし、休憩!11時ごろでしょうか?それぐらいから、1時間ほど寝てました。昼前なので何寝っていうんでしょうかね?まあまあ、そんな感じでのんびりとしてました。で、テレビを見ている午後ティーのCM が!そこ

☆ ジャニス・ジョプリン from ♪ 音楽回顧録 ♪ 

LP持ってたのに、見当りません(涙) GREATEST HITS / ジャニス・ジョプリン 探して見つからないとあれば、買うしかない!  1.Piece On My Heart (心のカケラ) 2.Summer Time 3.Try 

(583)Cry Baby(Janis Joplin) from バリバリダイアリー

今日も雨模様らしい・・・。オイラがこっちに引っ越してきてからは初めて傘をさして出勤することになりそうです。いつも雨の日がちょうど休みって感じでしたからねえ。そんな雨の夜にピッタリの泣けるブルーズナンバーを1曲。Pearl (Exp)クライ・ベイビー/ジャ...

Janisへの手紙 from Here I Go! Grungetta!!

今まで、大好きではあったけど、雰囲気で練習してしまっていたJanis Joplinの曲を、改めてきちんとカヴァーしてみようと英詞をノートに書き写し、意訳(むっちゃアバウトですが)を書き綴ってみました。Janisは自分のなかでは本当に神様的な存在で、神格化してしまってる感�

Big Brother & The Holding Company - Cheap Thrills from ロック好きの行き着く先は…

 60年代花のサンフランシスコを代表する歌い手と言ったらやっぱりジャニス・ジョプリンに行き着く。フラワー・ムーヴメント、ヒッピー文化、セックス・ドラッグ&ロックンロールの旗手となったあまりにも有名なブルー

JANIS JOPLIN from CROSSPEACE~Rock Story~

ロック史上最高の歌姫という不動の地位を確立しているジャニス・ジョプリン。かんたんにプロフィール。66年にビッグブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに加入して、ライブハウスで精力的に活動を始め、67年の夏に行われた、モンタレーポップフェスティバルに出演し大

あたいにベンツ買ってよぉ〜♪ from 品格のない社怪学好きによる「あることないこと」雑記帳

1970.10.4 ジャニス・ジョプリンが他界した日。当時、ジャニス・ジョプリンとビッグブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーアニキと抱き合う仲間??って言うステキな名前のバンドがあった。空に吸われし15の心、では無いが、お上品なキャロル・キングより、ジャニスの方が

チープ・スリル (Cheap Thrills) from ある音楽人の日乗

  ♪自分的名盤名曲131 ■チープ・スリル (Cheap Thrills) ■1968年 ■ジャニス・ジョプリン、ビッグ・ブラザー&ホールディング・...

Joplin In Concert / Janis Joplin from 老水亭

シリーズのトリを飾るのは、ジャニス・ジョプリン。 このアルバムは、ジャニスの死後にリリースされたものです。彼女自身は聴いた事の無いアルバム。ジャニスは、すぐそこで歌っているというのに・・・ LP時代のA面とB面がBig Brother and the Holding Company。そしてC面とD面がFull Tilt Boogie。二つのバンドの聞き比べができるという楽しみもありますが、そんなことよりジャニスの歌声に圧倒されます。

Janis Joplin (ジャニス・ジョプリン) from ROCK LEGEND - School of Rock

Cheap Thrills (Exp)Janis Joplin Sony 19...

comments

あの歌声は一度聞くと耳から離れませんね。「重過ぎる。。。。」
1967年のモンタレー・ポップはDVDで見たのですが、ジミ・ヘンドリックス、オーティス・レディング、そしてこのジャニス・ジョップリンのステージが一番印象に残りました。とはいえ他のアーティストも素晴らしいステージばかりでしたが。
でも、凄い時代ですね。才能ある素晴らしいアーティストがあんなにゴロゴロ(?)出てくるんですものね。

  • saeki
  • 2006年09月28日 17:12

>saekiさん
私もDVD持ってます。あのDVDで初めて動いて歌ってるところを見た、というミュージシャンが沢山います。

>でも、凄い時代ですね。才能ある素晴らしいアーティスト
色々な新しい物が生まれてきた時代ですよねー。レコードで聞いているだけでは伝わってこなかった部分まで映像だと伝わってきて。いろんな意味で凄いDVDだと思います。

  • axis_009@管理人
  • 2006年10月15日 09:33


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Cheap Thrills/BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY (ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、ジャニス・ジョプリン)
[レビュー/試聴 etc.]