Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. TAKE OFF 離陸/チューリップ
  2. 黒船/サディスティック・ミカ・バンド
  3. FREE SPIRIT/Johnny,Louis & Char (ジョニー、ルイス & チャー)
  4. '73 四人囃子/四人囃子

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2006年04月04日

TAKE OFF 離陸/チューリップ

B0009OAVFGTAKE OFF 離陸(紙ジャケット仕様)
チューリップ 財津和夫
東芝EMI 2005-06-29

[試聴] チューリップ -TSUTAYA onlineicon

 1970年代前半、"心の旅"、"夏色の想い出"、"銀の指輪"等のシングル・ヒットにより、アイドル的な人気が先行していた財津和夫率いる"チューリップ"が脱アイドルを目指して製作したコンセプト・アルバム。チューリップが大きな転換期を迎えた作品であり、"J-POP"どころか"ニュー・ミュージック"という言葉すらなかった時代の大傑作アルバム。(アメリカ、サンセット・スタジオでの海外録音含む。)
*1974年発表・3作目(ライブ・アルバム、ベスト盤除く)


チューリップ.jpg
1.TAKE OFF
2.明日の風
3.そんな時
4.見すごしていた愛
5.サンセット通り
6.おしえておくれ
7.セプテンバー
8.あの、ゆるやかな日々
9.ハートせつなく
10.青春の影
11.愛は不思議なもの
12.悲しみはいつも
13.ぼくは陽気なのんきもの
14.笑顔をみせて

財津和夫 Vocal,Guitar,Keboard
姫野達也 Vocal,Guitar,Keboard
安倍俊幸 Guitar
吉田彰 Bass
上田雅利 Drums

 "チューリップ"というと"The Beatles"(ザ・ビートルズ)から影響を受けたメロディー・ラインとアレンジが印象的なメロディアスでポップな作風が思い浮かびますが(特に初期の作品)、そこに更に日本的な情緒(ワビ、サビ)を加えているところがチューリップの個性であり魅力。本作では当時アーティストとしてではなくアイドル的な人気が先行していたチューリップの音楽、特に財津和夫のソング・ライターとしての魅力が大きく発揮されており、楽曲のアレンジ面についても、The Beatlesからの影響下からは逃れられないものの、完成度は非常に高く、アイドルからの脱皮の手応えを充分に感じられる作品に仕上がっています。後半の"悲しみはいつも〜ぼくは陽気なのんきもの〜笑顔をみせて"と続くメドレーは正にチューリップ版『Abbey Road(アビーロード)』。
 このアルバム『TAKE OFF』には一般的に知られるような有名曲は殆ど収録されていませんが、唯一財津和夫が歌う名曲"青春の影"が収録されています。"The Long And Winding Road"からの影響が感じられる楽曲ですが、それまでのアイドル・バンド"チューリップ"の音楽、歌詞から考えるとアイドルの枠を大幅に超えた出来で、穏やかな空間の中で財津和夫が暖かで優しい声で歌い上げる初期チューリップを代表する名曲になっています。しかし、今でこそ日本のポップス、ロックを代表する名曲の1つに数えられる"青春の影"ですが、チューリップ・ファンからの評価の高さにもかかわらず、当時は一般的なヒットには到らず、後年徐々に名曲として認知されることになりますが、当時メンバー間でも囁かれていた「チューリップは"姫野達也"がメイン・ヴォーカルの曲でないと売れない」というジンクスをしっかりと守る結果となっています。(チューリップ初期のヒット曲"心の旅"、"夏色の想い出"、"銀の指輪"等は全て姫野達也がメイン・ヴォーカルを取っています。)
*"サボテンの花"(1975年)なども『青春の影』と同様のパターンで、財津和夫メイン・ヴォーカルの最初のヒット曲は"虹とスニーカーの頃"(1978年)。


THE BEST OF TULIP

B0002MOLZGTHE BEST OF TULIP
チューリップ 財津和夫 瀬尾一三
東芝EMI 2004-09-08

 チューリップの名曲、ヒット曲をコンプリートしたメンバー公認オフィシャル・ベスト盤。隠れた名曲"博多っ子純情"を収録しているのが嬉しいところ。


ライヴ!! アクト・チューリップ vol.2

B0009WQH7Yライヴ!! アクト・チューリップ vol.2 (紙ジャケット仕様)
チューリップ 財津和夫 上田雅利
東芝EMI 2005-08-03

 チューリップのライブ・アルバムの中では個人的に一押しの作品。チューリップの"ロック・バンド"としての魅力が一番詰まったアルバムではないかと思います。
 1976年8月、札幌・真駒内アイスアリーナ、福岡・九電記念体育館にて収録された、不朽の傑作ライヴ・アルバム!(1976年発表)


| HOME |

2005年05月18日

黒船/サディスティック・ミカ・バンド

B000GALG9S黒船
サディスティック・ミカ・バンド
EMIミュージック・ジャパン 2006-08-23

20世紀名盤シリーズ: 黒船 [試聴]iTunes Music Store


 元フォーククルセイダーズの加藤和彦率いる、当時日本のロック・シーンにおいて最先端のサウンドを聴かせたサディスティック・ミカ・バンドの2ndアルバム(1974)。グラム・ロック、ブギー、ファンク、フュージョンなどの要素も取り入れた、洗練されたポップでファンキー、そしてユーモア溢れる和洋折衷サウンド。クリス・トーマスをプロデューサーに迎えた日本のロック・バンドによるトータルアルバムです。

1.墨絵の国へ
2.何かが海をやってくる
3.タイムマシンにおねがい
4.黒船(嘉永六年六月二日)
5.黒船(嘉永六年六月三日)
6.黒船(嘉永六年六月四日)
7.よろしくどうぞ
8.どんたく
9.四季頌歌
10.塀までひとっとび
11.颱風歌
12.さようなら

加藤和彦 : Vocals, Guitars
ミカ : Vocals
小原礼 : Bass, Vocal, Percussions
高橋幸宏 : Drums, Percussions
今井裕 : Keyboards, Saxophone
高中正義 : Guitars

sadistic_mika_band.jpg 1971年に、加藤和彦、ミカ、つのだひろで結成され、1972年にシングル「サイクリング・ブギ」でデビュー。その後、高中正義(G)、小原礼(B)、高橋幸宏(Dr)、今井裕(Key)を加え、1973年に「サディスティック・ミカ・バンド」、1974年にクリス・トーマスをプロデューサーに迎えた「黒船」を発表。75年10月にはロキシー・ミュージックとの英国ツアー(ベースは小原礼に代わり後藤次利が参加)を成功させますが、75年11月に加藤夫妻の離婚により惜しまれつつ解散。
 1989年には、 加藤和彦・高中正義・小原礼・高橋幸宏に、ボーカルに桐島かれんを迎えてMICA BAND(オリジナルはMIKA BAND)として再結成。アルバム「天晴」を再結成コンサートを収録したライブアルバム「晴天」を発表しています。

sadistic_mika_band_2.jpg 有名なロック・ナンバー「タイムマシンにおねがい」しか聴いた事の無い方には「ポップなハード・ロック・バンド」というような印象を持たれている方も多いかもしれませんが、アルバムを通して聴いてもらえば分かるのですが、実は多彩な音楽性を持ったバンドです。このアルバムも「黒船来航」「タイムマシン」をテーマに作られたトータル・アルバムで、そのサウンドは無国籍サウンドと言っても良いほど色々なジャンルの音楽の要素を吸収し、そしてそれをきちんと消化して作られたアルバムになっています。

sadistic_mika_band_3.jpg 今でこそ参加メンバーは豪華の一言ですが、当時としてはやはりフォーク・クルセイダーズ以降、日本の音楽シーンの第一線で活躍し続けるマルチ・クリエイター加藤和彦の音楽センスによるものが大きく、そこにその後の日本の音楽シーンを大きく変えて行く事になる各メンバーの才能が加わって出来上がったアルバムだと思います。(特に小原礼のプレイには"凄み"さえ感じさせられます。)
 英国ツアー後解散せず、そのままバンドが存続したとしたら、YMO以前に世界で通用するバンドになっていた可能性の高いロック・バンドです。

*クリス・トーマス:ビートルズで有名なジョージ・マーチンの愛弟子。ビートルズの「ホワイト・アルバム」にも参加。70年代の名プロデューサー。
[主なプロディース・ミュージシャン]ピンク・フロイド、プロコル・ハルム、テン・イヤーズ・アフター、バッドフィンガー、ロキシー・ミュージック、ポール・マッカートニー、プリテンダーズ等


ライブ・イン・ロンドン
mika_band_live_in_london.jpg
1.どんたく
2.WA―KAH!CHICO(インストゥルメンタル)
3.ヘーイごきげんはいかが
4.颱風歌
5.ミラージュ(インストゥルメンタル)
6.快傑シルバー・チャイルド
7.墨絵の国へ
8.何かが海をやってくる(インストゥルメンタル)
9.黒船(インストゥルメンタル):嘉永六年六月二日~嘉永六年六月三日~嘉永六年六月四日
10.Suki Suki Suki(塀までひとっとび)

サディスティック・ミカ・バンド: ライヴ・イン・ロンドン [試聴]iTunes Music Store


 75年のロキシー・ミュージックとの英国ツアーの模様を収録。当初アルバム発売の予定がなかったのか、本作は記録用のカセット・テープの音源を元にしているため音質は悪いのですが、会場での臨場感は充分伝わってきます。今から30年以上前に本場英国ロンドンの観客にウケまくるミカ・バンドの演奏が聴けます。
 特に「塀までひとっとび」などで聴ける後藤次利のチョッパー・ベースは特筆もの。高中正義もヤマハSGではなくストラトキャスターでの演奏で、ストラトの特性を生かしたファンキーなバッキングと気合の入ったギターソロ。また、ソロ・デビュー以降「嘉永六年六月四日」のパートしか演奏しなくなった「黒船」のフル・ヴァージョン(六月二日〜三日〜四日)でのライブ演奏、しかもストラトのトーンで六月四日のヴァイオリン奏法が聴ける、というのも重要です。高橋幸宏のドラムもテクニカル且つ正確無比、後にジャパンを結成するスティーブ・ジャンセンが高橋幸宏のプレイに驚愕した、というのは有名な話ですね。
 まだこのアルバムを聴いたことの無い人には、せめて「Suki Suki Suki(塀までひとっとび)」だけでも是非フル・コーラスで聴いて頂きたいと思います。


■ウィー・アー・ジャスト・テイキング・オフ/サディスティックス (1978)

B0002V01JW
ウィー・アー・ジャスト・テイキング・オフ
サディスティックス

Sadistics
 サディスティック・ミカ・バンド解散後の1976年に加藤和彦、ミカを除く4人(高中正義、後藤次利、高橋幸宏、今井裕)で結成されたサディスティックスの2ndアルバム。フュージョン色が更に強くなるが、ミカ・バンド時代からのユーモア・センスは相変わらず抜群。その後、高橋幸宏のYMO参加、高中正義のソロ・デビューなど、各メンバー個人の活動が忙しいためか自然消滅。
 ちなみにアルバム「黒船」収録の「黒船(嘉永6年6月2日)」「黒船(嘉永6年6月3日)」「黒船(嘉永6年6月4日)」などのインストゥルメンタル曲では既に作曲「サディスティックス」とクレジットされています。
sadistics_live_show.bmp 本当は1979年8月29日の東京・九段会館でのコンサートを収録したライブ盤「ライヴ・ショー」も紹介したいのですが、現在(2005年5月)は廃盤になっているようです。高中正義のライブでの定番レパートリー「あこがれのセイシェル」「Ready to Fry」などが収録されています。高中正義の最高のストラト・サウンドを堪能できます。(村上"ポンタ"秀一をゲストに迎えたツイン・ドラム。)

NARKISSOS/サディスティック・ミカ・バンド (2006)

B000I0S88SNARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)
サディスティック・ミカ・バンド
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-10-25

木村カエラをヴォーカルに迎えて17年ぶりにSadistic Mikaela Band Rivisited(サディスティック・ミカエラ・バンド・リヴィジテッド)として再結成。2006年2月にオンエアされたキリンラガービールのCMで使用された"タイムマシンにおねがい(2006 Version)"、"私はBig-Bang, Bang "他収録。
*2006/10/25 ON SALE!

ワンステップ・フェスティバル1974
[DVD] イエロー 加藤和彦&サディスティック・ミカ・バンド 外道 四人囃子 他
B0007QRC6M

| HOME |

2005年04月13日

FREE SPIRIT/Johnny,Louis & Char (ジョニー、ルイス & チャー)


FREE SPIRIT
ジョニー ルイス&チャー
TRICYCLE OiRA INDEX have a wine U・S・J

 「気絶するほど悩ましい」などのヒットを飛ばしながら歌謡界に挑戦していたチャーが、元イエローのジョニー吉長、元ゴールデンカップスのルイズルイス加部と組んだ日本最強のロック・トリオ「ジョニー、ルイス&チャー」のデビューアルバムです。(79年に日比谷野音での行なわれたフリー・コンサートを収録)

1.イントロダクション
2.ウェイステッド
3.風に吹かれてみませんか
4.オープン・ユア・アイズ
5.篭の鳥
6.ナテュラリー・ヴァイブレイション
7.ユーアー・ライク・ア・ドール・ベイビー
8.シャイニン・ユー,シャイニン・デイ

チャー(ギター、ヴォーカル)
ジョニー吉長(ドラムス、ヴォーカル)
ルイズルイス加部(ベース)

 2004年、コンサートから25年目にしてやっと「完全盤」(下記)が発売されましたが、当時雑誌などでセット・リストを見て「あの曲を演奏してるはずなのに、何でアルバムに入って無いんだろう?」と思っていた疑問が解決。(ローディーの人はちゃんとギターのチューニングを合わせてからチャーに渡しましょう。「Wondering Again」他。まぁ、でもオリジナル盤に収録されている曲も思っていた以上にダビング等の編集が行われてたんですねぇ。今更ですが、明らかにギターが一本じゃないようなところもあったし。)
 後のスタジオ盤に収録された曲の原型なども入っていて、特に「Why Aren’t You Ready」なんかはこっちの方が格好いい、と個人的には思えたりします。また、1979年発売のものに比べるとこちらは演奏に一切修正を加えておらず、かなり生々しい演奏が聴けるのも良い感じです。
*コンサートを見ていない私にとって、ボーナスDVDは何より嬉しい物でした。

Johnny, Louis & Char [試聴]iTunes Music Store "Free Spirit 1979.07.14"


Free Spirit 1979.07.14
JOHNNY、LOUIS & Char




BRAIN MASSAGE
PINK CLOUD
1994.9.16“the period”NIPPON BUDOKAN 20th March 1994 ライブ帝国 JOHNNY,LOUIS&CHAR/PINK CLOUD Char 20th Anniversary-Electric guitar Concert FREE SPIRIT 1979.7.14-1994.9.17


[ジョニー、ルイス&チャー ディスコグラフィー]
FREE SPIRIT (LIVE) :1979
TRICYCLE :1980
OiRA :1981
FREE SPIRIT 1994 (Live) :1995
SINGLES :1996
JOHNNY, LOUIS & CHAR SINCE 1979 (BOX) :1996
FREE SPIRIT 1979.07.14 (CD,DVD) :2004

[ピンククラウド ディスコグラフィー]
KUTKLOUD :1982
CLOUD LAND (桃源郷) :1982
PINK CLOUD :1983
PLANT BLEND :1984
aLIVE (MINI) :1985
GIVE YOUR BEST (BEST) :1989
PINK STICK INK CLOUD (LIVE) :1989
INDEX :1990
B B JOKE (MINI) :1990
SPECIAL SELECTION (BEST) :1993
THE PERIOD :1994
BOOTLEG (LIVE) :1994
PINK CLOUD VAP YEARS 1982〜1984 :2001

| HOME |

'73 四人囃子/四人囃子


ライヴ・アルバム’73 四人囃子
四人囃子
一触即発(+2)(紙) ゴールデン・ピクニックス ライヴ NEO-N(紙) 二十歳の原点(+2)(紙)

1.おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)
2.空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ
3.中村君の作った曲
4.泳ぐなネッシー
5.一触即発

森園勝敏(ギター、ヴォーカル)
中村真一(ベース)
岡井大二(ドラムス)
坂下秀実(キーボード)

 1973年8月21日俳優座(六本木)でのステージを収録したライブ・アルバム。(1978年発表)よく日本の初期のプログレ・バンドという紹介をされますが、確かにピンク・フロイド、EL&Pなどの影響は感じさせるものの(個人的にはジェスロ・タルも入ってると思うんですが)、ディープ・パープルなどから影響を受けたハードな部分もかなりあります。プログレッシヴ・ロックとハード・ロック・サウンド、そしてシュールな日本語歌詞。それらの要素がひとつになって四人囃子の世界を作り上げています。これだけの演奏をしながら、当時メンバー全員が19歳というのも特筆ものです。
 このアルバム発売当時、メンバーは「演奏が良くない」ことを理由に発売に反対したそうですが(このアルバムの演奏も充分良いのですが)、2001年に発売されたボックス・セット「From The Vaults (5CD)」を聴くとその気持ちが分かります。もっと凄い演奏が沢山入ってました。
*レコード発売当時には収録されていなかった名曲「泳ぐなネッシー」がCD盤には追加で収録されています。


From The Vault/四人囃子
From The Vault/四人囃子From The Vault / 四人囃子
icon
[ジャケット写真をクリックするとリンク先のTSUTAYAで試聴できます。]

 1972年から1989年までの未発表音源を収録した5枚組ボックス・セット。ライブ音源、スタジオ・ライブなど貴重な演奏が数多く収録されています。既に発表されていた音源よりも優れた演奏も多く、しかも四人囃子の代表曲が殆ど収録されており、マニア向けではありますが、機会があれば一度は聴いて頂きたい音源集です。

[四人囃子 ディスコグラフィー]
ある青春/二十歳の原点 :1973
一触即発 :1974
ゴールデン・ピクニックス :1976
PRINTED JELLY :1977
包 (bao) :1978
'73 四人囃子 :1978
TRIPLE MIRROR OF YONINBAYASHI :1978
NEO - N :1979
Dance :1989
LIVE FULL-HOUSE MATINEE :1989
HISTORY :1995
70's Live 四人囃子 Early Days :1998
5CD BOX SET From The Vaults :2001
Live 四人囃子 2002 LIVE :2002

| HOME |

RHINO Sales Lank



PR


120×90