Search


since 2005.03.13

2010年08月07日

Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)

B0012GMWNYCaptured Live
Johnny Winter
Sbme Special Mkts. 2008-02-01

 約2年のドラッグ中毒からのリハビリ期間を経て『Still Alive And Well』(1973)でロック・シーンに復帰したJohnny Winter(ジョニー・ウインター)が1976年に発表したライヴ・アルバム。トレード・マークのギブソン・ファイヤーバードのフロント・ピックアップにアンプのトレブルを10まで上げたJohnny Winter独特のギター・トーンで奏でる豪快な火の玉プレイ!


1. Bony Moronie
2. Roll with Me
3. Rock & Roll People
4. It's All Over Now
5. Highway 61 Revisited
6. Sweet Papa John

Johnny Winter :Vo,G (ジョニー・ウインター)
Floyd Radford :G (フロイト・ラッドフォード)
Randy Hobbs :B (ランディ・ジョー・ボブス)
Richard Hughes :Dr (リチャード・ヒューズ)

 メンバーはRandy Jo Hobbs(B.ランディ・ジョー・ボブス)、Richard Hughes(Dr.リチャード・ヒューズ)、そしてギタリストのFloyd Radford(G.フロイト・ラッドフォード)を加えた4人編成。Floyd Radfordのポジションは"And"時代のRick Derringer(G.リック・デリンジャー)と同様にサイド・ギターというよりJohnny Winterとのツイン・ギター。『Live Johnny Winter And』でのRick Derringerほどハード・ロック色(アルバム自体、こちらの方がブルーズ色が強くなっています。)は強くないもののJohnny Winterに負けることなく弾きまくっており、この時期のJohnny Winterの豪快でストレートなライヴの完成度を高める好プレイを聴かせています。

 「Johnny Winterを初めて聴く」という方には、"ハード・ロック"寄りの『Live Johnny Winter And』、"ブルース"寄りの『Captured Live!(狂乱のライヴ)』というように分けて、好みの方を先に聴かれると良いと思います。
 Johnny Winterのライブでの代表的な定番ナンバーであるBob Dylan(ボブ・ディラン)のカヴァー"Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ)"他収録。

関連記事 - Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND


B0012GMWNYCaptured Live
Johnny Winter
Sbme Special Mkts. 2008-02-01


関連記事 - Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

ブルースは苦手なんだけど、これは格好良いですね。

>"ハード・ロック"寄りの『Live Johnny Winter And』
こちらにも興味が出てきました。

  • taro
  • 2010年08月07日 19:59

ギブソン・ファイヤーバードと言うとこの人ですね。結構弾きにくい楽器だと思うんだけど、ジョニー・ウインターにとっては、音、形、フィーリングがピッタリ嵌ったんでしょうね。マイケル・シェンカーのフライングVなんかももそうですね。
個人的には、昔はハード・ロック少年だったもので、Live Johnny Winter Andの方が好みかな。

  • Hajime
  • 2010年08月07日 21:47

このアルバムも昔良く聞いてたなぁ。
クラプトンのブルーズなんかに較べると一味も二味も違いますね。たぶんクラプトンの方が入りやすいと思うけど。

  • kogoro
  • 2010年08月07日 22:19

僕にとってはジョニー・ウインターというと、このアルバム。

>Bob Dylan(ボブ・ディラン)のカヴァー"Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ)"
 1992年のボブ・ディランのレコード・デビュー30周年記念コンサートでの貫禄の演奏も良かったですが、やっぱりこのアルバムでのヴァージョンが一番かな。

  • Bert
  • 2010年08月07日 23:36

こんばんは。ブログ終了されたのかと思っていたら、いつの間にやら記事が沢山増えてますね。いまさらですが。(笑)

僕は『Live Johnny Winter And』の方が好きですが、このアルバムも良いですね。ブルーズへの傾倒と周囲からの売れるロックン・ロールへの期待にジョニー・ウインターなりに上手く折り合いが付けられた時期ではないかと思います。

  • TOM
  • 2010年08月08日 01:19

>taroさん

>>"ハード・ロック"寄りの『Live Johnny Winter And』
>こちらにも興味が出てきました。
『Live Johnny Winter And』も良いアルバムですよ。機会があったら聴いてみてください。


>Hajimeさん

>ギブソン・ファイヤーバードと言うとこの人ですね。
 後年軽いギターに変えたりしてましたけど、これだけファイヤーバードが似合う人も珍しい。ファイヤーバードは私も何度か弾かせてもらったことがあるんですが、ヘッドは重いし、ネックは太いし、ボディーはでかいしで、あんまり良い印象は無いんですが、好きな人にとっては魅力のあるギターなんでしょうね。


>kogoroさん

>>たぶんクラプトンの方が入りやすいと思うけど。
 クラプトンのブルーズに較べるとジョニー・ウインターは知名度的にも敷居が高いとは思うんですが、クラプトンは聴くけどっていう人にはステップ・アップという感じでジョニー・ウインターも聴いて欲しいですね。


>Bertさん

>1992年のボブ・ディランのレコード・デビュー30周年記念コンサート
 私もビデオで見た事がありますが、スーッとステージに出てきて凄い演奏で観客を圧倒して、演奏が終わるとサッと引っ込む、という格好良い登場でしたね。


>TOMさん

>ブログ終了されたのかと思っていたら、
 なんとなく再開してみました。^^♪

>ブルーズへの傾倒と周囲からの売れるロックン・ロールへの期待にジョニー・ウインターなりに上手く折り合いが付けられた時期
 80年代以降、ブルーズ・アルバムをいくつか発表していますが、私にとっては、やっぱりこの時期のジョニー・ウインターが一番です。

  • axis_009@管理人
  • 2010年08月08日 18:55


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
[レビュー/試聴 etc.]