Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [時代小説] 藤沢周平
  3. Robert A.Heinlein (ロバート・A.ハインライン)

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2013年02月10日

[忍法帖] 山田風太郎


魔界転生(上)』 『魔界転生(下)

 幾度か映像化もされていますが、原作の面白さを半分も再現できていないのではないでしょうか。映画を観て原作を読んでいない人は是非。山田風太郎・忍法帖シリーズの最高傑作。
 島原の乱で徳川幕府に敗れた天草四郎の軍師・森宗意軒が編み出した「忍法魔界転生」により再生した6人の剣豪、宮本武蔵、宝蔵院胤舜、荒木又右衛門、田宮坊太郎、江戸柳生・柳生但馬守、尾張柳生・柳生如雲斎、そして島原の乱の首謀者・天草四郎。7人の魔人を操り島原の乱の恨みを晴らすべく徳川幕府崩壊を企む森宗意軒。徳川御三家・紀伊大納言頼宣の次期将軍職への執着を利用して紀州藩をも取り込み、着々と進行する森宗意軒の野望。その野望を打ち砕くために立ち上がったのは、転生衆候補に選ばれたことによって紀州藩の不審な動きに気付くことになった江戸柳生・柳生但馬守の放蕩息子・柳生十兵衛だった。
 山田風太郎・柳生十兵衛シリーズの2作目。元々のタイトルは『おぼろ忍法帖』。



風来忍法帖

 「あの生意気な姫を…」から「あの姫のために」。豊臣秀吉二万の軍勢から僅かな手勢で北条方の小城・忍城を守る麻也姫の貞操を守るため、素人忍者となった個性豊かな7人の香具師が、天下に鳴る風摩忍者組に立ち向かう。
 麻也姫にその所業を一喝された悪行三昧の香具師達が、なんとか恨みを晴らそうと悪戦苦闘する陽気でコミカルな前半部から、壮絶且つ悲壮な風摩組との戦いへと向かう後半への怒涛の展開。数多くのアイディアが詰め込まれた盛り沢山の内容は圧巻です。
 『甲賀忍法帖』、『魔界転生』に較べると一般的には知名度の低い作品ですが、私が一番好きな作品です。



甲賀忍法帖

 山田風太郎・忍法帖シリーズ第1作。忍法というより、化け物、妖怪、と化した甲賀、伊賀忍者達の壮絶な戦い。その後の幻想小説、特撮物、漫画、数々の創作物に与えた影響は計り知れないシリーズの原点。忍法帖シリーズの重要な要素が詰まっている上、上記2作に較べると短めなこともあり、忍法帖シリーズ入門編としても最適な一冊です。


** 番外編 **
八犬傳 下(新装版) (廣済堂文庫)八犬傳 上(新装版) (廣済堂文庫)
八犬傳
 山田風太郎の最高傑作。上記『魔界転生』で「忍法帖シリーズでは最高傑作」と書いたのは、この作品があるため。
 『南総里見八犬伝』の作者・馬琴が友人の葛飾北斎に物語のアイディアを聞かせるという設定で進行し、八犬伝の物語と共に馬琴の日常とその時代が描かれています。
 これは忍法帖シリーズが肌に合わなかった方にも是非読んでみてもらいたい作品。必ず山田風太郎という作家への印象が一変すること間違い無しです。


| HOME |

2011年03月26日

[時代小説] 藤沢周平

4101247013用心棒日月抄
藤沢 周平
新潮社 1981-03

 ある事情で脱藩した青江又八郎が江戸に上るが、日々の暮らしにも事欠き始め用心棒稼業を始める。10の短編が収録されており、最初の仕事はなんと犬の用心棒。徐々に用心棒としての信頼が上がり終盤では幕府の要人の用心棒を務めるまでになるが、話が進むうちに"忠臣蔵"の吉良邸討ち入りの話ともリンクしていく。
 最初の仕事が犬の用心棒、というユーモアのある設定や忠臣蔵のエピソードが上手く小説に取り込まれており、読む人を冒頭から物語に一気に引込んで行くとともに読み進めるにつれて面白さもグングンとアップしていくという、非常に完成度の高い作品です。
 続編として『孤剣』、『刺客』、『凶刃』と計4冊が発表されていますが、特に面白いのは3作目の『刺客』まで。4冊目の『凶刃』はそれまでの登場人物総登場でシリーズを完結させるべく執筆されたような面が強く、シリーズで唯一の長編物になっていますが、物語の出来としては前3冊に劣っているような気がします。まぁ、シリーズのファンになってしまうと「その後あの人は」的な興味もあり、読まざるを得ないし、劣ると言っても下手な時代小説よりクオリティは遥かに上です。


416719225X蝉しぐれ
藤沢 周平
文芸春秋 1991-07

 ドラマ化、映画化(映画の方はあまり良い出来ではなかったのが残念)を経て、一般的にもかなり有名な作品となった藤沢周平の最高傑作のひとつです。読後感の清清しさは堪りません。歴史上の有名人を描く歴史小説も良いのですが、こういう本を読んでしまうと時代小説ファンを止められません。


4167192268麦屋町昼下がり
藤沢 周平
文藝春秋 1992-03

 人に対する優しさや人情、男女間の哀切な思い、そして力強く生きる名も無き市井の人々を巧みに描く藤沢周平の魅力が詰まった短編集。物語のその後に思いを馳せる余韻を残しつつも読後感が爽やかな名作4編を収録。


| HOME |

2005年05月09日

Robert A.Heinlein (ロバート・A.ハインライン)

■The Door into Summer:夏への扉 (1957)

4150103453夏への扉
ロバート・A・ハインライン
早川書房 1979-05

 ジュブナイルから本格SFまで。1950年代、60年代のアメリカのSF小説黄金時代を築いたロバート・A.ハインライン。「夏への扉」は、20年以上前に初めて読んでから、今までに何度読み返したか分からないタイム・トラベル小説の大傑作です。この小説がなければ映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も生まれなかったのでは?(ちょっと言いすぎかな(笑)

 [ストーリー]最愛の恋人に裏切られ、仕事はなくなり、大切な発明まで取り上げられた主人公ダニィ。そんな凍てついた心がダニィを危険な冷凍睡眠保険へと.....。タイム・パラドックスなどの要素も取り入れながら、物語の結末に向けて次から次へと起こるどんでん返し。痛快さ、そして読後の清涼感。ハインラインのストーリー作りの上手さに唸らされます。

■The Moon is a Harsh Mistress:月は無慈悲な夜の女王 (1966)
 ヒューゴ賞受賞作の中でも最高級の作品と呼ばれるハインラインの最高傑作。ハインラインの作品の中には革命を描く物が多いのですが、この作品もそのひとつです。
 [ストーリー]圧政に苦しむ月世界植民地は地球政府に対して独立を宣言。革命の先頭に立つのはコンピュータ技師のマニーと自意識を持つ巨大コンピュータ「マイク」。しかし、地球から一方的に搾取され続けてきた月世界人は宇宙船も一発のミサイルも保有していなかった.....。

4150102074月は無慈悲な夜の女王
ロバート A.ハインライン 矢野 徹
早川書房 1976-10

■The Star Beast:ラモックス―ザ・スタービースト (1954)
 ハインラインのジュブナイルは一般的な子供向けの小説と違い、主人公が少年少女であるだけで大人が読んでも楽しめる、というのが特徴です。この小説はそんなハインラインのジュブナイルの代表的な作品です。SF小説が苦手、という方にもSF入門編としてお勧めです。
 [ストーリー]主人公トマスとそのペットである巨大な宇宙怪獣ラモックスが巻き起こす大騒動!傑作ユーモアSF小説。

4488618081ラモックス―ザ・スタービースト
ロバート A. ハインライン 大森 望
東京創元社 1987-11

■STRAMGER IN A STRANGE LAND:異星の客 (1961)
フリーラブ、一夫多妻、同性愛など、40年代に書かれたにもかかわらず、そういった内容から60年代まで発表できなかった問題作。その思想と世界観から「ヒッピー文化の聖典」とまで呼ばれた作品です。
 [ストーリー]宇宙船ヴィクトリア号が連れ帰った“火星からきた男”は、第一次火星探検船で生まれ、火星に生き残った唯一の地球人。この宇宙の孤児をめぐってまき起こる大波乱!

4488618030異星の客
R.A.ハインライン
東京創元社 1969-02

■Starship Troopers:宇宙の戦士 (1959)

4150102309宇宙の戦士
ロバート・A・ハインライン
早川書房 1979-09

■The Rolling STONES (SPACE FAMILY STONE):宇宙の呼び声 (1952)

4488618103宇宙の呼び声
ロバート・A. ハインライン 森下 弓子
東京創元社 1990-08


| HOME |


RHINO Sales Lank



PR


120×90