Search


since 2005.03.13

2010年05月18日

Blue Train/JOHN COLTRANE (ジョン・コルトレーン)

Blue TrainBlue Train
John Coltrane
Toshiba EMI 2003-08-05

John Coltrane [試聴]iTunes Music Store - John Coltrane


1. Blue Train
2. Moment's Notice
3. Locomotion
4. I'm Old Fashioned
5. Lazy Bird

 John Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)が1957年にBLUE NOTE(ブルー・ノート)で唯一録音したハード・バップ期の名盤。
 John Coltraneは1955年に参加したThe Miles Davis Quintetマイルス・デイヴィス・クインテット)で鍛え上げられて自らのスタイルを掴み、グループ休止中の1957年にはPrestige(プレスティッジ)と契約してリーダー作を発表。同年には連日Thelonious Monk(p.セロニアス・モンク)のセッションに参加して音楽理論を修行し、インスピレーションも刺激され、いよいよ才能開花という時期に来ていました。
 徐々に頭角を現してきたJohn Coltraneのリーダー作を自レーベルに残したいと考えた生粋のジャズ・ファンであるBLUE NOTEのオーナー、Alfred Lion(アルフレッド・ライオン)の懇願を聞き入れたJohn Coltraneが当時の所属レーベル、Prestigeと相談して実現したレコーディングであり、その為BLUE NOTE側からはメンバー、収録楽曲など、全てJohn Coltraneに任せるという好条件を提示され、John Coltraneも現時点で出来うる限りの全てを注ぎ込み、暖めていた自作曲も惜しげもなく披露。収録された楽曲のレベルの高さにより、John Coltraneはプレイヤーとしてだけでなく、作曲家としても高い評価を得るようになります。
 参加メンバーはリズム・セクションにThe Miles Davis Quintetで気心の知れたPaul Chambers(b.ポール・チェンバース)、Philly Joe Jones(ds.フィリー・ジョー・ジョーンズ)。幾度かの共演時の演奏で注目していたKenny Drew(p.ケニー・ドリュー)、Curtis Fuller(tb.カーティス・フラー)。そして、Art Blakey & The Jazz Messengersでの演奏で名を馳せ、後にBULE NOTEの看板プレイヤーとなるLee Morgan(tp.リー・モーガン)を加えた3管編成のセクステット(6人編成)。本格的なJohn Coltrane時代を築く1960年代の求道的な重たい演奏ではなく、自分のスタイルを確立したJohn Coltraneの自信に満ちた伸び伸びとした演奏でハード・バップ・ジャズを聴かせてくれます。
 個人的なイチオシは"Moment's Notice"。まだジャズ初心者だった頃、気に入って頻繁に聴いていた、私をジャズの世界に導いてくれた名曲のひとつです。
(1957年9月15日録音)



Blue TrainBlue Train
John Coltrane
Toshiba EMI 2003-08-05


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

>>個人的なイチオシは"Moment's Notice"
カッコイイ曲ですよね。僕も大好きな曲です。リー・モーガンも最高!!

  • taku
  • 2010年05月19日 13:10

>takuさん
 本文にも書いたんですが、思い入れのある曲なんですよ。ジャズを本格的に聴き始める切っ掛けになった曲のひとつです。

  • axis_009@管理人
  • 2010年05月19日 23:52

Moment's Notice、名曲ですねぇ。takuさんも書かれていますが、ジャズのかっこよさが詰まった最高のジャズ・ナンバーのひとつですね。^^

  • hajime
  • 2010年05月20日 11:43


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Blue Train/JOHN COLTRANE (ジョン・コルトレーン)
[レビュー/試聴 etc.]