Search


since 2005.03.13

2005年07月08日

Blow by Blow/JEFF BECK (ジェフ・ベック)

B00005AREQBlow by Blow
Jeff Beck


 1975年に発表されたJeff Beck(ジェフ・ベック)のギター・インストゥルメンタル・アルバム。それまでのJeff Beckのギター・プレイの集大成、且つ、自身のギタリストとしての可能性を拡げ新境地を切り開いた意欲溢れる名盤です。プロデューサーはTHE BEATLESザ・ビートルズ)の作品で知られるGeorge Martin(ジョージ・マーティン)。
 Roy Buchanan(G.ロイ・ブキャナン)に捧げられたStevie Wonder(スティーヴィ・ワンダー)作曲の"Cause We've Ended As Lovers"、ライブでの定番曲"Freeway Jam"、"Scatterbrain"他収録。


1.You Know What I Mean
2.She's A Woman
3.Constipated Duck
4.AIR Blower
5.Scatterbrain
6.Cause We've Ended As Lovers
7.Thelonious
8.Freeway Jam
9.Diamond Dust

Jeff Beck :G (ジェフ・ベック)
Phil Chenn :B (フィル・チェン)
Max Middleton :Key (マックス・ミドルトン)
Richard Bailey :Dr (リチャード・ベイリー)

 『Blow By Blow(ブロー・バイ・ブロー)』以前のJeff Beck(ジェフ・ベック)のギターは、バンドの中でヴォーカリストや他のメンバーの強力なプレイに張り合うことによって自らのギターを主張、攻撃的なギターを聴かせることが多かったのですが、このアルバムでは一転、必要以上にハードになりすぎず、バランス良く、そしてカラフルなギター・サウンドを聴かせることに成功しています。Jeff Beckのフレーズや表現によりめまぐるしく変わるギター・トーン。一つ一つのプレイは大胆でワイルドなのにも拘わらず、トータル的に見ると良く練り込まれ、緻密さを感じさせるギター・アンサンブル。また、プロデューサーのGeorge Martin(ジョージ・マーティン)によるオーケストラなどもアルバムをバラエティに彩るのに大きく貢献しています。

 前作『BB&A(ベック、ボガート&アピス)』(1973年)からこのアルバムまでの2〜3年の間、Jeff Beck(ジェフ・ベック)はStevie Wonder(スティーヴィ・ワンダー)の名作『Talking Book』など、数多くのアルバムセッションに参加したことと、特にTHE MAHAVISHNU ORCHESTRA(マハビシュヌ・オーケストラ)のJohn McLaughlin(G.ジョン・マクラフリン)との交流、影響がこうしたギター・インストゥルメンタル・アルバム制作のきっかけ、Jeff Beckのギタリストとしての音楽性を大きく拡げる進化に繋がっています。プロデューサーのGeorge Martinの起用もGeorge MartinがJohn McLaughlinの『Apocalypse』をプロデュースしていたことが大きな要因で、John McLaughlinのTHE MAHAVISHNU ORCHESTRAでのギター・アプローチをJeff Beck流に消化してアルバムを作ることを目指していたのかもしれません。

関連記事 - Jeff Beck 記事一覧

[JEFF BECK DISCOGRAPHY (solo)]
Blow by Blow 1975
Wired 1976
Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live 1977
There And Back 1980
Flash 1985
Jeff Beck's Guitar Shop With Terry Bozzio And Tony Hymas 1989
Who Else ! 1999
You Had It Coming 2000
Jeff 2003
Live at BB King Blues Club 2003


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

ジェフ・ベックのSACD from THE SACD REVIEW

Blow by BlowJeff BeckAmazonで詳しく見る種別:SACD(マルチチャンネル)今日から、ジェフ・ベックの日本公演がはじまります。彼も一枚SACDがでているので、紹介します。ビートルズのプロデューサーとして知られるジョージ

BLOW BY BLOW from エディの出張所日記

ジェフ・ベックのCDシリーズ、やっと5枚目聴き終わる。今回は「BLOW BY BLOW」邦題は「ギター殺人者の凱旋」となんとも不可思議なタイトルだ。個人的には、タイトル名は「BLOW BY BLOW」がお気に入り。何十年かぶりに聴いた感想は、以前にもまして音がクリア(デジタルリ�

JEFF BECK / WIRED from @日吉★ロックス

JEFF BECK / WIRED 自分にとっての素晴らしいギタリスト像には大きく2種類あると思っています。 一方は「ギターを弾きたくさせるギタリスト」 一方は「ギターをやめたくさせるギタリスト」 思わずギターを手にとってフレーズをコピーしたくなるのが前者。 手本であり.

JEFF BECK / BLOW BY BLOW (SACD 5.1Multi-ch) from 芸術的生活

いよいよ運命の7月2日がやってきました!夕方は遂にジェフ・ベック御大のライヴに参戦します。前回、前々回に次いで3度目の参戦となりますが、今回はツアーにあわせたアルバムのリリースもなく、40年のキャリアを総括する二部構成のライヴとの話が事前に伝わってきてい�

ジェフベック☆ なぎさ from なぎさのロック 私ってこれでも女の子…☆

[壁]ー^)ノ ドモなぎさでし!!今日はお家でほのぼのしてたじょ(^^)で、久しぶりにヘッドフォンで音楽を聴いてみたじょ。なぎさ愛用のヘッドフォン☆AKG K−240キャッ(^^*))((*^^)キャッ アホ兄貴にしばらく貸してたけど最近、やっとで戻ってキタ━(゚∀゚)━!ヘッドフォ�

Blow By Blow / Jeff Beck やった手に入れました、、、。 from One Of These Nights with The BEATLES

「Blow By Blow」Jeff Beck の4チャンネル USA盤です!(アナログ・レコードです!)やっと手に入れました〜!4chミックスが施されていますので、各楽器のレベル・バランスが微妙に違います。明らかな別テイクと思われるものは一度聴いた限りでは気付きませんでしたが、やや

I Ain't Gonna Stand For It ( アイ・エイント・ゴナ・スタンド・フォー・イット ) / Eric Clapton from 目指せ! クラプトン全曲レビュー

クリームの大ヒット曲サンシャイン・ラブ、と聞くと頭の中でサンシャイン・オブ・マイ・ライフが鳴り出す人は多いと思うが、そっちはスティーヴィー・ワンダーの曲だ。力強くポジティブな名曲である上にこちらの方が有名だからそれも仕方がないが、そのスティーヴィー・ワ

Jeff Beck "Blow By Blow" (1975) from nakaQ Music Blog

Jimmy Pageが「ロックギタリストが範とすべきレコード」と絶賛したというエピソードのある、Jeff Beckのインストゥルメンタル名盤"Blow By Blow"です。 'You Know What I Mean'からファンキーなBeckのカッティングギターが全開です。このアルバムは、Beckの作品の

Jeff Beck from 美響乱

1975年の春、ジェフ・ベックは「ブロ

ブロウ バイ ブロウ (Blow By Blow) from ある音楽人の日乗

♪自分的名盤名曲26(海外篇その20)ブロウ バイ ブロウ  (1975年)   ・ジェフ・ベック………(g)   ・フィリップ・チェン……(b)   ・マックス・ミドルトン…(keyb)   ・リチャード・ベイリー…(drs)   今日はジェフ・ベックを取り上げたので、�

Jeff Beck 『Blow By Blow』 from 黄色いスペクトルの太陽

私が好きなギタリストといえばジェフ・ベックである。 好きなベーシストやドラマーは沢山いるが、ギタリストで好きなのはジェフ・ベックだけ、といっても良い。 ...

BLOW BY BLOW / JEFF BECK from カルロスのにゃんきゃす通信

ロック界の三大ギタリスト・・・といえば、今も昔も、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、それにジェフ・ベックと決まっています・・・よね? そのジ...

Blow By Blow~ギター殺人者の凱旋/ジェフ・ベック from マジック・映画について思うこと

1975年に発表されたジェフ・ベックのアルバムです。実はこれも物置の肥やしになっていたCDです。このアルバム購入当時はかなりはまって聴きまくっていたもので...

BLOW BY BLOW/JEFF BECK from 朱音

ジェフ・ベックといえばあんまり好きではないのでね、気にならないし、どうでもいいや、なんだけど、この”BLOW BY BLOW”は別格。ベッグ・ボガード&アピスが崩壊した直後の春、ジェフ・ベックは

BLOW BY BLOW from Scatter Blog

1975年発売のJEFF BECKのアルバム。 孤高のギタリスト、ジェフベックのテイストが ふんだんに散りばめられている。 時にはブルージーな、時には...

JEFF BECK「JEFF」★天才の衝撃作 from 佐賀県★唐津ラーメン・様式美麺れいんぼ〜

世界の3大ギタリストのジェフ・ベックが 2004年に発表した「ベック」には驚き ました。 1曲目から「え?これがジェフ?マジ?」 と信じがたい衝撃作です...

comments

マイ・フェイバリットです!!


もうこれは大好きです!(BECK自体大好きなんですが)
とくにこれとワイアードとゼア・アンド・バックは言う事アリマセン!
今だによく聞きますが、色あせない音楽ですね〜


お久しぶりです♪
いやーついに出ましたか!
Blow By Blow
ジェフ・ベックをリアルタイムで聴いたのはBB&Aからですが、JBGの2期は大好きでしたね〜
ソロになってFlashまではアナログで聴いてましたが、このBlow By BlowだけはさすがにCDも買いました!
4.AIR Blower
5.Scatterbrain
6.Cause We've Ended As Lovers
なんか今聞いても涙ものです・・・
本日早速聴きました、ありがとう!

ジェフ・ベックのアルバムでは一番好き
同じアルバムの記事を書いていたのでTBさせてもらいました(SACDですが)

このアルバムはブラック・ミュージックの影響がでていて、いいですね。スティーヴィ・ワンダー作の曲が好きです。

名作ですね


紙ジャケ買いました。
何故か邦題が「ギター殺人者の凱旋」なんでしょうか・・・
このアルバムはよく聴きました。コピーもしました。
今回のジャパンツアーでは
"Scatterbrain"
"Cause We've Ended As Lovers "
"Diamond Dust "
を演奏していますね。
"Cause We've Ended As Lovers "はいつ聴いても感激です(涙)

来た〜!


ついに来ましたね!
やはりジェフ大先生を語るには、このアルバムをはずすわけにはいかないですからね。
いろいろなジャンルのエッセンスを取り入れてて、バラエティに富んでいる傑作です。私も大好きです。

ジェフの名作


彼の作品では一番聴いた作品ですね。
今回の来日でも「SCATTERBRAIN」を高速で弾き、「CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS」をしっとりと聴かせてくれました。
61歳になっても衰えるどころかまだ進化しているようで、本当に凄いヒトです。

勉強になります〜!


こんばんは。訪問有難うございます。僕は70年代生まれなのでそんなにこの時代は詳しくないのでとても勉強になります。うちのブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?これからもよろしくお願いします。

  • pag
  • 2005年08月06日 23:19

axisさま、こんばんわです。
お久しぶりです。TBありがとうございました。
先日のドゥービーズの記事はエラーとなりTB出来ませんでした…。
音楽関連の記事もUPしていますので、今年も宜しくお願いいたします!
では、また。

ジェフベックと言えば、やっぱり
BLOW BY BLOW と WIRED なのです。

>ヘンリーさん
>>記事はエラーとなりTB出来ませんでした…。
ブログ間の相性とかがあるのかもしれませんね。Movable TypeもFC2とは相性が悪いようで、FC2からのトラックバックが文字化けしたり、こちらから送れなかったりします。^^;
*FC2の旧ブログの記事は全てこちらに移植予定ですので、良かったらまた試してみてください。(なかなか作業が進んでいないのですが。。。。)

  • axis_009@管理人
  • 2007年01月28日 15:44

こんにちは。
最近のジェフのアルバムはもう神懸り的な音とテクニックで相変わらず素晴らしいけれど、音楽的な完成度、素晴らしさはこの頃の「ブロー・バイ・ブロー」「ワイアード」だと思います。
既に発売から30年以上経っていますが、この後も語り継がれてゆくのはこの2作ではないでしょうか。

  • cosmo
  • 2007年01月29日 19:31

>shibatexさん、cosmoさん
最近のアルバムは発売当初は良く聞いているんですが、結局聴き続けているのは『Blow by Blow』『Wired』『There And Back』の3作に戻ってきてしまいます。
 ライブだと海賊盤で気に入っている物が何枚か有りますが、演奏の出来云々は別として、演奏の凄まじさという点においてスタンリー・クラークとの1978年の来日公演(キーボードがヤン・ハマーでないのが残念)が一押しです。ちょっと調子が悪かったようですが、殆どジェフがスタンリー・クラークに圧倒されちゃってますけど。^^;

  • axis_009@管理人
  • 2007年01月30日 20:47


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Blow by Blow/JEFF BECK (ジェフ・ベック)
[レビュー/試聴 etc.]