Search


since 2005.03.13

2006年03月13日

幕末太陽傳/川島雄三

B00006YXRV幕末太陽傳
フランキー堺 南田洋子 左幸子
日活 2002-11-22

 駄作、愚作、怪作の宝庫、映画監督・川島雄三の代表作(且つ入門編)にして、日本喜劇映画の最高峰。川島雄三の作品は失敗作でも、どこか一つは光る部分があり、しかも、そこに見るものを強烈に惹きつけてしまう魅力があるという、嵌まると癖になる鈴木清順(『ツィゴイネルワイゼン』、『けんかえれじい』他)と並ぶカルト映画監督
 "早過ぎた"映画監督であり、「生活ノタメデス」と低予算で作り続けざるを得なかった作品群(あからさまにヤル気の無さが伝わってくる作品も多々あったようです。)に埋もれてしまった傑作、異色作も数多く(『しとやかな獣』、『オオ!市民諸君』、『貸間あり』、『グラマ島の誘惑』他)、当時から川島雄三を支持する熱狂的ファンも少なからず存在。45歳の若さで急逝(昭和38年)した後も再評価され続け、徐々に時代の方が追いついていった日本映画界の"鬼才"です。
*日活・昭和32年公開(1957年)
*『幕末太陽傳』には助監督、脚本として愛弟子の今村昌平も参加しています。(代表作『神々の深き欲望』。昭和58年『楢山節考』でカンヌ・グランプリ受賞。)


幕末太陽傳.jpg
 『幕末太陽傳』は"積極的逃避をテーマ"(川島雄三談)に、明治維新まで後数年という時代を舞台にして、古典落語「居残り佐平次」をベースに、「芝浜」、「品川心中」、「三枚起請」、「お見立て」、「明烏」などの廓噺を随所に盛り込みながら、主人公の佐平次(フランキー堺)が品川遊郭で無一文で大判振るまいした挙句そのまま居残り、その遊郭の中で機転の利いたバイタリティ溢れる行動力で次第に人気者になってゆく姿、同じ居残り組みの幕末の志士・高杉晋作(石原裕次郎)と佐平次との絡みなどを描いた作品です。落語ネタを絡めた作品と言うと最近では宮藤官九郎脚本のテレビ・ドラマ『タイガー&ドラゴン』(2005年)が話題になりましたが、落語ネタで成功した数少ない作品の元祖がこの『幕末太陽傳』です。

 テンポ良く、粋な台詞、パワフルな動き、軽桃浮薄なギャグで笑わせる佐平次が実は労咳持ちで裏に回れば煎じ薬を飲んでいるという、明るいだけでなく深い闇をも併せ持つ設定、石原裕次郎演ずる高杉晋作の生真面目さを反対にギャグとして見せる演出など、可笑しさの中にも乾いた虚無感が漂う、一筋縄では行かない川島雄三のシニカルな視点が劇中で常に垣間見えます。また、進行性筋萎縮症という、段々と体の自由が利かなくなっていき死へ至る病を抱えた川島雄三(「私ニハ時間ガ有リマセン」)にとっては、自らの分身として思う存分フランキー堺(佐平次)を映画の中で機敏に走り回らせながらも、前述した佐平次が労咳を病んでいるという設定(アイディアはフランキー堺から提案され、川島雄三は面白がって採用)は、重い病を抱えても尚"もっと自由奔放に動き回りたい"、"もっと映画を撮りたい"という川島雄三の心情とリンクしているかのように思えます。
 かつて読んだインタビュー記事でフランキー堺は「『幕末太陽傳』の元ネタのひとつになった『居残り佐平次』には"居残り"から"生き残り"へとの川島雄三監督の思いが託されていたのではないか」と語っています。ラストで「俺はまだまだ生きるんでぇ」と叫びながら走り去る佐平次は川島監督自身の心の叫びだったのかもしれません。

 当時の"太陽族"という流行語を安易に取り入れた『幕末太陽傳』(ブームの中心にいた石原裕次郎が出演しているという接点は有りますが)というタイトルも、並みの映画ならマーケティング効果を狙っての安易な発想で、などと切り捨てられますが、大スター石原裕次郎小林旭、芸達者な左幸子南田洋子などを始めとする日活オール・スターともいえる豪華キャストを迎えた大作、しかも映画の出来も素晴らしい、と言うことになると、"当時の一般常識人からは良しとはされなかったであろうブーム"ということも合わせて、安易故に川島雄三の大いなる反骨精神が感じられて痛快
 また、せっかくの石原裕次郎らの日活スター俳優を脇役に配し、(いくつかの喜劇映画への主演はあったものの)元・ジャズドラマーのフランキー堺を主演に持ってきた、と言うのも川島雄三の面白いところ。フランキー堺も死の影におびえながらも「首が飛んでも動いてみせまさぁ」と嘯いてみせるニヒリストの佐平次を、芸術的ともいえる流れるようなムダのない動き凄みさえ感じさせられるほどの迫真の演技で演じ切り、しっかりと川島雄三の期待に応えています。(フランキー堺はこの作品でキネマ旬報男優賞、ブルーリボン主演男優賞を受賞。)
*無いものねだりになってしまいますが、フランキー堺主演『幕末太陽傳』がこれほどの出来なら、生前に製作が予定されていながら川島監督の死によって幻に終わった、フランキー堺主演で「写楽」を題材にした『寛政太陽傳』も見てみたかった。(加えて小沢昭一主演『江分利満氏の優雅な生活』、『忍ぶ川』の3本の製作が予定されていたようです。)

 川島雄三監督はラストで佐平次を映画セットの外、現代(昭和32年)の東京の街に走り出させる、という演出の変更を提案しますが、あまりにも斬新過ぎるそのアイディアはスタッフの猛反対にあい、最終的にはスタッフ代表のフランキー堺の説得で断念しています。なかなか面白いアイディアだと思うのですが、昭和30年代の映画界ということを考えると仕方が無かったのかもしれません。映画の中で一つの世界を作り上げ、観客をその世界に誘う、という映画の枠(常識)には収まらない突き抜けた発想であり正に掟破り。川島作品としては最初から最後まで完璧に近い出来に仕上がりかけている『幕末太陽傳』を監督自ら壊そうをした様にも思えます。
 実際に川島雄三監督の希望通りに製作されていたら、当時どれほどの衝撃を映画ファンに与えたか、と考えると幻に終わったラストシーンがちょっと残念な気もします。

さよならだけが人生だ
進行性筋萎縮症という病を抱え、常に死を意識していたであろう映画監督・川島雄三の座右の銘。("人生足別離"、作家井伏鱒二が訳した漢詩の一節)


[幕末太陽傳 - ストーリー]
 明治維新まであと5年。佐平次(フランキー堺)は品川の遊郭「相模屋」で、無一文であることを心配する仲間を気にも留めず景気良く大判振るまい。翌日、仲間を帰して一人になった佐平次の所へ店の若衆(岡田真澄)が勘定書を持って持ってくるが「一文も懐に持ってないってんだから面白いじゃねぇか」と開き直り、店に残って(居残り)働いてお金を返すことになる。「相模屋」には勘定を溜め込んだ佐平次と同じ居残り組で、英国公使館の焼き打ちを企む高杉晋作(石原裕次郎)を始めとする勤王の志士達(小林旭、二谷英明他)の姿もあった。
 次々と起こる相模屋でのトラブルや厄介な頼まれ事を機転と持ち前の行動力で解決。次第に「相模屋」ではなくてはならない存在となり、一番人気を争う花魁こはる(南田洋子)やおそめ(左幸子)からは言い寄られ、若衆からは頼りにされ、郭の人気者になっていくが。。。。

幕末太陽傳 コレクターズ・エディション

B000AU1IN8幕末太陽傳 コレクターズ・エディション
フランキー堺 川島雄三 左幸子
日活 2005-10-07

 リマスター処理を施した本編に加え、スタッフやキャスト、当時のセット図などを記した特製ブックレットなどを封入。


製作:山本武
監督:川島雄三
助監督:今村昌平
監督助手:浦山桐郎 遠藤三郎 磯見忠彦
脚本:田中啓一、今村昌平、川島雄三
撮影:高村倉太郎
音楽:黛敏郎

出演:フランキー堺、石原裕次郎、南田洋子、左幸子、芦川いづみ、小林旭、小沢昭一、二谷英明、岡田真澄、金子信雄、西村晃、市村俊幸、他


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

幕末太陽傳 from アスカ・スタジアム

 大工に作らせた地図で、異人館焼き討ちを計る高杉晋作を手玉に取る佐平次の得意顔。フランキー堺は、時の人ともいえる石原裕次郎を完全に喰っている。 川島雄三監督作品は1953年に『純潔革命』を、1956年には『赤信号』を観ている。何れも平凡な印象しかない。が、1957年

「幕末太陽伝」川島雄三 from phD_ninoのうだうだブログ

好きな映画です。川島雄三特集でどこぞの名画座で見ました。あくまで軽く軽く、楽しいのですが、最後が、まあ仕方ない(そうしないと終わらないので)とはいえ、カタルシスはありません。フランキー堺がまた格好良いんです。左幸子と南田洋子は区別が付きませんでした、悪し

★「幕末太陽傳」、伝説的名作★ from ★☆カゴメのシネマ洞☆★

「幕末太陽傳」(57) 日本監督:川島雄三 製作:山本武 脚本:田中啓一 川島雄三 今村昌平 撮影:高村倉太郎 美術:中村公彦 千葉一彦 照明:大西美津男 特殊撮影:日活特殊技術部 助監督:今村昌平 出演:フランキー堺 左幸子 南田洋子 石原裕次郎芦川いづみ 市村俊...

幕末太陽傳 from 冷蔵庫のない生活

 飄々と、生きる。 幕末太陽傳 / 監督 川島雄三ずっと、気になってる監督さんで、映画評も良かったので、観てみました。明治になる3年前の、品川宿の遊郭の話です。軽い疾走感のもと、最後まで走りぬけ、謎を秘めたまま終わりました。100%「...

**フランキー、走る、走る。〈 幕末太陽傳 〉** from 日刊【考える葦】Returns(特化系映画Blog)

いつものように、「DVDでも借りようかなー。久しぶりに見てみようか、最近話題だし、あの映画は本当に魅惑だものなあ、〈 グレアム・ヤング毒殺日記 〉!(不謹慎。だが映画として不思議な魅力があるのは本当)」と、棚をグルグル探したが見つからなかった。その勢いのまま

タイガー & ドラゴン DVD-BOX from Happyで行こう!

タイガー & ドラゴン DVD-BOX長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 Amazonで詳しく見る落語の演目「三枚起請」をモチーフに、洒落が効かないヤクザの世界を洒落っ気たっぷりに描いたスペシャルドラマも優秀だったが、登場人物と設定を引き継いでその続きから描かれるこの連続ドラ

【0146/1000】映画は映画館で見ないとねっ。『幕末太陽傳』 from 渡部かまわぬの「映画千本ノック!!」

『幕末太陽傳』って知っていますか?1957(昭和32)年に製作された時代劇。出演はフランキー堺 、左幸子、南田洋子、石原裕次郎、小沢昭一など。監督は川島雄三。日活がまだ初々しくて(撮影再開3周年記念映画)、裕次郎もフレッシュで、フランキーが飛び跳ねていて、南田�

『還って来た男』『しとやかな獣』 from 地球が回ればフィルムも回る

『還って来た男』川島雄三はやはり最初から川島だったのだ。1944年のこのデビュー作は、戦争中の作品でストーリーにも戦争の影があるのだけれども、全然、暗くない、川島流のとぼけた人情喜劇だったのだ。織田作之助が原作・脚本(え、脚本も書いているのか?)、佐野周

幕末太陽傳(1957) from L'Eclair

冒頭の異人と若い侍との一悶着から、現代品川を背景にしたタイトルへの流れ込みからして鮮やかだ。この鮮やかさは、題材として「居残り左平次」などの落語を下敷きにしていることもあるうが、川島のセンスでもある。そして監督川島雄三の作品に命を吹き込んだのが、主演の

幕末太陽傳 from とんねるず主義

'''『幕末太陽傳』'''(川島雄三監督 1957 日本)フランキーも、10年。<あらすじ>時は幕末、所は品川。吉原におとらぬ遊廓の活気。今日も今日とてやってきた、左平次('''フランキー堺''')とそのご一行、宵越し

幕末太陽傳 from にじばぶの映画

『幕末太陽傳』(1957) 上映時間: 110分 製作国: 日本 ジャンル: コメディ/ドラマ/時代劇 監督: 川島雄三 助監督: 今村昌平 脚本: 川島雄三/今村昌平/田中啓一 撮影: 高村倉太郎 音楽: 黛敏郎

映画>幕末太陽傳 from JUN的日常と叙情

『幕末太陽傳』(川島雄三監督/1957)。 ぼくの、とっておきの映画。何度も観たいのだけど、そんなに何度も観るのがもったいないというような作品。それでも4度くらい観た。観るたびに、川島雄三監督のリズム感の良さとか、カメラワークの巧みさに驚く。それ以上に、フランキー堺の神がかった超名演に驚く。

映画 「幕末太陽傳」 from Mr.Bation

いわずと知れた日本映画の大名作。 「幕末太陽傳」1957年 日活 監督:川島雄三 邦画の中でも常時5本の指に入るマイ・フェヴァリット・ムービーって奴。 過去に劇場で1回、借りたビデオで数回鑑賞のため、今回は見合わせのつもりが 劇場に貼られたポスターの写真を見てついつい・・・久し振りの鑑賞。

幕末太陽傳(1957) from Belle Époque

幕末の品川宿の往来で、血気盛んな若い侍たちと、馬上の異人がひと騒動おこしている。その侍の懐から落ちた時計を拾う左平次(フランキー堺)が、『物騒な世の中でぃ...

comments

この映画は未見です。
前から見てみたかったんだけど、これまで機会が無かったんですよ。近所のレンタル・ビデオ屋にもなかなか置いてなくて…。
この頃はフランキーの絶頂期ですね。「私は貝になりたい」も良かったけど、喜劇物が一番だと思ってます。と言いながら肝心の「幕末太陽伝」は未見なのでした。

  • kogoroh
  • 2006年03月13日 17:37


何とも濃密で読みやすくて驚きました。
本当にこの作品がお好きなんですね。

>「『幕末太陽傳』の元ネタのひとつになった『居残り佐平次』には"居残り"から"生き残り"へとの川島雄三監督の思いが託されていたのではないか」と語っています。

なるほどピターと符合していると思います。
勉強になりました。

  • カゴメ
  • 2006年03月13日 21:23

初めまして。トラックバックさせて頂きました。
 笑える、ということでは他にも爆笑物の映画は多いのですが、この映画は本当に良く出来た喜劇映画です。特にフランキーは、切れのある動き、ちょっとした仕草など、一つ一つが全て素晴らしい。

  • yashima
  • 2006年03月13日 22:42

年齢的にまだ生まれていない頃の映画で、当然ながらリアル・タイムでは見ていなくて、80年代に入ってビデオが発売された時に初めて見たんですが、フランキー堺の動きの凄さに驚かされました。また、「粋」というのがなんとなく分かったような気がした(だけかも)映画の1つです。

  • axis_009
  • 2006年03月15日 18:00

最高の喜劇役者だと思います。特にこの映画では一つ一つの動きが完璧!隙が無いです。

  • kogoroh
  • 2006年03月19日 18:06

はじめてお邪魔いたします。
『幕末太陽傳』は横浜の映画館で特集をやったときに観ました。
公開当時にはカットされていたラスト(現代の都会の中へ駆け抜けていくシーン)があって、やっと、このシーンを加えて上映できるようになったんだなぁ、と。花魁にニヤリと笑いかけるフランキー堺は、胸えぐられる思いがするほどにセクシー。
この頃の映画では丸根賛太郎監督の「春秋一刀流」と「天狗飛脚」が好きなのですが、不遇の監督だっただけあって、ビデオもDVDも出ていないんですよね。
また、どこかで特集祭を組んでくれないかと期待しているのですが。

  • 2006年03月25日 06:01

鰐さん、こんにちは。

>どこかで特集祭を組んでくれないかと
私も映画館の大画面で見た事が無いので、そういう機会があると嬉しいですね。
 古い映画は、タイトルは聞いた事があるけど、未見という物が多いのでDVDでいろいろ発売してくれると良いんですけど、なかなか商売にならないんでしょうね。

  • axis_009@管理人
  • 2006年03月26日 14:43


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




幕末太陽傳/川島雄三
[レビュー/試聴 etc.]