Search


since 2005.03.13

2008年04月19日

Bags' Groove/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)

B0014DM8OSBags' Groove
Miles Davis & Modern Jazz Giants
Universal 2008-04-01


Miles Davis - Bags' Groove [試聴]iTunes Music Store - Bags Groove


 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)を始めとする革新的なミュージシャン達が推し進めたジャズの新たなスタイル、ハード・バップ。そのハード・バップ元年ともいえる1954年末のクリスマスに行われた、Miles DavisとThelonious Monk(p.セロニアス・モンク)の所謂"喧嘩セッション"として有名なクリスマス・セッションと前作『Walkin'』を録音した2ヵ月後に行われたSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)等とのセッションを収録したアルバム『Bags Groove』(1957年発表)。
 Miles Davisが「俺のソロのバックでピアノを弾くな。」と師匠格ともいえる大先輩、Thelonious Monkに発言したことから伝わる伝説のセッションですが、実際には音楽上の演出効果と自分のトランペットにThelonious Monkのピアノは合わないと感じていたMiles Davisの要望からでた発言であり、モンクが気分を害した可能性はあったとしても、喧嘩セッションというような悪い雰囲気の中で行われたものではなかったようです。
 しかし、面白いことに本作に収録された2テイクの"Bags' Groove"や姉妹盤『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』(1958年発表)には喧嘩セッションという通称に違わない緊張感を持ったスリリングな名演が残されており、充分に間を取って鋭く切り込むThelonious Monkのピアノと極めてシンプルに一音一音に緊張感と存在感を持ったMiles Davisのトランペット、そしてその間を突き進むMilt Jackson(vib.ミルト・ジャクソン/MJQ)のリズミカルでメロディアスな気品のあるヴィブラフォン。すべての音が時に宙に分散し、時に絡み合って一体となり飛翔する、唯一無比の3人が醸し出すハード・バップが急速に円熟していった時期の名盤です。(1957年発売)


1. Bags' Groove [Take 1]
2. Bags' Groove [Take 2]
3. Airegin
4. Oleo
5. But Not for Me [Take 2]
6. Doxy
7. But Not for Me [Take 1]

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
Thelonious Monk - piano (セロニアス・モンク) Trk.1,2
Milt Jackson -vibraphon (ミルト・ジャクソン) Trk.1,2
Sonny Rollins -tenor sax (ソニー・ロリンズ) Trk.3-7
Horace Silver -piano (ホレス・シルバー) Trk.3-7
Parcy Heath -bass (パーシー・ヒース)
Kenny Clarke -drums (ケニー・クラーク)

*trk.1,2 - 1954年12月24日録音
*trk.3-7 - 1954年 6月29日録音


Thelonious Monk 冒頭2テイクの"Bags' Groove"がJohn Lewis(p.ジョン・ルイス)抜きのThe Modern Jazz Quartetモダン・ジャズ・カルテット/MJQ)、プラスMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)&Thelonious Monk(p.セロニアス・モンク)によるクリスマス・セッション、その他5曲がSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)の楽曲と演奏をフューチャーした演奏です。(クリスマス・セッションの残りの録音は下記『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』に収録。)
 Miles Davisの所属するPresitige(プレスティッジ)の要望によるレコーディング初共演のThelonious Monkは、ユニークな演奏と曲想でジャズというより"モンク・ミュージック"という1つのジャンルを形成していると言っても良いミュージシャンですが、間を活かした緊張感のある演奏が創り上げる独特の音空間など、明らかにMiles Davisが影響を受けていたミュージシャンの一人であり、本作でも圧倒的な存在感を持つThelonious MonkにMiles Davisが立ち向かうといった構図が感じられ、そういう意味では"喧嘩セッション"というのも強ち間違いではないのかもしれません。(因みに"Bags"とは作曲者Milt Jacksonのニック・ネーム。=目の下の隈のこと。何かのセッションの時に二日酔いのMilt Jacksonが目の下に隈を作って駆けつけた事から命名された様です。)
 また、1954年6月29日録音曲はMiles Davisが早くから才能を高く評価していたSonny Rollinsを前面に押し出すべくSonny Rollinsのオリジナル曲"Airegin"、"Oleo"、"Doxy"を録音。Sonny Rollinsも御大Miles Davisを前に、持ち味である豪快で朗々と響くブローイングを堪能できる名演を聴かせてくれます。しかし、(重箱の隅をつつくようですが)ドラッグの影響からか若干好不調の波が感じられる部分があるのが残念なところ。2テイク収録されている失恋の歌"But Not For Me"はGeorge Gershwinのミュージカル挿入歌。後年、John Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)、Red Garland(p.レッド・ガーランド)等、多くのミュージシャンにカヴァーされているスタンダードですが、インストゥルメンタルでの演奏では本作『Bags' Groove』でのMiles Davisの演奏がベストではないかと思います。まず、マイルス・ヴァージョンありき、と言った感じでしょうか。(ヴォーカルものではChet Baker/tp,vo.チェット・ベイカーの『Chet Baker Sings』がイチオシ。)
 この録音後、Sonny RollinsはClifford Brown & Max Roach Quintetクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット)のサイドマンとして復帰する1955年11月まで最初の引退状態に入ります。(この後もSonny Rollinsは1950年代末の人気絶頂時の突然の引退、1961年復帰。そして、1969年の引退、1972年復帰など、演奏面、精神面の問題から三度に渡って引退復帰を繰り返します。)

 リーダーのアドリブを如何に聴かせるかが重要だったBe Bop(ビ・バップ)の時代から1954年頃までのジャズ・コンボは、その時々のレコーディング・セッション、ライブによって集められたメンバーによるものであり、固定されたメンバーによるものは多くはありませんでしたが、演奏者全員の機能的な結びつきが重要視されるハード・バップという音楽の性質上、パーマネントなグループ結成の必要性を感じたMiles Davis(マイルス・デイヴィス)は更なる音楽的なレベルの向上を目指し、この後レギュラー・コンボ、後に黄金のクインテットと呼ばれることになるグループ結成へと向かうことになります。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



comments

モンクってハマると深いですよね。不協和音みたいなのが、そのうち心地よくなっちゃったり、変なリズムやメロディーが体に馴染んでしまったり。
ダメな人には絶対ダメなミュージシャンですが、一度はチャレンジする甲斐のあるミュージシャンだと思います。

  • hajime
  • 2008年04月19日 13:34

本当に喧嘩してぴりぴりしたムードの中で演奏していた、と言っても信じられる演奏だと思います。僕はどちらかというと「マイルス・デイヴィス・アンド・モダン・ジャズ・ジャイアンツ」の方が好きかな。
でも、何故クリスマス・セッションを2枚のアルバムに分けちゃったんだろう。中途半端ですよね。

PS.人には勧めませんが、モンクは大好きなんですよ。

  • taku
  • 2008年04月19日 16:55

hajimeさん
takuさん

確かにセロニアス・モンクは、なかなか人には勧め難いピアニストですね。まぁ、ジャズ初心者に勧めるミュージシャンでも無いし、反対にジャズをある程度聴いている人なら必ず気になって誰かが勧めなくても一度は聴いてみようと考えると思うので(思わなかった人は思わなくても良いし)、好きな人だけ聴いていれば良いかな、って感じでしょうか。でも、意外と好きな人多いですよね。

ちなみに私は有名なアルバムだけ聴いていて、中には好きなアルバムもあるし、苦手なアルバムもあるし、その他の全てのアルバムを聴いてみたいと思っているわけでも無いし、好きなアルバムは凄く好き、苦手なのは絶対ダメ、という感じです。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2008年04月20日 01:54

こんにちは。
>インストゥルメンタルでの演奏では本作『Bags' Groove』でのMiles Davisの演奏がベストではないかと
 But Not For Meはいい曲ですね。大好きなスタンダードナンバーの1つです。マイルスの演奏がベスト、というのは同感。(チェット・ベイカーのヴォーカル物も大好きです。)
しかし、マイルスって、こういう歌ものをやると上手いですよね。コルトレーンはいつまでたっても、全盛期ですら歌ものはダメだったけど。

  • bert
  • 2008年04月29日 10:21

bertさん
>>コルトレーンはいつまでたっても、全盛期ですら歌ものはダメだったけど。
 コルトレーンは、名演もあるけど、なんとなくギクシャクしてる感じがあります。反対に同じサックスの巨匠、ソニー・ロリンズなんかは、凄く上手いんですよね。

>>チェット・ベイカーのヴォーカル物も大好きです
 『チェット・ベイカー・シングス』は私の愛聴盤です。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2008年04月29日 16:20


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Bags' Groove/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)
[レビュー/試聴 etc.]