Search


since 2005.03.13

2005年04月27日

Almost Famous (あの頃ペニー・レインと)

B0009J8C20あの頃ペニー・レインと
キャメロン・クロウ パトリック・フュジット ケイト・ハドソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-03-29

 映画監督、脚本家として著名なCameron Croweの自伝的青春ロードムービー。
 厳格な母親に育てられながらも弱冠15歳で「ローリング・ストーン」誌の記者に抜擢され、ロックバンドのツアーに同行して記事を書くことになった主人公を中心に、70年代のロック・ミュージックで彩りながら、ミュージシャン達との交流、グルーピーのリーダーであるペニー・レインへの淡い初恋などを描いています。アカデミー賞脚本賞受賞作。(2000年【米】)

☆ロサンゼルス映画批評家協会賞
 助演女優賞 Francis McDormand(フランシス・マクドーマンド)
☆ボストン映画批評家協会賞
 作品賞
 監督賞 Cameron Crowe(キャメロン・クロウ)
 脚本賞 Cameron Crowe(キャメロン・クロウ)
☆全米放送映画批評家協会賞
 助演女優賞 Francis McDormand(フランシス・マクドーマンド)
 脚本賞 Cameron Crowe(キャメロン・クロウ)
☆ゴールデン・グローブ賞
 ミュージカル/コメディ部門 作品賞
 助演女優賞 Kate Hudson(ケイト・ハドソン)

almost famous_1.jpg  ストーリーの面白さもさることながら、ロック・ファンとして注目なのは、やはりLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)やTHE ALLMAN BROTHERS BANDザ・オールマン・ブラザース・バンド)をモデルにした『あの頃ペニー・レインと』に登場する架空のバンドStillwater(スティルウォーター)の演奏シーンや当時の公演先へのバスでの移動、バック・ステージ、宿泊先のホテルでの描写です。Cameron Croweの実体験を基にしただけあってリアリティーが感じられます。バンドの楽曲はNanvy Wilson(ナンシー・ウィルソン、ロックバンドHEART/ハートのギタリスト、Cameron Croweの妻)、演奏面はテクニカル・コンサルタントとしてPeter Framptonピーター・フランプトン)が監修。演奏シーンも出演者が実際に行っているというのも特筆ものです。(元々楽器が演奏できる人を集めたのではなく、撮影に当たって出演者がそれぞれ楽器を練習したらしい。)バック・ステージのシーンなどにはHUMBLR PIEハンブル・パイ)などをモデルにしたロック・バンドなどの描写もあり、当時の色々なバンドの逸話などを読んだり聞いた事がある人には+αで楽しめるシーンも数多く入っています。

Stillwater 初回発売分のDVDには「劇場公開版」に加え、38分の未公開シーンを収録した「特別編集版」、そしてCameron Croweが当時実際にLED ZEPPELINのメンバーに行ったインタビュー記事を収録した冊子(なんと34ページ)が付いていましたが、現在販売されている物には付属していないようです。(映画館で見て、DVD化を待って発売後すぐに購入したのが正解でした。)

Kate Hudson.jpg 個人的にはこの映画はなんといってもKate Hudson(ケイト・ハドソン)!この映画を見て大ファンになってしまいました。とにかく一度見ていただければその魅力が分かると思います。最初に映画館で見たあとで調べたら、実は私も大好きなコメディー女優Goldie Hawn(ゴールディー・ホーン)の娘さんでした。THE BLACK CROWESブラック・クロウズ)のChris Robinson(Vo.クリス・ロビンソン)と結婚して、現在は一児の母。Goldie Hawnもお婆ちゃんになっているようです。(これはちょっと情報としては古いのですが、備考として書いておきます。)

*冒頭にも書きましたが基本的には青春ロードムービーなので、70年代ロックに興味が無い人や思い入れが少ない人にとってはCameron Croweが脚本を担当した『Fast Times at Ridgemont High(邦題:初体験 リッジモント・ハイ)』(1982年・Phoebe Cates/フィービー・ケイツ主演の学園青春映画。若き日のSean Penn/ショーン・ペン、Nicolas Cage/ニコラス・ケイジなどが出演)と同様の印象をもたれる方も多いかもしれませんね。(笑)

[Cameron Crowe(キャメロン・クロウ)監督 作品リスト]
[Kate Hudson(ケイト・ハドソン) 出演作品リスト]


■Almost Famous [SOUNDTRACK]

Almost Famous
Original Soundtrack
DreamWorks 2000-09-12



 選曲もちょっと凝っていて、なかなか良いです。
1.America - Simon and Garfunkel
2.Sparks - The Who
3.It Wouldn't Have Made Any Difference - Todd Rundgren
4.I've Seen All Good People: Your Move - Yes
5.Feel Flows - The Beach Boys
6.Fever Dog - Stillwater
7.Every Picture Tells A Story - Rod Stewart
8.Mr. Farmer - The Seeds
9.One Way Out - The Allman Brothers Band
10.Simple Man - Lynyrd Skynyrd
11.That's The Way - Led Zeppelin
12.Tiny Dancer - Elton John
13.Lucky Trumble - Nancy Wilson
14.I'm Waiting For The Man - David Bowie
15.The Wind - Cat Stevens
16.Slip Away - Clarence Carter
17.Something In The Air - Thunderclap Newman

B000A1ED2A10日間で男を上手にフル方法
ケイト・ハドソン ドナルド・ペトリ マシュー・マコノヒー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-08-19

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

キャメロン・クロウ from だららか日記 ☆ 地味にあなたへ刺さります

眠い・・・ので、軽めに映画の話など。先日、「20世紀FOX70周年記念、DVD2枚で1980円!」のラインナップに「Say Anything(セイ・エニシング)」があったので、「ドラッグ・ストア・カウボーイ」と共に購入。20世紀FOXは2枚で3980円、2980円といろいろ期間限定出荷

あの頃ペニー・レインと from Imagination From The Other Side

「ザ・エージェント」「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ監督がローリング・ストーン誌で働いていた自らの体験を映画化した青春ストーリー。基本的にこういう音楽×青春みたいな映画は凄く好きです。何故かと言うと、みんな少しずつ失くしていってしまう若さゆえ...

あの頃ペニーレインと  from “ AS GOOD AS IT GETS・・・!? ”

(自分なりの感想を記したいトコロなのでネタばれの可能性あり)この映画は、私がレンタルビデオ屋さんをプラプラしている時にパッケージに一目惚れして借りて観たものです。全体赤のイメージで、真ん中にすっごい可愛い女の子が座り込んでるヤツ

あの頃ペニーレインと from まる姫のオススメ映画&音楽

タイトル: あの頃ペニー・レインとキャメロン・クロウの、自伝的な青春映画。彼の作品の中でも、かなり高く評価された作品だと思います。?N???????????A????b??????A???f???????A???????????y?????????l??

「あの頃ペニーレインと」のサントラ from まる姫のオススメ映画&音楽

タイトル: Almost Famousこちらが「あの頃ペニーレインと」のサントラです。サイモン&ガーファンクルのアメリカや、エルトン・ジョンの曲(みんながバスの中で歌う曲)がオススメかな。70年代っぽい雰囲気の選曲。映画を観て雰囲気が気にいった

「あの頃ペニー・レインと」 from ぐーたら日記

本日の映画 movie-20 「あの頃ペニー・レインと」 Almost Famo

「あの頃、ペニーレインと」(Almost Famous) from calm animal

この記事はRock! ALBUM SELECTIONさんのブログ記事の感想です。色んな要素のある映画でした。音楽モノであり、青春映画であり、ドキュメンタリーであり...。詳細はRock! ALBUM SELECTIONさんで読んでください。私は違う角度から。時代設定が1970年代初頭なので、私など

●『あの頃ペニーレインと』(2001年アメリカ) from ● Violently Happy ●

中学生の頃だったかしら、グルーピーというロックバンドの追っかけ少女達のことを知ったのは。思春期まっただ中で、体も心も大きく変化していた頃、男の子とは手を繋いでキスするだけじゃ終わらないことも当然知っていた。妄想は膨らむばかりの毎日。(女の子の方が早熟

あの頃ペニー・レインと 〓My Collection〓 from 利用価値のない日々の雑学

1960年代というのはアメリカだけでなく、世界的にも意義のある年代である。この時代の回顧物というのは色々なメディアで扱われている。ミュージシャンの間でも、1950年代に生まれたことを価値と思う考えが主流だった時代があって、翻ってこれは、60年代を10代で迎えたという

あの頃ペニー・レインと (2000) from 嗚呼 Every day of a MOVIE

好き度:★★★★★★★☆☆☆主演はパトリック・フュジット、ケイト・ハドソン、共演にはビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド。1973年、大学教授の母、そして姉の3人で暮らす知的な少年ウイリアムス(フュジット)は姉からロックを教わり、その魅

『あの頃ペニーレインと』 from 海の上のピアニスト

「セイ・エニシング」「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ監督が自身の体験を基に、ブレイク寸前のロックバンドのツアーの同行取材を任された15歳の少年の姿を描いた青春音楽ムービー。少年が恋するグルーピーの少女を演じるのはゴールディー・ホーンの娘ケイト・ハド�

ブラック・クロウズ、息子もロックスター!? from Entertainment News "Bookshelf"

< BARKS - The Black Crowes : ブラック・クロウズ、息子もロックスター!?クリス・ロビンソンの息子、ライダーがブラック・クロウズのコンサートに出演したがっている。といっても、彼はまだ1歳半。演奏ができるわけではないが、すでにロックスター気取りでいるらし.

ケイト・ハドソンの臭い足にやられた夫 from マーク・ダーシーの日記

ケイト・ハドソンは、夫であるブラック・クロウズのフロントマン、クリス・ロビンソンが自分と恋に落ちたのは、自分の足の臭いの“キュートさ”にやられたからだと主張している。「最初のデートで、バレエのレッスンでついた足の傷跡をクリスに見せるために靴を脱いだとき、�

まだ盆休みです。 from 〜 OKU☆TONES RECORDS 〜 from Sapporo

なんだか信じられないな〜まだ休みなんです。休み明け動きが鈍そうで怖い…昨日の夜中、またこの映画をみました。ALMOST FAMOUS「あの頃ペニーレインと」薩摩焼酎で一杯やりながらのんびりと…唯一、僕がサントラとDVD両方持ってる映画です。素晴らしいレビューを書いたブロ�

あの頃ペニー・レインと from かたすみの映画小屋

心の扉の奥にしまったままのものをふとしたはずみに垣間見ると、それは急にふくれあがって一気にその頃に戻されることがあります。大学教授のエレイン・ミラー(フランシス・マクドーマンド)は厳格で頭の固い母親で、年頃の長女アニタ(ズーイー・デシャネル)と衝突してばかり

あの頃ペニーレインと from Bono's Talk!

1973年、たった15歳で ”ローリングストーン誌” のライターとしてデビューした少年がいた! 厳格な母親に育てられ、セックスもドラッグも知らない優等生。その上、ロック・ジャーナリズムに何のコネもない少年が、どうやって成功を収めたのか・・・。彼の特技は、常�

「あの頃ペニー・レインと」を観ました ★★★★☆ from 映画好きブログ

先日の日記、『好きな俳優、フィリップ・シーモア・ホフマン』でも書いた、観たい映画の一つ「あの頃ペニー・レインと」をさっそく観ました〜 実はこの作品、以前にも他

あの頃ペニーレインと/Almost Famous from 我想一個人映画美的女人blog

何度も観たくなる映画ってあると思うけどワタシにとってはそんな大好きな映画の一つがコレ。「セイエニシング」「シングルス」「ザ・エージェント」「バニラスカイ」、、、最近だと「エリザベスタウン」(←これだけは好きじゃない{/face_ase2/})などのキャメロンクロウが�

あの頃ペニー・レインと from ::: SCREEN :::

(2000/キャメロン・クロウ監督・脚本/パトリック・フュジット、ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド、ケイト・ハドソン、ジェイソン・リー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ズーイー・デシャネル/123分) かつてレンタルショップに並んでいた頃は、�

あの頃ペニーレインと from tomozoのうれし★たのし★大好き

オーリー主演の「エリザベス・タウン」の予習のつもりで、キャメロン・クロウ監督の代

あの頃ペニーレインと from 日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。

いやいやいやいやいやいやぁ~~~~ 今日は寝すぎました。。。。。起きたら、なんと。。。 12時半 しかも、外は、雪・雪・雪 ...

「あの頃ペニーレインと」 from NUMB

「あの頃ペニーレインと」 ★★★☆ ALMOST FAMOUS (2000年アメリカ) 監督:キャメロン・クロウ キャスト:ケイト・ハドソン、ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド、パトリック・フュジット、ジェイソン・リー、アンナ・パキン、フェアルーザ・バーク、 ノア・テイラー、ズーイー・デシャネル、フィリップ・シーモア・ホフマン

あの頃ペニー・レインと from 映画を観よう

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント あの頃ペニー・レインと アメリカ 2000年 ビリー・クラダップ、フランシス・マクドーマンド...

あの頃ペニー・レインと from Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)

  評価:★2点(満点10点) 監督:キャメロン・クロウ 主演:ビリー・クラダップ フランシス・マクドーマンド  &nbs...

『あの頃ペニー・レインと』 from 毎日が映画日和

本日の映画:あの頃ペニー・レインと 弱冠15歳でローリングストーン誌のライターとなったウィリアム。厳格な母を説得しウィリアムが愛するバンド、スティルウォ...

あの頃ペニー・レインと from OmuhaCinema

 ブレイク寸前のロックバンド、彼らの音楽を愛し,彼らの取材をする少年とそのロックバンドにただのファンや追っかけではなくバンドを支援する“バンドエイド”...

あの頃ペニーレインと from 唐茄子はカボチャ

あの頃ペニー・レインと― デラックス・ダブル・フィーチャーズソニー・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る 音楽はテレビやラジオ、レコードやCD、いまはネ...

あの頃ペニー・レインと from 小部屋日記

Almost Famous(2000/アメリカ)【DVD】 監督:キャメロン・クロウ 出演:パトリック・フュジット/ケイト・ハドソン/ビリー・クラダップ/フランシス・マクドーマンド/ジェイソン・リー/アンナ・パキン 以前からタイトルが気になってた映画。 「ザ・エージェント」(好き!)「エリザベスタウン」(イマイチ)のキャメロン・クロウ監督が自身の体験を基にした青春音楽ロードムービー。 邦題の“あの頃”がいい。

Almost Famous. from Essays in Idleness.

趣味は映画鑑賞です。 さて、昨夜は2本連続で見ました。 まず1本目。 『あの頃ペニー・レインと』 という映画。 とある少年が音楽の批評家を目指してと...

comments

ふ〜ん、まずはさっそくぽすれんで借りてみます。又コメント書きます(^o^)。

  • kawamukai
  • 2005年04月27日 13:13


Axisさん、こんばんは!
こちらの映画は存在は知ってましたが、こういう内容だったのですか〜!早速時間ができたら見なくては!
私も青春映画大好きで、ついでに言ってしまうと中学生の頃フィービーケーツも(&ケイトの母ゴールディも)大好きでした!多分はまれると思います。情報ありがとうございました。

  • Jasmin
  • 2005年04月27日 22:04

>kawamukaiさん 感想のコメント、よろしくお願いします。
>Jasminさん
ロック好きには嬉しいシーンが結構ありますよ。たとえば・・・。
 冒頭で、厳格な母親を嫌って主人公のお姉さんが家を出て暮らすことになります。出発の日、主人公に「ベッドの下に自由がある」と囁いてボーイフレンドの車に乗るのですが、そのあと主人公は姉のベッドの下からバッグを見つけ、それを開けると.......。後は見てくださいね。(笑)

  • axis_009
  • 2005年04月27日 22:41

ケイト・ハドソンとクリス・ロビンソンが結婚していたとは知りませんでした!へぇ〜。キャメロン・クロウは大作よりも、こういった作品のほうが好きです。
ではまた。

  • kayo
  • 2005年04月27日 22:54

日常の事、好きな本や映画、音楽の事について、ゆる〜く書いてます。
よかったら、また覗きに来てやって下さい。
 この映画の時代のROCKは、やはり黄金期ですね!サントラの面子を観てそうおもいました。今のROCKをテーマにしたらやっぱこーいった映画にはならないんでしょうね!
それでは、またお邪魔させていただきます。

  • e-yan
  • 2005年04月27日 23:15

はじめまして。
私も過去の記事にではあるのですがトラバさせていただきます。
音楽が中心なのですね。 
ちなみに私は、レッドホットチリペッパーのファンであったりします。

Axisさん、こんにちは!
劇場には3度ほど足を運んだほど好きな映画です。70'SROCKのファンであれば、文句ナシに楽しめますよね。お姉さんのレコードを1枚1枚めくるシーンで、すでにうううっときてしまいます。多少時代は違いますが、私がROCKに目覚めた頃を強烈に思い出させてくれました。
DVD、未購入なのですが、初回特典があったのですね。悔やまれます・・・
これからもどうぞよろしくお願いします☆

  • akko
  • 2005年04月28日 00:39

この映画のケイト・ハドソン輝いていましたよね。笑顔がとても素敵でした。私もG・ホーンの大ファンでほとんどの映画を見ているのですが、ケイト・ハドソンもコメディエンヌの素質があるし、是非活躍してほしいなあと思っています。
また寄らせていただきます。

  • nocci
  • 2005年04月28日 01:11

へえ〜気にはなってたんですよね〜
今度借りてみよう!

ペニーレインいいですよね。
音楽も内容も映像も最高!!
今日、また見直してみようかな。

  • mica
  • 2005年04月28日 13:20

こんにちは
とてもいい映画でしたね
語彙が少なくてうまく言い表せませんが、胸きゅんに映画でした。
今回こちらのブログを読み、あらためてサントラも聞いてみたいと思いました。

  • れみ
  • 2005年04月28日 14:21

>コメントを頂いた皆様
 コメントありがとうございます。
 このBlogは音楽関連をメインに扱っているので音楽がらみで自分の好きな映画などを少しずつでも掲載していければ良いなぁ、と考えてます。もし良かったら、また寄って見てください。
 昨日の夜「あの頃ペニーレインと」を見直したんですが、やっぱりケイト・ハドソンは良いですねぇ。

  • axis_009
  • 2005年04月28日 15:19

監督の実体験を元にした映画だったのですね。
昔の曲やバンドメンバーのファッションとかも懐かしかったです。

ケイト・ハドソンいいですよねえ。
私もこの映画ですっかり好きになりました!
残念ながら初回版ではないけど、
この映画のDVDを入手したまま観ていなかったので、
連休中にゆっくり観ることにします★

この映画、なんか何もかもおしゃれですよね!
友情も恋愛も家族のこと?も音楽もみんなはいってる素敵な映画だと思います。

ペニー・レインは私の大好きな映画であり、思いで深い作品なのです。
大切な映画なんです☆
ケイト・ハドソンはもちろん私の憧れです♪
ペニーを彼女が演じてくれて正解だったと思いますね。

  • みゆ
  • 2005年04月29日 23:53

おひさしです♪
えっ、この映画の中のあの演奏って、本物だったんですか?(^^; なんか、けっこうマトモだったような気が……。んで、あの人って、ゴールディ・ホーンの娘さんなん? ええー、ナンシー・ウィルソンて、あのナンシー・ウィルソンですか?(笑) びっくり×3です…。
なんか私、ナンも知らずにこの映画観てました(笑)。でも、めっちゃ、おもろかったですねえ、コレ。
それではまた♪
追伸
グランド・ファンク万歳。

  • ???
  • 2005年05月05日 19:57

> 松岡美樹さん
 >この映画の中のあの演奏って、本物だった
38分の未公開シーンを収録した「特別編集版」では、追加シーンのかなりの部分が演奏シーンなんですよ。
 >びっくり×3
私もこの映画を見るまで知らなかったんですよ。ゴールディーは昔から好きで出演映画はかなりの本数(ビデオも含め)を見てるんですが、ケイト・ハドソンもお母さんみたいになってくれると、これからも色々面白い映画を見せてくれそうで楽しみです。まぁ、私が知らなかっただけで一部では既に「ラブコメの女王」と呼ばれてるらしいですよ。

  • axis_009
  • 2005年05月05日 23:14

内容もですが、この「あの頃ペニーレインと」は映画で使用している曲の選曲なんかも良かったですね。サントラは僕も買いました。
映画に出てくるスティルウォーターの曲が他のツェッペリン等の曲と違和感なく入ってるのがすごいとこですね。

  • トミー
  • 2005年09月16日 17:09

はじめまして。
私もケイト・ハドソン好きですね~。
この映画からケイト・ハドソンが出演している映画を
観始めたきっかけの映画です。
この作品以外ももっと見たいと思います。

  • 2007年01月30日 21:11

>髭さん
>>ケイト・ハドソンが出演している映画を観始めたきっかけの映画
私もそうなんですよ。『あの頃ペニーレインを』を観てからネットで検索してレンタルビデオ屋であれこれ探しまくりました。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2007年02月08日 22:12


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Almost Famous (あの頃ペニー・レインと)
[レビュー/試聴 etc.]