Search


since 2005.03.13

2006年06月29日

Aja/STEELY DAN (スティーリー・ダン)

B00003002CAja
Steely Dan
MCA 1999-11-23

Steely Dan [試聴]iTunes Music Store - STEELY DAN


 ロック、ポップスを基調としながらも、そこにジャズ的な要素や実験的で難解なコード進行を加え、一流スタジオ・ミュージシャンを贅沢に起用して洗練された高度なサウンドを構築して、独自の音楽世界を作り上げることに成功した"STEELY DAN"(スティーリー・ダン)。本作『Aja(彩・エイジャ)』は世界中の音楽制作に関わる者に多大な影響を与えたSTEELY DANの代表作であり最高傑作。緻密に作りこまれたサウンドであるにも拘らず、リスナーにはさほどの難解さも感じさせずに聴かせてしまう楽曲群は見事。全米3位、200万枚を売り上げる大ヒットを記録。(1977年発表)


1. Black Cow
2. Aja
3. Deacon Blues
4. Peg
5. Home at Last
6. I Got the News
7. Josie

Donald Fagen (Vo,Key.ドナルド・フェイゲン)
Walter Becker (B.ウォルター・ベッカー)

Produced by Gary Katz (ゲイリー・カッツ)

 STEELY DAN(スティーリー・ダン)結成当初はソング・ライター・チーム"Donald Fagen(Vo,Key.ドナルド・フェイゲン) & Walter Becker(B.ウォルター・ベッカー)"の二人の音楽を演奏するために集められたパーマネントなグループ(Jeff "Skunk" Baxter/G.ジェフ・バクスター、他)でしたが、二人の完全主義者的な美意識により、結成当初から要所要所(適材適所)にスタジオ・ミュージシャンを起用。その上、音楽製作に集中したいが為にライブ活動を嫌がったことなどもあり、メンバーの脱退(解雇)が相次ぎ、本作での正式メンバーは結局Donald Fagen、Walter Beckerの二人だけになっており、STEELY DANは二人の理想の音楽を作り上げるためのユニット的なグループになっています。
 緻密に考え抜かれて構成された楽曲に充分な力量を持ったミュージシャンを次々と導入し、同じパートを複数のミュージシャンに演奏させるもDonald Fagen、Walter BeckerがOKを出したテイク以外は惜しげもなく切り捨てるなどの贅沢な制作方法をとり、二人の求める理想の音楽を妥協することなく追及した1つの完成形が本作『Aja(彩・エイジャ)』です。

 当時の有名どころの腕利きスタジオ・ミュージシャンの殆どが参加していると言っても過言では無いほどの豪華ゲストを迎えて制作されており、Donald Fagen(Vo,Key.ドナルド・フェイゲン)、Walter Becker(B.ウォルター・ベッカー)の楽器演奏は僅か。本来のソング・ライター・チームに戻り、自分たちが求める音楽を作り上げて行くために如何に楽曲を組み立てていくかを考えることに専念した形となっています。主なゲスト・ミュージシャンはLarry Carlton(G.ラリー・カールトン)、Lee Ritenour(G.リー・リトナー)、Chuck Rainey(B.チャック・レイニー)、Joe Sample(Key.ジョー・サンプル)、Steve Gadd(Dr.スティーブ・ガッド)、Bernard Purdie(Dr.バーナード・パーディ)、Rick Marotta(Dr.リックマロッタ)、Steve Khan(G.スティーヴ・カーン)、Tom Scott(ts,as.トム・スコット)、Wayne Shorter(ts.ウェイン・ショーター)、Michael McDonald(Key.マイケル・マクドナルド)他。このアルバム発表の前後から始まるフュージョン・ブームで活躍する大御所が集結した、音的にも参加ミュージシャン的にも超豪華なフュージョン・オールスターズによる"オトナの音楽"が繰り広げられる贅沢なアルバムになっています。

 アレンジ等のサウンド面をメインに語られる事の多いバンドですが、ロック、ジャズ、ファンク、ソウルなど、様々な音楽が吸収・消化され、また、バンドの根底には1950年代のジャズやリズム・アンド・ブルースがしっかりと根付いた音楽性は、Donald Fagen(ドナルド・フェイゲン)の個性的な歌声とブラック・ユーモア的で難解な歌詞と共にSTEELY DAN(スティーリー・ダン)のオリジナリティーを構築する重要な要素です。
 演奏面での聴き所は豪華な参加ミュージシャンゆえにあまりにも多いのですが、特にタイトル曲"Aja"でのSteve Gadd(Dr.スティーブ・ガッド)のドラム、そしてLarry Carlton(G.ラリー・カールトン)のテイクをボツにしてまで採用された当時は無名だったJay Graydon(G.ジェイ・グレイドン)の"Peg"におけるギター・ソロは必聴。


The Nightfly
The NightflyDonald Fagen
Warner Bros. 1990-10-25

Amazonで詳しく見る
Morph the Cat Aja Gaucho

 STEELY DAN(スティーリー・ダン)解散後の1982年にDonald Fagen(ドナルド・フェイゲン)が発表したソロ・アルバム。STEELY DAN時代同様、ロック、ジャズ、ファンク、ソウルなど、様々な音楽をフューチャーして、細部まで緻密に練りこんで構築された見事な音世界を作り上げた完成度の高いポップ・アルバム。"完全主義者"、Donald Fagenの最高傑作!!


| HOME |

ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

スティーリー・ダン from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00131スティーリー・ダンの2枚組ベストアルバム『ショウビズ・キッズ〜』恥ずかしながらスティーリー・ダンほとんど初体験です。スティーリー・ダンて何か敷居が高かったんですよね。映画で例えるならマニアに受ける“単館ロードショー”上映の映画....

スティーリー・ダン from ビックリ箱だから開けちゃだめって言ったのにのに

この世が終わる最後の日に聴きたい曲は?と問われてすぐ答えるのがこの人たちとエルビス・コステロだと思います。もしもご存じなければここでスティーリー・ダンについて知ってください。まだ初めて聴いたときのショックを覚えています。こんなに高密度な音楽は聴いたことが

スティーリー・ダン 3 from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00457スティーリー・ダンのセカンドアルバム『エクスタシー』タイムマシンを使って今年2回目の夏休みを堪能して来ました。(笑)振り返ってみると音楽(=ブログ)と海(=サムのいる海)だけの夏休みでした。いや、待てよ買物も行ったしビリヤード....

Steely Dan 「Aja」(1977) from 音楽の杜

クロスオーバーミュージックの決定盤!ようやくPCを買い替え、ブロードバンドに耐えうる環境となりました。まず見に行ったのがブロードバンドテレビの「GyaO」。いや〜、凄いですね。「音楽」を見に行くと、お宝映像の山ですよ。特に昔のロックの名盤にフォーカスした「Clas

キャント・バイ・ア・スリル / スティーリー・ダン from eclipse的な独り言

 朝晩は寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?私は今自分の記事の整理を

Aja / Steely Dan from 老水亭

ツタヤにアルバムを返しに行ったついでに借りてきました。 言わずとしれた名盤。 なのですが、これが苦手でした。 都会派のコジャレたロックバンドスティーリーダンから、何故か田舎っぽい野暮ったさが売り物のドゥービーブラザーズにメンバーがどんどん流れていって、「そして2人が残った」状態のスティーリー・ダン。 ドゥービーズをたっぷり聞いて「どれ、スティーリーダンでも」と思ったときに出たのがこれ。

comments

ナイトフライ
ドナルド・フェイゲンのソロは私のフェイヴァリット・アルバムです。発売されてから半年ぐらいはコレばっかり聴いてました。特に車の中にはいつもこのアルバムを録音したテープを常備してました。懐かしいです。

  • Lark
  • 2006年06月30日 07:06

お久しぶりです。と、申しても書き込みしてないだけで、拝見していましたよ。

また懐かしい作品ですねぇ!
Nightflyは80年代にP.A屋さんは猫も杓子もスピーカーの調整に使っていましたね。そのお陰で、家で聞いてもちっとも落ち着かないです。心が現場モードなんですね。良い作品なのに・・・職業病です。

  • 山品@仙台
  • 2006年07月01日 14:00

>Larkさん
本当に『The Nightfly』って良く出来たアルバムですよね。スティーリー・ダンもそうですけどリラックスして聞こうと思えばBGMとして聴けるし、じっくり聞き込めば奥が深いアルバムです。

>山品@仙台さん
コチラこそ覘かせて貰うばっかりでコメントも残さない読者で申し訳ないです。^^;
>Nightflyは80年代にP.A屋さん
当時はコンサート会場でステージ設営や場内警備などのバイト君をやってました。(バイト時代の終わりごろはケータリングとかも)
懐かしいなぁ。^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2006年07月01日 21:50

こんにちは
スティーリー・ダン!意表をつかれてビックリです。

高校の時に聞きまくりました。でもあの頃はバック・ミュージシャンにはさほど興味はなかったような気が。こうやってみるとすごい顔ぶれですよね。

  • ぷくちゃん
  • 2006年07月16日 08:04

>ぷくちゃん

 実はギター弾きなもので聴いたのはラリー・カールトンが先なんですよ。そこからスティーリー・ダンへと。でも、当時はハード・ロックばっかり聴いていたのでスティーリー・ダンの良さが分かるまでにその後3,4年かかりました。(^^;

追伸:ココログ改善されたみたいで良かったですね。いつも更新を楽しみにしてるんですよ。(^^♪

  • axis_009@管理人
  • 2006年07月16日 22:35

ごぶさたです
スティーリーダンを初めてリアルで
聴いたのは多分この作品だったと記憶
しております。

紙ジャケ・ファンの私なので数ヶ月後
の紙ジャケ再発に期待しています。

  • Cottonwoodhill
  • 2006年07月19日 20:01

ご無沙汰です、どうも〜
自分もSダンはセッションメンから入ったような気がします。
とりわけ、キッドシャルメーンのカールトンのギターソロにやられましたネ。
またナイトフライでは1曲目以外の全曲で弾いてますよネ。何気ないフレーズがカールトンだったりして後で驚いてました。結構懐かしいです。

  • Paul
  • 2006年08月17日 16:38

Aja、良いアルバムですね。
といっても、今ごろやっと自分の中で客観的に評価できるようになったかな・・・と思います。
この手のアルバムを、やっと冷静に評価できるような年齢になったと言うか・・・

次はガウチョか。。。

『Aja(彩・エイジャ)』は聴けば聴くほど味の出るアルバムですね。軽く聞き流してもOKだし、聴き込めば未だに新たな発見がある、と言うのも凄いことです。^^♪
 長く読まれている良い小説というのは読んだ時の年齢によって印象が変わる、ということがありますが、このアルバムはそれに近いところがあって、聴く側が年とともに色々な音楽を吸収して行くのに合わせて様々な顔を見せてくれるアルバムではないかと思います。

  • axis_009@管理人
  • 2007年08月29日 20:44


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




Aja/STEELY DAN (スティーリー・ダン)
[レビュー/試聴 etc.]