Search


since 2005.03.13

2005年04月08日

A Night at the Opera/QUEEN (クイーン)


A Night at the Opera
Queen
Sheer Heart Attack [Bonus Track] A Day At The Races [+2 Remixed] Queen II [Bonus Tracks] Jazz News of the World

A Night At the Opera [試聴]iTunes Music Store


 1973年『Queen(戦慄の王女)』で、それまでのハード・ロックのパターンから脱した新しいスタイルのハード・ロック・サウンドでデビューしたQUEEN(クイーン)。4作目にあたる『A Night At The Opera(オペラ座の夜)』(1975年)は、QUEENならではの華麗でドラマチックなサウンドを完成させた、初期QUEENの集大成となる傑作アルバムです。名曲"Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディー)"、"You're My Best Friend(マイ・ベスト・フレンド)"他、収録。

1.Death on Two Legs (Dedicated to...)
2.Lazing on a Sunday Afternoon
3.I'm in Love With My Car
4.You're My Best Friend
5.'39
6.Sweet Lady
7.Seaside Rendezvous
8.Prophet's Song
9.Love of My Life
10.Good Company
11.Bohemian Rhapsody
12.God Save the Queen

Freddie Mercury :Vocal (フレディー・マーキュリー)
Brian May :Guitar (ブライアン・メイ)
Roger Taylor :Drums (ロジャー・テイラー)
John Deacon :Bass (ジョン・ディーコン)

Queen.jpg 充分なアイディアと技術を持ちながら、デビューから暫くはその華麗なサウンドとルックスからアイドル的な面ばかりがクローズ・アップされ、その才能面を過小評価されていたQUEEN(クイーン)が、この『A Night At The Opera(オペラ座の夜)』により、ロック・ファンだけでなく一般の音楽ファンにまでその実力をしっかりと認識させた最高傑作です。
 豪快なハード・ロック・ナンバーから、ポップ、アコースティック、そしてオペラ的な趣向まで取り入れたバラエティーに溢れるアルバムです。多彩な音楽性を1枚に収めているのにもかかわらす、まったく散漫な印象は無く、アルバムを通して聴くと見事に一体感のある優れた作品になっているのは、やはりQUEENの各メンバーが自分達のサウンドにしっかりとポリシーを持ちながら、きちんとアルバムの完成形を見据えながら製作していたのだと思われます。

 QUEEN(クイーン)のサウンドの面白いところは、それまでのハード・ロックのパターンとは違いブルース色が希薄なことです。Freddie Mercury(Vo.フレディー・マーキュリー)ならではの美しくポップなメロディー・センス、Brian May(G.ブライアン・メイ)の何本ものギターに彩られた華麗なギター・フレーズとそのサウンドは、それまでのハード・ロックには無かったものです。「ギターの神様」とまで呼ばれたEric Clapton(G.エリック・クラプトン)が当時Brian Mayについて「私が12小節で表現することを彼はたった1小節で表現してしまう。(うろ覚えですが、大体こんな感じのことを言っていた)」というコメントを残しています。それだけ当時Brian Mayのギターが如何に斬新かつアイディア溢れるものだったかと言うのが分かります。また、ヴォーカル面などにしても、通常のハード・ロックのパターンだとヴォーカルがシャウトするような部分を美しく重厚なコーラスで代用していたりして、それも当時としてはQUEEN(クィーン)ならではの使い方でした。(美しいコーラスというとURIAH HEEP/ユーライア・ヒープも代表的なバンドですが、それとはまた違った使い方ですね。)

*7枚目の『Jazz』まで、すべてのアルバムに「NO SYNTHESIZER」とクレジットし、ギターでいろいろな音を表現しているのも特筆ものです。

QUEEN "Live Killers"(1979)


Live Killers
Queen

Live Magic Live at Wembley '86 [2003] Flash Gordon (Soundtrack) Jazz The Works [Bonus Tracks]


Live at Wembley Stadium (2pc) / (Rmst Dol Dts Mul)
QUEEN

On Fire at the Bowl (2pc) / (Rstr Dol Dts) Greatest Video Hits 1 (2pc) Greatest Video Hits 2 (2pc) / (Ac3 Dts) We Will Rock You / (Spec Dts) Queen + Freddie Mercury Tribute Concert 10 Anniversary Edition


Queen [試聴]iTunes Music Store "QUEEN"


[QUEEN DISCOGRAPHY]
Queen, 1973
Queen II, 1974
Sheer Heart Attack, 1974
A Night At The Opera, 1975
A Day At The Races, 1976
News Of The World, 1977
Jazz, 1978
Live Killers, 1979
The Game, 1980
Flash Gordon (Original Soundtrack), 1980
Greatest Hits, 1981
Hot Space, 1982
The Works, 1984
The Complete Works, 1985 - boxed set
A Kind Of Magic, 1986
Live Magic, 1986
The Miracle, 1989
At The Beeb, 1989
Innuendo, 1991
Greatest Hits II, 1991
Live At Wembley '86, 1992
Greatest Hits I & II, 1992
The 12" Collection, 1992
Made In Heaven, 1995
Queen Rocks, 1997
Greatest Hits III,1999


KISS "ALIVE 2"(1977)  →関連記事


ALIVE 2 (REMASTERED)
Kiss

Alive (Rmst) Love Gun (Rmst) Alive 3 Dynasty Dressed to Kill (Rmst)


Aerosmith "Live Bootleg"(1978)  →関連記事

Live Bootleg
Aerosmith

Draw the Line Get Your Wings Aerosmith Night in the Ruts Rocks


Cheap Trick "in Color"(1977)  →関連記事

In Color
Cheap Trick

Heaven Tonight Cheap Trick [1977] Dream Police Lap of Luxury All Shook Up

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

QUEENの「WE WILL ROCK YOU」が日テレ系新ドラマの主題歌 from No Music,No Life

{/hikari_blue/}日テレもQUEEN、ドラマ「anego」オープニングテーマ英国の伝説的バンド「QUEEN(クイーン)」の名曲「WE WILL ROCK YOU」が日テレ系新ドラマ「anego」(20日スタート、水曜・後10時)のオープニングテーマに起用さ

QUEENのフレディーの銅像が歌舞伎町に from [ど] どうでしょうな日々・・・

QUEEN初来日30年を記念してフレディーの銅像が新宿コマ劇場に。洋楽ROCKファン暦の長い私としては涙ものでして、銅像にKISSしたい気持ちに駆られます。でも、一番大好きなのはロジャー・テイラー(ドラム)なの。学生の頃よくコピーしたものでした。ドラムから離れてどれ

激レア限定版!?QUEENファン必須!? from 志高く〜今日の何某〜

QUEENのCDも全て揃ったな^^と満足していたのですが、最近またCDが送られてきました。今回は何?と思い中を見てみると・・怪しいCDが3枚。ナント!これは知る人ぞ知る激レア限定QUEENらしいのです。まず1枚目。これはQUEENの全身「SMILE」のCDでした!!ブライア

私的ベストアルバム13 from 戯言のたわごと。

=== Queen / Greatesthits ===これは僕がQueenを聴き始めるきっかけとなった一枚です。----そのころの僕はギターを覚えたばかりで、手当たりしだいいろんなものを聴いていましたがレンタルするにもお金がかかりすぎ、どうしたらいいかと考えたその結果・・図書館のCD

クイーン At The Rainbow1974 from アリテンの☆DVD鑑賞記

思い切って? クイーンのカテゴリーを作っちゃいました!!「At The Rainbow1974」は所謂、“コレクターズDVD”というヤツ。以前から欲しくて手に入れました!!...

A NIght At The Opera/Queen from 山田さんの好きなもの!

発売が1975年だから、僕が中学2年の時かな。当時はシングル盤1枚買うのにもかなり吟味していた時代。何しろお小遣いが少なかったもので。その曲を聴いたのもラジオが初めて。レコードを買ったのはもっともっと後だった。

Sheer Heart Attack/Queen from 山田さんの好きなもの!

とある方のとあるレスで「We Will Rock You」は大漁節ではないか?というのがありまして「は!そうだったのか!迂闊だった!」と目から鱗でした。まぁ、大漁節かどうかはわかりませんが「手をとりあって」という日本語歌詞の曲や「オペラ座の夜」ではミニ・琴を使用したり、�

【Queen】We Will Rock You from mattoh

 紹介するまでもない、Queenの名曲であります。ここ最近、TVのCMやドラマ

クイーン人気の秘密を探る? from 音楽酒場

今夜のBGM・・・・ Queen / News Of The World

(219)グレイテスト・ヒッツ from バリバリダイアリー

グレイテスト・ヒッツ新生クイーン来日決定記念!クイーン初期のベスト盤です。フレディ・マーキュリーが亡くなって、はや14年!絶対にありえない、と思われていたクイーンの再結成が、なんとポール・ロジャースのヴォーカルで実現!!ってこれはもう皆さん周知

QUEEN/A NIGHT AT THE OPERA from 似非音楽家の部屋

A NIGHT AT THE OPERA

(256)戦慄の王女 from バリバリダイアリー

Queenクィーン戦慄のデビューアルバム。1973年の作品。ジャケット、カッコイイ!!最初は本国イギリスでもあまりヒットしなくて、日本で先に火がついたといわれてるクィーンですが、確かにこのデビューアルバムはあまり話題に上らないですねえ。以前紹介し...

オペラ座の夜 /Queen from ロックdeシネマ

1975年発表の4作目で代表作。 クイーンファンだったら間違いなく聴いてる1枚。 初期発表作にして最高傑作の芸術作品と言っても過言ではないアルバムです。1曲目からこのバンドの世界観に引きづりこまれあっと言う間にラストへ。ベタなこと言いますがやはりBohemian Rhapsody�

ロック・クラシックス その弐 from without A trace

子供の頃、FMラジオから流れてきたこの曲に私は殺られた・・・。その曲は、「Killer Queen」、言わずと知れたQueenの名曲だ。フィンガー・スナップで始まるイントロ、まるでクラシックのような、それまで聴いたことのないコーラス。この曲は、今でも聴くと涙ぐんでしまうく�

MR 150 クイーン  「シア・ハート・アタック」 from えんすき日記 本家

QueenSheer Heart Attackクイーン来日しましたね。 このグループも思い出深い人たちです。先日 ロジャー・テイラー ブライアン・メイがインタビューを受けてるのが放映されてました。メイは昔と変わりませんが、R・テイラーは年取ったな〜と思いましたね。 まあクイー�

No synthesizer from 3SIDES トゥ MUSIC

Queen のライブに行ったわけですが、その前にやはりライブに行くとなると、予習ってするわけで。そこで昔のCDをひっぱりだしていたら以下の記述が。とはいえ初期のアルバムに限り、なんだけど。「No synthesizer」おそらく \'70年代のこった音作りのロックってものはこの�

Queen "A Night At The Opera" (1975) from Music Collection

Queen初期の代表作"A Night At The Opera"です。 この頃のQueenは妙なところにこだわっていて、アルバムのライナーにわざわざ"No Synthesisers!"なんて書いています。シンセサイザは使っていないのですが、7曲目の'Seaside Rendezvous'などでは声でい

Queen - A Night At The Opera from ロック好きの行き着く先は…

 70年代英国産ハードロックの美しさを持つバンドのひとつだったけど、今や完全に市民権を得てしまったバンドという見方で捉えてみるクィーンっていうのは些か穿った見方なのかもし

Queen - Queen 2 from ロック好きの行き着く先は…

 何かと話題の多かったクイーンだけどまだちゃんと取り上げていなかったので、いわゆる70年代のキッス、エアロと来たらクイーンかな、とタイミング的に取り上げてみました。(Synyan氏

クイーン 4 from まい・ふぇいばりっと・あるばむ

NO.00334クイーンのセカンドアルバム『クイーン?』白黒付けます。このアルバム発売当時のLPではA面がサイド・ホワイト、B面がサイド・ブラックとなっていたみたいなのですが、CDでは..台無しです。ジャケも。(涙)聴いてみると白黒明確に別れて....

クイーン Ⅱ / クイーン from eclipse的な独り言

 前にも書いたことがあるのですが、3rdくらいのアルバムまでは、フレディだけが突

クイーン『Greatest Hits』 from ・・・そしてロック野郎になった

もうすぐ始まりますね。キムタクドラマ。 実は僕の神はレノンでもボウイでもオエイシスでもありません。キムタクです(笑)。そしてドラマの内容によって僕の人生...

オペラ座の夜 (A Night At The Opera) from ある音楽人の日乗

♪自分的名盤名曲45(海外篇その34)  今、クィーンが20年ぶりに来日公演を行っていますね。  といっても、ボーカルは、若くして亡くなったフレディ・...

『A Night at the Opera』 from かわうその音楽あれこれ

Queen ・ 1975年11月21日発売 マルクス兄弟(Marx Brothers) のコメディ映画 『オペラは踊る(A Night at the Opera)』(1935年) からそのタイトルがとられたクイーンの4枚目となるこのアルバムは、彼らにとって初めて本国イギリスでナンバー1を獲得した作品であるとともに、ブリティッシュ・ロック史に残るクイーンの最高傑作とも言われています。 また当時それまでのイギリス・レコード史上で最も制作費のかかった作品(推定3万~4万ポンド)だとも言われました。

A Day At The Races(華麗なるレース)/Queen from 7-sihuku-人からの回覧板!

アルバム”A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)”を聞きました。 一聴してそれと分かる派手なギター・オーケストレーション、高・中・低...

comments

おお!「ウイア−ザチャンピオン」このEPを高校生の時買った覚えがあります。「バイシクルレ−ス」とかもいろいろ好きでしたね。なにしろブライアンメ−の手作りオリジナルギタ−とVOXAC30TBのアンプにトレブルブ−スタ−でとてつもないブットイギタ−サウンドはたまらなかったです。VOXアンプ欲しいアンプです。VOフルテンとかにしないと歪みませんが。そのナチュラルドライブサウンドはたまりません。ロリ−ギャラガ−も使ってたアンプで欲しい。
あれアンプの話しになっちゃいました^^;
フレディ−マ−キュリ−がゲイでエイズで亡くなってしまったのもショッキングでした。ポ−ルロ−ジャ−スがVOで再結成するそうですが、フレディ−なくしてクイ−ンにはならないんじゃ〜ないでしょうか。ポ−ルロジャ−スは好きではあるがブル−スロック系が得意だし、、、

  • Smoky
  • 2005年04月08日 20:40

 ブライアンの音は個性があっていいですよね。あまり歪ませてないのにゴリッ(ジャリッ、かな)とした音は出るし、結構音も太いしクリア感も残ってるし。前にギター雑誌で見たんですが、ブライアンのトレブル・ブースター宣伝が載ってて「良いなぁ」と思ってみてたんですが、あの音はレッド・スペシャル(でしたっけ)の楽器としての個性も大きいのではないかと思うので買わずに我慢できてます。(笑)
*そういえばVOXの商品って今はコルグが扱ってるんですね。先日久々に弦を買う用事以外で楽器屋さんに遊びにいったんですが、結構安めのVOXアンプとか気に入ってしまいました。

VOXのチュ−ブアンプでも新型のAC30で安めのがありましたね。
お部屋用の小型のトランジスタなんかも良いのがありますが、私はお部屋用はフェンダ−のセレッションスピ−カ−の「スタジオリバ−ブ」のみで重宝してます。VO2以上上げると家内と子供がうるさがってアンプで音出し禁止令がでるにで気を付けてます。でもやはりVOXはAC30TBXのブル−バックスピ−カ−のが1番良いです。
VOを上ると私の場合ストラト使いなんで、ナチュラルオ−バ−ドライブします。マッチレスもこれを真似てアンプ作ってます。グリ−ンバックスピ−カ−のは歪みません。ビ−トルズです。

  • Smoky
  • 2005年04月09日 12:43

こんばんわ、リンクありがとうございます。
あらためて拝見して、やっぱMusicmanかっこいいですね。こないだ安物の12弦エレアコ買ったばっかなのですが、今度はテレキャス欲しくなってきました。クイーンでしたら、僕はDon't Stop Me Nowも好きです。当時の彼らのエネルギー爆発で、タイトルの通りもう誰にも止められませ〜んという感じです。ご指摘の美しいコーラスもサビの「ドン、ストッピ〜、ナー」のパートで全開で、彼らのナンバーの中では珍しく颯爽としていてスカッとしますし。ブライアン・メイといえば、ポール・ロジャースで再結成した去年、Hall Of Fameの授賞式でのパフォーマンスをWebで見ることが出来たのですが、ブライアン氏がが本当に嬉しそうにバックでニコニコ弾いていたのが印象的でした。
これからもちょこちょこお邪魔させていただきます。axis_009さんの深くて洞察力に富んだ文章、楽しみにしています。

  • 日々一曲野郎
  • 2005年04月12日 02:36

>日々一曲野郎さん
 「深くて洞察力に富んだ文章」なんていわれると、照れますね(ありがとうございます)。長年聴いてると、自分のそのアルバムに対する思い入れも大きくなるし、いろいろな情報も入ってくるし、そういうのが蓄積されて自分なりの思い込みが出来上がっただけのような気がします。
 今後ともコメント、TB、よろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年04月12日 07:35


TBありがとうございます。
レビュー読ませていただきました。
クイーンってバンドは、ロックバンドなんだけど他とは一線引きたくなる存在でした。勝手な思いこみかもしれませんが、かなりクラッシック音楽を意識した曲作りしてるな〜ってのがその理由なんです。でも、それだけではない何かがあるけどよくわからなくて・・・「ブルース色が希薄」の一言で長年のモヤモヤ(?)が解決されました。

  • DIVA
  • 2005年04月14日 20:53

>DIVAさん
 初期のクィーンはハード・ロック色が強かったけど、アルバムに入ってる曲は結構多彩でしたね。ロック、ポップ、オペラ(このへんにクラシック色があるのかも)に影響を受けたコーラスなどなど。ボードビリアン風なんていうのもありました。メンバーの好みの音楽、というだけでなく、きちんと考えて作らないと出来ない曲が多かったのではないかと思います。アイドル・バンドというイメージが一般的に大きかったのですが、そういう意味ではかなり頭の良かったロック・バンドだという気がします。

  • axis_009
  • 2005年04月15日 00:25

興味をそそられる内容が満載なので、リンク貼らせていただきました♪

  • DIVA
  • 2005年04月15日 22:28

はじめまして。TBをさせて頂きました。
拝見させていただいたら懐かしくて・・・。
彼らはアイドルでもなく、かと言って
ハードばかりを前面に打ち出すわけでもなく
当時のバンドとしては少し趣が違いましたよね。
そんな彼らの作品に酔いしれたわけでして。
また伺いますね!

TBありがとうございました〜^^
私は音楽ド素人なのでこんなに語れませんが、何よりもフレディの「声」に魅了されています。フレ声中毒!!ビジュアルも最高です♪
まだまだぺーぺーなので。これからもっともっと聞き込んでQUEENにハマり込みたいと思います!!またTB&コメントお願いしますね〜^^

>レモンさん、nozomi_luvs_freddieさん
 昔からのファンの方、最近聴き始めた方など、いろんな方からの意見が聞けるのは「そうそう、そうですよね」と喜んだり、反対に自分とは見方が違って「そうか、そういう風にも...。」なんて新たな発見が出来たりで、そういうコメントを読めるのはとても嬉しいことだと思っています。(また知らなかった情報が得られたり、というのもありますね。)
今後ともよろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年04月18日 19:14

はじめまして。
MILES DAVISでトラックバックしていただき、ありがとうございました!
なぜかクィーンを見つけてしまったので、こちらにおじゃます。
私はファーストアルバムから5枚目の「華麗なるレース」までが本当のクィーンだと思っています。
フレディは天才でした。本物のアーティストでした〜!
彼の詩やメロディーは、美しい芸術作品・・・。
重厚なコーラスやブライアン・メイのギターもロックを超越していましたね。
「NO SYNTHESIZER」は彼らの勲章のようなものでした・・・。
これからも楽しい(懐かしい)記事期待してまーす。

  • deco
  • 2005年04月19日 23:47

>decoさん
 >重厚なコーラスやブライアン・メイのギターも
クィーンならではのオリジナリティのあるサウンドですよね。
コメントありがとうございます。
また、寄って見てください。もし良かったらTBなどもよろしくお願いしますね。

  • axis_009
  • 2005年04月20日 01:17

はじめまして!!!トラックバックいただきました、KOSSといいます!よろしくお願いします。
現在、ロジャーズとツアーしているクイーンですが、ポールがのどを痛めてるようですね(汗)。
FREE、初期バッドカンパニー以来、のどに負荷をかけて歌うことをあまりしなかった御大ですが、
やる気だしまくってるのか、ちょいと無理しすぎたかわかりませんが(笑)、声が出なくなってます。
あとやっぱりお客さんの層というと、圧倒的にクイーンファンのほうが多いみたいですね。
「Little Bit Of Love」ではあまり反応ないですし(笑)。

  • KOSS
  • 2005年04月22日 13:02

入りきらなかったので(笑)。
さて、話変わってこのアルバムですが、これと次のアルバムで「コンセプトアルバム」らしい構成はストップしますよね。
俺はどの時代のクイーンも好きですがやっぱり一番すきなのが初期ですねぇ。俺が一番すきなのは3枚目なんですが
このオペラ座はもう100点満点の120点!ってぐらい(笑)すごいアルバムですよね^^
クイーンのなかの一つの頂点に間違いないと思います!
確かにクイーンのロックにはブルースらしいブルースというのはあまり感じませんよね。
一枚目が一番当時のブリティッシュロックしてると思いますが、それも同時代のブルースロックバンドと比べると薄い気がします。
この辺、やっぱりクイーンがほかのバンドと違う大きなポイントでしょうね^^

  • KOSS
  • 2005年04月22日 13:02

>KOSSさん
コメントありがとうございます。
 >ポールがのどを痛めてるよう
これはかなり痛いですね。ツアー・スケジュールもびっしり入ってるみたいだし。

  • axis_009
  • 2005年04月22日 17:51

オイラの記事にも書きましたが、ベスト盤には1stから収録されることが少ないですね。
むしろこの「オペラ座・・・」からは収録されることが多いですね。
って「ボヘミアン・ラプソディ」が入ってるから当然ですね。

  • バリ
  • 2005年08月11日 17:50

この「オペラ座の夜」は名盤ですね。最初は「ボヘミアン・ラプソディー」とかシングル・ヒットの「マイ・ベスト・フレンド」に耳が行ってましたが、他にも良い曲多いんですよね。
久しぶりにクイーンのオペラ座の夜を聞きたくなりました。(^^)

  • Mr.Boo Boo
  • 2005年09月06日 02:19

クィーンと言えば最近ライヴCDが出ていましたね!
お店で試聴したのですが・・・興奮しましたょ~♪w
不思議と”フラッシュ”のテーマはいつ聞いても興奮なんです。

  • sihuku
  • 2007年11月06日 01:31


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




A Night at the Opera/QUEEN (クイーン)
[レビュー/試聴 etc.]