Search


since 2005.03.13

Recent Entries

  1. Crusade/JOHN MAYALL & The BLUESBREAKERS (ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズ/ミック・テイラー)
  2. Cheap Thrills/BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY (ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、ジャニス・ジョプリン)
  3. Buffalo Springfield Again/BUFFALO SPRINGFIELD (バッファロー・スプリングフィールド)
  4. Live Cream Vol. 2/CREAM (クリーム)
  5. Jimi Hendrix In The West/JIMI HENDRIX (ジミ・ヘンドリックス)

クレジットカード




クレジット・カードはメインとサブの2枚を持つのが基本。それ以上の枚数を持っていても、年会費だけ払って使う機会がなかったり、各カードのポイントも分散されて無駄になってしまうだけです。
現在、個人的にオススメの組合せは、プライベート、そしてビジネスに、あらゆる場面で使える"三井住友VISAカード"と永久年会費無料の"楽天カード"の組合せです。VISAとJCBの両方が持てるように楽天KCカードはJCBを選んでおくのがベスト!!

2010年06月11日

Crusade/JOHN MAYALL & The BLUESBREAKERS (ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズ/ミック・テイラー)

B000RHKARYCrusade
John Mayall & the Bluesbreakers
UMVD 2007-08-07

 John Mayall & The Bluesbreakers(ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズ)が1967年に発表した、後にTHE ROLLING STONES(ザ・ローリング・ストーンズ)のギタリストとなるMick Taylor(G.ミック・テイラー)在籍中のアルバム。The Bluesbreakersの1960年代の作品というとEric Clapton(G.エリック・クラプトン)参加の『Bluesbreakers with Eric Clapton』(1966)やPeter Green(G.ピーター・グリーン)が参加した『A Hard Road』(1967)の方が話題になることが多いのですが、Peter Greenの後任としてMick Taylorが参加した本作『Crusade』(1967)もかなりの名盤です。


1. Oh Pretty Woman
2. Stand Back Baby
3. My Time After a While
4. Snowy Wood
5. Man of Stone
6. Tears in My Eyes
7. Driving Sideways
8. Death of J.B. Lenoir
9. I Can't Quit You Baby
10. Streamline
11. Me and My Woman
12. Checkin' Up on My Baby

 個人的には当時若干18歳のMick Taylor(G.ミック・テイラー)が弾く、粘りのあるEric Clapton(G.エリック・クラプトン)直系のブルーズ・フィーリング溢れるギターとJohn McVie(B.ジョン・マクヴィー)、Keef Hartley(Ds.キーフ・ハートレィ)等の好プレイ、そして新たに加えられたホーン・セクション、Chris Mercer(b.sax)、Rip Kant(t.sax)によって重厚なサウンドとなった本作は、John Mayall & The Bluesbreakersの傑作のひとつではないかと思います。また、Eric Clapton在籍中のThe Bluesbreakersが好きな人は本作も必ず気に入る筈ですので、『The Bluesbreakers with Eric Clapton』だけ聴いて本作『Crusade』を未聴という方がいたら、かなり勿体無い話。機会があったら是非聴いて頂きたいアルバムです。
(ジャズの要素を取り入れ、後のジャズ・ロックへの橋渡し的なサウンドを持った次作『Bare Wires』(1968)も、一般的には中途半端という評価はあるものの、個人的には好きなアルバムです。)

 しかし現在日本ではEric Clapton、Peter Green在籍中のアルバムに比べてMick Taylor在籍中のJohn Mayall & The Bluesbreakersのアルバム、またTHE ROLLING STONES(ザ・ローリング・ストーンズ)脱退後のMick Taylorの音楽活動への注目度は低く、Mick Taylor在籍時に来日公演が無かった為のMick Taylor期のTHE ROLLING STONESの日本での認識の低さ(THE ROLLING STONESがライヴ・バンドとして一番優れていた時期はMick Taylor在籍期だと思います。)、及びそれ故の日本でのMick Taylorの知名度の低さ、過小評価に繋がっているのが非常に残念です。



B000RHKARYCrusade
John Mayall & the Bluesbreakers
UMVD 2007-08-07


関連記事 - The Rolling Stones 記事一覧

| HOME |

2006年09月28日

Cheap Thrills/BIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY (ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー、ジャニス・ジョプリン)

B00000K2VUCheap Thrills
Big Brother & the Holding Company
Sony Mid-Price 1999-08-31

 サンフランシスコのローカル・バンドに過ぎなかったBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)に一人の無名の女性フォーク・シンガーが参加。彼女の魂を削るかのように絞り出される歌声と圧倒的な歌唱力、そして激しいステージ・アクションによりバンドは単なるローカル・バンドの粋を超えて徐々に人気を獲得。遂にはヒッピー・ムーブメントがピークを迎えた1967年に行われたビッグ・イベント"Monterey Pop Festival(モンタレー・ポップ・フェスティバル)"に出演するまでになり、同じく出演したJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)、Otis Redding(オーティス・レディング))等の有名アーティスト達に一歩もひけを取らない凄まじいまでのステージ・パフォーマンスはバンドを聴衆から熱狂を持って迎えられる人気バンドへと押し上げ、女性ヴォーカリストは後世に語り継がれる伝説のアーティストとなり、そこで歌われた"Ball and Chain"は彼女の代名詞とも言える曲となります。


1. Combination of the Two
2. I Need a Man to Love
3. Summertime
4. Piece of My Heart
5. Turtle Blues
6. Oh, Sweet Mary
7. Ball and Chain

[Big Brother and the Holding Company]
Peter Albin, bass
David Getz, drums
James Gurley, guitar
San Andrew, guitar
Janis Joplin, vocal

 本作『Cheap Thrills(チープ・スリル)』はBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANYが"Monterey Pop Festiva"出演の翌年1968年に発表した、以降の女性ロック・シンガーが決して避けては通れぬ道となったJanis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の名を全米、そして全世界のロック・ファンに知らしめることになった記念すべきメジャー・デビュー・アルバムです。(注:初レコーディング作である1作目はインディー・レーベルより発表されています。)


Pearl/Janis Joplin (1971)

B00000K2VZPearl
Janis Joplin
Sony Mid-Price 1999-08-31

 『Cheap Thrills』によって時代を代表するトップ・シンガーとなったJanis Joplin(ジャニス・ジョプリン)は周囲の勧めなどもあり、演奏力に不安のあったBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)を1968年末に脱退。翌1969年に急遽集められたKozmic Blues Band(コズミック・ブルース・バンド)を率いて『I Got Them Ol' Kozmic Blues Again, Mama(コズミック・ブルースを歌う)』でソロ・デビュー。そして1970年にKozmic Blues BandのJohn Till(g.ジョン・ティル)、Brad Campbell(b.ブラッド・キャンベル)と共に理想のバック・バンドFull Tilt Boogie(フル・ティルト・ブギ)を結成して、後にJanis Joplinの代表作と称されるようになる『Pearl(パール)』のレコーディングを開始します。
 しかし、最高のバック・バンドを手に入れて歌のみに集中して思う存分歌える環境が整ったのにも拘らず、レコーディング途中の1970年10月にJanis Joplinは誤って致死量を超えるドラッグを使用してしまうという事故のため亡くなってしまいます。アルバムはJanis Joplinの遺作として1971年になって発表されますが、Janis Joplinが歌入れの前日に亡くなってしまった為にインストルメンタルで収録された"Buried Alive in the Blues(生きながらブルースに葬られ)"がJanis Joplinの運命を暗示しているようにも、酒とドラッグ、そして愛を求めて駆け抜けた壮絶な人生を象徴しているようにも思われ、Janis Joplinの伝説の最後を飾る悲しいエピソードとなっています。
 Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の愛称をそのままタイトルにした本作『Pearl』は発売とともに全米チャート1位を獲得。代表曲"Move Over(ジャニスの祈り)"他収録。

Janis Joplin, vocals

[Full Tilt Boogie]
Brad Campbell, bass
Clark Pierson, drums
Ken Pearson, organ
John Till, guitar
Richard Bell, piano
Sandra Crouch, tambourine
Bobbie Hall, conga/bongos
Bobby Womack, acoustic guitar (on Trust Me)
Pearl, acoustic guitar (on Me & Bobby McGee)
Chorus: Pearl, Full Tilt Boogie, Vince Mitchell, Phil Badella & John Cooke


B00006JU7PThe Criterion Collection: Complete Monterey Pop Festival
D.A. Pennebaker Chris Hegedus Scott McKenzie
2002-11-12

B0000024Y7In Concert
Janis Joplin
Sony 1990-10-25

 Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の死後2年を経て発売(1972年)されたライヴ・アルバム。1968年のBIG BROTHER & THE HOLDING COMPANY(ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー)時代と1970年のKozmic Blues Band(コズミック・ブルース・バンド)をバックに行われたライブ演奏を収録。


B00000K2W1Janis Joplin's Greatest Hits
Janis Joplin
Sony International 1999-08-31


| HOME |

2006年09月14日

Buffalo Springfield Again/BUFFALO SPRINGFIELD (バッファロー・スプリングフィールド)

B000002IAMBuffalo Springfield Again
Buffalo Springfield
Atco 1990-10-25

[日本盤] バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン

 Stephen Stills(スティーヴン・スティルス)、Neil Young(ニール・ヤング)、Richie Furay(リッチー・フューレイ)、Jim Messina(ジム・メッシーナ)等が在籍したことで知られる"Buffalo Springfield"(バッファロー・スプリングフィールド)が"Summer of Love"(サマー・オブ・ラヴ)と呼ばれた幻の夏が終わった1967年の暮れの12月に発表した2ndアルバム。
 前衛的なその内容から一般的には理解されずセールス的には成功しなかったものの、アルバムは音楽評論家、一部の音楽ファンからは"The Beatles(ザ・ビートルズ)の『Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band』に対するアメリカからの返答"という程の高い評価を得て、その後の1970年代以降のウエスト・コースト・ロック・シーンにも多大な影響を残しています。


1. Mr. Soul
2. Child's Claim to Fame
3. Everydays
4. Expecting to Fly
5. Bluebird
6. Hung Upside Down
7. Sad Memory
8. Good Time Boy
9. Rock & Roll Woman
10. Broken Arrow

Stephen Stills vo,g,key.スティーヴン・スティルス
Richie Furay vo,g.リッチー・フューレル
Neil Young vo,g,key.ニール・ヤング
Dewey Martin d.デューイ・マーチン
Bruce Palmer b.ブルース・パーマー
*Jim Messina b.ジム・メッシーナ

 1970年代に絶大な人気を誇ったLed Zeppelinレッド・ツェッペリン)のJimmy Page(g.ジミー・ペイジ)やその他の著名なミュージシャンが影響を受けたバンドとして挙げた事や、バンド解散後も在籍した各メンバーがCrosby,Stills & Nash(クロスビー・スティルス&ナッシュ、後にNeil Youngが合流してCrosby,Stills,Nash & Young)、Poco(ポコ)、Loggins & Messina(ロギンス&メッシーナ)などを結成して数々の良質のアルバムを発表、バンド在籍時以上に西海岸の音楽シーンを牽引したことにより一般的にも徐々に評価が高まるという逆転現象を起した伝説のバンド"Buffalo Springfield"の最高傑作です。

 カントリー、フォーク、ブルースといったアメリカン・ロックのルーツをメインにおきながらも挑戦的にロック、R&B、ソウル、ラテン、サイケデリックなどの様々な音楽的な要素を実験的に取り込むという"伝統的な音楽と実験的な音楽の融合"に成功した作品ですが、3人の優れた才能を持つソング・ライター(Stephen Stills/スティーヴン・スティルス、Neil Young/ニール・ヤング、Richie Furay/リッチー・フューレイ)を擁した反面、絶えずメンバーのクリエイターとしてのエゴがぶつかり合ってバンド存続すら危ぶまれる状況が続き、"Buffalo Springfield"(バッファロー・スプリングフィールド)はわずか2年の活動期間中に3枚(3枚目の『Last Time Around』は解散後にJim Messina/ジム・メッシーナとRichie Furay/リッチー・フューレイが完成させて1968年に発表)の作品を残して、Stephen Stills(スティーヴン・スティルス)のDavid Crosby(デビッド・クロスビー、Byrds/バーズ)への接近、メンバー間での度重なる衝突などを理由に解散してしまいます。(自然消滅?)
 バンド内の人間関係、音楽志向的な対立を各メンバーの持つ巨大な才能がメンバー自身の意思を超えて押し切ってしまい、尚且つバンド内の緊張感が最も良い形で現れて完成をみたのがこのアルバム『Buffalo Springfield Again』ではないでしょうか。

 個人的にはLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の『III』、『IV』あたりを聴いてから興味を持って聴き始めた、いわばLed Zeppelinに教えてもらったバンドの1つなのですが、「影響を受けた」とJimmy Page(ジミー・ペイジ)が語るとおり、エレクトリックとアコースティック・サウンドを絶妙にブレンドしたサウンド作りに成功した"Buffalo Springfield"(バッファロー・スプリングフィールド)のこのアルバム『Buffalo Springfield Again』がなければ、ロック史上に残るLed Zeppelinの名盤『Led Zeppelin IV』、そして名曲"Stairway to Heaven"(天国への階段)などのアコースティックを取り入れた名曲の数々も生まれてこなかったのではないかと充分に思える内容を誇っています。


B000002J0LDeja Vu
Crosby Stills Nash & Young
Atlantic 1994-09-06

B000002AP0Pickin' Up the Pieces
Poco
Epic/Legacy 1995-07-18

B0000024Y0Sittin' In
Loggins & Messina
Mobile Fidelity 1989-08-24


| HOME |

2005年05月06日

Live Cream Vol. 2/CREAM (クリーム)


Live Cream, Vol. 2
Cream
Live 1 (Rmst) Goodbye Disraeli Gears (Rmst) Fresh Cream Bluesbreakers With Eric Clapton [Remasterd/Bonus Tracks]

Live Cream, Vol. 2 [試聴]iTunes Music Store


 解散から4年後(1972年)に発売されたCREAM(クリーム)のライブ盤。Eric Clapton(G,Vo.エリック・クラプトン)、Jack Bruce(B,Vo.ジャック・ブルース)、Ginger Baker (Dr.ジンジャー・ベイカー)による、ロック、ブルース、そしてジャズの要素までも取り込んだ、長時間に亘りながらも緊張感のあるインプロヴィゼイション。60年代にロックの可能性を拡げ、多くのフォロワーを生み出したスーパー・グループCREAMの最高のライブ・アルバムです。


1.Deserted Cities of the Heart
2.White Room
3.Politician
4.Tales of Brave Ulysses
5.Sunshine of Your Love
6.Steppin' Out

Eric Clapton G,Vo (エリック・クラプトン)
Jack Bruce B,Vo (ジャック・ブルース)
Ginger Baker Dr (ジンジャー・ベイカー)

cream.jpg CREAM(クリーム)の魅力はなんと言ってもライブです。スタジオ録音盤では当時の風潮からかラジオでのオンエア、ヒットを狙ってコンパクト&ポップにまとめられていますが(Jimi Hendrix/ジミ・ヘンドリックスの1stなども同様ですね)、ライブになると原曲のイメージとはまったく違った、原曲を1つの素材として捉えたEric Clapton(エリック・クラプトン)、Jack Bruce(ジャック・ブルース)、Ginger Baker(ジンジャー・ベイカー)の超強力ミュージシャンによる白熱のアドリブ・プレイの応酬を聴くことが出来ます。これからCREAMを聴いてみよう、と考える方にはベスト盤やスタジオ録音盤(スタジオ盤のサイケデリックで独特なポップ感を持った楽曲も魅力的ですが)ではなく、このアルバムか『Wheels of Fire』のライブ面から聴かれたほうがCREAMというバンドの本質を見誤ることが無いと思います。

cream_2.jpg また、“ギターも上手いヴォーカリスト”としてのEric Clapton(エリック・クラプトン)しか聴いたことの無い方には、何故Eric Claptonが「ギターの神様」と呼ばれるのかが分かるアルバムでもあります。選曲も"Sunshine of Your Love"、"White Room"などのヒット曲も入っており、比較的聴き易いのではないかと思います。


Wheels of Fire

Wheels of Fire
Cream


Wheels of Fire [試聴]iTunes Music Store "Wheels of Fire"


Farewell Concert
Cream
Image Entertainment 1999-10-12



[CREAM DISCOGRAPHY]
1966 FRESH CREAM
1967 DISRAELI GEARS
1968 WHEELS OF FIRE

1969 GOODBYE
1969 BEST OF CREAM
1970 LIVE CREAM
1972 LIVE CREAM VOLUME 2
1995 THE VERY BEST OF CREAM
2003 Cream At The BBC

| HOME |

2005年04月09日

Jimi Hendrix In The West/JIMI HENDRIX (ジミ・ヘンドリックス)

in the west.jpg
 Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の死後、'69〜'70年に行われた3つのライブからの演奏を集めて発表されたライブ・アルバム(1972年発表)。現在ではそれぞれのステージの完全盤がアルバムとして発表されているため、このアルバム自体はほとんどCDショップの店頭で見かけなくなりましたが(廃盤?)、私がこのアルバムを聴いていた当時(70年代後半)はJimi Hendrixのライブ音源など公式にはあまり出ていなかったので貴重なアルバムでした。

1. Johnny B Goode (Berkeley Community Center '70)
2. Lover Man (Berkeley Community Center '70)
3. Blue Suede Shoes (Berkeley Community Center '70)
4. Voodoo Chile (Slight return) (Berkeley Community Center '70)
5. The Queen (Isle Of Wight '70)
6. Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Isle Of Wight '70)
7. Little Wing (San Diego Sports Arena '69)
8. Red House (San Diego Sports Arena '69)

Jimi Hendrix (vo,g) ジミ・ヘンドリックス
Billy Cox (b,vo) ビリー・コックス
Noel Redding (b,vo) ノエル・レディング
Mitch Mitchell(dr) ミッチ・ミッチェル

jimi_hendrix.jpg どのステージもJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のコンディションが良いのか、ある時はパワフル&ヘヴィ、そしてある時は繊細なJimi Hendrixのギター。軽く流しつつも最高のギター・ソロを聴かせてくれる1曲目のChuck Berry(チャック・ベリー)のカヴァー"Johnny B Goode"からラストまでJimi Hendrixの圧倒的なライブ・パフォーマンスを聴くことが出来ます。

 注:上の曲目紹介ではアルバムの表記に合わせて"Little Wing"の録音場所を「San Diego Sports Arena '69」と記載してますが、実はアルバートホールでの録音だったのを「in the west」に収録するためにクレジットを偽っています。アルバートホールでの録音テープの権利を他のレコード会社が持っていたかららしいのですが、公式盤なのに海賊盤みたいなことしてますね。

Are You Experienced? (1967)
 衝撃のJimi Hendrix & Experience(ジミ・ヘンドリックス&エクスペリエンス)のデビュー作。ライブでの定番曲"Purple Haze"、"Hey Joe"、"Fire"、"Foxy Lady"他収録。
 先に発売したシングル"Hey Joe"、"Purple Haze"のヒットと圧倒的なライブ・パフォーマンスにより既に大きな人気を得ていたため、発売と同時に大ヒット・アルバムになりますが、同時期にTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)のあの"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"が発売されていたためアルバム・チャートでは2位に終わっています。

Are You Experienced
Jimi Hendrix


Are You Experienced [試聴]iTunes Music Store "Are You Experienced?"


Axis: Bold As Love (1967)
 Jimi Hendrix & Experienceの2ndアルバム。名曲"Little Wing"、"Spanish Castle Magic"他収録。
 一曲めに架空のラジオ局のテーマ曲が入るなどトータル・アルバムっぽい部分もあります。サイケデリック・ブームの中、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)が自分のオリジナリティーを産み出そうとしたアルバムです。

Axis: Bold As Love
Jimi Hendrix

Axis - Bold As Love [試聴]iTunes Music Store "Axis: Bold As Love"


Smash Hits (1968)
 Jimi Hendrix & Experience(ジミ・ヘンドリックス&エクスペリエンス)のベスト・アルバム。当時はラジオでのオンエアを想定して、ライブとは違ってどの曲も3分程度のコンパクトな形でまとめられています。

Smash Hits [Bonus Tracks]
Jimi Hendrix


Electric Ladyland (1968)
 2ndまでプロデューサーを務めたマネージャーのChas Chandler(チェス・チャンドラー、元THE ANIMALS/アニマルズのベーシスト)の手を離れ、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)本人がプロデュースした、ブルース、ソウル、ロック、ジャズ、サイケデリックなど、これまでJimi Hendrixが吸収してきたすべてをこのアルバムに込めたのではないかと思える意欲作にして最高傑作。"Voodoo Child(Slight Return)"、Bob Dylan(ボブ・ディラン)のカヴァー"All Along The Wathctower"他収録。

Electric Ladyland
Jimi Hendrix


Electric Ladyland [試聴]iTunes Music Store "Electric Ladyland"


First Rays of the New Rising Sun (1997)
 新作アルバムの制作中に亡くなったJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)。死後、生前に残された収録予定曲などは各種編集アルバム(『THE CRY OF LOVE』他)にバラバラに収録されていましたが、それらの楽曲をまとめ直し、Jimi Hendrixが生きていればこういう形のアルバムにしたかったであろうと想定して編集、マスタリングを行い、死後30年にして発表された新作アルバム。
 賛否両論があるかもしれませんが、一応ここでは4枚目のアルバムとして掲載しておきます。

First Rays of the New Rising Sun
Jimi Hendrix


First Rays of the New Rising Sun [試聴]iTunes Music Store "First Rays of the New Rising Sun"



Jimi Plays Berkeley / (Rmst)
JIMI HENDRIX

Blue Wild Angel: Live at the Isle of Wight Experience The Dick Cavett Show Live at the El Mocambo

B0007QPSPOウィンターランド・ナイト
ジミ・ヘンドリックス

廃盤になり、長らく入手困難だったJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の1968年のウィンターランドでのライヴを完全収録。

B0002TRUQQAlbert Hall Experience
Jimi Hendrix

B000007OJ9BBC Sessions
Jimi Hendrix

[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]

B000793BNWライヴ・アット・ウッドストック
ジミ・ヘンドリックス

1969年に行われた"ウッドストック"でのJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)のステージ。

B00000I5JTLive at the Fillmore East
Jimi Hendrix

[ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]
1969年の大晦日から1970年にかけて行われたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝説的ライヴの模様。

| HOME |

RHINO Sales Lank



PR


120×90